あの夜、実況を担当した鳥海アナウンサーが、
溢れる感情を抑えながら 演技直後に発した第一声です。

「これが 浅田…真央です。
6種類の3回転ジャンプ 8つ!
これが出来るんです。
なんという凄い…スケーターでしょう!」

本当に彼女は凄いスケーターです。

殿も 「今でも思い出して泣けるもん」 と言い
大ちゃんも 「映像見返したらもうアカンわ」 と言っていました。

私も最初のトリプル・アクセルだけで、涙腺崩壊。


最後のジャンプ、トリプル・ループの着地の時に
前に振り出した右腕のカッコ良さ!
魂のこもったあのステップ!

何度見ても泣ける。

020602

020600

020601

020607


ブログをやろうと決めてから、最初の記事は「真央ちゃん」と決めていましたが、
それでも、真央ちゃんの何について書こうか ずっと考えていました。
そんな時に、彼女のあの演技に魅せられた人たちの絶賛コメントを見つけたのです。
もうこれしかない!と決めました。

1つは、カナダCBC放送のスケート解説をするPj・クォンさんと、
ポール・ドレさんという ISU副会長 デビッド・ドレの息子さんの
「Open Kwong Dore Podcast」のエピソード62 ソチ特集のパート3の冒頭です。

もう1つは、「TSL:ザ・スケーティング・レッスン」のデビッド・リースさんと
ゲストのジョナサン・バイヤーさんの 2014年2月28日の
2014 オリンピック 女子 リキャップ(要約)の中程にです。

デビッド・リースさんは キム・ヨナの大ファンです。
多分ジョナサン・バイヤーさんもそうなんだろうと思います。

しかしながら、4人とも 真央ちゃんを絶賛しています。

ぜひ、真央ちゃんファンの方々に彼らのコメントを私と共有して
あの感動をまた新たにして頂ければと思います。

耳だけを頼りに必死に書き起こしをしましたが、どうしても聞き取れなかった所などがあります。
文法にも弱い点があるので、お解りになる方による、間違いの指摘などのご協力を頂けると有難いです。




Open Kwong Dore Podcast    Episode 62: Sochi, Part Three   Feb. 24, 2014
http://www.openkwongdore.com/2014/02/24/episode-sixty-two-sochi-part-three/
Kwong & Dore
PJ:     Pj Kwong      PJ・クォン
Paul:  Paul Dore     ポール・ドレ

(0:30~1:46)

PJ:     Paul,
          ポール
Paul:  Yes?
          何?
PJ:     Let's talk about "Olympic Moments"!
          オリンピックの「時(モーメント)」について話しましょう!
Paul:  O.K.
          いいよ
PJ:     I'm always looking at every game I've ever been at
          for the one moment that I go Wow!
          私はいつも、どの大会でも、見て「ワオ!」ってなる 「時」 に目を向けるの。
          I'm glad I was here. 
          ここにいて良かったな、嬉しいなっていう。  
          I have one!
          1つあるのよ!
Paul:  Oh, you do?
          へー、そうなんだ。
PJ:     Yeh!
          そうよ!
Paul:  Oh, let's hear it.
          ふーん、ぜひ聞かせてよ。
PJ:     Mao Asada!!
          マオ・アサダ!!
Paul:  Ah, that's funny, because I was thinking along same lines.
          あーっ、それは面白いね。僕も同じことを考えてた。
PJ:     So, sixteenth place to seventh overall, I think.
          彼女は16位から総合で7位だったと思う。(6位です!)
          Ah…she was… ah…left to say, less…,
          彼女は…あー…何ていったらいい…(次の言葉に繋がる less/及ばない)…        
Paul:  Then?
          それから?
PJ:    Then, (less) performing at optimum…ah…level in her short.
          それから、ショートで最適には及ばない…レベルで演技して…         
          She's just not at right side of the building.
          彼女は正しい側のビル(いるべきポジションという意味?)にいなかった。         
          Last night when she skated…it was thrilled to see.
          昨夜 彼女が滑った時、見ててゾクゾクした。     
          And then she burst into tears that really caught me.
          そして彼女が泣き出したのには本当に心を奪われたわ。
          And I just …and her triple axel was called as "clean"...
          そして、彼女のトリプル・アクセルが「クリーン」ってコールされて…
          So, it was a whole good!  The program was beautiful.
          全部が一流だった!  プログラムも美しかった。
Paul:  And it’s really one of the only, I think, the performances
          that we've seen at this competition were.
          そして、この大会で見たそれは、本当にピカイチの演技の一つだと思う。
          You just, there was no question that she was going to not ground any like
          she’s landed everything.
          彼女は転倒する可能性なんか全く無い!っていう感じで全部着地した。
          She landed everything such, just going for it.
          彼女はただ「やるぞ!」って感じで全部着地した。
          And it was so slid.  It was pretty incredible.
          本当に完璧だった。 物凄く素晴らしかった。

020601A

020603

020610



TSL’s 2014 Olympic Ladies Recap  Posted By Dave Lease on Feb 28, 2014
http://www.theskatinglesson.com/tsls-2014-olympic-ladies-recap/

D:  Dave Lease デーヴ・リース
J:  Jonathan Buyer ジョナサン・バイヤー 

(17:10~18:59)

D:  You know this is funny Korean media had this.
     ねえ、韓国のメディアがこんなおかしなことやってるでしょ。
     How these clips, I don’t know, are they compilation?
     こんな…寄せ集めかしら?
     YouTube posted all different reporters talking about how great Yu-na was.  
     ユーチューブに投稿された動画で、いろんなリポーターが、
     「こんなにヨナは素晴らしかった」って言ってる。 
     She is.
     そうだけどね。
     But I thought “Oh my goodness, they do not see this coming”.
     だけど思ったの 「あらやだー、彼らは事態が解ってないわー」
     This is. This was a really good chance she’s gonna lose here.
     これは… 彼女は負ける可能性が十分あったのよ。
     She has not at that much do it the skating.
     そんなにスケート滑ってなかったから
     And everything to do with the judging in our perception. 
     そして、私たちの鋭いカンだと、全てはジャッジングよ。 
     And how thing are going out to the team event?
     で、チームイベントにはどのくらい注目が集まったの?
             ?                        
             ?                                
     Yu-na is in a really huge trouble. Like… Huge!  Alarming trouble! 
     ヨナはとっても問題あると思う。 非常にね! 警報レベルの問題! 
J:  But you can give us a reason to be as outraged this could have been either.
     でも、とは言っても、何でそんなに怒ってるのか理由を教えてちょうだい。
     I’m sorry to say that, yeh.
     ごめんなさい こんなこと言って。
D:  I thought she had maturity, had quality. It didn’t necessarily had energy.
     円熟味も質(クォリティー)もあったとは思う。でも必ずしもエネルギーがあったとは言えない。
     I think it was the biggest.
     これは一番重要だったと思う。
     But I think her overall skating quality isn’t what we want in a ladies champion.
     でも彼女の全般的なスケートの質(クォリティー)は私たちが女子チャンピオンに求めているもの
     じゃない。(isに聞こえるのですが、文脈からだとisn’t なのだと思います)
     Mao has it. 
     真央は持ってる。
J:  Which will be in as a representative.
     象徴としてのね。
     And again, they would have beaten Mao’s PCS scores, too. Neither!
     そして更にね、彼らは真央のPCSスコアも負かしたのよ! どっちもありえないわ!
D:  Absurd!
     バカバカしい! 
     To me, Mao Asada gave the performance of the night of the Olympics, ah…♥
     私にとっては、まさにこれぞ「オリンピックの夜のパフォーマンス!」ってのを、真央がくれたの アー♥
J:  Are you kidding?
     馬鹿言ってんじゃないわよ!
     The long program for me was like “the program of this Whole Olympics!”!
     あのロングプログラムは「これぞ “オリンピックのすべて!”」っていうプログラムよ!
     Because, I was like, this is actually “a story of perseverance and getting up“.
     なぜって、これは正に “忍耐と根性 (perseverance:”究極の救い“の意もある) と復活” の物語よ。
     And it was I want to watch it again. I got emotional like a big silly baby.
     そしてもう一回見たいっていうような。 私、感激して馬鹿でかい赤ちゃんみたいになっちゃったわ。
     You know I mean, because it’s so amazing and to see that release of Mao’s.  
     わかるでしょ、これは素晴らしく驚くべきことよ、真央の「(魂の)解放/救済」を見たのは!
     I was like “That’s what this is about!”
     “これよ!これなのよ!”って感じよ。
D:  That was, to me, the moment of “the Olympics”. 
     あれは私にとって 「ザ・オリンピック!」って時だったわ。
     Especially, after the fall in the short program, I thought it was perfect.
     特にね、ショートプログラムで落ち込んじゃったから、これは完璧だって思ったの。
     Perhaps kept her career.
     恐らく彼女の生涯においてもね。
     It was wonderful.
     素晴らしかった。
     It was what we want in an Olympic champion.
     私たちがオリンピックチャンピオンに求めるもの、そのものだった。
     That was “the Performance!” to me.  That is what we want!
     私にとってはあれは、“ザ・パフォーマンス=偉業”よ。私たちが求めてたものよ。
     That is!  Everything that you could want to a champion!
     そうよ!  チャンピオンに求めたいもの全てよ!


020604

020605

020606


020608

020609
<2016年11月8日 追加>
https://www.youtube.com/watch?v=IuVql-ti7r0


真央ちゃんのスケートは私を幸せにします。彼女の笑顔を見ると幸せな気分になります。
彼女の演技が見られる時代に生まれていたことを、感謝すると同時に、
公正なジャッジングを求めることと、不当に奪われた彼女の栄光を取り戻すことを目的に
活動していきたいと思っています。                <モスクワの鐘>



ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村