アイスネットワークが宇野昌磨くんの記事を上げてくれました!
大ちゃんは競技スケートから去ってしまったけど、昌磨くんが現れてくれて、とてもうれしい(T_T)

http://web.icenetwork.com/news/2015/05/27/126706104

Rising stars of Asia: Uno ready to put on a show
アジアの希望の星: 宇野はショーの上演準備は出来ている

Japanese silver medalist working to add second quad to repertoire
日本の銀メダリストは、レパートリーに2つ目の4回転を付け足すことに取り組んでいる

Posted 5/27/15 by Wei Xiong, special to icenetwork
宇野昌磨
Having won the title at the Junior Grand Prix Final and world junior championships, Shoma Uno is ready to take his skating to the next level. -Getty Images
ジュニア・グランプリ・ファイナルと世界ジュニア選手権のタイトルを獲って、宇野昌磨は、彼のスケートを次のレベルに持っていく準備が出来ている

This offseason, icenetwork is profiling some of the up-and-coming skaters from the Asian continent. First up is reigning world junior champion Shoma Uno.
このオフ・シーズンに、アイスネットワークは、何人かのアジア大陸からの有望なスケーターのプロファイリング(人物紹介)をします。最初の人物は現世界ジュニア・チャンピオンの宇野昌磨。



For most countries, losing the likes of Nobunari Oda, Daisuke Takahashi and Tatsuki Machida in the span of a year would be catastrophic to its level of competitiveness. But Japan is not most countries.
大抵の国は、一年で織田信成、高橋大輔、町田樹のような選手を失うと、その国の競争力レベルが破滅的になってしまうだろう。しかし、日本は大抵の国ではない。

The island nation seemingly has an assembly line that churns out exceptional men's skaters, the latest of which is Shoma Uno. The 17-year-old from Nagoya, who has already received a lot of attention for his smashing performances in junior competitions last season, as well as at the Four Continents Championships, is primed to be the next great Japanese star.
その島国は、ひときわ優れた男子スケーターを大量に作り出す組み立てラインを持っているように見えて、その最新作のスケーターは宇野昌磨だ。名古屋の17歳は既に、昨シーズンのジュニア大会と、同様に四大陸選手権で、彼のとびきりの演技でたくさんの注目を受けていて、次の偉大な日本のスターになると言われている。

Uno first caught the eye of Japanese fans and media in November 2009, a few days before his 12th birthday. As the national novice A champion, he qualified to compete in the national junior championships. Despite being a primary school student who barely reached the other skaters' chests, Uno unexpectedly won the bronze medal. "What a prodigy!" Japanese media exclaimed. Uno's coach, Machiko Yamada, knew a prodigy when she saw one: She was Midori Ito's coach throughout her career and oversaw Mao Asada's career in the skater's early years.
宇野が最初に日本のファンとメディアの注目を引いたのは2009年11月の彼の12歳の誕生日の数日前だった。日本のノービスAのチャンピオンとして、彼は全日本ジュニア選手権で競技する資格を得た。小学生で、他のスケーターの胸辺りに辛うじて届く身長だったにも拘わらず、宇野は思いがけなく、銅メダルを獲得した。「何という神童!」と日本のメディアは声を大にした。宇野のコーチの山田満知子は、神童を一目見て判った:彼女は伊藤みどりの(選手としての)生涯のコーチで、浅田真央のスケートのキャリアの初期を監督していた。

In fact, it was Asada who "recruited' Uno to become a figure skater. One day when he was 5 years old, Uno was playing around in a public skating rink in Nagoya when Asada approached him and said, "You are so adorable. Why not come and skate?" And he did.
事実、宇野をフィギュア・スケーターになるよう「リクルート」したのは浅田だった。彼が5歳だったある日、彼は名古屋の公共スケートリンクで遊んでいた時、浅田が近寄って、「僕、とってもかわいいね。一緒にスケートしない?」と言った。そして彼はそうした。

Since the day he won the national junior bronze medal, Uno has carried the hopes of the Japanese skating community and fans. They expected him to follow the path of Takahashi, Oda, Takahiko Kozuka and Yuzuru Hanyu, all of whom claimed the world junior title. However, his next four seasons were rather disappointing: He did not qualify for the Junior Grand Prix (JGP) Final, make the world junior podium or even claim the national junior title.
彼が全日本ジュニアの銅メダルを獲得した日から、宇野は日本のスケート社会とファンの希望を受け持った。彼らは、世界ジュニアのタイトルを手にした、高橋、織田、小塚崇彦、羽生結弦の道に続くことを彼に期待した。しかしながら、彼の次からの4シーズンは、どちらかというとがっかりだった:彼はジュニア・グランプリ・ファイナル(JGP)の資格を得られず、世界ジュニアの表彰台にも登れず、全日本ジュニアのタイトルさえ手に出来なかった。

The reason? He couldn't do a triple axel.
理由? 彼はトリプル・アクセルが出来なかった。

"I can't even remember when the first time was that I started to practice triple axel," Uno said in an interview this February. "I think it was 5 or 6 years ago. I kept practicing and practicing for years, and kept thinking, 'I must nail it, I must nail it,' but still, I couldn't get it. It really took me too much time."
「トリプル・アクセルの練習を最初に始めたのがいつだったかさえ覚えていません」宇野は今年2月のインタビューで言った。「5年か6年前だと思います。何年も練習して、練習し続けて、『完璧にしなきゃいけない、やってのけなければいけない』と思い続けていましたが、なかなかできませんでした。本当に長すぎる程時間がかかってしまいました」

Things started to change in the summer of 2014, when he started to practice the quadruple toe loop.
彼が4回転トゥループの練習を始めた2014年夏に事態が変わり始めた。

"It is because I spent so much time on triple axel that I was able to understand the techniques and learn the quad faster," he recalled. "And I was feeling much happier when I was practicing quad toe, because, unlike doing the triple axel, I wasn't in a hurry; I was playing with it for fun.
「トリプル・アクセルにあまりに長い時間を費やしたから、技術を理解して、4回転を速く覚えました」と彼は振り返った。「トリプル・アクセルをやるのとは違って、急いでいなかったので、4回転トゥを練習している時は、はるかにうれしいと感じていました;楽しいからやっていた」

"Gradually, I started to land the quad toe consistently, and then I felt very relieved because I knew I didn't have to do a triple axel (to be competitive) now."
「徐々に4回転トゥを堅実に着地し始めていて、そして、気持ちがとても楽になったのを感じました。なぜなら、もう(競技で)トリプル・アクセルをしなくてもいいとわかったから」

As the pressure eased, Uno started to have more fun in practice.
プレッシャーが和らいで、宇野は練習により楽しみを持つようになった。

"Finally, I got my triple axel," Uno said. "I started to land it consistently in training the day before I went to my second JGP event in Croatia."
「とうとう、トリプル・アクセルを習得しました」と宇野は言った。「トレーニングで堅実に着地できるようになったのは、クロアチアでの2番目のジュニア・グランプリの前日でした」

Armed with two new consistent weapons -- to go with his smooth skating and natural musicality, which reminds many of his idol, Takahashi -- Uno dominated the junior circuit. In mid-December, he won the JGP Final in Barcelona with a total score of 238.27, beating his closest rival by more than 25 points.
2つの新しい堅実な武器を身に着け、滑らかなスケーティングと、彼のアイドル-高橋を思い起こさせる生来の音楽的才能で、宇野はジュニア・サーキット(トーナメント)で優位を占めた。12月中旬、彼はバルセロナでのジュニア・グランプリ・ファイナルを、2位のライバルに25点以上の差をつけ、総合得点238.27で勝った。

He carried the momentum into Japanese nationals, when he faced the world's deepest field in men's figure skating, including the reigning Olympic champion (Hanyu), three gold medalists from the 2014 Grand Prix Series (Machida, Takahito Mura and Daisuke Murakami) and former world silver medalist Kozuka. Uno won a silver medal with two almost flawless programs. People started to see him not only as a junior contender but as a real threat at the senior level.
現オリンピックチャンピオン(羽生)、2014年のグランプリ・シリーズの3人の金メダリスト(町田、無良崇人、村上大介)と、元世界選手権銀メダリストの小塚を含む、男子スケートで世界一深いフィールドに直面した時、彼は勢いを全日本選手権に持ち込んでいた。

He then made his debut at a senior ISU championship, competing at Four Continents in Seoul, South Korea. After a second-place finish in the short, he struggled in the free, stepping out of his quad toe and falling on the last part of his double axel-half loop-triple flip, and wound up only fifth.
そして彼はカノ国・ソウルでの四大陸選手権で競技し、シニアのISU選手権にデビューを果たした。ショートを終わって2位につけ、フリーで、4回転トゥでステップアウトし、最後の部分のダブル・アクセル-ハーフ・フープ-トリプル・フリップで転倒し、もがいて、結果として5位にしかならなかった。

"I cried right after my free skate. I think this is my first time crying for a competition ever since my first year in novice," Uno admitted. "But on the other hand, I am happy with my growth. It is a luxury to cry over your personal best (256.45). I wouldn't have imagined this one year ago."
「フリー・スケートの直後に泣きました。ノービスの初年度以来、競技で泣いたのはこれが初めてだと思います」と宇野は認めた。「しかし一方で、自分の成長はうれしいです。パーソナル・ベスト(256.45)で泣くなんて贅沢です。1年前にはこんな事想像もつかなかった」

After Four Continents, Uno focused on the most important competition of his season, the world junior championships in March. With a more polished performance -- one that reflected his experience at the senior level -- Uno finally claimed the title he wanted for so long.
四大陸のあと宇野は、彼のシーズンで一番重要な競技会-3月の世界ジュニア選手権大会-に焦点を当てた。シニアレベルでの経験を反映した、更に磨いた演技で、宇野はついに長年欲しかったタイトルを手にした。

"This is my last junior competition. I felt glad I was able to land the other jumps (he missed his opening quad attempt in the free skate) and made it," Uno said.
「これが僕の最後のジュニア競技会です。他のジャンプを着地できて(彼はフリー・スケートのオープニングで試みた4回転をミスした)、やり遂げられて嬉しく思います」と宇野は言った。

His junior career over, Uno is readying himself to take the next step. From his experience in Seoul, he recognizes that better competition awaits him.
彼のジュニアのキャリアは終わり、宇野は次の段階に行く準備が出来ている。ソウルでの経験から、彼はより良い競技会が彼を待ち受けているのを認識している。

"Just look at the score of my free skate (at Four Continents): My 167 points is not bad at all, but the top men's scores made mine look so low," Uno said. "Of course, I have much room to grow."
「僕の(四大陸での)フリー・スケートの得点を見て:167点は悪くないな、でも男子のトップのスコアは僕の得点をとても低く見せます」と宇野は言った。「もちろん、ノビシロはたくさんあります」

At the same time, he is excited for the new challenge.
同時に、彼は新しい挑戦に興奮している。

"Compared to junior events, there is a much larger audience for senior events, and that really motivates me," Uno said.
「ジュニアの大会に比べて、シニアの大会は大勢の観客がいるので、本当にやる気が出ます」と宇野は言った。

The experience of skating in the last free skate group at Japanese nationals, he believes, will help him deal with the stresses he will soon face.
全日本のフリー・スケートで最終グループで滑った経験は、すぐに直面するであろうストレスとの対処に役に立つと、彼は信じている。

"That experience taught me how to handle the pressure from the audience, and during the six-minute warmup, better," Uno said. "Thanks to that, I am able to focus on my own skating now, while still being surrounded by the top skaters in the world."
「あの経験は、観客からのプレッシャーをどうやって対処するのかと、6分間練習のウォームアップをどうやったらより良く出来るかを教えてくれました」と宇野は言った。「そのおかげで、世界のトップスケーター達に囲まれてる間でも、今は自分自身のスケートに集中できます」

Looking to next season, Uno said he aims to "improve my jumps, as well as learn to keep myself in a good, healthy condition. I still have a lot to do on my jumps, especially on the quads."
来シーズンに視線を向けて、「ジャンプを改良する。同様に良い健康状態を保つことを学ぶ。僕はまだジャンプで、やらなければいけないことがたくさんあります。特に4回転は」と目指すことを言った。

Uno's goal is to add a second kind of quad by next season.
宇野は来シーズンまでに2個目の4回転を加えることを目標にしている。

"I am just playing with it for fun," Uno said. "When I feel I am in a good condition physically, feeling, 'Maybe I can land it today," I will give it a try.
「ただ楽しんでやってる」と宇野は言った。「体力的、感覚的にいい状態で『今日は着地できるかもしれない』と感じた時に試してみます」

"Initially, I was practicing quad flip. But I was afraid if I practiced the quad too much, I would not be able to do the triple flip anymore, which happened to me when I learned quad toe -- I forgot how to jump a solo triple toe. So I gave up that idea and decided to practice quad salchow instead."
「当初、僕は4回転フリップを練習していました。しかし、もしかしたら4回転の練習をしすぎて、もうトリプル・フリップが出来なくなくなってしまうのではないかと心配になりました。4回転トゥを習っている時に、単発のトリプル・トゥのジャンプの仕方を忘れるということが起こったので。だから、そのアイデアはあきらめて、4回転サルコーを代わりに練習することに決めました」

His peers, like Nam Nguyen from Canada and Boyang Jin from China, are also raising the bar, landing different types of quads in training and competition.
彼の同年代、カナダのナム・ニューエンや、中国のボーヤン・ジンのような選手は、柵を押し上げ、違う種類の4回転をトレーニングや競技会で着地している。

"I won't intentionally follow what they are doing or search for their programs online, but maybe people around me are paying a lot of attention (to them)," Uno said.
「彼らが何をやってるかや、彼らのプログラムをオンライン(ネット)で調査したりなど、意図的に追随することはしないけど、僕の周りの人たちは(彼らに)たくさんの注目を払っているかもしれません」と宇野は言った。

Uno says he is too focused on his first season as a senior to worry about his chances for the next Olympics.
次のオリンピックへの彼の可能性を心配していて、シニアの1年目に焦点を当てすぎていると宇野は言った。

"The idea of the PyeongChang Olympics is close to zero in my mind," Uno said. "I really need to concentrate only on my first senior season, to face any upcoming challenge, so I really cannot think about anything else right now."
「平昌オリンピックの考えは、心の中ではゼロに近いです」と宇野は言った。「僕は本当にシニアの1年目のシーズンだけに集中する必要があるので、他の事は今は考えられません」



********************

どんなプログラムになるのでしょう?????
今年は楽しみがいっぱいだー!



ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>


ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村