ブライアン・オーサーが、2010年8月25日、カナダのCTV ニュース・チャンネルの
朝の番組のテレビ・インタビューを受けた時の動画の全訳です。

カナダ・トロント時間の8/25 朝8:11 (日本/カノ国時間 8/25 夜 9:11) から放送されたものです。

(聞き取れなかったところと怪しい部分があります。お解りになる方のご指摘を頂けるとありがたいです)

2010年8月25日 
Canada CTV NEWS CHANNEL
https://www.youtube.com/watch?v=X0QeaV3RDPs



0:00   It is the most Popular sports to the winter Olympics.
But figure skating is often known as much for the drama off the ice.  This is for the action on it.
冬季オリンピック一番の人気スポーツですが、フィギュア・スケートはしばしばオフ・アイスでのドラマで
知られています。 これはそれについての行動です。
The latest plot twists the Olympic gold medalist Kim Yu-na spliting with her coach
a Canadian champion, Brian Orser.
Orser started coaching Yu-na 2006 propelling her to the top of the sport.
最新のプロット(筋書き)は、オリンピック金メダリストのキムヨナがカナダ人のコーチ、
ブライアン・オーサーと別れたことで、こじれています。
オーサーはヨナのコーチを2006年から始め、彼女をトップに押し上げました。
Brian Orser joins the         studio his first TV interview since the story broke.
It’s good to talk to you.
ブライアン・オーサーが    スタジオに参加し、その話が飛び出して以来、
彼の初のテレビ・インタビューです。お話しできてよかったです。
0:22   Good to talk to you.
こちらこそ
0:23   It is most obvious question it is one of I’m not even sure you could answer.
What had happen?
あなたが答えられるかどうか私も解からないけど、一番素朴な質問です。何があったんですか?
0:27   What had happen…  ah… gosh…it’s…  
I… this kind of a shocked by the whole thing.
And… you know there’s a lot happened when somebody wins the Olympic gold medal.

何があったか…あー…困ったな…
このことにはショックを受けました。オリンピックの金メダルを獲るといろんなことが起こります。
And I think you need give that person some space. You need give some time to digest everything.
It’s a life-altering event. This, you know, for Yuna.
人にいくらかのスペース(距離/余地/自由)を与えることは必要だと思います。すべてを消化(整理)するために、時間を与えることも必要です。人生が変わるような出来事ですから。ヨナによって。
And, you know, when she came back after her break in April, we’ve done some shows in Korea.
The things were little bit different.
韓国でショーをやって、4月に彼女が休みの後帰ってきたとき、物事が少し変わっていました。
I’ve spoken to her mom.  And, you know, I was planning my summer schedule,
so I was trying figure out, you know, just getting a some kind of indication.
Whether she wants to keep training?  Should I leave some time for her?
私は彼女の母親と話しました。
私は夏のスケジュールを考えていて、ある意味の意思表示を見つけ出そうとしました。
彼女はトレーニングを続けたいのか? 時間を置いた方がいいのか?
I had a lot of other people coming, so I need to make sure that I have to time if she required that.
Mother said “no, you go ahead and fill that spot.”  She will be around, but words were uncertain she…
私のところにやってくる人はいっぱいいたので、彼女が要求する時間に合わせなければならないかどうか
確かめる必要がありました。
彼女の母は「いいえ、計画を進めていただいて、スポット(キムの場所)は埋めてくださって結構」 
彼女は現れるだろうと思ったが、言葉が不確実で、彼女…
1:25   But it is so common for elite coaches,
the coaches at your level have many different athletes to work with, correct?
でもエリートコーチでは、貴方レベルのコーチでは、たくさんの違うアスリートがいて
一緒に働くことは常識ですよね?
1:30   I have number of athletes. You know, I rum the program at club,
so that’s very normal to have other athletes. And all work together.
And they have a great comradery. That was what so special about the club.
私にはたくさんの選手がいます。私はクラブでプログラムを運営しています。
なので、他のアスリートがいるのはとても通常の事です。みんな一緒に働き(努力し)ます。
そして素晴らしい仲間意識を持ちます。 そこがクラブのスペシャル(固有)なところです。
That was part of what was happening in recent weeks with that.
これが最近起こったことの一部です。
1:47   There was tension?
緊張はありましたか?
1:48   It was tension.
And everybody knew there was something was up and everybody was on eggshells.
緊張はありました。
みんな何か嫌なことが起ころうとしてることは気が付いていて、みんな卵の殻の上にいるようでした。
1:52   Who came? You came and said I’m leaving or I think I’m not...
誰からですか?  あなたが、私が去ると言ったんですか? それとも 私は…
1:57   No, no, no. I knew I was gone.
いえ、いえ。私が出て行かされた(首にされた)ことが解かったんです。
1:59   OK. Who told you?
そうですか。誰が貴方に言ったのですか?
2:00   Yuna’s mom.
ヨナの母親です。
2:01   OK. Directly?
そうですか。面と向かって?
2:02   Directly.
I had a meeting with Tracy Wilson, myself, a translator, Yuna’s mom and Yuna’s agent.
面と向かってです。
トレーシー・ウィルソン、私、通訳、ヨナの母親、ヨナのエージェントで話し合いをしました。
2:13   What? How would you characterize your relationship with mom over the past? 
You know, wild?
何と?過去を振り返って、あなたと母親の関係をどのように特徴づけますか?殺伐としてた?
2:18   We had a great relationship as far as, you know, her mother know a lot but skating.
She knows about her daughter.
私達は良い関係だったと思います。彼女の母はスケート以外はたくさんの事を知っていた。
彼女は娘を知っていました。
2:24   She’s given up for life. She said that majoring Yu-na.
I dedicate my life to this, I’ve left my husband behind in Korea.
I’m completely dedicating to my daughter.
彼女は人生を放棄しました。彼女はヨナを専攻していると言ってました。
私の人生をこれに捧げている。 私は主人を意識外の韓国に残してきました。
私は完全に娘に献身していますと。
2:32   She is very accurate about a lot of things, what’s a costume, what’s a program,
what’s set-up for jump she studies it.  She mounts her blades. She knows sharpening.
She knows everything about it.
彼女はたくさんの事に厳密でした。コスチュームは何であるとか、プログラムはとか、ジャンプはとか、
彼女は勉強していました。彼女はブレードも取り付けました。(ブレードの)研磨も知っていました。
彼女は何でも知っていました。
2:43   She told you directly through the translator?
彼女は通訳を通して直接言ったんですか?
2:45   Yes, so we were just said, she just, she said that we’re leaving a coaching seat empty.
And, so I want to have some clarity of end at this meeting
I just certainly looked everybody else just make it all clear.
So, we are not, Tracy and I are not teaching Yu-na any more?
She said that is correct.
はい。ただ彼女は、コーチの席は空けたままにしておくと言いました。
この話し合いで、明確に終わりにしたいと思いました。
他のみんなをちゃんと見て、全てをクリア(明確)にしたかった。
では、私たち、トレーシーと私は、もうヨナを教えないのですね?
彼女は間違いないと言いました。
3:05   Did she think she can fill that spot or she is actively looking for somebody else?
彼女は貴方の役割を果たせると思ったのですか?それとも彼女は誰か他の人を活動的に探しているんですか?
3:08   I have no idea.
わかりません。
3:09   What was she must force it?  Why?
何が彼女をそうさせたんでしょう?なぜ?
3:11   Tracy and I…
トレーシーと私は…
3:12   Just wanna Gold medal private?
ただ金メダルを内輪内(家族)だけのものにしたかった?
3:13   Tracy and I left the meeting just shaking our heads, just like, we just got canned.
トレーシーと私は頭を振りながら話し合いを離れました。私たちは首にされたのです。
3:19   Did she give you a reason?  Did you ask for a reason?
彼女は理由を言いましたか? 理由を尋ねましたか?
3:22   There were some… we had few discussions both of things. 
We’ve given Yuna some space and we allowed her that space, because she is an adult.
I’m not going to push her you need to go the next Olympics. It’s her decision. It’s her life.
So we gave her a space as a courtesy.
その両方について2、3回話し合いを持ちました。
私たちはヨナにいくらかのスペースを与え、彼女にそのスペースを許可しました。彼女はもう大人ですから。
私は彼女に次のオリンピックに行かなければいけないと、圧迫するする気はありませんでした。
それは彼女の決断です。彼女の人生です。なので私たちは彼女にサービス(好意)でスペースを与えました。
3:38   Did she intend a kind of neglect?
彼女は無視する気だったのですか?
3:40   Perhaps.  Maybe we are at rink everyday with her. And I’ve been recent weeks
I was helping little bit with things here now giving some input to a new program.   
  
恐らく。たぶん、私たちは毎日リンクで彼女と会っていましたから。
この数週間は新プログラムの手伝いも少ししていました。
3:48   And then, but there were rumors swirling back in April about Mao Asada.
She had contacted…
そして4月には浅田真央の噂が広まりました。彼女が接触した…
3:54   She is No.2 in her main rival.
彼女は2番目でメインのライバルですね。
3:55   Her main rival for 5 years.
5年間彼女のメインのライバルです。
3:57   Did she make you an offer?
Did she come to make you…

彼女はオファー(申し込み)をしたのですか? 
彼女は貴方にやってきた…

3:59   No. They absolutely did not. 

いいえ。 彼らは全くしませんでした。

4:00
   OK.
解かりました。
4:01   And… but I contacted Yuna immediately, I sent an email and said.
そして、 ヨナにすぐにコンタクト(連絡)しました。eメールを送り、言いました
4:05   When you heard these rumors?
噂を聞いたときですね?
4:06   Right.  And I had my email was “rumors”,
And I said I’m sure you heard about these rumors, however I’m loyal to you.
You are my main priority.  My only priority. And your skating comes first.
そうです。 eメール(の題)は「噂」にしました。
そして、「きっと君は噂について聞いたと思う。しかし、私は君に忠実だ。
君は私の主となる優先事項だ。私のただ一つの優先事項だ。君のスケートが最優先だ
4:18   But she tweeted yesterday

 “Would you please stop to tell a lie, B?  
 I know exactly what’s going on now and this is what I’ve DECIDED.”  

I’m obvious it with just grammatical errors, but, what are you referring to?
でも彼女は昨日

 「嘘をつくために立ち止まってくれませんか、B(ブライアン)?  
 私は今何がどうなってるのかちゃんとわかってて、これは私が決めたこと」とツイートしました。

文法的な間違いが見てわかりますが、どう言及しますか?
      (嘘をつくのはやめてくれませんか、B?としたいときは  
        Would you please stop telling a lie, B? にしなければならない)

4:30 
 Ah… I think…
あー、思うに…
4:32   She’s been told something different?
彼女は何か違うことを告げられている?
4:33   No, no. She is an adult. I’m much happy that she is actually exercising her voice, because… she hasn’t said anything through any of this.
いえ、いえ。彼女は大人です。彼女が実際に発言権の行使をしているのはうれしいです。
彼女はいずれかを介しても何も発言してきてないので。
This is confirmed now. It doesn’t matter to me who decide what.
I’ve waited for 3 weeks for things possible to be turned around.
これは今確認されました。誰が何を決めたとしても、私にはどうでもいいことです。
物事が変わる可能性があるかと3週間待ちました。
I have skaters going to these competitions these grand prix events coming out.
And I don’t need to have this, cause it is not evitable this would come out.
I’m not working with Yuna any more. 
私には開幕するグランプリ大会に出場するスケーターがいます。
そしてこれ(この件)が露呈するのは避けられないから、私にこれはもう必要ない。
私はヨナとはもう働いていない。
I don’t want this coming up later in the season.
I don’t want going to Skate Canada Championship with Adam Rippon,
and this being the focus, it’s not skater.
It’s about me.
シーズン中にこれが後から持ち上がってきて欲しくないんです。
スケーターじゃなく、この事に焦点が当てられた状態で、アダム・リッポンとスケート・カナダ選手権に
行きたくはありません。これは私の事です。
So it really doesn’t matter who ended what, I mean, Yuna’s mom told me.
And now it’s clear that Yuna said that she decided, at least, we know that they decided.
だから、誰が何を終わらせても、ヨナの母が私に言ったことなど、本当にどうでもいい。
そして今、ヨナが決めたと、彼女が言ったことがはっきりした。少なくとも彼らが決めたとわかった。
And they did do it. So August 2nd, Yuna’s mother said that I’m not teaching her any more.
That is the truth.
彼らはそうした。8月2日ヨナの母親は、私がもう彼女を教えないと言った。
これが真実です。
5:30   So you go separate ways now, it’s…
貴方は違う道を行くのですね、それは…
5:33   We go separate ways.
And I don’t want… I refuse to be throwing any money, anybody.
私達は違う道を行きます。私は… 私はどんな人にも癇癪を起こしてもらいたくないです。
Cause she is a fantastic skater. I love Yuna.
We’ve had a great relationship. The 4 years were magical.
彼女はファンタスティックな(素晴らしい)スケーターですから。私はヨナを愛しています。
私達には素晴らしい関係がありました。4年間は魅力的(魔法のよう)でした。
You know I’ll be thought with the Olympic games and I worked with her, you know,
every day of those training days. I put my heart and soul into it.
And she wants to go different direction is perfectly fine.
You know, it’s she…  It’s total order to go and game for the Olympics.
私はオリンピック大会で彼女と働き、毎日トレーニングした日々を思うことでしょう。
私の心と魂を込めました。
そして彼女が違う方向に行きたくなっても、私は全く構いません。
これがオリンピックに行き勝負をするための法則なんでしょう。
Perhaps she needs change. I’m cool with that. Total cool of that.
But it was the great ride, and grateful. And I’ve learned a lot.
You know, I wish her best. She is the best skater in the world.
Nobody will match this for long time.
恐らく彼女は変化が必要なんです。私は冷静です。全く冷静です。
でも素晴らしく楽しい経験で、感謝しています。たくさんの事を学びました。
彼女の健闘を祈ります。彼女は世界で最優秀なスケーターです。
長い間誰もこれに匹敵しない。
6:11   Brian, thank you for coming.
ブライアン お越しいただきありがとうございました
6:12   Than you.
ありがとう
6:13   Good to talk to you.
お話しできてよかった。
6:14   You, too.
私もです。
6:15   So what you think Yuna’s decision release Brian Orser join the discussion…
さあブライアン・オーサーを手放すというヨナの決断をどう思うか、ディスカッションに参加してください…


********************


インタビューは最初から居心地悪そうでしたが、それでも被害者ヅラをしていました。
しかしながら、キムヨナのツイッターが出されたとたん、ゲフゲフ咳ばらいが多くなって、
話がしどろもどろ、言い間違いも数か所あって明らかに動揺しています。
しかしながらその後の逆切れにも似た、まくしたて方…見てて哀れです。

真央ちゃんの事についても、もうちょっと深い考えの出来るオツムを持っていたら、
自分の嘘を自分で否定するような赤っ恥をかかなくてもよかったはずなのに。

馬―――――――――鹿!


ちなみに、オーサーはこのくたびれた茶色いポロシャツがよほどお気に入りなのか、これしか持ってないのか、
2014年9月3日のカナダのテレビの「CP24 TORONTO'S BREAKING NEWS」という番組に出演した時も
このポロシャツを着ています。
2014
https://www.youtube.com/watch?v=WGNPdL5YMAY
http://www.cp24.com/video?clipId=431130


ご覧いただきありがとうございました   <モスクワの鐘>


ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村