彼は本当にカメラを盗んだのか? それとも嵌められた冤罪なのか?


*****

もう十年ぐらい前の事になるが、中国・深圳(シンセン)の東莞(トンガン)という所に一人で出張した帰り、
通訳をしてくれた中国の女性から「フェリーより安くて便利ですよ」と強く勧められたので、
行きに乗ったフェリーではなく、地元の人や中国系の人しか乗らないようなバスに乗って、
香港の空港に向かうことにした。

バスターミナルまでは通訳してくれた女性が付いてきてくれて、バスの発車時刻まで、
仕事の話をしながら、時間つぶしにつきあってもらった。

一番後ろの席に座り、ただ乗っていれば、終点の香港の飛行場まで連れて行ってくれるものだと
その時は思っていた。

しかし、乗ってしばらくしたところで、前方で車掌さんが乗客のチケットをチェックしながら、
一人一人に何か言っているのが見えた。

やがて最後に車掌さんは自分のところにもやってきて、何かを言ってきたが、
中国語は全然なので、何を言っているのかまるで解からなかった。

こっちが答えられないでいるから、更に何だかいろいろ言ってくる。
だけど、助けを求められそうな日本人は一人も乗っていない。
車掌さんも、他の乗客も、日本語はもちろん英語も理解できる人はいなかった。

車掌さんはずっと何かを話しかけてくるのだけど、まるで解からないから、
話しかけられればかけられるほど、どんどん不安になって、心臓ドキドキ、頭真っ白。

そのうち埒(らち)が明かないと車掌さんは思ったのか、
チケットに数ケタの数字だけを書いて、行ってしまった。

そして数分後、全員強制的にバスを降ろされた。
そこには他のバスもいっぱい止まってはいたが、香港の空港ではもちろんなかった。
トランクに預けてあった荷物もどんどん出されて、仕事の道具と荷物を抱えて動揺した。

割とすぐに入管(中国本土・深圳と香港の境)だとは気が付いたが、 手続きが終わったら、
乗ってたバス(降ろされた所)に戻ってくればいいのか、それとも違うのか?
どうしたらいいのかは全くわからなかった。強烈な不安で心臓バクバク。

どうしよう、どうしようと思っても、話を聞けそうな人は一人もいない。
道具と荷物を抱えて、不安なまま中国人の流れにくっついて行ったが、心細くて仕方なかった。

そこでは、中国・深圳側のバスを降りて、入管手続きをして、
ビルの反対側に待つ香港側のバスに乗り換える仕組みになっていたのだが、
通訳の人からは、そんなことは一言も教えられていなかったので、緊張で血管キレそうだった。

地元の慣れた人にとっては、ごく普通の大したことじゃないのだろうが、
初めてで言葉が解からない、陸路で国境を越えることに慣れていない人間にとっては、命が縮む経験。

車掌さんがチケットに書いた数字は、乗り換える香港側のバスのナンバープレートの番号だった。
でもそのチケットは、深圳側でバスを降りた時点で回収されてしまっていた。

なんとなく嫌~な予感がして、他の紙に番号を控えていたから、香港側のバスに間違えずに乗れたけど、
もし控えてなかったら、迷った挙句バスに乗り遅れて、予約していた飛行機にも乗ることも
出来なかったかもしれないと思うと青ざめる。

言葉の解らない地での、恐ろしく不安な体験。



*****


冨田選手がカメラを窃盗したとして、カノ国の警察で聴取を受けた時に、
日本語が大して上手くない通訳が付いたという話を聞いて、
真っ先に、その中国・香港での経験が脳裏によぎった。

単なるバスの乗客だった時でさえ、言葉がわからなくてパニックになったのだから、
警察で、警官に囲まれて、「罪を認めたら他の選手と一緒に帰れる」と言われたら、
たとえ無罪だったとして少々迷っても、すぐに罪を認めちゃうだろう。

あとからバカだと言われても、訳のわからない「反日」の国に取り残されて、
一人で無実を主張するなんて、そんな怖すぎる選択は出来ない。




ところで事件の数日後の会見で、カノ国の警察から提示された映像を見て「冨田だった」と
彼の罪を認める証言をしたJOC職員の柳谷直哉って、今どうしてるの?
CCI_KFzUsAA83Kl
https://pbs.twimg.com/media/CCI_KFzUsAA83Kl.jpg:large
雲隠れ?
逃げ回ってるなら、あんたの証言が一番怪しいってことじゃない?
堂々と出てきてちゃんと話す必要があるんじゃないの?


JOCの役員全員も彼を引きずりだしてでも、もう一度会見させるなり、裁判に出廷させるなりの
責任があったでしょう。
あなた方、31人もいて、今まで、何やってたの? 特に会長の竹田さん???
JOC役員
http://www.joc.or.jp/about/executive/


ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>


ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村