真央ちゃんとみどりちゃんの対談をラジオで聞いていて、
みどりちゃんは、なんて素敵な人なんだ♥ と再認識しました。

どんな分野の人にも言えることだけど、
その道を極めた「本物」の人は常に他者に優しい。

そこらへんが、国内の注目を大して浴びてないから、思い出づくりの楽な気分で五輪に臨み
タナボタの金メダリストになっちゃった人との違いかな~ と思うわけです。

理事になった今でさえ、自分の存在を脅かさない人しか褒めませんから…



下はライアン・スティーブンスという、カナダの元選手で、ドラッグ・クイーンの人の
「スケート・ガード」というブログの中で
みどりちゃんが2013年ドイツでのアダルト・スケート選手権に出場するということに
触れていたので、あまりうまく訳せなかったのですが、ご紹介します。
自然な日本語へ脳内変換お願いします。

その大会でのみどりちゃんの演技の動画もご紹介します。
ジャンプ、キレッキレです。 

http://skateguard1.blogspot.jp/2013/05/midori-ito-and-why-adult-skating-makes.html
Thursday, 16 May 2013
Midori Ito And Why Adult Skating Makes Me Smile!
伊藤みどり と アダルト・スケートはなぜ私を笑顔にさせるのか!

みどりちゃん
Age is indeed just a number and anyone who thinks otherwise honestly doesn't know
what they're talking about. Sorry bout it. It's true.
歳は本当にただの数字である。そう思わない人が言ってることは、正直何言ってるかわからない。
ごめんなさい。でもこれは本当の事。
 I was inspired to write this after learning this morning that once again, 1989 World Champion and 1992 Olympic Silver Medallist Midori Ito would be competing at the 2013 ISU Adult Figure Skating Competition in Oberstdorf, Germany. Ito, now 43, will compete against 6 other ladies (from Germany and the U.S.) for the Masters (Elite) Ladies II Free Skating title. Ito, who is a former World Professional Champion as well, shows just how strong her love for the sport is and how her competitive spirit still lives on by making this, her third trip to this competition in recent years, a reality. Her infectious smile and massive jumps (she's still landing double axels and triples) show that without a doubt she still loves being out there. And I know I keep going back to how ridiculous it is there are no professional competitions these days, but here's a good example of a skater who I'm sure would be happy to participate. Hear that, event organizers? But I digress... that's not the story I am here to talk about. I'm here to talk about how inspiring it is to see skaters of ALL AGES getting out on the ice and skating for the JOY of it.
1989年のワールドチャンピオンで1992年のオリンピック銀メダリストの伊藤みどりが、もう一度2013年の
ドイツ・オーベルストドルフでのISUアダルト・フィギュア・スケート選手権で競技すると今朝聞いたことが、
私がこれを書くきっかけになった。現在43歳の伊藤は、6人の他の女子(ドイツとアメリカ)と、
マスター(エリート)女子IIのフリー・スケートのタイトルを競う。
元世界プロフェッショナル・チャンピオンでもあった伊藤は、彼女の競技への愛がどれだけ強いか、彼女の
競技スピリット(精神)がいまだに生き続けているかを、この競技への近年の3度目の旅という現実により、
これを見せる。 彼女の伝染性の笑顔と、堂々としたジャンプ(彼女はいまだにダブルアクセルと
トリプルジャンプを着地する)は、疑いようもなく彼女が戦地にいることを愛していることを表す。
そして私は、プロの競技会が最近無いことがどれだけバカバカしいかということに何度も立ち戻るが、
参加することが楽しいに決まっているというスケーターの、これが良い例であることを知っている。
大会組織者達よ、聞いているか? しかし、脇にそれるが、私が話したいのはそういうことじゃない。
私が話したいのは、いくつになってもスケーターが氷の上で、滑ることの喜びの為にスケートするのを
見ることがどれほど、影響を与える(激励する/鼓舞する)かについてだ。

 And you might say, hey, look at that hypocrite over there... you used to skate! Why aren't you out there? I'm not saying I won't again at some point in my life. I've competed in "Adult Artistic" once before. It was a completely different experience in that I was actually on the very younger spectrum of the "adult" category at the time and competing against a lady (it was mixed) who was older than me. She was a doll and they ended up putting us in a tie for 1st. What a fun experience it was at the time though. I'd love to get out there and try it again someday, if the time is right. You never know. The thing is, it's not easy at any age to get out there, but there's something absolutely heartwarming about people who aren't 16 getting out there and giving it 110%. When you're 16 and you fall 10 times in an hour, you get up and fall another 10. When you're 36 or 46... or in your 70's like Ludmilla and Oleg Protopopov, you fall 10 times in an hour, get up, fall another 10 and walk around in pain for a week.
Hell, I'm 30 and I already have my own version of the bend and snap going on. Trust me, it hurts come spring! It's one thing to keep yourself in great shape for a long time. That's amazing! But for these skaters taking up the sport later in life, or coming back to skating after long absences - I give you a standing ovation. It can't be easy. The thought of jumping honestly terrifies me!
あなたは言うかもしれない、あそこの偽善者を見てごらん…昔スケートしてたくせに! なぜおまえがそこに
出て行かないんだ? 私は人生の中のある時点で2度とやらないとは言っていない。
私は「アダルト芸術(部門)」で前に一度競技したことがある。私は「アダルト」のカテゴリーで当時、
実際にはとても若く、私より年配の女性(男女混合だった)相手に戦ったのは、全く別の経験であった。
彼女は魅力的な人で、私たちは1位タイで終わった。その時は何と楽しい経験であったことか。
いつかまた機会があれば挑戦してみたい。貴方にはわからない。どんな年齢であっても、飛び出すのは
簡単ではないが、16歳じゃない人々が出て行って110%の力を出すのには、何か絶対に心温まるものがある。16歳の時は1時間に10回転んでも、起き上がってまたもう10回転ぶ。36歳あるいは46歳…または、
リュドミラ&オレグ・ブロトポポフ組のような70代は、1時間に10回転んだら、起き上がってまたもう
10回転び、1週間痛みを抱えながら歩くことになる。
畜生、私は30歳で既に腰のバキバキが続いている。
信じて、痛いけど春は来る!長い期間体調を良く保つための1つだ。これは驚きだ!
しかしこれらのスケーターは人生の後期にこの競技を始めたか、長期の離脱のあとに戻ってきた―
私はスタンディング・オーベーションしたい。これは簡単なことではない。
ジャンプを考えると、正直恐ろしい。

 The fact of the matter is that adults are getting out there and skating more than they ever did these days. Although the U.S. established a national adult competition in 1995, it wasn't until 2004 that Skate Canada followed suit. Now, adult competitions are held around the world, with the ISU adult competition Midori Ito is competing in boasting 325 entries from 19 countries between the ages of 28 and 78. 33 of those 325 entries are Canadian, with British Columbia, Alberta, Ontario, Quebec, New Brunswick and even my home province of Nova Scotia being represented. It's a wonderful thing to see!
事実としては、最近アダルトは飛び出して、かつてないほどスケートをしている。アメリカは国内アダルト
競技会を1995年に創設したが、スケートカナダが続いたのは2004年になってからだ。現在、ISUの
アダルト競技会を含み、アダルトの競技会は世界中で開催されるが、19か国から28歳から78歳までの
325人が競技することが自慢の大会で、伊藤みどりは競技する。325人の参加者の内33人が、
ブリティッシュ・コロンビア、アルバータ、オンタリオ、ケベック、ニュー・ブランズウィックと私の故郷の
ノバスコシアを代表するカナダ人だ。素晴らしいことだ。

 I have been blessed to not only participate in adult competition, but judge it as well, and one thing I can say is that the skaters participating have SO much fun out there it's unreal. And what that reminds us is that any age (which is only a number) to get out there and have that EXPERIENCE is what anyone who skates or has skated cherishes. So here's not only to Midori Ito, but to adult skaters everywhere who are showing their love of the sport. Thanks for making me smile!
私はアダルト競技会に参加するだけじゃなく、審査もする幸運に恵まれた。私が1つ言えることは、
参加するスケーター達は、信じられない程素晴らしい楽しみをそこで経験する。
どんな年齢(単に数字に過ぎない)でもそこに行って、その経験をすることが、スケートをする者、または
スケートをした者の誰でもが、何を大事にしているかを思い起こさせてくれる。
だからスケートへの愛を表すアダルトスケーターは伊藤みどりだけではなく、どこにでもいる。
私を笑顔にさせてくれてありがとう。



https://www.youtube.com/watch?v=Fbigid8Rzfc


ISUアダルト・フィギュア競技会に於いて、2013年5月18日、
みどりちゃんはマスターズ(エリート)女子IIの部門のフリーで
70.74点を獲得し1位になっています。
http://www.deu-event.de/results/adult2013/CAT012RS.HTM
http://www.deu-event.de/results/adult2013/



ご覧いただきありがとうございます     <モスクワの鐘>



ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村