素敵な慈愛のバックステージ動画を作ってくれたリッポンくんの記事が
ちょうどゴールデン・スケートに上がりました。


http://www.goldenskate.com/2015/08/adam-rippon-2/
Adam Rippon ‘lets go of doubt’
アダム・リッポン「疑いを無くす」
By Paula Slater    August 5, 2015
Adam-Rippon1
USA’s Adam Rippon prepares for his 14th year in competitive figure skating.
アメリカのアダム・リッポンは14年目の競技フィギュア・スケートの準備をしている。

USA’s Adam Rippon had a season filled with ups and downs last year, however, he came through in the end and that’s what he’s most proud of.
去年のアメリカのアダム・リッポンは、浮き沈みの激しいシーズンだったが、最後には期待に応え、彼が最も誇れるものとした。

“I think everything happens for a reason,” said the U.S. silver medalist. “I believe it’s how we deal with the situations we are put in and how we deal with them that define us. If I could go back in time to the beginning of last season, I would just tell myself to relax and believe in myself a little more.”
「僕は物事全てに理由があると思う」と全米の銀メダリストは言った。「僕は、置かれた状況にどう対処するか、そしてどのようにそれらに取り組むかで、僕たちは定義されると思っています。もし昨シーズンの始めに戻れるなら、僕は僕自身に、リラックスして、もうちょっと自分を信じろと言うでしょう」

The 25-year-old placed 10th and fifth at his Grand Prix events in Canada and France, before winning his second silver medal at the 2015 U.S. National Figure Skating Championships.
25歳は、2015年の全米フィギュア・スケート選手権で2度目の銀メダルを獲る前に、グランプリ大会のカナダとフランスで10位と5位になった。

“I really lost so much of my confidence from the end of the 2013-14 season that it took a while, and a few more disappointing performances, to finally let go of my doubt,” Rippon explained.
「僕は2013-14シーズンからしばらく、本当に自信を無くして、更に2-3の残念な演技をしましたが、ついに、自分への疑いを取り去りました」とリッポンは説明した。

After U.S. Nationals, Rippon placed 10th at the 2015 Four Continents Championships, but followed up with a eighth place finish at the 2015 World Figure Skating Championships.
全米のあと、リッポンは2015年の四大陸選手権で10位になったが、続く2015年の世界選手権で8位になった。

“This season, I learned to truly trust my training and to know what I was doing at home was enough and would work when I needed it too,” said the two-time World Junior champion. “So many times I would get to an event and wonder if what I had done was enough, and by the end of the season, I was no longer wondering because I pushing myself every day to my max.”
「今シーズン、僕は本当に自分のトレーニングを信じて、自分が家で何をしているかを知ることを十分学んだ事は、それが必要になった時にも機能するだろうと思います」と2度の世界ジュニアのチャンピオンは言った。「大会に行くと僕がやったことは十分だっただろうかと、シーズン終わりまでに何度も思いましたが、僕はもはや不安に思うことはありません。なぜなら、僕は毎日最大限まで自分を追い込んでいますから」

Since worlds, training has been going well for the skater who is coached by Rafael Arutyunyan, Vera Arutyunyan and Nadezhda Kanaeva in Calif.
世界選手権以来、カリフォルニアでのラファエル・アルトゥニアン、ヴェラ・アルトゥニアン、ナディア・カナエワのコーチによるトレーニングは、上手く行っている。

“I have two amazing programs set for next season and I’ve been working like a dog to get the ready for the next few months,” said Rippon.
「僕には2つの素晴らしいプログラムが新シーズンのために用意されていて、この先2-3か月準備のために僕は犬のように働いています」とリッポンは言った。

This season, his short program is set to Queen’s “Who Wants to Live Forever” and was choreographed by Tom Dickson.
今季、彼のショート・プログラムはクィーンの「フー・ワンツ・トゥ・リブ・フォーエヴァー」で、トム・ディクソンの振り付けによる。

“This music was my choice after some talk with my coach Rafael,” said Rippon. “He simply said to me, ‘I love Freddy.’ Tom loved it as well. I have been working with him for the past three seasons and I am so lucky to have him on my team.”
「この音楽はコーチのラファエルと話した後に僕が選択しました」とリッポンは言った。「彼はシンプルに僕に言いました ”僕はフレディが好きだ“。 トムも同じくそれを好きでした。 僕は彼と過去3シーズン働いていて、僕のチームに彼がいることはとても幸運だと思います」

Rippon has always wanted to work with Jeff Buttle and he got the chance when they decided on using a Beatles medley for his long program. The selections include: “Because (The World is Round),” “Get Back,” “Yesterday,” and “Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band.”
リッポンはずっと、ジェフリー・バトルと働きたいと思っていて、彼らがロング・プログラムにビートルズ・メドレーを使うことを決めた時に、機会を得た。セレクション(選択)は: “ビコーズ””ゲット・バック“”イエスタディ“”サージャント・ペパーズ・ロンリーハーツ・クラブ・バンド“を含む。

“I love this program!” said the 2014 Finlandia Trophy silver medalist. “I feel fun, sexy, beautiful, and really powerful when I perform this piece. It’s incredibly challenging and most definitely the hardest choreography I’ve done to date.”
「僕はこのプログラムが好きです!」と2014年のフィンランディア杯の銀メダリストは言った。「楽しみ、セクシーさ、美しさと凄い力強さを、この作品を演じる時に感じます。今までやった中で物凄く挑戦的で、絶対に一番難しい振り付けです」

Over the summer, the skater has mostly been focusing on getting his stamina back and improving his jumps.
夏中、スケーターはスタミナを戻すことと、ジャンプの改良に主として焦点を当てている。

“Rafael, has been really pushing me to do more quads,” shared Rippon, with a laugh. “Who says you can’t teach a 25 year-old-dog new tricks? But I really feel like I improve every day I come into the rink.”
「ラファエルはもっと4回転をするように僕をせきたてています」と笑いながらリッポンは話した。

Since last season, the skater feels that his skating and jump quality has improved significantly overall.
昨シーズン以来そのスケーターは、全体的に彼のスケートとジャンプの質がかなり改良されたと感じている。

“I watch old videos of myself and I still can’t believe I managed to land some of those jumps,” said Rippon. “I’ve worked a lot with my team to become a smoother skater. I’ve always loved interpreting music, but sometimes I’ve been called out for having choppy skating. I work many hours trying to smooth my skating out so that it doesn’t disturb my performances.”
「僕の古いビデオを見ると、いまだにいくつかのジャンプをよく着地出来たなと信じられないでいます」とリッポンは言った。「僕のチームと滑らかなスケーターになるようにたくさん作業しています。僕はいつも音楽の解釈が好きだけど、時々荒れたスケートをしていると宣告されます。たくさんの時間を滑らかな滑りをしようと作業していて、そうすれば僕の演技の妨げにならないでしょう」

While there are no new elements planned for this upcoming season, Rippon would like to be able to have both the quad toe and quad Lutz in his free skate.
来たるシーズンに新しいエレメントを足す計画が無い一方、リッポンはフリー・スケートで4回転トゥと4回転ルッツの両方が出来るようになりたいと思っている。

“I will pace it throughout the season, but by the end, that is my goal,” he said.
「僕はシーズンを通してゆっくり、でも終わりまでには前進すると言うのが目標です」と彼は言った。

Rippon, who is currently scheduled to compete at the 2015 Orange County Open Championships in two weeks, is also pending an ISU Challenger Series (Senior B) event. Later this fall, he will compete at Skate Canada and Rostelecom Cup for his two Grand Prix events.
リッポンは現在、2週間以内の2015年のオレンジ・カントリー・オープン選手権で競技し、ISUチャレンジャー・シリーズ(シニアB)大会でも未決定だが、予定となっている。秋の終わりに彼は、グランプリ大会のスケート・カナダとロステレコム杯で競技する。

“This season, I want to pick up right where I left off last year,” he said. “I feel like I’ve started to gain a lot of momentum and I’m really coming into my own. I’m really excited to see where this journey can take me.”
「今季、僕は昨シーズン達しないままだったところを、完全に習得したい」と彼は言った。「たくさんの勢いを得始めたと感じていて、本領を本当に発揮し始めています。僕はこの旅が僕をどこに連れて行くのかを見るのをわくわくしています」

When the skater isn’t training, he likes to go on runs at the beach and hike in the hills of California.
トレーニングをしていないときは、彼はカリフォルニアのビーチを走るのと丘をハイキングするのが好きだ。

“I really love being outside and being active,” he said. “I’m spoiled now that I’ve been in California for the past three years. I don’t ever think I could live too far from the ocean now.”
「僕は外にいて活動的にしているのがとても好きです」と彼は言った。「僕は過去3年カリフォルニアに居るので、今甘やかされています。今は海から遠く離れたところに住むなんてことは考えられません」


********************

今年はいっぱい応援する選手が増えてしまいました。
リッポンくんもその一人です。
秋からが本当に楽しみ



ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>


ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村