6月8日にスケートガードが村主章枝さんのインタビューを載せました。
読んでみたら、村主さんのこと結構見直しちゃいました。


http://skateguard1.blogspot.ca/2015/06/interview-with-fumie-suguri.html?utm_content=buffer30f52&utm_medium=social&utm_source=twitter.com&utm_campaign=buffer
Monday, 8 June 2015
Interview With Fumie Suguri
村主章枝インタビュー
Fumie07
 
Three would appear to be Japanese figure skater Fumie Suguri's lucky number. She's won three medals at the World Championships, three Four Continents titles and in doing so, certainly performed more than her fair share of three revolution jumps. In her incredible competitive career that spanned over three decades, Fumie also won the Grand Prix Final, won four medals at the Asian Games and finished in the top five at two Olympic Games and earned an incredible twelve medals on the senior Grand Prix circuit. Even more impressive in my mind than her competitive record and gutsy performances was her admirable longevity as a competitor, and that was just one of many things that her and I had chance to speak about in this interview that I guarantee you that you're going to just love reading:
日本のフィギュア・スケーターの村主章枝にとって「3」はラッキーナンバーだ。彼女は世界選手権で3つのメダルを獲り、四大陸選手権のタイトルを3度獲り、彼女は他の人より多くの3回転ジャンプを跳んできている。彼女の驚くべき競技キャリアは30年以上に及んでいて、章枝はグランプリ・ファイナルも獲り、アジア大会で4つのメダルも獲り、オリンピックで2度5位以内に入り、シニアのグランプリ・シリーズで驚くべき12個のメダルを獲った。競技の記録とガッツのある演技よりも、私にとって印象的なのは、競技者と称賛に値するほど長命であったことで、それが彼女と私がこのインタビューについて話す機会があったたくさんの事柄の内の一つだった。きっと読んで好きになるだろうと保証します。

Q: Your competitive career was nothing short of incredible. Three world medals, three Four Continents titles, a win at the 2003 Grand Prix Final, five Japanese titles and an impressive twelve senior Grand Prix medals... I have to just say wow! Looking back on it all now, which moments stand out as both the most special and the most challenging in hindsight?
Q: あなたの競技者としてのキャリアは申し分ないほど途方もない。3つの世界選手権のメダル、3つの四大陸選手権のタイトル(金メダル)、2003年のグランプリ・ファイナルの勝利、5つの全日本選手権のタイトル、印象的な12個のシニアのグランプリのメダル… 私はもうこう言わなければ…ワオ! 今全部を振り返って後になって判断すると、何が突出して一番特別で一番難しい(挑戦的な)な時でしたか?

A: It is really hard to pick one - Olympics and Worlds are always special - but if I needed to pick one, that would be the 2003 Grand Prix Final. It was such a nice moment when I saw my coach Mr. Sato was crying a lot when I took that title in Colorado Springs. That was the same place that Mr. Sato finished fourth at Worlds. He couldn't reach to the podium even though everyone said his skating was incredible. I think he wasn't satisfied with this. I can imagine from his tears how hard it was for him to have that feeling for a long time. That's why I was so happy that I could skate well and earn that medal for him.
A: 一つを上げるのはとても難しいです-オリンピックと世界選手権はいつも特別でーでも一つ上げる必要があるとしたら、2003年のグランプリ・ファイナルです。私がコロラド・スプリングスでタイトルを獲った時、コーチだった佐藤氏が物凄く泣いているのを見た時が、とても素晴らしい瞬間でした。そこは佐藤氏が世界選手権で4位で終わったのと同じ場所でした。彼のスケートはすごいとみんなが言っていたのにもかかわらず、彼は表彰台に登れなかった。彼はそのことに満足していなかったのだと思います。彼の涙から、長い間彼にとってどれだけ辛いことだったのかを想像できます。だから、私はうまく滑れて、彼の為にメダルが取れてとてもうれしかった。
https://www.youtube.com/watch?v=eo7_cLG8oCI

Q: One thing that just blows my mind is the longevity of your career. You first competed internationally back in 1994 and were still competing twenty years later. What motivated you most to stick with skating over the years, especially in the more difficult times?
Q: 私の心をしびれさせることの一つは、貴方のキャリアの長さです。貴方は国際的な競技会に初めて出たのは1994年で、20年後もまだ競技をしていた。長年スケートをやり続けていた動機は何ですか?特に難しい時期に?

A: My competitive career lasted twenty eight years. I love figure skating so much and this is like a gift from God to me. After I met my long time choreographer Lori Nichol in 1996, I learned so many things not only about technique but also about entertainment. There is so much good entertainment in the world which can move peoples hearts - Broadway shows, dance, ballet, music etc. Those things always have kept me up even though I had hard or difficult times. Since I met Lori, I started to dream that I wanted to make any kind of entertainment that I could to make people happy.
A: 私の競技キャリアは28年続きました。私はフィギュア・スケートが大好きで、これは神様から私への贈り物のようなものです。私の長年の振付師のローリー・二コルに1996年に出会ってからは、技術だけではなく、エンターテインメントについてもたくさんのことを習いました。ブロードウェーのショー、ダンス、バレエ、音楽など、人々の心を感動させることが出来る素晴らしいエンターテインメントがあります。そのようなものがいつも、大変でつらい時でさえ、私を支えてくれました。ローリーに会って以来、どんなものでも人々を幸せに出来るエンターテインメントをやりたいと夢見るようになりました。

Q: Staying on that topic, I've always had a hearty laugh at the people out there who are for some bizarre reason critical of skaters who choose to stay in the sport and continue competing after 'they reach a certain age'. What would you say to those people?
Q: その話題についてですが、私はいつも、ある一定の年齢になった後もその競技に留まり続けて競技することを選んだスケーターを、いくつかのヘンテコな理由の為に酷評する人々がいると、心から嗤ってきました。そういう人たちには何と言いますか?

A: To tell the truth, there are only a few people that can be in the top rankings in any sports field, like standing on the podium or winning the competition. Is just winning the goal? NO! We learn so many things from sports. For example, at figure skating competitions you can't stop even when you fall on the first jump. Whatever happens, you have to continue. Life is the same. Even though you missed something, you have to figure out how to solve the problem and how to fight back, not to give up or throw it away. From a younger age, skating teaches us many things that we are supposed to learn later in our lives. God give everyone different challenges. It is not about our age. It is about what one decides to have in one's OWN life story.
A: 本当のことを言って、どんなスポーツでも表彰台に上がるとか、競技会で優勝するみたいな、トップランキングにいられる人はほんのわずかしかいない。勝利だけが目的ですか?いいえ!私たちはスポーツからたくさんのことを学びます。例えば、フィギュア・スケートの大会では、最初のジャンプで転倒したとしても辞めることはできません。何が起こったとしても、続けなければならない。人生も同じです。何かに失敗したとしても、あきらめて放り出すのではなく、どうやって問題を解決するか、どうやって戦いに戻るかを見つけ出さなければならないのです。人生の後から学ぶようなことを、スケートは若い時分からたくさんのことを私達に教えてくれます。神様はみんなそれぞれに違った挑戦を与えます。それは年齢についてではありません。それは人がそれぞれ自身の人生の物語の中で何を決断するかという事です。
https://www.youtube.com/watch?v=pFCxC2bBDik

Q: If you had to pick one favourite program that you have skated, what would it be?
Q: 貴方が滑った中で、もし1つだけ好きなプログラムを選ばなければならないとしたら、何ですか?

A: Again I have a hard time choosing…But I think "Paint It Black". That was really challenging for me to try rock music but the costume was a challenge as well. At that time, no one wore pants at the competitions. Lori and I always wanted to try new things and we said maybe we can try pants because there is no rule that says girls can't wear pants. We were afraid that someone would say that is not a good idea so we put a skirt on the pants. After that, the ISU put in new rules that girls can wear pants at the competitions.
A: 選ぶのはまた大変です…でも「黒くぬれ」です。ロック・ミュージックを試すのは私にとってはとても難しいことでしたが、コスチュームも同じように挑戦的でした。当時は誰も競技会でパンツを着ていませんでした。ローリーと私はいつも新しいことを試したいと思っていて、女子がパンツを着用してはいけないというルールは無かったので、パンツを試してみようかと言っていました。誰かがそれは良いアイデアではないと言うのではないかと心配して、パンツの上にスカートを付けました。後に、ISUが女子も競技会でパンツを着用できるという新しいルールを導入しました。

Q: Is it true that Michelle Kwan was the one who first taught you the triple lutz?
Q: 貴方に最初にトリプル・ルッツを教えたのはミシェル・クワンだというのは本当ですか?

A: Actually, she SHOWED me the triple lutz. She came to our rink (Shin-Yokohama) before the Worlds for practice. The Worlds in 1994 were in Makuhari, Japan. She was my idol at that time. I couldn't believe that a girl the same age as me could land all of her triples so easily. I asked her, "Could you please show me the triple lutz?" She also gave me advice. It is a good memory.
A: 実際のところは、彼女がトリプル・ルッツを「やって見せてくれた」です。彼女が世界選手権の前に、練習の為に私たちのリンク(新横浜)にやってきました。1994年の世界選手権は日本の幕張でした。彼女は私の当時のアイドルでした。私は同い年ぐらいの女の子が彼女の全部のトリプル・ジャンプをとても簡単に着地できるのが信じられませんでした。私は彼女に「トリプル・ルッツを見せてくれませんか?」と頼みました。彼女はアドバイスもくれました。良い思い出です。
https://www.youtube.com/watch?v=qtF8SMGMeLQ

Q: You have competed against a who's who of phenomenal skaters over the years - people like Michelle, Yuna Kim, Mao Asada, Maria Butyrskaya, Irina Slutskaya, Sasha Cohen and countless others - Of your competitors who did you most respect most?
貴方は何年もミシェル・クワン、キムヨナ、浅田真央、マリア・ブッテルスカヤ、イリーナ・スルツカヤ、サーシャ・コーエンや数えきれないほどの他の選手のような驚異的なスケーター達を相手に戦ってきました。貴方が闘ってきた中で、一番誰を最も尊敬していましたか?

A: I can't pick one. I respect them all because I knew all these skaters had lots of drama in their lives and I know just how hard it is to continue skating with this going on.
A: 1人だけを上げることはできません。全員を尊敬します。なぜならそれらのスケーター達は彼らの人生にたくさんのドラマがあることを知っていて、起こっているドラマと一緒にスケートを続けるのがどれだけ難しいかを知っているからです。

Q: To say that you have obviously travelled extensively around the world is an understatement. Where have you NOT gone that you would love to and what is your favourite country to visit?
Q: 控えめに言っても貴方は明らかに広範囲に世界中を旅してきたと言えます。行きたいけど行ったことが無くて、訪問したい好きな国はどこですか?

A: Egypt. I want to see the Pyramids. I also love the middle eastern music and culture a lot.
A: エジプト。ピラミッドが見てみたいです。中東の音楽と文化もとても大好きです。

Q: Who are your three favourite skaters of all time?
Q: これまでで一番好きなスケーター3人は誰ですか?

A: Ekaterina Gordeeva and Sergei Grinkov, John Curry and Kurt Browning.
A: エカテリーナ・ゴルディーワ&セルゲイ・グリンコフ、ジョン・カリー、カート・ブラウニング
https://www.youtube.com/watch?v=gK1i9oT050w

Q: What is one thing most people don't know about you?
Q: 貴方について殆どの人が知らないことを一つ上げると何ですか?

A: (laughing) I'm like a man - very wild!  People think I'm very classical but actually, I'm not.
A: (笑って)私は男のようなんです-とてもワイルド! 人は私をとても模範的だと思ってるけれど、実際のところ、そうじゃない。

Q: What is the best advice that you could give someone in skating who felt like giving up?
Q: 誰か諦めようと思っているスケーターに対して貴方が与えられる最高のアドバイスは何ですか?

A: There are not always good sides. There are bad, difficult moment as well. It is like the weather. There are sunny days, cloudy days, rainy days, storms... But that's why flowers can bloom and animals can live. You have to ask yourself how to live with skating.
A: いつもいい面ばかりがあるわけではない。悪い時、難しい時も同様にあります。お天気のようです。晴れの日もあれば、曇りの日も、雨の日も、嵐だって…でもだから、花は咲き、動物は生きられる。スケートと共にどう生きるか自問しなければなりません。
https://www.youtube.com/watch?v=hG6A99OCmWU

Q: What is next in life for you?
Q: 貴方の次の人生は何ですか?

A: My goal is always the same. I want to create or make something that can make people happy. Figure skating is one way that I can do this. When I was a competitor, I tried to do by skating my programs. Now I want to make programs or produce shows and continue to try to make good entertainment in the world.
A: 私の目標はいつも同じです。人々を幸せに出来るような何かを創りたい。フィギュア・スケートは私が出来る一つの方法。私が競技者だったときは、私のプログラムを滑ることによりそうしてきました。今はプログラムを創ったり、ショーをプロデュースしたり、、世界に上質なエンターテインメントを作るように努力し続けたいと思います。



********************

村主さんについては、ここ数年の噂ではいいことを聞いていなかったので、あまりいいイメージは持っていませんでした。しかしながらこれを読んで、みどりちゃんが競技を去ったあと、真央ちゃんに取って代わられるまで10年近く、国の期待を一身に背負っていた人は、やはり考えることが違うのだなと感じました。

佐藤コーチのエピソードは泣けます。
もしかしたら佐藤コーチは、真央ちゃんの気持ちが最も解るコーチなのかもしれません。


カナダスケートコーチマニュアル村主さん、5月31日に、カナダのコーチ試験を受けようとしていることをツイートしてます。
「マニュアル厚すぎ」と言っていますが、本当に分厚い。
https://instagram.com/p/3WdUIjKrOi/


アメリカあたりのマニュアルとか、契約書って、英語圏じゃない人間は辞書引きながら、必死な思いをして読んでも「なーんだ、そんなことは言われなくてもわかってるわい!」みたいなことしか書いてなかったり、同じようなことが執拗に何度も書かれていたりすることがあります。

だけどそれは読んでみないとわからないから、気が遠くなる程の長い文章を「読まなきゃならない作業」ってのが、本当につらいんですよ…




ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>



ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村