知子ちゃん頑張りました。

フリー・スケーティングでもシーズン・ベストで、目指していたゴール達成!
おめでとうございます。

理華ちゃんも、佳菜子ちゃんも、よかった よかった!

文部科学省がマルチサポート事業のランクを、よりによって四大陸選手権の真っ最中に、
「A」から「C」へ引き下げたことが却って、発奮材料の一つになったのかとも思います。

また「A」ランクへ引き上げられるような、引き続きの活躍を期待しています♥


ladies-podium-467868360


3月28日に国際スケート連盟(ISU)が発行した、女子フリー・スケーティング終了後に出した
プレス・リリース(報道関係者向け発表文)です。

http://static.isu.org/media/197235/wc2015_ladiesfs.pdf

For immediate release         March 28, 2015
即時発表               2015年3月28日 
  
ISU World Figure Skating Championships 2015
Ladies Free Skating
ISU世界フィギュア・スケート選手権大会2015
女子フリー・スケーティング




The ISU World Figure Skating Championships 2015 continued in Shanghai, China, on Saturday
with the Ladies Free Skating.
ISU世界フィギュア・スケーティング選手権2015は土曜日も引き続き、中国上海で
女子のフリー・スケートがあった。
The Oriental Sports Center with its capacity of 14,700 was packed for the fourth consecutive day.
収容人数の14,700のオリエンタル・スポーツ・センターは4日連続ぎっしり埋まった。


Elizaveta Tuktamysheva (RUS) skates to the gold
エリザベータ・タクタミシェワ(ロシア)は金へ滑った



Elizaveta Tuktamysheva of Russia skated to the gold medal and became the first Russian lady
in ten years to win the World title.
ロシアのエリザベータ・タクタミシェワは金メダルへ向けて滑り、10年ぶりにワールド・タイトルを獲った
ロシア女子になった。
Japan’s Satoko Miyahara claimed the silver medal and Elena Radionova of Russia took
the bronze in their debut at the ISU World Figure Skating Championships.
日本の宮原知子は銀メダルを奪い、ロシアのエレーナ・ラジオノワは、世界選手権デビューで
銅メダルを獲った。

Tuktamysheva landed seven triple jumps and two double Axels in her oriental themed program to “Sandstorm” and “Batwannis Beek”, however the first triple Lutz and the triple toe-triple toe combination were shaky.
タクタミシェワは、東洋をテーマにしたプログラム「サンド・ストーム(砂嵐)」と「バトワニス・ビーク」で
7つのトリプル・ジャンプと2つのダブル・アクセルを着地したが、最初のトリプル・ルッツと
トリプル・トゥ-トリプル・トゥのコンビネーションはぐらついた。
The European Champion also produced two level-four spins and level-three footwork to score
132.74 points.
ヨーロッパチャンピオンは2つのレベル4のスピンとレベル3のフットワークを繰り出し、132.74を得点した。
The 18-year-old totaled 210.36 points and became the third Russian lady after
Maria Butryskaya (1999) and Irina Slutskaya (2002 and 2005) to win the World title.

18歳は総合で210.36点で、マリア・ブッテルスカヤ(1999年)、イリーナ・スルツカヤ(2002年、2005年)
のあと、ワールド・タイトルを獲った3人目のロシア女子になった。
“I am very pleased with my performance and that I was able to put out a decent skate.
I am full with emotions now.

「まずまずのスケートが出来て、パフォーマンスにはとても満足しています。感激でいっぱいです。
It is an amazing moment”, Tuktamysheva commented. “Following the failure last season,
it was difficult.
驚きの瞬間でした」とタクタミシェワはコメントした。「失敗続きで先シーズンは困難なシーズンでした。
My coaches helped me, who always believed in me even when I didn’t believe in myself anymore.
自分が自分を信じられないときでさえ、いつも私を信じてくれるコーチが助けてくれました。
I realized that I am very capable and that this is not the end and that I just have to survive
this moment and I am glad that I was able to come back into the elite of women’s figure skating”,
the ISU Grand Prix Final Champion added.
私にはとても実力があり、これで終わりではないので、この時を耐えなくてはならないと悟りました。
そして女子フィギュア・スケートのエリートの中にカムバックできたことをうれしく思います」と
ISUグランプリ・ファイナルのチャンピオンは付け加えた。



Miyahara’s program to “Miss Saigon” featured six clean triples including two double Axel-triple toe combinations, but she almost fell on a triple Lutz.
宮原のプログラム「ミス・サイゴン」は2つのダブル・アクセル-トリプル・トゥ・コンビネーションを含む、
6つのクリーンなトリプルが特徴だが、トリプル・ルッツで転びそうになった。
The two-time Four Continents silver medalist picked up a level four for all three spins and
earned 126.58 points, a new personal best score.
2度の四大陸選手権銀メダリストは3つのスピン全部でレベル4を獲り、パーソナル・ベストを更新し
126.58点を得た。
She was ranked fourth in the Free Skating but overall moved up from third to second with
193.60 points.

彼女はフリー・スケーティングで4位にランクされたが、(ショートの)3位から総合193.60点で
2位へ上がった。
“I have some regrets, because the second Lutz wasn’t good enough, I put my hands down.
But overall my performance was pretty satisfactory.
「2番目のルッツが良くなくて、手を着いてしまったのが少し残念です。
でも全体的にはとても満足が行く演技でした。
I got a seasons best with this performance which was my goal.
ゴールであったシーズン・ベストをこの演技でとれました。
I had a good placement after the short program and I wanted to be calm and put out everything”, the 17-year-old, who celebrated her birthday on Thursday, said.
ショート・プログラムの後いい順位になったので、冷静に全てを出したいと思っていました」と
木曜日に誕生日を祝った17歳は言った。



Skating to music by Sergei Rachmaninov, Radionova completed a triple Lutz-triple toeloop
combination and three more clean triple jumps, but she doubled a loop and stumbled on
a double Axel.
セルゲイ・ラフマニノフの音楽にのせて滑ったラジオノワは、トリプル・ルッツ-トリプル・トゥ・ループの
コンビネーションと更に3つのクリーンなトリプル・ジャンプをそろえたが、ループがダブルになり、
ダブル・アクセルでよろめいた。
The European silver medalist collected 121.96 points and was sixth in the Free Skating.
ヨーロッパ選手権の銀メダリストは121.96点を受け、フリー・スケーティングでは6位だった。
Overall she slipped from second to third at 191.47 points.
総合191.47点で彼女は2位から3位へ滑り落ちた。
“Honestly, I don’t believe yet that I am a World bronze medalist. I made some minor mistakes
on my jumps, but this competition gave me a good experience and I know what to work on
when I return home to Moscow”, the 16-year-old told the press.
「正直なところ、私が世界選手権の銅メダリストだとはまだ信じられません。ジャンプでいくつかの
細かいミスをしましたが、この大会は私にいい経験を与え、モスクワに帰った時に何をすべきか解かりました」
と16歳は記者たちに告げた。



Gracie Gold (USA) moved up from eighth to fourth and was ranked second in the Free Skating (188.96 points) and Ashley Wagner (USA) pulled up from 11th to fifth with the third-best Free Skating (185.01 points).
グレーシー・ゴールド(アメリカ)は8位から4位に上がり、フリー・スケーティングでは2位にランクされた。
そして、アシュリー・ワグナー(アメリカ)は、フリー・スケーティング3位(185.01点)で11位から5位へ
成績を上げた。
Rika Hongo (JPN) finished sixth with 184.58 points.
本郷理華(日本)は184.58点で6位に終わった。



The ISU World Figure Skating Championships 2015 continue with the Men’s Free Skating.
ISU世界フィギュア・スケート選手権2015は、男子のフリー・スケーティングへ続く。


For more information, full entry lists and results please see: www.isu.org and www. http://www.wfsc2015.com/
For further information please contact:
Selina Vanier, ISU Media Coordinator ISU World Figure Skating Championships
+86 20238301 +86 20232008 or +86 20235078
email:
media@isu.ch email: wfsc2015_media@163.com




ご覧いただきありがとうございます      <モスクワの鐘>



ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村