仲間の<銀のロマンティック>が、6月23日付のジャパタイのこの記事を見つけてきました。

最初のうちは、日本のスケ連への批判記事かと思っていたのに、読み続けていくと、
結局は、「真央下げ」を隠しこんでいました。

(急いで訳したので、違っているところがあったら、ご指摘いただけると助かります)
http://www.japantimes.co.jp/sports/2015/06/23/figure-skating/mao-set-cup-china-nhk-trophy/#.VYrejrkw_tT

sp-jack-a-20150624-870x703
Three-time world champion Mao Asada, who sat out last season to rest, is not scheduled to face current world champ Elizaveta Tuktamysheva during the upcoming Grand Prix season. | KYODO
昨シーズン休んだ3度の世界チャンピオンの浅田真央は、来るグランプリ・シーズンの間に、現世界チャンピオンのエリザベータ・トゥクタミシェワと顔を合わせる予定が無い。

Figure Skating | ICE TIME
Mao set for Cup of China, NHK Trophy
真央は中国杯とNHK杯に向けて始動した
by Jack Gallagher
Jun 23, 2015 
 
Three-time world champion Mao Asada’s inclusion in the recently released assignments for the Grand Prix season might have come as a surprise to some, especially after it seemed she would take a more deliberate pace with her comeback, but not Ice Time.
最近発表されたグランプリシーズンのアサインメントの中に3度の世界チャンピオンの浅田真央が含まれたのは、何人かの人、特に彼女がカムバックについてもっと熟考すると思っていた人には驚きだったかもしれないが、アイスタイム(Ice Time)は違った。

Why?
なぜ?

Because it was about as predictable as the sun rising in the morning.
なぜなら、これは朝になれば太陽が昇るように、わかりきったことだから。

The golden goose has returned, so now it’s time for everybody to cash in. That is certainly the way it appears.
金のガチョウは戻ってきたから、みんな今が儲ける時だ。これが、明らかにみられる様子だ。

Just weeks after agent Mariko Wada told Japanese media it was unlikely that Mao would enter the GP series after taking a year off from competition, the tables were suddenly turned and now Mao is slated to return to the ice at the Cup of China (Nov. 6-8) in Beijing.
エージェントの和田麻里子が日本のメディアに、真央が競技会から1年の休みを取ったあとで、グランプリシリーズに出るのはなさそうだと告げたちょうど1週間後、局面は突然ひっくり返り、今真央は北京での中国杯(11/6-8)の氷の上に戻ることが予定されている。

I don’t think you have to be a genius to figure out what happened over the course of the past few weeks.
私は貴方が、この2週間の過程で何が起きたかを突き止める天才である必要はないと思う。

It’s called pressure, and you better believe it was applied.
プレッシャーと呼ばれるものが作用したに違いない。

There is little doubt that the influence of the Japan Skating Federation, TV and sponsors had an impact on Mao participating in the GP series. They all stand to benefit by her early appearance.
日本スケート連盟テレビスポンサーの勢力が、真央のグランプリシリーズへの参加に、有害な影響を与えたという、少しの疑いがある。彼らは皆、彼女の早い出現で利益を得そうである。

While Mao’s quick comeback is great for fans and the media, the financial benefit to the aforementioned trio will be exponential. It’s no secret that when Mao skates TV ratings, the price for commercial advertising buys and overall exposure for the sport all rise significantly.
真央の素早いカムバックは、ファンやメディアには素晴らしい一方で、前述のトリオへの財政的な利益の増加は急激だ。真央が滑るときの、テレビの視聴率、TVコマーシャルの広告購入費用、全般的な競技の露出の全てが、大幅に上がるのは周知の事実だ。

“It’s a natural decision,” Wada wrote in an email to Ice Time when asked about the move. “She might feel confidence through daily practice. We’ll see.”
動きについてIce Timeが尋ねた時、和田は「自然な決断でした」とEメールを書いた。「彼女は日々の練習で自信を感じたのかもしれません。そのうちにわかりますよ」

There are questions that must be asked about Mao, however, in light of this decision.
しかしながら、この決断に照らして、真央について聞かねばならない質問がある。

She will be rejuvenated physically after the long break from the grind of training, but will she be mentally ready for competition again?
長い休みの後、ぶっ通しのトレーニングで、彼女は身体的には復活するだろうが、、メンタル(精神)的に再び競技会の準備ができるだろうか?

I can recall tennis legend John McEnroe telling me years ago about the mental toll having to get up for matches took on him late in his career.
伝説のテニス選手、ジョン・マッケンローが数年前、彼のキャリアの終わり近くに、対戦する試合のために立ち上がる精神的な犠牲(tollには弔鐘の意味もある)について、私に話したことを思い出す。

Mao’s battles with Yuna Kim were legendary, but will she have the same motivation against younger rivals?
真央のキムヨナとの戦いは伝説的だが、彼女は同じモチベーション(やる気)を若いライバルたちに対し持てるだろうか?

How about the triple axel?
トリプル・アクセルはどうか?

Will it still be a part of Mao’s programs?
未だに真央のプログラムの一部であるだろうか?

In addition to the Cup of China, Mao is on the roster for the NHK Trophy (Nov. 27-29) in Nagano. Mao’s primary competition in Beijing is likely to come from compatriot Rika Hongo, Russia’s Elena Radionova (the bronze medalist at this year’s worlds) and China’s own Li Zijun.
中国杯に加えて、真央は長野でのNHK杯(11/27-29)の名簿にある。真央の北京での主な競争相手は、同国人の本郷理華、ロシアのエレーナ・ラジオノワ(今年のワールドの銅メダリスト)と中国の李子君になりそうだ。

Mao will face a more formidable lineup at Big Hat, with national champion and world silver medalist Satoko Miyahara, Russia’s Anna Pogorilaya, Li, and Americans Ashley Wagner and Mirai Nagasu all scheduled to take part.
真央はビッグ・ハットで、より手ごわいラインナップに直面する。全日本のチャンピオン宮原知子、ロシアのアンナ・ポゴリラヤ、李、アメリカのアシュリー・ワグナーと長洲未来が皆参加予定だ。

Japan has one spot for the NHK Trophy that has yet to be assigned.
日本はNHK杯に、まだアサインされていない、もう一つのスポット(地位/立場)がある。

Miyahara will start her GP season at Skate America (Oct. 23-25) in Milwaukee. Miyahara will be joined there by compatriots Haruka Imai and Miyu Nakashio and will be going up against Russia’s Julia Lipnitskaia and American Gracie Gold.
宮原知子はグランプリ・シーズンを、ミルウォーキーでのスケート・アメリカ(10/23-25)で開始する。宮原はそこで同国人の今井遙、中塩美悠と一緒になり、ロシアのユリア・リプニツカヤと、アメリカのグレーシー・ゴールドに挑む。

Lipnitskaia struggled with poor results after finishing fifth at last season’s GP Final and did not qualify for the world championships, where Gold finished fourth.
リプニツカヤは先シーズンのグランプリ・ファイナルで5位に終わった、悪い結果にもがき、ゴールドが4位になった世界選手権の資格を得られなかった。

World champion Elizaveta Tuktamysheva is not scheduled to face Mao before the Grand Prix Final (Dec. 10-13 in Barcelona, Spain), as the Russian star will compete in the Skate Canada (Oct. 30-Nov. 1) in Lethbridge, Alberta, and the Trophee Bompard (Nov. 13-15) in Bordeaux, France.
ロシアのスター、世界チャンピオンのエリザベータ・トゥクタミシェワは、アルバータ州・リスブリッジでのスケート・カナダ(10/30-11/1)と、フランス・ボルドーでのボンパード杯(11/13-15)で競技するので、グランプリ・ファイナル(12/10-13スペイン・バルセロナ)以前に、真央と対戦する予定にはなっていない。

Hongo, who was second behind Miyahara at nationals, will also skate at the Cup of Russia (Nov. 20-22) in Moscow, where Riona Kato will make her season debut.
全日本で宮原に次いで2位だった本郷も、加藤利緒菜がシーズン・デビューをするモスクワでのロシア杯(11/20-22)で滑る。

Kanako Murakami will meet Tuktamysheva twice, having been assigned Skate Canada and the Trophee Bompard. Murakami is still looking for her elusive first senior world or Olympic medal, having placed seventh at the worlds in Shanghai last season.
村上佳菜子はスケート・カナダと、ボンパール杯にアサインされているので、エリザベータ・トゥクタミシェワに2度会う。村上は、先シーズンの上海での世界選手権で7位になり、逃がしている初めてのシニアでの世界選手権かオリンピックのメダルをまだ探し求めている。

Yuka Nagai, who was fourth at the senior nationals last season, will be teamed with Murakami at Skate Canada and also pull on the boots at the Cup of Russia.
先シーズン、シニアの全日本で4位だった永井優香は、スケート・カナダで村上とチームになり、ロシア杯でも靴を履く。

Imai, Nakashio and Kato are the likely candidates to fill Japan’s remaining slot at the NHK Trophy, depending on their results.
今井、中塩、加藤は、彼らの結果次第で、NHK杯の日本の残りの1席の候補者になりそうだ。

Nagasu, the former U.S. champion, who has been inconsistent the past few seasons, is only down for the NHK Trophy at this point.
過去2-3年安定していなかった元全米チャンピオンの長洲は、現時点でNHK杯にしか名前が記載されていない。

Young phenom Wakaba Higuchi, who had a stunning third-place finish at the senior nationals last season at 13, is still not eligible to compete on the senior GP circuit yet. She will skate in Junior Grand Prix events this season.
先シーズン、シニアの全日本で13歳で3位になった、非凡な若い樋口新葉は、まだグランプリ・サーキット(シリーズ)で競技する資格がない。彼女は今季ジュニア・グランプリ大会でスケートする。


On the men’s side, Olympic champion Yuzuru Hanyu has been tapped for Skate Canada and the NHK Trophy. Hanyu, who narrowly missed out on winning his second straight world title last season despite suffering through a calamitous campaign which included a collision, bladder surgery and an ankle injury, will be up against it right away this season.
男子の方では、オリンピック・チャンピオンの羽生結弦は、スケート・カナダとNHK杯に指名された。昨シーズン、衝突、膀胱手術、足首のケガを含む悲惨な強行軍に苦しんだにも拘わらず、惜しくも世界選手権2連覇を逃した羽生は、今シーズンすぐにそれに直面するだろう(?)。

Three-time world champion Patrick Chan, who took last season off from competition to rest, makes his comeback on home ice at Skate Canada hoping to avenge his loss to Hanyu at the 2014 Sochi Games. Chan’s second assignment will be at the Trophee Bompard.
昨シーズン休養のため競技を休んだ、3度の世界チャンピオンのパトリック・チャンは、2014年のソチ大会での羽生に対する敗北の仇を討つことを望んで、ホーム(故郷)の氷のスケート・カナダで、カムバックをする。チャンの第2のアサインメントは、フランス杯。

World champion Javier Fernandez won’t clash with training partner Hanyu until the GP Final at the earliest. Fernandez is in for the Cup of China and the Cup of Russia.
世界チャンピオンのハビエル・フェルナンデスは、トレーニング・パートナーの羽生とは、早くてもグランプリ・ファイナルまで、衝突しない。フェルナンデスは中国杯とロシア杯に出る。

World junior champion Shoma Uno will make his senior GP debut at Skate America and also take the ice at the Trophee Bompard, while veteran Takahiko Kozuka is entered for the Cup of China and the Cup of Russia.
世界ジュニア・チャンピオンの宇野昌磨 はシニア・デビューをスケート・アメリカでし、ボンパード杯にも出る。一方、ベテランの小塚崇彦は、中国杯とロシア杯に参加する。

Daisuke Murakami, the surprise winner at last season’s NHK Trophy in Osaka, will battle at Skate Canada and the Trophee Bompard, while Takahito Mura is penciled in for Skate America and the NHK Trophy.
昨シーズン、大阪でのNHK杯の驚きの勝利者、村上大介は、スケート・カナダとボンパード杯で闘う。一方、無良崇人は、スケート・アメリカとNHK杯に記入された。

Japan has also not decided on its third competitor for the men at the NHK Trophy.
日本はNHK杯での男子の、3番目の競技者をまだ決めていない。

Japan does not have an entry in the pairs this season. Russia’s Yuko Kawaguchi and Alexander Smirnov are entered in the Cup of China and the Cup of Russia.
日本は今季ペアのエントリーが無い。ロシアの川口悠子とアレグザンダー・スミルノフは、中国杯とロシア杯に参加する。

Ice dancers Emi Hirai and Marien De La Asuncion will represent the Hinomaru at the NHK Trophy in their lone GP assignment.
アイスダンサーの平井絵己とマリオン・デ・ラ・アソンションは、彼らのただ一つのグランプリ・アサインメントのNHK杯で日の丸を代表する。

The world championships (March 28-April 3) will be held in Boston this season, while the world juniors (March 14-20) are in Debrecen, Hungary.
世界選手権(3/28-4/3)は今シーズン、ボストンで開催される一方、世界ジュニア選手権(3/14-20)は、ハンガリーのデブレツェンで開催される。

The Japan nationals are set for Sapporo (Dec. 24-27).
全日本選手権は、札幌(12/24-27)で開催される。


********************
Jack Gallagher, Japan Times
これを書いた、ジャック・ギャラガーは、こういう顔をしています。→→→→→→→→
ジャパタイのスポーツエディターです。
過去に何度かこいつの記事を読んで腹が立っていたことに、
この顔を見つけて気が付きました。


バカなマスコミ、卑しいスケ連たちに

負けるな真央ちゃん!


ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>


ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村