四大陸選手権中は、放送見ながら、Twitterしたり。選手を取り上げる番組を見てました。
夜ふかしもしてました。今もですが(笑)
新聞記事は、今回終わってから読むことに。

配信されるニュースは、当然ながら横書き。紙面は縦書き、さらに枠で囲ってありました。

image


しかも、14日の女子SPや、アイスダンスの試合結果記事のマシタに(゚o゚;;

?そもそも、マルチサポート事業って何?

なんか長い箇条書きが出てきました。

チーム「ニッポン」マルチサポート事業戦略

 1 事業の目的
    平成24年7月開会予定のロンドンオリンピック競技大会及び平成26年2月開会予定のソチオリンピック冬季競技大会において、我が国が世界の強豪国に競り勝ち、より確実にメダルを獲得するために、トップレベル競技者などのメダル獲得が期待される者に対して、多方面からの専門的かつ高度な支援を戦略的・包括的に実施する。

    本事業は、他の国際競技力向上事業と密接に連携をして、統一性・一貫性のある我が国独自のマルチサポート・システムを構築する。

    平成22年度以降の本事業の実施にあたって、これまでの実績や成果を踏まえ、支援の規模及び内容の大幅な充実を図る。

2 支援の考え方
    国は、ターゲット競技種目・競技者(チーム)(以下「ターゲット」という。)に対して、中長期的な視点も加味しつつ、限られた資源を集中的・重点的に投下する。

 3 ターゲットの選定
    国は、明確な選定の観点に基づき、メダル獲得の可能性が高いターゲットを選定する。

 4 アスリート支援と研究開発プロジェクトの連携
    本事業では、情報戦略、スポーツ科学、医学、心理学、生理学及び栄養学などの複合的・分野横断的アプローチに基づくアスリート支援とターゲットに特化したアプローチに基づく研究開発プロジェクトを密接に連携させた支援を実施する。

 5 事業計画の策定
    本事業の実施にあたっては、明確な目標、方針、施策を含む『チーム「ニッポン」マルチサポート事業計画』(以下「事業計画」という。)を策定する。
    なお、事業計画の策定にあたっては、ターゲット、財団法人日本オリンピック委員会及び関係競技団体の意向を踏まえた、競技現場重視の支援実施を明確にする。

 6 戦略等の見直し
   本事業戦略、ターゲット、事業計画については、内的要因及び外的要因の状況並びに科学的な調査研究及び研究開発の進展に応じて、戦略的かつ柔軟な見直しを行う。

 7 情報の管理
本事業は国際的な競争環境で競っているターゲットとの信頼関係の下に実施されることから、ターゲットに関する情報やアスリート支援、研究開発プロジェクトの個々具体的の内容などに係る情報は適切かつ慎重に取り扱う。

 8 フォローアップ等
 国は、策定された事業計画の実施状況を定期的にモニタリングするとともに、毎年度フォローアップを実施する。

この言葉を検索すると、各種競技ブログ、企業サイトで選定された、されないの紹介がされていました。( Д ) ゚ ゚検索するだけで、見つかります。

別紙のファイル
image

image

image

もひとつおまけ
image


お役所系の作成した物は、わか りにくいですね。初投稿です。o(;-_-;)oドキドキ❮銀のロマンティック…わははw❯



ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村