あの夜は恐らく今まで生きてきた中で、一番恐ろしい夜でした。

あまりにも残酷な現実の展開に、茫然と言葉を失い、ただ涙だけが止まらず、
「自分でも終わってみて、まだ何も……分からないです」という彼女の言葉に
考えたくなくても頭をよぎる嫌な想像に、不安で不安で、胸が張り裂ける思いでした。
彼女のそばに誰かいるのだろうか?いてほしい! いてもらわなければ困る!!! と、
一睡もできずにずっと祈るように思っていました。

トリノワールドの後の4年間、私たちはとてつもなく苦しく、長い試練を
彼女が必死に耐え抜いてきたのを知っています。

女王としてのプライドもズタズタになったであろうに、
スケートの滑りとジャンプを基礎から見直した。
東日本大震災の時には、あまりの大災害の惨状に心を痛め、
被害者の方々に心を添わせ、とても痩せてしまった。
それでも矯正中のスケートが良くなる兆しを見せた時に、
最愛の母の最期に間に合わないという悲劇を経験。
どれだけ辛かっただろうと思われるのに、気丈にも彼女はすぐに試合に戻ってきた。
それにもかかわらず、そのシーズン最後に挑んだワールドでは努力が報われることなく、
スケートへの意欲さえを失いかけたことも知りました。

pimg_5195_2_2

それでもなお彼女は戻ってきてくれた!
スケートへの意欲を再び取り戻し、スケート技術も矯正が実を結び始め、
全てが上手く転がり始めていたはずなのに……


あのショートでの現実はむごすぎた。
どんなに強い人でも、ある時心が突然折れてしまうことがあります。

浅田16位


それでなくとも彼女はそれまでに何度も辛いことを乗り越えてきて、
心は満身創痍であったはずです。

やっと迎えた、選ばれたごく少数の人間のみが立てる「人生最高の舞台」の
金メダル最有力候補だったはずの彼女を襲った悲劇 …


どうして?


恐ろしく長く重苦しい夜でした。
最悪なことにだけにはならないでほしいと祈り続けました。





翌朝の練習に現れた彼女に、どれだけホッとしたかわかりません。
瞳にまだ輝きが戻っていないことは一目で判ったけれど、
そこにいてくれただけでよかった。
無事に帰ってきてくれればと、あの時はそれで十分でした。



その数時間後、瞳の輝きを取り戻してリンクに現れた彼女が
見た者すべての心に響く、壮大な偉業を見せてくれるとは、そのときはまだ知る由もなく。

020606


そして私は彼女のことを理解していなかったと思い知らされることになります。
彼女は私の想像よりはるかに強く、気高かった。



彼女の演技を見られる時代に生まれていたこと、
しっかり頭と心に刻みこめる年齢でいられたことに感謝します。

真央ちゃんは神様からの贈り物です。




ご覧いただきありがとうございます      <モスクワの鐘>



ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村