アイス・ネットワークが、ジャパン・オープンに出場した「元と現」の4人のワールド・チャンピオン
(真央ちゃん、Pちゃん、トゥクタミシェワちゃん、ハビちゃん) と
ソチ・オリンピック・チャンピオン(ソトニコワちゃん)、全米チャンピオン(ゴールドさん) の
今期についてを記事にしています。


http://www.icenetwork.com/news/2015/10/05/153372770
World champions talk new season, new programs
世界チャンピオンたちが 新シーズン、新プログラムについて話す
Asada, Chan, Tuktamisheva, Fernández provide self-analysis, state goals
浅田、チャン、トゥクタミシェワ、フェルナンデスが自己診断、現在の目標を提供
Posted 10/6/15 by Wei Xiong, special to icenetwork
Pちゃん
Three-time world champion Patrick Chan said he is looking forward to his showdown with Yuzuru Hanyu at Skate Canada, -Wei Xiong
3度の世界チャンピオン、パトリック・チャンは、スケート・カナダでの羽生結弦との決着を楽しみにしていると言った

The 2015-16 figure skating season features a clash of the old(er) and the new(ish).
フィギュア・スケートの2015-16シーズンの目玉は、年長と新人たちの衝突

On one hand, fans are thrilled to welcome back a pair of three-time world champions, Mao Asada and Patrick Chan, both of whom took a year off from competition after the 2014 Sochi Olympics. On the other, there is the excitement surrounding the dynamic brand of skating exhibited by current world champions Elizaveta Tuktamisheva and Javier Fernández.
一方、ファンたちは2014年のソチオリンピック後、競技から1年の休養を取った2人の、3度の世界選手権チャンピオン、浅田真央とパトリック・チャンの帰還を歓迎しワクワクしている。他方、現世界チャンピオンのエリザベータ・トゥクタミシェワとハビエル・フェルナンデスが示すのダイナミック(動的)な質のスケートを取り巻く興奮もある。   
Last Saturday, these four world champions all kicked off their season at the 2015 Japan Open in Saitama. After the competition, they talked about the stories behind their new programs and revealed their goals for the coming season.
先週土曜日埼玉での2015ジャパン・オープンで、この4人の世界チャンピオン全員がシーズンを開始した。競技後彼らは、新プログラムの裏話と彼らの今季の目標を打ち明けた。

Surrounded by more than 16,000 fans chanting "Welcome back!" Mao Asada led off her post-event interview by exclaiming, "I am back!"
16,000人以上のファンの「おかえり!」の合唱に囲まれて、浅田真央は大会後のインタビューを「ただいま!」の叫びで始めた。

Indeed. Her first performance after more than 500 days away from competition -- featuring a successful triple axel, six other well-done triple jumps and Level 4 spins and step sequence -- was a clear demonstration of her competition readiness.
本当に。競技から500日以上も離れた彼女の最初の演技は--成功したトリプル・アクセル、他6つの良くできたトリプル・ジャンプとレベル4のスピンとステップ・シークエンスを特徴とする—彼女の競技への準備の明らかな証明だった。

Asada said the time she spent away from the sport was necessary for her mental health.
競技から離れて費やした時間は、彼女の精神的な健康のために必要であったと、浅田は言った。

"During the break, I seldom thought about skating," Asada said. "Gradually, in my head, only the good memories about competitions remained, and therefore I could come back and skate with joy. I really think I am in a very good mental condition today."
「休みの間は、あまりスケートのことは考えなかった」と浅田は言った。「徐々に頭の中で、競技会のいい思い出だけが残っていって、だから私は喜んで戻ってくることが出来ました。今日は本当にとても良い精神的な状態にいると思います」

This season, in an effort to showcase her maturity and strength, Asada will skate to Madame Butterfly for her free skate.
浅田は今季、彼女の円熟と力強さを見せる力作の、蝶々夫人をフリー・スケートで滑る。

"Madame Butterfly is a very sad story of a lady who keeps waiting for the man she loves. However, mentally she is a very tough Japanese lady, a role that I wanted to play," Asada said. "I think today I was not only able to execute the jumps but also interpret and skate the way I wanted to. I hope I can reflect my learning today and perform a better Madame Butterfly in coming competitions."
「蝶々夫人は、彼女が愛した男性を待ち続ける女性の、とても悲しい物語です。しかしながら、精神的に彼女はとても強い日本女性で、私が演じたいと思っていた役です」と浅田は言った。「今日はジャンプを実施しただけではなく解釈も出来て、私がやりたかった方法でのスケートも出来たと思います。今日学んだことを反映した、より良い蝶々夫人を次の競技会で演じられることを望んでいます」


Chan also feels the time off helped him clear his head as well as add maturity to his skating.
チャンも休養は彼の頭を整理して、同様に彼のスケートに円熟味を加えるのを助けたと感じている。

"I am a different athlete now," Chan said. "I was pretty upset after the Olympics about the result (he finished second to Japan's Yuzuru Hanyu), but I had a year to enjoy my life and to enjoy the result I had."
「僕は今、違う選手です」とチャンは言った。「僕はオリンピック後、その結果(羽生結弦に続いて2位に終わった)にとても打ちのめされたが、人生を楽しみ、僕の結果を楽しむ1年を過ごした。

He is keeping the Chopin medley free skate he used at last year's Japan Open but has overhauled the choreography, with the help of David Wilson. The result is a program with more emotional depth.
彼は去年のジャパン・オープンで使ったフリー・スケートのショパン・メドレーを使い続けたが、彼はデビッド・ウィルソンの助けを借り、振り付けを徹底的に見直した。その結果、プログラムは感情的な深みを得た。

"Having the experience performing in front of an audience and improving my interpretation of music, listening to different types of music and performing to that -- those are the things you can only learn from performing," Chan said. "Maturity, I think, is the biggest difference this year."
「観客の前で演じる経験を持つことで僕の音楽の解釈を進化させる、違うタイプの音楽を聴いてそれを演じる--これらは演じることでしか学べない」とチャンは言った。「円熟味が今年最大の違いだと僕は思う」

In less than a month, Chan will have a showdown with Hanyu at Skate Canada.
1月以内に、スケート・カナダでチャンは羽生との対決がある。

"It will be a great competition for the audience. I am so glad that it's going to be myself and him, a rematch after the Olympics," Chan said. "I probably won't be 100 percent in shape, as I am still learning and getting comfortable competing again this year, so it's not going to be the easiest for me. But I will give it my best."
「観客にとって素晴らしい大会になると思う。オリンピック後の僕と彼の再対決は、とてもうれしい」とチャンは言った。「今季僕はまだ学んでいる最中で、再び競技する快適さを得ようとしている途中なので、おそらく僕は100%の調子にはならないと思から、僕にとって簡単にはならないと思う。でも全力を尽くすよ」


Tuktamisheva also attended the post-event press conference, where she talked about her programs in detail.
トゥクタミシェワも大会後の記者会見に参加して、彼女のプログラムについて詳細を話した。

"Peer Gynt (her free skate) is choreographed by Stéphane Lambiel," Tuktamisheva revealed. "The image of the lady in the story keeps changing, and so does the music. The program turns into a carnival toward the end, at the same time the emotions explode.
「ペール・ギュント(彼女のフリー・スケート)はステファン・ランビエールによる振り付けです」トゥクタミシェワが打ち明けた。「物語の中の女性のイメージは変化し続け、音楽も同様です。プログラムは終盤に向かってカーニバル(狂乱)に変わっていくと同時に、感情も爆発します」

"My short program is an exotic piece, 'Carmina Burana,'" she continued. "It is about a battle between good and evil. In the story, the angel turns into a devil, and the devil turns into an angel. It requires me to express very strong emotion, which is very difficult, but I will try my best. Unfortunately, at the end of the story, the devil wins (laughs)."
「私のショート・プログラムはエキゾチックな曲“カルミナ・ブラーナ”です」と彼女は続けた。「これは善と悪の戦いについてです。物語の中で、天使が悪魔に変わり、悪魔が天使になります。それ(音楽/プログラム)は私にとても強い感情を要求するので、とても難しいですが、全力を尽くします。残念ながら、物語の最後は悪魔が勝つのですが(笑)」

Tuktamisheva fell on her triple axel attempt in the event, but she said she was still confident in the jump going forward.
トゥクタミシェワは大会でトリプル・アクセルを試み転倒したが、彼女はまだジャンプが前進することに自信があると言った。

"At least in the first half of the season, I will keep the current layout and improve the consistency of my triple axel," Tuktamisheva said. "If everything goes well, I may try to add another triple axel in the second half of the season."
「少なくともシーズン前半は、現在のレイアウト(計画/配置)を続けて、トリプル・アクセルの堅実性を改良します」とトゥクタミシェワは言った。「もし全てが上手く行ったら、もう一つトリプル・アクセルをシーズン後半に加えてみるかもしれません」


Fernández, meanwhile, is more focused on choreography, especially in the short.
さしあたりフェルナンデスは、振り付けにより焦点を置いている。特にショート(プログラム)に。

"It's something new for me; I've never done a flamenco program this way," Fernández admitted. "I've been working with the best flamenco teacher that I could've ever imagined, the best of the best: Antonio Najarro. He is the director of the Spanish National Ballet, so he is the top. Just watching him doing it, you learn a lot. You see how you're doing it, and how it is supposed to be, and that really helps me. And then, working in front of the mirror, having a picture of Antonio doing it and then watching myself doing it, I can see the mistakes, I can try to improve it. It's hard and it needs a lot of work."
「僕にとって何か新しいこと; 僕はこの道でフラメンコのプログラムをやったことはなかった」とフェルナンデスは認めた。「僕は想像も出来なかったほど最高のフラメントの先生と働いている、最高の最高: アントニオ・ナジャロ。彼はスペイン国立バレエ団のディレクターだから、彼はトップなんだ。彼がやっているのを見ているだけで、学ぶことはたくさんある。どうやっているのか、どうやればいいのかがわかるのはとても助かる。そしてアントニオがやっているのを録って、鏡の前で自分がやるのを見て作業すると、僕の間違いがわかり改良することが出来る。難しいし、たくさんの作業が必要だ」

This season, the Grand Prix Final will once again be held in Barcelona, and the Spaniard doesn't want to miss it.
今季、もう一度バルセロナでグランプリ・ファイナルが開催されるし、スペイン人はそれを逸したくはない。

"I will go to China, which is number three of the Grand Prix Series, and Russia, which is number five," Fernández said. "Before number three, I have those extra weeks for training, and then after number five, I will have two weeks until the Grand Prix Final, if I qualify. So, for me, that would be the perfect timing."
「僕はグランプリ・シリーズの3番目の中国と5番目のロシアに行きます」とフェルナンデスはいった。「3番目の前に僕はトレーニングできる数週間があるし、5番目の後、もし、資格を与えられたらグランプリ・ファイナルまでに2週間ある。だから、僕にとっては完璧なタイミングになる」

Besides the four world champions, the Japan Open also featured other big names, like reigning Olympic champion Adelina Sotnikova and former U.S. champion Gracie Gold. Both submitted themselves to short interviews on TV Tokyo after the event.
4人の世界チャンピオン以外に、ジャパン・オープンは他の、オリンピック・チャンピオンのアデリーナ・ソトニコワと、元全米チャンピオンのグレーシー・ゴールドのようなビッグ・ネームも呼び物としていた。両者とも大会後、テレビ東京の短いインタビューで意見を述べた。


Sotnikova revealed her short-term goals.
ソトニコワは彼女の短期的な目標を打ち明けた。

"This season I want to recover to the shape I was in during the Sochi Olympics and enjoy skating," Sotnikova said. "I want to take part in more competitions."
「今季ソチオリンピック当時の体調を回復して、スケートを楽しみたいと思っています」とソトニコワは言った。「私はもっと大会に参加したい」


After a disappointing performance in Saitama, Gold was candid about the challenges she faces.
埼玉での期待を裏切る演技の後、ゴールドは直面している挑戦について率直だった。

"Look at what other ladies are doing right now. I need to work on my triple-triple combination consistency, and really all of my jumps' consistency," Gold acknowledged. "I really lost my technical edge over the other competitors.
「他の女子が現在何をやっているかを見ています。トリプル-トリプルのコンビネーションの堅実性、そして本当に全てのジャンプの堅実性の作業をする必要があると思います」とゴールドは認めた。「他の競技者に対して、私は自分の技術的な強みを本当に失っている」

"But I think that my program is pretty good; it's pretty well choreographed this year," she continued. "I think that as this season goes on, I will have a better chance of beating them and skating well."
「でも私は(自分の)プログラムはとても素晴らしいと思っています; 今季はとても素晴らしく振り付けられています」と彼女は続けた。「シーズンが続くに従って、彼女たちを負かす素晴らしいスケートをする機会があるだろうと思っています」


********************

大会翌日のグランプリ・シリーズの記者会見で発表された、真央ちゃんの今季のSPが、
「トリプルづくし」あるいは「トリプル盛り合わせ」の史上最高難度のプログラムになると聞いて
益々興奮しています。

毎日、真央ちゃんの演技と、録画したワイドショーなどを繰り返し見ています。

その中で見つけた、伊藤みどりちゃんの賞賛(10/5 あさチャン!)はやっぱり温かかったです。

もう一度こう、戦いの場に出ていくっていう気持ちは、並々ならぬ気持ちで多分宣言をしたと思うので、
彼女ならきっと、出来る能力はあると思って期待をしていました。
また一ランク乗り越えた真央ちゃんのスケートが見れた。
で、そこの上に軽やかなトリプル・アクセルが見えたりとか、滑りがなめらかになったというか、
フィギュア・スケートってやっぱり、ジャンプだけじゃなくって、総合芸術なんだっていうのが感じられた
真央ちゃんの演技だったなと思いますね




ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>


ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村