10月29日に未来ちゃんの記事がヨーロッパ・オン・アイス・ブログに出ていました。

先週の木曜から土曜日、スケート・カナダが盛り上がっていた陰で、
未来ちゃんは、オーストリア・グラーツで開催されていたアイス・チャレンジで、
優勝(ショート・プログラムで2位、フリー・スケートで1位)をしていました。

https://instagram.com/p/9j2DiGC5QW/
miraichan at graz


チーム・アメリカの
グラーツでの
良い週にイエイ :)











この大会では、トリプル・アクセルへの挑戦はしなかったようですが、トゥクタミシェワちゃんには
だいぶ刺激を受けているみたいです。


http://blog.europeonice.com/?eid=517
Mirai Nagasu: "If I want to challenge the world champion,
I will need the triple Axel"
長洲未来:「もし私が世界チャンピオンに挑戦したいとしたら、
トリプル・アクセルが必要」
By Hiro Yoshida

Mirai Nagasu is taking her cue from World champion Elizaveta Tuktamysheva in more ways than one. After the worst season of her career in 2014/2015, the California native still believes that she still has what it takes even if things have not go her way recently.
長洲未来は、あらゆる意味で、世界チャンピオンのエリザベータ・トゥクタミシェワの例にならっている。2014-15年の彼女のキャリアで最悪のシーズンの後、カリフォルニア育ちは、最近ものごとが彼女に有利に運ばないとしても、彼女がまだ得たものを持っているとまだ信じている。

“I think Elizaveta is a great example,” Nagasu said at the Nebelhorn Trophy. “She had that rough year and now she is world champion. It’s so inspiring.”
「私はエリザベータは偉大な例だと思います」とネーベルホルン杯で長洲は言った。「彼女はあの大変な年を経て、今彼女は世界チャンピオンです。とても勇気をづけられます」
mirai chan 1
Nagasu is also looking to the Russian in the technical department and has incorporated a triple Axel into her short programme this year. In Oberstdorf, she failed to land the jump cleanly resulting in it being downgraded. Combined with other errors in her routine, the American was languishing down in 11th place going into the free skating. However, even afterwards she was adamant about the necessity of the element.
長洲はロシア人の技術の方面も気を付けていて、今季彼女のショート・プログラムにトリプル・アクセルを組み込んでいる。オーベルストドルフで彼女はジャンプをクリーンに着地することに失敗し、その結果としてダウングレードされた。アメリカ人の彼女は演技での他のミスと組み合わせて、フリー・スケートに行く前に11位に萎むように落ちた。しかしながらその後でさえも彼女は、その要素の必要性を頑として譲らない。

“If I want to challenge the world champion, I will need the triple Axel. I think if I do get it cleanly I can do it about a quarter under rotated when it’s really good. Under pressure it’s obviously a half so I’d like to get it so I can attempt it again in competition more confidently.”
「もし私が世界チャンピオンに挑戦したいとしたら、トリプル・アクセルが必要。いい時でも約1/4回転回転不足だけどクリーンに出来るようになると思います、プレッシャーは明らかに半分だから、競技会でもっと自信を持ってもう一度試みることができます。

Confidence is the key word for Nagasu who has had her’s knocked more than most in the past. Following her victory at U.S. Nationals in 2008 at the age of 14, much was expected of her. She qualified for the Vancouver Olympics where she placed a respectable 4th and took part in the World Championships in Turin a month later. She has not made it on to the American team for a global competition since. January of this year was the nadir when she finished 10th at U.S. Nationals. Nagasu feels grateful that her federation still has faith in her.
自信は過去にこの上なく成功を確実にした長洲にとってカギとなる言葉だ。2008年14歳で全米に勝利した後彼女はかなり期待された。彼女はバンクーバーの資格を得て、悪くない4位になり、そのひと月後、トリノでの世界選手権に参加した。彼女はそれ以来世界的な競技会にアメリカチームとして出ていない。今年の1月の全米選手権では10位に終わりどん底だった。長洲は連盟がまだ彼女を信じてくれていることに感謝を感じている。

“I’m currently 10th place in the nation, so I’m lucky just to be given these Challenger Series competitions and for the federation to still believe in me. I feel like I’m pretty old now, but I’m only 22. Old for figure skating maybe!”
「私は現在、国で10位です、だからチャレンジャー・シリーズの競技会を与えられたことと、連盟がまだ私を信じてくれていることを幸運に思います。私は今とても年長のような感じがしますが、私はまだ22歳です。フィギュア・スケートには歳かもしれない!」
mirai chan 2
There is certainly nothing old about her choice of music for this season in both programmes. Her short is to “Demons” by popular American rock group Imagine Dragons performed by Sam Tsui and choreographed by Catarina Lindgren. Nagasu used the same piece as an exhibition number last season and explained what she is trying to convey in her routine.
彼女の今季の両方の音楽の選択は間違いなく少しも歳をとっていない。彼女のショートは人アメリカの人気ロックグループのイマジン・ドラゴンズの「デーモンズ」のSam Tsuiによるカバーで振り付けはカタリーナ・リングレンだ。長洲は同じ音楽を先シーズンのエキシビションで使い、彼女が演目で何を伝えようとしているのかを説明した。

“I feel that everybody has their demons and I would like to represent that. People’s demons make them part of who they are and you just have to accept them, challenge them and overcome them. But there will always be new demons. I actually watched the Imagine Dragons in concert and I almost cried because they were so good. It inspired me to hopefully create that kind of atmosphere in my performances as well.”
「みんな自身のデーモン(悪魔)を持っていると感じていて、私はそれを表したい。人々の悪魔は人がなものであるかの一部分を形作っていて、それを認め、挑戦し、打ち勝たなくてはならない。でもいつも新しい悪魔はいる。私は実際にコンサートでイマジン・ドラゴンを見て、彼らがとっても良かったから叫び(泣き)そうだった。上手く行けば私の演技でもあの種の雰囲気を作れると霊感をくれた。

For her free, Nagasu chose “The Great Gatsby” soundtrack which a number of skaters are also using this season. It is clear she identifies quite a bit with the storyline of the film.
長洲が選んだフリーの「グレート・ギャッツビー(偉大なるギャッツビー)」のサウンドトラックは、何人かのスケーターも今季使っている。彼女が映画の物語に多いに感情移入しているのは明らかだ。

“I know most music is overused these days and this is going to be the next piece of overused music. It already is, but the movie and the book are amazing. It is so relatable and also mysterious at the same time which is what everybody wants to be. If you’re too much of an open book, all of your secrets are exposed. So I think “The Great Gatsby” is a perfect balance, although he does die at the end. Tragedies always make great books and movies.”
「私は最近殆どの音楽が酷使されていて、これが2番目に濫用される音楽であろうことも知っています。既にそうなっているけど、映画と本は素晴らしいです。関連性があって、同時にミステリアス(謎めいて)でもあって、みんながそうあってほしいと思うもの。もし貴方があまりにあけっぴろげな人なら、貴方の秘密は全て暴露されてしまうわ。だから私は「グレート・ギャッツビー」はバランスが素晴らしいと思います、最後に彼は死んでしまいますが。悲劇はいつも、いい本と映画を作ります」

In her younger days, Nagasu was well known for speaking her mind and was always good for an amusing sound bite. As she has grown up, she has become a bit more guarded about what she reveals.
長洲は若いころ、心情を話すことと、それがいつも楽しいサウンド・バイト(ニュースなどで使われる短い抜粋)であることで良く知られていた。彼女は成長し、何を打ち明けるかについて少し警戒するようになってしまった。

“I feel like when you open yourself up to a lot of people everyone has their opinions and judgements. When I was so young, it was so easy to be open and not to care about how I was judged. I think when you get older that’s natural for people. Although, sometimes secrets coming out can be fun!”
「私は心を開いたときに、たくさんの人が各々意見と批判を持つと感じます。私はとても若い時、簡単に心を開いて、どう判断されるかについて気にしていませんでした。人が成長する時には自然なことだと思います。とは言え、時々秘密が露見するのは楽しいかもしれないけど!」
mirai chan 3
In March 2014, Nagasu swapped the beaches of California for the mountains of Colorado Springs and began training under Tom Zakrajsek at the legendary Broadmoor Skating Club. She has swiftly adjusted to her new environment and is enjoying the change.
2014年3月、長洲はカリフォルニアの浜辺を、コロラド・スプリングスの山脈に交換し、トム・ザカライセックの下、伝説的なブロードムーア・スケーティング・クラブでトレーニングを始めた。彼女は即座に新しい環境に適応し、変化を楽しんでいる。

“I love Colorado Springs. Everything about it is so beautiful. The air is so clean. I’m so focused on skating and when I need to relax I can. There is no smog like there is in California. I’ve been in L.A. my whole life so going to Colorado and seeing the stars so clearly for the first time, as cheesy as it sounds, was so beautiful. When I’m less stressed out I can relate to skating much better and I just love skating here. The altitude hurts so much, but it’s great for competitions.
「私はコロラド・スプリングスが大好きです。すべてがとても美しい。空気はとてもきれい。私はスケートに集中できるし、リラックスが必要な時も出来ています。カリフォルニアにあるようなスモッグもありません。私の人生は全部ずっとLAにいたので、コロラドに行くことと、安っぽく聞こえるかもしれないけれど、星をきれいに見る事は初めてでとても美しかった。私のストレスが減った時、私はスケートに、より上手く折り合いが出来るようになり、私はここでスケートをすることが好きです。標高はとてもつらいけど、競技会には素晴らしいです。

“I miss my parents, but I’m definitely at the age where I needed to move out and become more independent. I think I’ve achieved that very well. I’ve always been a little independent, but to not have my mom fix all my problems is nice, but challenging as well.”
「両親が恋しいですが、確かに私は引っ越しと、もっと独り立ちすることが必要な歳ごろです。私はとてもうまく達成したと思います。私はいつも少しだけ独立してきましたが、私の問題を母に直させることがなくなったのは良いことですが、難しくもあります」

Part of the challenge has been managing her skating with her studies. Nagasu is now enrolled at University of Colorado Colorado Springs (UCCS) where is taking a number of courses.
挑戦の一部は、彼女の勉学とスケートの両立の管理だ。長洲は今コロラド・スプリングス・コロラド大学(UCCS) に入学していくつかのコースを取っている。

“Actually I’m the collegiate national champion. I competed in the championships because the winner gets a scholarship, but only if you are a full-time student. So in order to earn that scholarship, I’m full-time right now which is a little difficult, but I’m coping. Tom will tell you how tired I am sometimes when I come into the rink.”
「実際に私は、全米大学チャンピオンです。勝利者は奨学金制度を得られるので、私はチャンピオンシップで闘いましたが、フルタイムの学生にだけでした。だから、奨学金を受けるために、私は今フルタイム(の学生)で、少し難しいですが対処しています。私が時々リンクに来るときに、どれだけ疲れているかを、トム(コーチ)が貴方に告げるでしょう」
mirai chan 4
There are of course some things she misses and, given the fact that her parents own a Japanese restaurant in California, food is top of the list.
彼女の両親がカリフォルニアでトップに位置する日本食レストランを経営していているという事実を踏まえて、彼女が恋しいものはもちろんある。

“When I go home I eat so much! There are so many ethnicities in California, so the food is culturally rich as well. I think it’s good for me that I am out of it because I used to eat a lot more than I do now. I definitely miss the vast amount of choices that I had though.”
「家に帰ると私はたくさん食べます!カリフォルニアにはとてもたくさんの民族性があるので、食べ物も同様に文化的に豊富です。私にとって出たことは良かったと思います、なぜなら私はかつて今よりたくさん食べていましたから。でも確かに私はかつてあった、莫大な選択肢が懐かしいですが」

Training in Colorado alongside so many high level skaters from all over the world has afforded Nagasu opportunities to work with many renowned coaches, including Tuktamysheva’s.
コロラドで世界中からのとてもたくさんのハイレベルのスケーターと一緒にトレーニングすることは、トゥクタミシェワの(コーチ)を含めて、たくさんの名高いコーチと働く機会を長洲に提供している。

“Tom is a great admirer of Alexei Mishin’s. He invited him to Colorado Springs and to watch how they train. In the U.S. and in Russia, every coach has a different teaching style, so it’s not a cultural thing. To be able to see someone else’s teaching style was really good for me.
「トムはアレクセイ・ミーシンの素晴らしい崇拝者です。彼はどう彼が訓練するのかを見るため、彼をコロラド・スプリングスへ招きました。アメリカとロシアでは、各コーチが違った教えるスタイルを持っていて、それは文化的な(違いの)ことではありません。他の人の教えるスタイルを見ることが出来るのは、私にとってとてもいいことです」
“I don’t speak Russian, but I took a couple of lessons with him and he is very exercise oriented so we did a lot of exercises together. He really focuses on the basics. I found it all very interesting.”
「私はロシア語は話しませんが、彼のレッスンを2つ取り、彼はとてもエクササイズ優先で、私たちはたくさんのエクササイズを一緒にしました。彼は本当に基本に焦点を当てています。すべてがとても面白いと思いました」

While she may be inspired by Tuktamysheva’s comeback and ability to do a triple Axel, Nagasu has another role model when it comes to the technique of the jump itself.
一方で、彼女は多分トゥクタミシェワのカムバックとトリプル・アクセルをする能力に刺激されたのかもしれなくて、ジャンプ自体の技術について、長洲はもう一人のお手本が出来た。

“I actually like to watch the boys more for Axels. Daisuke Takahashi’s Axel is my favourite.”
「私はアクセルについては男子をより見るのが実際は好きです。高橋大輔のアクセルが私は大好き」
mirai chan 5
Next up for the American is the Ice Challenge in Graz, Austria this weekend. She will also compete at the NHK Trophy in Nagano next month. For the moment, she is taking one season at a time and not looking too far ahead.
そのアメリカ人の次の出場は、今週末のオーストリア・グラーツでのアイス・チャレンジだ。彼女は来月、長野でのNHK杯でも競技する。今のところ彼女は一度に1シーズンを考えていて、あまり遙か前方は見ていない。

“Ice skating is such a difficult sport. It’s a year round thing, a continuous work in progress and really demanding. It’s hard to say I’ll last until 2018. Who knows what will happen to me in the next couple of years? Anything can happen and I’ve learnt that you can’t take things for granted. I hope I’ll still be going strong in 2018.”
「アイス・スケートは難しいスポーツです。通年のことで、継続中の仕事が進行中で、とても要求がきびしい。私が2018年まで続けると言うのは難しいです。これからの2・3年に私に何が起こるかなんて誰も解からないでしょ?何でも起こりうるし、当たり前のことと思って得ることは出来ないと学びました。2018年でも
まだ強くなっていることを望んでいます」

miraichan at graz2


********************

奨学金をもらうための、フルタイムの学生をしながらのスケートは、
かなり大変だと思いますが、
2018年のオリンピックで未来ちゃんが滑っていたらいいなと思います。
ソチに出られなかった悔しさを晴らしてほしい!


ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>



ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村