ブライアン・ジュベールの記事がiFigure Skating.comに出ました。

ショーでジュベを見られるのはあと2-3年だと言っています。
コーチになりたいそうです。
どんなコーチになるのかなと、楽しみではありますが、演技が見られなくなると思うと残念!


訳の変なところは、皆様の日本語修正能力におすがりします。m(_ _)m
http://www.ifigureskating.com/brian-joubert-the-skating-journey-of-french-heart-throb/
14.5.2015
BRIAN JOUBERT:
THE SKATING JOURNEY OF FRENCH HEART-THROB
ブライアン・ジュベール:
フランスの“あこがれの的”のスケートの旅


ブライアン・ジュベール1
French Figure skater Brian Joubert left competitive ice last year after the Olympics in Sochi. Following his retirement there were news floating around about his new career path as a pair skater and desire to become a coach. What happened after one year since the charming skater moved out of the competitions?
フランスのフィギュア・スケーター、ブライアン・ジュベールがソチでのオリンピックの後、昨年氷の競技を離れた。彼の引退に続いて、彼のペアスケーターとしての新しい道や、コーチになる願望などのうわさ話が流れた。チャーミングなスケーターが競技から離れて以来1年間に何があったのか?

Brian Joubert. The dancer, the pair skater
ブライアン・ジュベール。 ダンサー、ペア・スケーター


The native from Poitiers found himself a pair partner – Katarina Gerbolt – but didn’t move back to the competitions as some fans would expect. The duo is currently skating together in the “Snow King”. The original Russian show produced by Olympic champion Evgeni Plushenko.
ポワチエ出身者は自身でペアスケーターのカタリナ・ゲルボルトを見つけたが、ファンが期待したようには競技に戻らなかった。デュオ(2人組)は現在「スノー・キング」で一緒に滑っている。ロシアの独創的なショーはエフゲニー・プルシェンコにより制作されている。
During past year Brian also tried a bit of coaching alongside of Russian star Alexei Yagudin in Kazakhstan and appeared in French version of TV show “Dancing with the stars” where he danced on the ballroom floor and finished third.
昨年ブライアンは、カザフスタンでロシアのスター、アレクセイ・ヤグディンと一緒に、コーチに少し挑戦もし、フランス版のテレビショー「ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ」にも登場し、社交ダンスフロアでダンスをし、3位になった。
ブライアン・ジュベール2
“I was relieved to end my career on a high note. I went out through the front door and I am proud of it. But once I got home, I had to ask myself what I would do in my professional career – To be a coach? To do shows? I asked myself questions. But after, it just evolved very quickly.” claims the skater who finished 13th at the last competition of his career (2014 Olympics).”I first participated in the TV show “Dancing with the Stars” , performed in galas in Russia and Japan. I haven’t stop. I have not had a day “off.” Because when I go home, it is always to train.” he adds.
「僕はキャリアを高い状態で終えたことにほっとしている。正面から出て行ったことを誇りに思う。でも家に着くと僕はプロのキャリアとして何をすればいいのかと自問しなければならなかったーコーチになるのか?ショーをするのか?自問した。しかし後にとても速く展開した」と彼のキャリアの最後の競技会(2014年オリンピック)を13位で終えたスケーターは主張した。「最初にテレビショーの“ダンシング・ウィズ・ザ・スターズ”に参加し、ロシアと日本のガラ(祭典)で演じた。僕は止まっていない。“休日”を取ってはいない。なぜなら家に帰るときは、いつもトレーニングするためだから」と彼は付け加えた。

The retirement changes everything
引退は全てを変える


World champion, 3-time European champion, 8-time national French champion. Those are one of many endorsements that Brian Joubert achieved during his 13 years of active senior competitive career.
世界チャンピオンで3度のヨーロッパ・チャンピオン、8度の全仏チャンピオン。それらは13年間のシニアとしての競技キャリアでブライアン・ジュベールが達成したたくさんの宣伝文句の一つだ。
With the retirement from the competitive ice his life changed quite a lot. And not only his life. He changed too.
競技スケートからの引退で彼の人生は相当変わった。彼の人生だけでなく、彼も変わった。
“I’m much calmer now. This is quite normal. The competitions require such a rigor. We must pay attention to everything, to sleep, to eat particular food. But my mindset is completely different now. I’m much more open. ” he claims.
「今はかなり穏やかになった。これは全く普通の事。競技はそんな過酷さを要求する。僕たちは、眠ること、特定の食物を食べることなど、全てに注意を払わなければならない。しかし現在、僕の思考様式は完全に違う。僕はより一層開放的になった」と彼は主張する。
“I force myself to train regularly. I try to set goals to motivate myself. However, I have definitely forgotten the form of weight concept.” he laughs.
「僕は自分に規則的にトレーニングするよう強いていた。やる気を出させるために目標を設定しようとしている。しかしながら、僕は全く重量の概念の方式を忘れていた」と彼は笑う。
 
Skating life is difficult, even when the skater is not competing, the travelling belongs to one of the most common activities.
スケートの人生は競技をしていないときでさえむずかしい。旅行は最も一般的な活動の一つに属する。

“Paradoxically, I was much less present in Poitiers this year then when I was skating in competitions. From September to January, I was not home. It was madness. I thought I will have time to enjoy my family but it was not the case. But this life is very interesting. It will not last forever so I am taking advantage of it. “
「逆説的に、競技でスケートをやっていたころより、ポワチエにいる時間が今年はずっと少なかった。9月から1月は家にいなかった。狂気のさただろ。家族と楽しむ時間が持てると思っていたけど、そうはいかなかった。でのこの人生はとても面白い。これは永遠には続かないから、これに便乗している」
ブライアン・ジュベール3
Life in shows is different
ショーでの人生は違う

If not coaching, the skating in shows seems to be the answer for his career for next few years.
コーチをしなかったら、ショーでのスケーティングが、彼の次の2-3年のキャリアの答えになりそうだ。

“I think I will continue for two or three years. Not more because I would really like to become a coach, to pass on my experience. Also, life in shows is very exhausting. On the tour with French team we arrive in the morning to a city, we train We make one or two shows. The evening often ends at midnight. Sometimes we travel by a night bus. It’s tiring. But once this is going to stop, I know that I will miss it.”
「2-3年は続けると思う。僕の経験を伝えるために本当にコーチになりたいと思っているから、それ以上は無い。それにショーの人生はとても消耗する。フランスチームとのツアーは、朝にその都市について、トレーニングして、1度か2度のショーをする。夜は、しばしば真夜中に終わる。時々は夜行バスで移動する。疲れるんだ。でも辞めたら、さびしいと思うのはわかっている」

The strong French team
強いフランス・チーム


The skater who was always adored by huge portion of female public is out of the competitions but he is still following what is happening in the sport.
いつも莫大な数の女性たちからあこがれられていたスケーターは競技から去ったが、彼はまだその競技で何が起こっているのかを追っている。

“I have unfortunately not been able to support our team this year but I followed the results. French team is very good as evidenced by the title of world champions Gabriella Papadakis and Guillaume Cizeron. I have only one wish, to see them all succeed. “
「今年は残念ながら僕たちのチームをサポートすることは出来なかったが、結果は追っていた。ガブリエラ・パパダキスとギョーム・シゼロンの世界チャンピオンのタイトルが証拠として示すように、フランスチームはとても良かった。僕の望みはただ一つ、彼らがすべて成功するのを見ること」

https://www.youtube.com/watch?v=0En2Bp10icY





正直言って、ジュベがコーチになりたいって思っていることには驚きました。
かなり「孤高の人」だと思っていたので、「教える」ことに興味があったとは…!

3年後にコーチになっても33-34歳だから、十分ジャンプ跳んで見せられますよね。
たくさん優秀なジャンパーを育成してくれるんでしょうね。



ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>



ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村