オーサーのインタビューを見つけました。
長いので採点システムとキムヨナのところだけの抜粋です。
日本語的に変なところが多々あります。 みなさまの日本語修正能力におすがりしますm(_ _)m 


http://www.manleywoman.com/episode-79-brian-orser/
The Manleywoman Skate Cast
マンリーウーマン・スケート・キャスト

Episode #79: Brian Orser        by allison on August 26, 2014
エピソード・ナンバー 79: ブライアン・オーサー    アリソンによる  2014年8月26日


On the new judging system:
新ジャッジシステム:
Yes, I do prefer it. Some of my friends and colleagues don’t agree with me on this, but I think it brings out much better skating, the well-rounded skater. And you can be from anywhere and you can do well.
ええ、好きですよ。これについて何人かの友達や同僚は同意してくれないけど、これは、より良いスケート、成熟したスケーターを引き出したと思っています。そしてどこからでもうまくできます。
One of the first ones who started doing really well was Stéphane Lambiel. He was always kind of swept under the carpet with the old system, but with the new system, he could really shine. He’s got everything – he’s one of my favorite skaters. And it was great to see him come through, even when Switzerland wasn’t that well known for champion male skaters.
とてもうまく使い始めた最初の1人にステファン・ランビエールがいる。古いシステムで彼はいつも見過ごされていたようだけど、新システムになって、本当に輝き始めることが出来た。彼は全てを得て、彼は私の好きなスケーターの1人だ。スイスが男子スケーターのチャンピオンとして有名ではなかったときでさえ、彼が成功するのを見たのは素晴らしいと思った。
But from my profession, from teaching, it is hard to understand for the audience, and I get that too. It’s a shame that this year at the ISU Congress they voted down the transparency in the judging system. It was closer, but it still got shot down, and that makes me crazy. There should be somebody accountable for every mark that goes up, and there should be a face behind it.
しかし職業と、教える立場からでも、観客が理解するのは難しいと思う、それは私にもわかる。今年のISUコングレス(全体会議)で彼らは、ジャッジングシステムの透明性を否決した。何たることだ! 接戦だったが、それでも退けられて、腹が立ったよ。誰かが各上がる点を弁明する責任があるべきで、その背後に顔があるべきだ。
These judges have to be under the microscope. The skaters are, the coaches are, and the judges get to hide behind the system. It’s just not fair and I don’t think it’s right. It puts them under the gun, yes, but I think they need to feel the pressure as we all do. They might make some better judgement calls that way. When you’re under pressure, you probably perform better. The judges should, but they just get comfortable and they think they can hide. The whole idea is to protect the judge, but I think that’s just backfiring completely.
これらのジャッジは顕微鏡の下でなければならない。スケーター達、コーチ達、そしてジャッジたちはシステムの後ろに隠れた。これは公平じゃないし、正しいとも思わない。彼らにプレッシャーをかけ、そう、しかし、彼らはプレッシャーを感じる必要がある、私達みんながそうするように。彼らはましなジャッジメントの判定をそのようにするかもしれない。プレッシャーの下ではましに演じるかもしれない。ジャッジたちはそうするべきだが、彼らは気楽に、隠せると思っている。全体の考え方は、ジャッジたちを守ることだが、これは完璧に逆効果だと思う。
The system is being constantly tweaked, and I think instead of giving an invalid element, there should be a percentage of the element that you could get. Because if you just pop the jump, like Javier [Fernandez at the 2014 Olympics], he turned the quad into a triple, and that just snowballed all his problems. And for a month after we did the whole “what if”, and he was thinking, what if he had done the quad at the very end. If he had turned it, then he would have been fine. You look back, and at some point, you just have to move forward. It was unfortunate and we’ll just never make that mistake again.
システムは絶えずいじられていて、無効の要素を与える代わりに、得られる要素のパーセンテージがあるはずだ。なぜなら、もしジャンプをすっぽ抜かしたら、(2014年のオリンピックの)ハビエルのように、彼は4回転を3回転に変えて、全ての彼の問題をただ雪だるま式に大きくした。そして1月後、私たちは「もしこうなったら、こう…」という起こりうる事態を全てやり、彼はもし彼が最後の最後に4回転をやったらどうなると言うことを考えていた。もし彼がそれをよく考えていたら、彼は大丈夫だろう。振り返ってある時点で、前進しなくてはならない。それは残念だったが、その間違いは2度としないだろう。

On becoming a coach:
コーチになったことについて:
I really never even thought of it until it happened. I did many interviews where people would ask me if I wanted to coach, and I would say, God, no, why would I want to do that. I wouldn’t want to deal with people like me as a student, because I was a bit of a brat [laughs].
私は本当に、そうなるまでそれについて考えたことはなかった。コーチになりたいのかと尋ねるインタビューをたくさん受け、私は、神様、いいえ、なぜ私がそんなことを望むのかと言っていた。私は私のような人間を生徒として扱いたくなかった。私は少々うるさいガキだったから(笑)。
But the next thing you know, I got the phone call from Tracy Wilson, saying what do you think about doing this, just directing the program. I was a little bit stubborn as a student, I was a perfectionist, and now I know how to handle people like that. It’s tough doing what they do, these kids nowadays.
しかし、第2に、わかるだろ、トレーシー・ウィルソンから、プログラムを監督するのをどう思うと言う電話をもらった。私は生徒として少し頑固で、完璧主義者で、そして今はそういう人々をどうやって扱えばいいかを知っている。今の子供たちがやることを、やるのはとても大変だ。
But when Tracy called, I thought, well, if we do it together, it’s only for six months, let’s just help them get back on their feet and then I can figure out what to do with my life. But I got a taste of it, I liked it, and the rest is history.
しかしトレーシーが電話してきたときは、6か月間だけ、もし一緒にするならいいよと、彼らを助けてただ驚かせてやろう、そして自分の人生で何をどうしたらいいかを見つけ出すことが出来ると思っていた。しかし、味わってみて、好きになって、後はご存じのとおりです。

On how he coaches:
どのようにコーチするのかについて:
I always started in the spring when I skated. North Americans do that, they get ready, they get programs, and they’re all ready by September. You can train through the spring and the summer, but you don’t need to be competition ready by the end of October. And you have to be ready again and again through a long season. So it’s a matter of peaking at the right time. I’ve tried to embrace that system more and more in my coaching.
スケートをするときはいつも春にスタートします。北アメリカの人はそうします。準備して、プログラムを手に入れて、9月までにすべてを準備します。トレーニングは春から夏にかけてですが、10月の終わりまで競技会の準備はできてなくていい。長いシーズンを通じて何度も準備が出来た状態にしなければならない。問題は正しい時にピークを持っていくと言うこと。コーチ業の中でシステムにもっともっと取り組むようにしました。
We have a great skating coordinator at the Cricket Club, and she’s very helpful, but I field all of the inquiries that come in. A lot of the people I know, or I can check them out on YouTube and make a decision. It’s also based on how much time I have. This year I didn’t take on anyone new because everyone I had was staying in. I don’t want to wear myself thin and I don’t want to disappoint anyone, because I want to be able to give them the time they need.
クリケット・クラブには素晴らしいスケーティング・コーディネーターがいて、彼女はとても有能ですが、私はやってくる全ての質問に対応します。私の知るたくさんの人々、あるいはユーチューブで彼らを検討し、決断も出来ます。どのくらいの時間が私にあるかということにも基づいてます。今年は(雇っている)みんなが留まってくれているので、誰も新しい人を雇い入れませんでした。私は自身がすり減りたくないし、誰も失望させたくない。なぜなら、私は彼らが必要とする時間を与えられることが出来るようになりたいから。
You have to gauge and you have to read who needs what. We have a very honest policy with our skaters, and that’s communication. I can go out on the ice and see that Yuzuru [Hanyu] is doing fine, he just needs to know that I’m watching. Javi may be struggling with something, so I’ll go over and help him. Or David [Wilson] will swoop in and do some magic. Or Tracy will do some stuff, she’s really great with the psychology, and she can get them jazzed to get back onto the ice and dig in their heels and get into the trenches.
誰が何を必要としてるのかを判断しなければなりません。私達にはスケーター達に対してとても正直な方針があります。それはコミュニケーション(会話)。氷に出向いて羽生結弦がちゃんとやっているか見ることが出来、私が見ていることを彼が知る必要があります。ハビエルは何かにもがいているかもしれない。だから私は行って(検討して)彼を手伝う。あるいはデビッド(ウィルソン)が舞い降りて行って、何か魔法をかける。あるいはトレーシーが腕前を示す。彼女の心を読む力はとても素晴らしく、人に決意を持って仕事場の氷に戻る元気を与えることが出来る。
Because that’s what you have to do. You have to go through those ugly awful programs at the start of the season. I say, you’re going to do those programs and they’re going to be nasty, but let’s just get into the trenches and we’ll just dig our way out. So we just have to read them, and there’s no better way of doing this.
なぜならそれがやらなければいけないことだから。シーズン初めは、醜くてひどいプログラムを経験しなければならない。これらのプログラムをやると君は胸糞悪くなるだろうとが、現場に入って行って、出口への道を掘り出そうと私は言う。だから私たちは彼らの心を読まなくてはいけないし、他により良い道は無い。

On working with Yu-na Kim as his first student:
最初の生徒としてのキムヨナとの仕事について:
She came to work with David when I had just started at the Cricket Club. They had asked for some lessons, because she was there for a few weeks, but then she signed up for summer school. And then at the end of the summer, they asked, can you take over and coach her.
ちょうど私がクリケット・クラブで働き始めた時に、彼女はデビッドと作業するためにやって来た。彼女は数週間そこにいたので、彼らは何レッスンかを頼みに来て、そしてサマー・スクールに参加した。そして夏の終わりに、彼女のコーチを引き継いでくれないかと頼まれた。
I had been working with her all summer and we had kind of a good rapport, and I guess she learned some things and liked it and liked the environment and ended up staying. It was really that simple. I said no when she first asked, because I had one piece of touring left, so I didn’t want to be running around and leaving her coachless.
私は彼女と夏の間働いていて、私達には良い信頼関係のようなものがあり、彼女は何かを習い、それを気に入り、環境も好きになり、結局留まることになったのだと思う。これはとても単純だ。彼女が最初に頼んできたとき、私はノーと断った。なぜなら私には1つツアーが残っていたので、彼女をコーチ不在のまま残して、ツアーしたくはなかった。
So when I got through the season a bit more, they came back and said, will you reconsider, and I thought, OK, this is a game changer for me, because now I’m becoming a coach and not just the director of skating, here we go.
だから私がシーズンを終える頃に彼らは戻ってきて、もう一度考えてくれないかと言い、私はオーケーだと思った。今はスケートの監督だけではなくコーチになったので、これは私にとって「それいくぞ!」という競技変更だった。
So I had a ton of learning to do. I had to learn about the new judging system, and I remember being at the world championships in 2007 and seeing the score for her short program go up, and thinking, is that good? [laughs]. And she was excited, so I just mimicked her. That’s how green I was. I just knew how to get her out there and how to help her skate well. But then I had to learn quickly.
私は学ばなければならないことが、たくさんあった。新しいジャッジング・システムを学ばなければならなくて、2007年の世界選手権で、点灯した彼女のショート・プログラムの得点を見ながら、これはいい点なのか?と考えたのを覚えている(笑)。彼女は興奮していた。だから私はただ彼女を真似た。そのくらい私は未熟だった。私が知っていたのは、どのように彼女をそこから引き出して、どうやって彼女のスケートが良くなるように手助けするかということだけだった。しかしそれから私は素早く学習しなくてはならなかった。
She wasn’t perfect, trust me. She worked for everything that she had to do. And she’s a fierce competitor. But she trains hard every day, and she’s not perfect, there’s lots of falling down. And that’s where I saw her as a human being, too. She’s not just this crazy machine that can be perfect ever time.
彼女は完璧ではなかった。信じてくれ。彼女はやらなければならない全てに取り組んだ。彼女は猛烈な競技者だった。しかし彼女は毎日精力的に訓練したが、彼女は完璧ではなく、たくさんの失敗があった。

On his relationship with Kim now after he was fired as her coach:
コーチとしてクビになったあとの現在のキムとの関係について:
It’s pretty well non-existent. The first time I saw her was at the World Championships in London, Ontario, and we kind of passed in the hall and did a little bit of a hug and that was it. And we saw each other a few times during the week and we just kind of smiled and nodded and that was that. It’s still one of the most heartbreaking things for me, and I still don’t understand what happened, or why it happened. I really don’t. I know that they got some wrong information, but I’m still guessing at what happened. I have a few ideas, but that’s just between me and me.
それはほぼ存在しない。最初に彼女を見たのはオンタリオ州ロンドンでの世界選手権で、ホールですれ違うようなとき、ちょっとハグをしたけど、それだけ。その週の間2.3度互いに見かけて、微笑んでうなづいたけど、それだけ。私にとっていまだに最もひどく辛い出来事の一つで、いまだに何が起こったのか、なぜ起こったのか理解できない。本当にわからない。彼らが間違った情報を得たのは知っているが、何が起きたのかは推測するのみ。2.3思いつくことはあるが、自分だけの中に収めている。
We really did have a great relationship and I thought I would be part of her life forever, and I would have this really positive impact on her life, and I’d be going to her wedding one day, and just be connected forever. The Olympics can do that. And then it was all just pulled away, and that’s exactly what happened.
私達は本当に素晴らしい関係だったし、私は永遠に彼女の人生の一部になるだろうと、彼女の人生に本当にこのプラス方向の影響をもたらして、いつか彼女の結婚式にも行き、永遠につながっていると思っていた。オリンピックはそうできるものだ。そしてそれからすべてが引き離された。それがまさしく起こったことだ。
I don’t think other people wanted to see that happen, but it just got yanked away from me. And the same thing happened with Adam [Rippon], and it was hard for me to trust anybody in this sport. I couldn’t get emotionally involved. I love the skaters that I’m working with now, but I can’t let myself get emotionally involved. I can’t. Perhaps it was ruined by people like Yu-Na and Adam. But it is what it is. I learned a lot, just take it one season at a time. I don’t have contracts with my skaters, just a handshake, and maybe I need to revisit that idea, but I just don’t feel it’s necessary.
他の人が何が起きたかわかりたいと私は思っていないが、それはただ私からグイと引き離された。そして同じことがアダム・リッポンとでも起きて、この競技で誰でもを信じることが私には難しくなった。感情的にかかわり合うことが出来なかった。今一緒に働いているスケーター達の事は愛しているが、自分を感情的にかかわり合わせることが出来ない。出来ない。おそらくそれはキムヨナのような人たちにより台無しにされたので。それはそれだ。私は1シーズンで一度にいろいろ学んだ。私は私の(生徒の)スケーター達と契約を交わしていない。ただ握手をするだけ。私はその考えを再考する必要があるかもしれないが、必要だとは感じていない。

On skating and Asia:
スケートとアジアについて:
I have a book coming out in Japan. It’s based on the book I have now, which is kind of a life history, and then moving forward and working with Yuzuru. It’s a great market, they love their skating and their skaters, they respect the coaches, it’s nice.
日本で本が出版されます。今持っている本は、私の人生そして前進し結弦との仕事みたいなものを基にしています。(日本の)彼らは、彼ら(日本)のスケートとスケーターを愛し、コーチ達を尊敬していて、すばらしい。
It’s the same with Korea, I had a book in Korea too. But at the same time too, in the Asian culture — when I was with Yu-na, there was so much pressure on me to do well. If she didn’t win, it’s the coach’s fault. If she does win, it’s the coach’s fault. That’s why when she won, it was like, whew. They responded with such publicity and such respect for me, and it was really cool. But at the same time, if she hadn’t won, I would have to take all the responsibility for that too. I was prepared, that’s just the way they are and the culture, and that’s fine. But it wasn’t an option for her to not win anyway. So I was pretty confident.
カノ国も同じで、カノ国でも私は本を出しました。しかし同時に、私がヨナといたころのアジアの文化では、うまくやらなければならないというプレッシャーが、私にはとてもありました。もし彼女が勝たなかったら、コーチの責任。もし彼女が勝っても、コーチの責任。だから彼女が勝った時は、「フーッ、やれやれ」っていう感じでした。彼らのマスコミへの反応とそういう私への尊敬は、とてもすばらしかった。しかし同時に、もし彼女が勝たなかったら、私は全ての責任も負わなければならなかった。私は彼らとその文化のやり方を準備したので、大丈夫だった。でもともかく彼女にとって勝たないと言う考えはなかった。私はとても自信があった



********************

このインタビューは、オーサーが去年の秋に出した本「チーム・ブライアン」のインタビュー取材(2014年7~8月)とほぼ同じ時期なので、重複している部分があるようです。本の中でも、

「私はヨナの人生の一部にずっとなっていくだろうと考えていたからです。彼女がスケートをやめた後でも、私は彼女の人生の一部になるだろうと。いつの日か彼女が結婚するときにゲストで呼ばれて、父親気分で泣いたりして、ね。とにかく2人の人生はずっとつながっていくのだろうと思っていたのです。」
(チーム・ブライアンP.133-134)

オーサーは、よっぽどキムヨナの結婚式に出たかったんだなー という感じです。

ただし、日本とカノ国を「アジア」の一言で括るのは、やめていただきたい。
羽生くんのコーチを3シーズン務めたんだから、いい加減違いはわかるだろ!


ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>


ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村