サフチェンコさんのペアのお相手のブリュノ・マッソさんの1年半以上に及んだ移籍問題が
ようやく決着がつき、フランスからドイツへの移籍が認められることになりそうです。


http://www.icenetwork.com/news/2015/10/27/155677754/
At long last: Massot granted release from France
やーーーっと: マッソはフランスからの解除を与えられた
Former French champion allowed to compete for Germany with Savchenko
元フランスのチャンピオンはサフチェンコとドイツのために戦うことを許された
Posted 10/27/15 by Jean-Christophe Berlot, special to icenetwork
MassotSavchenko
Aliona Savchenko and Bruno Massot are ready to compete internationally for Germany, with the ultimate goal of winning the pairs title at the 2018 Olympic Winter Games. -Klaus-Reinhold Kany
アリオナ・サフチェンコとブリュノ・マッソは、2018年のオリンピック冬季大会でペアの最高の目標を勝ち取るという、国際的にドイツのために戦う準備が出来た

A near 18-month saga ended Monday, Oct. 26, at the office of the French Federation in Paris, when pairs skater Bruno Massot was finally granted his release from Didier Gailhaguet, the federation's president. Massot's release means that he and five-time world champion Aliona Savchenko (with Robin Szolkowy), will now be able to compete internationally
18か月近くに及んだ歴史物語はついに10月26日月曜日、パリのフランス連盟の事務所で、連盟会長のディディア・ゲヤゲから、ペアスケーターのブリュノ・マッソが解除を与えられて終わった。マッソの解除は、彼と5度の世界チャンピオン、アリオナ・サフチェンコ(ロビン・ゾルコヴィーとペアで)が今、国際的に戦うことが出来ることを意味する。

"Mr. Gailhaguet wanted to tell me the news himself, and that's the reason why he asked me to come to Paris," an ecstatic Massot said a few hours after learning the news while driving back to his training base in Oberstdorf, Germany. "He took the initiative himself, and he called me directly to offer me this meeting. It's super nice of him. The news is not completely official yet, as the paperwork has yet to be completed. It should be signed by the end of this week. The ISU (International Skating Union) should follow almost immediately.
「ゲヤゲ氏は彼自身から僕にニュースを告げたかった、そしてそれが僕をパリに来るように尋ねた理由」と数時間前にニュースを聞いて、忘我状態でドイツ・オベルストドルフのトレーニング拠点へ運転して帰る最中のマッソは言った。「彼は率先して、僕に直接電話してきて、この会議を申し込んだ。彼はとっても親切だよ。ニュースは、書類作業が完了していないので、まだ完全に公式にはなっていない。今週末に署名することになるだろう。ISU(国際スケート連盟)も即座に従うはずだ」

"Actually, I'm rather surprised, I must admit. Yesterday, when I left Germany, I told Aliona that I would come back with the release. Except I was just joking and did not really believe it myself!"
「実のところ、僕は驚いていることは認めなくてはならない。昨日ドイツを離れるとき、僕はアリオナに、解除を持ち帰ってくるよと告げた。冗談を除けば、自分自身でも本当は信じていなかったんだ!」

The saga started days after Savchenko and Szolkowy won their fifth, and final, world title in Saitama, Japan, in 2014. Savchenko and Massot then announced that they were joining forces, with one ultimate goal -- winning the Olympic gold medal that eluded Savchenko twice in 2010 and 2014 (she and Szolkowy won bronze each time).
歴史は2014年日本の埼玉での世界選手権で、サフチェンコとゾルコヴィーが5度目で最後のタイトルを獲得した翌日から始まった。サフチェンコとマッソはその時、彼らが一つの最高の目標--サフチェンコが2度2010年と2014年に捕まえそこなった(彼女とゾルコヴィーはどちらも銅メダルを獲得)オリンピックの金メダルを獲得することのために協力すると発表した。

Savchenko and Massot were used to training together, at least in the same rink. Massot's then-partner Daria Popova was a pupil of Ingo Steuer, just like Savchenko and Szolkowy. Popova and Massot started skating for France under the tutelage of Jean-François Ballester, but Steuer was kept on as a part-time coach.
サフチェンコとマッソはかつて一緒に、少なくとも同じリンクで、トレーニングをしていた。マッソの当時のパートナー、ダリア・ポポワは、サフチェンコととゾルコヴィーのように、インゴ・シュトイアーの生徒だった。ポポワとマッソは、ジャン・フランソワ・バジェステルの監督下で、フランスのためにスケートを始めたが、シュトイアーは臨時のコーチとして雇われ続けていた。

Popova was denied French citizenship at the time it counted most, and the team could not compete at the Sochi Olympic Winter Games. After Massot decided to skate with Savchenko, he asked for his release in order to compete for the German Federation, but the French Federation denied his request for the 2014-15 season.
ポポワは当時あてにしていたフランスの市民権を拒否され、チームはソチオリンピック冬季大会で競技することが出来なかった。マッソがサフチェンコとスケートをすることを決めた後、彼はドイツの連盟のために戦うために、フランス連盟に解除を頼んだが、彼のリクエストは2014-15シーズンは拒否された。

"Asking for a release is by no means a small issue," Katia Krier, the coordinator of the French national team, explained to icenetwork a few weeks ago. "We received a hand-signed letter from Aliona one month before the Sochi Olympics asking to transfer to France. Having the team skate for France would have been fantastic. The other way around is different."
「解除を頼むことは決して小さな問題ではなかった」とフランス・ナショナル・チームのコーディネーターのKatia Krier(カティア・クリアー?)は、アイスネットワークに数週間前説明した。「私たちはソチオリンピックの1か月前に、アリオナからフランスに移籍したいとの手書きの署名入りの手紙を受け取りました。フランスの為のスケート・チームを持つことは素晴らしいことでした。その逆は異なります」

Releasing Massot could have been seen as unfair to the other French teams, she explained. The French Federation did reverse the decision in the end, however.
マッソの解除は他のフランス・チームにとっては、不公平に見えたかもしれないと彼女は説明した。しかしながら、フランス連盟はついに決断をひっくり返した。

"Bruno has always been my priority because he is an excellent athlete, and athletes always have to be encouraged," Gailhaguet explained in a press release. " As soon as (French) federal and ISU rules are respected, the French Federation accepts Bruno's transfer to skate with Aliona for Germany, and I wish him the best for his career.
ブリュノは優秀な選手なので、常に私の優先事項で、選手たちはいつも元気づけられなければならない」とゲヤゲは記者会見で説明した。「(フランス)連盟とISUのルールが尊重され次第フランス連盟は、アリオナと共にドイツのために滑るためのブリュノの移籍を認め、彼のキャリアでベストが尽くせるよう願っている」

"This whole story should encourage everyone to better understand the subtle process of international transfers", Gailhaguet added. "There is, of course, a sports dimension into these transfers, but also a legal one and even an affective one."
「このストーリー全てが、国際的な移籍の微妙な手続きを、皆がより理解するのを促すだろう」とゲヤゲは付け加えた。「もちろんスポーツの規模がこの移籍にしてしまうことはあるが、合法的なものや感情的なものさえもある」
Gailhaguet announced that he would make proposals to the next ISU congress.
ゲヤゲは次のISUコングレス(全体会議)に提案すると発表した。

"These things are quite complex," Massot said. "There are many rules behind it, and also some misunderstandings between the two national federations did not help. But whatever the reason, the most important thing is that now we can skate, we can compete and I may finally make a living by skating in exhibitions."
「これらのことはとても複雑だ」とマッソが言った。「この背後にはたくさんのルールがあるし、2つの国の連盟の間にもいくつかある誤解も手助けにならなかった。しかし理由はどうであれ、最も重要な事は、今僕たちは滑れる、競技できる、そしてついにスケートのエキシビションで生活が出来るかもしれないという事だ」

The team endured months of uncertainty, garnering lots of sympathy and support from Germany, France and everywhere in the world.
チームは半信半疑で数か月を耐え、ドイツやフランスそして世界のあらゆるところからの同情や援助を集めた。

"I must say that it was quite difficult to stay fully motivated throughout," Massot said. "We did stay motivated, but it was rather complicated to wake up in the morning and keep training day after day, not knowing when it would be possible to resume competition. It's difficult when you can't make a full plan! I must say that the news I got today raised our motivation by 10,000 levels."
「僕はこの間やる気を十分に保ち続けることがとても難しかったと言わなくてはならない」とマッソは言った。「僕らはやる気を持ち続けたが、いつ競技に戻ることが可能になるのかがわからないのに、朝起きて毎日毎日トレーニングを続けるのは複雑だった。完全な計画が作れないと気は難しい!僕が今日得たニュースは、僕らのやる気を10,000レベルに持ち上げたと言わなければならない」

Massot stated that the team was fully ready to compete again.
チームは再び競技する準備は十分に出来ていると、マッソは宣言した。

"We are in a great physical shape," he said. "Our programs have been ready since the end of last season. We have been skating both programs faultlessly every day in the last weeks. We still have to work on our quads, but we first want to make sure that we can skate our programs faultlessly with triples. We will add quads later on, when we feel comfortable enough with the programs in actual competition. We are completely ready. Actually, the only thing we are missing now is our costumes! They are not completely finished yet."
「僕らは素晴らしい体調にあるよ」と彼は言った。「僕らのプログラムは昨シーズンの終わりから準備が出来ている。僕らは両方のプログラムをここ数週間毎日申し分なく完全に滑っている。僕らは未だに4回転の作業はしなくてはならないけど、まず僕たちは3回転で欠点無くプログラムを滑ることが出来るかをたしかめたい。実際の競技会でプログラムが十分快適になったら、あとから4回転は付け加えるつもり。僕らは完璧に準備が出来ている。実のところ僕らに今欠けているのは、コスチュームだけだ!それはまだ完璧には終わっていない」

Massot took the time to describe the two programs he and Savchenko will skate to this season.
マッソは今季サフチェンコと滑る、2つのプログラムについての描写に時間をかけた。

"We skate our short program to a waltz from Cirque du Soleil. It tells the story of a princess who gives a penny to a beggar in the street and they both fall in love," he said, which is a theme that may resemble some of Savchenko's former programs.
「僕らのショート・プログラムはシルク・ド・ソレイユからのワルツを滑る。それは道でお姫様が乞食にペニーを与え、そして二人が恋に落ちると言う物語」で、そのテーマはサフチェンコの以前のプログラムのいくつかに似ているかもしれないと彼は言った。

"That will be a real challenge for me. Many people are now waiting to see Aliona again, but I must say that I feel a bit of stress myself. How will people compare me to Robin [Szolkowy] is a question for me, and I will have to prepare myself for it," Massot said. "That will be my own challenge: to not look like Robin and become better than him. I know I can, and I'm doing my best for it.
「僕にとっては本当の変化になるだろう。多くの人が今アリオナを再び見る事を待っているが、僕は少しストレスを感じていると言わなければならない。人々は僕とロビン(ゾルコヴィー)をどう比較するのかが、僕にとっての問題で、その心構えをしなくてはならないだろう」とマッソは言った。「それは僕自身の挑戦: ロビンの真似ではなく、そして彼よりも良くなる事。僕は出来るとわかっているし、それについてベストを尽くしている」

"Our free program is completely different, however," Massot added. "It's a new concept, which Gary Beacom choreographed to some classical music (Edvard Grieg's "Solveig Song," from Peer Gynt) remixed by Wax Tailor, a French DJ and hip-hop producer. I would say it's a concept, and the universe of the piece could be qualified as … I would say, 'strange.' It's classical, contemporary and modern at the same time. This one will be completely different from everything we've been skating before. We are still looking for our own style as a pair, and that may be one step for us in that direction. We have had positive feedback on our program for that reason."
「しかし、僕らのフリー・プログラムはまた全然違っている」とマッソは付け加えた。「それは新しい構想で、ゲーリー・ベーコンが振付けて、フランスのDJでヒップ・ホップのプロデューサーであるワックス・テイラーのリミックスによるクラッシック音楽 (エドヴァルド・グリーグのベール・ギュントからのソルヴェイグの歌)だ。それは平和な宇宙が、言わば“奇妙”であると形容されるような概念。クラシックで、それと同時に近代的で現代的。これは以前僕たちがスケートしてきたもの全てとは完全に違うものになる。僕たちは未だに僕らのペアとしてのスタイルを探しているところで、それは僕たちがその方向に行く一歩になるかもしれない。そういった理由から僕らはプログラムに前向きの反応を得ている」

The road between Paris and Oberstdorf is quite a long one, especially when you have to drive your own car. The night we spoke may have been just a short one for Massot, however, compared to the months he and Savchenko had to wait. A bright full moon was rising higher and higher above Massot's road toward the East. Their own journey can finally start again.
パリと、オーベルストドルフの間の道はとても長い、自分で車を運転しなければいけないときは特に。しかしながら、彼とサフチェンコが待たなければいけなかった月日と比べれば、私たちが話した夜は、マッソにとってはとても短いものだったかもしれない。明るい満月は、マッソが向かう東へ向かう道の上を高く高く上っていた。彼ら自身の旅は再び、ついにスタートすることが出来る。

Hopefully, it will be just as bright.
願わくば、輝かしくあってほしい。


********************

この件がここまでもめたのは、

ソチのひと月前に、ロビン・ゾルコヴィーさんの引退により、ペアの相手を失うサフチェンコさんが、
マッソさんと組むために、フランスへの移籍を決意し、フランスの連盟に相談し、それをフランスの連盟は
大喜びしました。
 
しかしながら、フランスの連盟は、このペアのトレーニングなどの資金援助は、サフチェンコさんのフランス
への移籍が完了してからじゃないと、予算が下りないと言いました。
 
それに対してドイツの連盟は、マッソさんがドイツへの移籍をするなら、移籍が完了する前からでも、
トレーニングの環境と資金の援助をする用意があるいうことで、サフチェンコさんは2014年7月に、
ドイツのために戦い続けたいと思ったようです。
 
この当時、まだマッソさんはフランス籍を望んでいました。
 
しかしながら、マッソさんもトレーニング環境と資金のために、2014年9月末、ドイツのためにスケートを
することを選びました。

そうしたら、フランスが話が違うだろうとヘソを曲げてしまいました。
 
フランス連盟は、今までマッソさんに期待して、資金的に投資してきたことを理由に、マッソさんを手放す
ことは出来ないと、解除を認めませんでした。
 
昨シーズン終了後も、フランスの連盟はマッソさんの移籍を認めずにいました。
 
今年の9月8日頃、有志が「Change.org」にフランス連盟に解除を求める請願のキャンペーンを始めます。
https://www.change.org/p/ottavio-cinquanta-isu-didier-gailhaguet-ffsg-let-the-skaters-skate-savchenko-massot-zahorski-guerreiro-and-elizabeth-major
(日本語訳↓)
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=380306862176336&id=379995545540801


ISUの規則である18か月過ぎてもマッソさんの移籍を認めないフランス連盟は、20か月を過ぎたときにも、
規則を無視し、サフチェンコさんとマッソさんに解除までは、まだまだ時間がかかるようなことを言って
いたようです。

そしてフランス連盟は、サフチェンコさんとマッソさんに、解除の費用として30,000ユーロの支払いを求めます。

しかしながらドイツの連盟は、ISUの規則に「移籍金」の項目が無いので、その費用を計上できず、
支払うことが出来ません。
ドイツ連盟は当初、マッソさんに費やしたトレーニングの費用も含め70,000ユーロの支払いを求められたとも言われています。
 
そこでサフチェンコさんの恋人が10月20日に募金を募りはじめました。(殆ど集まっていないのですが…)
https://www.youcaring.com/aljona-savchenko-and-bruno-massot-454287#.ViZ0TB6yibY.facebook

ドイツのメディアもこの募金について10月21日に報道し始めました。
http://www.pnn.de/sport/1017116/

2016年6月に任期切れになるチンクワンタの後釜を狙うゲヤゲは、この記事を気にしたのか、
10月26日にフランス連盟はマッソさんの解除の了承を発表しました。
ゲヤゲとマッソさん














←左端がゲヤゲ




しかしながら、この募金は今も継続中です。

フィギュアの記事専門のスポーツ・ライターのタチアナ・フレイドさんは10月27日のツイッターで
https://twitter.com/Tatjana21
Tatjana Flade

フランスはB・マッソを手放す準備をしているが、ドイツ人たちは未だに支払う必要がある。募金は続く。





とつぶやいています。上の写真のテーブルの上にも電卓が写っています。
正式な署名の際にも、やはり30,000ユーロの支払いを求められるのでしょうか?

問題なく移籍が成立できればいいのですが…

それにしても、400万円弱の支払いで、一人の選手を縛り、ゴタゴタ言うフランス連盟って……




ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>


ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村