フランス杯の中止が伝えられた会議の模様を伝えたテレビの映像で、
ジュベールさんがポンサールさんとかなり離れている場所に立っていたのが
少し気になっていたら、昨夜、ジュベールさんが、ボンパール杯を最後に
ポンサールさんのコーチを辞める内容の記事が出ていました。

フランス杯中止Grief2








フランス語は解らないので、グーグル先生に英語と日本語に訳してもらったところ、
(うまく訳せなかったので、雰囲気で言うと)

ジュベールさんの地元であり、ポンサールさんが、ジュベールさんと共にトレーニングをしている
ポワチエという町について、ポンサールさんが不満を公言したことが、ジュベールさんの愛する
地元の町を軽蔑したように思えたことが引き金だったみたいです。

元々ポンサールさんはパリが好きで、パリに帰りたくて仕方がなかったようで、
ポンサールさんがパリでトレーニングして、時々ジュベールさんがパリに通って
トレーニングを見ることをポンサールさんが提案したようですが、
ジュベールさんは、パリは練習には最適ではないと断ったようです。

10月初旬のマスターズ・デ・パティナージュ・オーリンズという大会では雰囲気が良かったし、
インタビューの記事では、ポンサールさんの面倒をよく見てあげていた感じだったので、
なんだか残念です…


********************
以下が変な訳です。おかしなところだらけですが、想像を膨らませて、頭で修正しながら
読んでください <(_ _)><(_ _)><(_ _)>

http://www.lequipe.fr/Patinage-artistique/Actualites/Joubert-ponsart-c-est-la-fin/607581

Joubert-Ponsart, c'est la fin
Joubert-Ponsart, this is the end
ジュベール-ポンサール これで終わり

Le 13/11/2015 à 20:28:00 | Mis à jour le 14/11/2015 à 07:30:16 
On 11/13/2015 at 8:28:00 p.m. | Updated 11/14/2015 at 7:30:16
午前8時28分00秒午後に2015年11月13日で| 7時30分16秒で2015年11月14日
 
Après quelques mois de collaboration, le champion du monde 2007, Brian Joubert, ne sera plus le coach de Romain Ponsart à l'issue du Trophée Bompard.

After several months of collaboration, the 2007 world champion, Brian Joubert, will not be the coach Romain Ponsart after the Trophée Bompard.

数か月のコラボレーションの後、2007年世界チャンピオンの、ブライアン・ジュベールは、ボンパール杯後はロマン・ポンサールのコーチではない。


ジュベールさん

La collaboration entre Brian Joubert et Romain Ponsart s'achève. (J. Prévost) (L'Equipe)

INFO L’EQUIPE - Le contraste était frappant. Alors qu’à Orléans, leur première compétition ensemble début octobre, la complicité entre Brian Joubert le coach et Romain Ponsart le patineur était évidente, à Bordeaux vendredi, la distance entre eux était tout aussi visible. Après un programme court complètement raté (62,86 pts synonyme de dernière position), Ponsart soupirait «quand on s’entraîne mal, on patine mal». Joubert nous confiait ensuite qu’entre lui et son élève c’était désormais «très très compliqué».

INFO TEAM - The contrast is striking. While in Orleans, their first competition together early October, the complicity between the coach and Brian Joubert Romain Ponsart the skater was evident Friday in Bordeaux, the distance between them was equally visible. After a short program completely missed (62.86 pts synonym for last place), Ponsart sighed "When we train evil, one patina evil." Joubert will then confided that between him and his student was now "very, very complicated."

INFO TEAMは - コントラストが印象的です。10月初旬、彼らが一緒の初の競技会のオルレアンの間、コーチとブライアン・ジュベールとスケーターのロマン・ポンサールの間の連座は、明らかだったが、ボルドーでの金曜日、彼らの間の距離は同じように明らかに目立った。完全にミスした(62.86点 ビリと同じになった)ショート・プログラムの後、ポンサールはため息をつき「僕らが悪魔、一つの青錆びの悪魔をトレーニングしている時」 ジュベールは、彼と彼の生徒の間は今「とても、とても複雑」だと打ち明けた。


Le champion du monde 2007 reproche entre autres à Ponsart, dont il était devenu l’entraîneur cet été, de dire publiquement qu’il ne se plaisait pas à Poitiers. «Depuis le Master’s d’Orléans, il y a eu des choses qui se sont passées dans sa vie personnelle qui ont fait qu’il n’est plus bien à Poitiers. Il a eu des propos je trouve assez méprisant pour la ville, je ne peux pas accepter. Il veut aller à Paris, qu’il y aille», lâchait Joubert, qui aurait pu accompagner Ponsart en équipe de France en cas de qualification aux Championnats d’Europe (Bratislava, 27-30 janvier).

The champion of the 2007 world reproach among other Ponsart, where he became the coach this summer, said publicly that he delighted not in Poitiers. "Since the Master's of Orleans, there were things that happened in his personal life that made it is no longer good in Poitiers. He had about I find contemptuous enough to the city, I can not accept. He wants to go to Paris, he goes there, "Joubert let go, that could accompany Ponsart for France in case of qualification for the European Championships (Bratislava, 27-30 January).

2007年の世界チャンピオンは、彼がこの夏のコーチになったポンサールがポワチエにいることを喜んでいないことを公言したことを非難した。「マスターオブオルレアン以来、個人的な生活で問題が起こり、ポワティエがもはや良くないとなった。私は彼が町に十分軽蔑していることが解かって、私は受け入れることができませんでした。彼がパリに行きたい、彼はそこに行く」 ヨーロッパ選手権(ブラチスラバ、27-30 1月)のための資格の場合はフランスのためポンサールを伴い彼はそこに行かせる。


Ça n’arrivera pas. «Bien sûr», répond-il quand on lui demande si le Bompard est sa dernière compétition comme coach de Ponsart. «Les gens m’ont dit ce qu’il voulait, aller sur Paris et que moi j’y aille de temps en temps. Mais c’est hors de question. J’ai toujours dit que les conditions à Paris n’étaient pas les meilleures, je ne vais pas aller y entraîner. Ce ne serait pas cohérent. Denis Ten (médaillé de bronze olympique) est venu s’entraîner à Poitiers cette semaine avant le Bompard et il me l’a dit, les conditions sont idéales. C’est sûr qu’on sait pourquoi on y est, c’est pas pour briller et faire la fête c’est pour travailler.»

It will not arrive. "Sure," he replied when asked if the Bompard is his last tournament as coach Ponsart. "People told me he wanted to go to Paris and than me I go from time to time. But it is out of question. I have always said that the conditions in Paris were not the best, I will not go to train there. It would not be consistent. Denis Ten (Olympic bronze medalist) came to train this week in Poitiers before Bompard and he told me, the conditions are ideal. Of course we know why it is, that's not to shine and party that is working. "

それは発生しません。ボンパール杯がポンサールのコーチとして彼の最後の大会であるかどうかを尋ねられたとき、「確かだ」と彼は答えました。 「人々は、彼がパリに行きたかったと私に言った。そして私は時々行きます。しかし、それは問題外です。私はいつも、パリの条件は最高ではなかった、私はそこに訓練するために行くことはありませんと述べています。それは一貫性がないであろう。デニス・テン(オリンピック銅メダリスト)はボンパール前にポワティエに今週訓練するために来て、彼は理想的な条件だと私に言いました。もちろん、理由を知っています。そこは輝いてないし、パーティーもない、働くためのところだ。」


Joubert, qui vivait avec Ponsart sa première expérience de coach, ne cachait pas une certaine amertume : «C’est quelqu’un qui a du potentiel et que j’apprécie beaucoup. J’avais beaucoup de choses à lui transmettre. J’ai beaucoup donné en énergie, en temps, en argent. Au final je trouve qu’il y a aucune reconnaissance. C’est dommage.»

Joubert, who lived with Ponsart its first experience as a coach, did not hide some bitterness: "This is someone who has potential and I really appreciate. I had many things to transmit. I have given a lot of energy, time, money. In the end I think there is no recognition. Too bad."

コーチとして初めての経験でポンサールと住んでいたジュベールは、いくつかの苦味を隠しませんでした: "これは可能性を持った、そして私がとても評価した誰かです。私は、渡すものを多く持っていました。私はエネルギー、時間、たくさんのお金を与えています。最後に、私は(彼が)何の認識もないと思います。それは残念です。」



********************


ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>


ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村