Florentina Toneインサイド・スケーティングにスポーツ・ライターの
フロレンティナ・トーンさんが書いた中国杯の記事が
11月13日に出ていました。

真央ちゃんについて、とても素敵なことを書いてくれているので、
記事の前述と、真央ちゃんの部分だけ…


http://www.insideskating.net/2015/11/13/events/2015-cup-of-china-welcome-back-princess-inside-skating-gold-medal-goes-to
 
2015 Cup of China: Welcome back, Princess.
Inside Skating gold medal goes to…
2015年中国杯: おかえりなさい、プリンセス
インサイド・スケーティングの金メダルは…

Mao 2015 CoC
Mao Asada, as Madame Butterfly, at the end of her free skate at 2015 Cup of China
(photo: Eurosport Screenshot)
蝶々夫人の浅田真央、2015年中国杯の、彼女のフリー・スケートの終わりで

Deciding on the highlight of this year’s edition of Cup of China might prove difficult – to say the least. Was it the comeback of Mao Asada, the Japanese lady who won the gold in Beijing 10 years after taking her first senior GP medal, the silver, in the exact same arena? Or was it the glorious feat of the 18-year-old Chinese Boyang Jin who landed a quadruple Lutz-triple Toeloop combination in his short program – the highest scoring element in history – and, a day later, attempted no less than four quads in his long program? All of these, to be clear, in his debut at the senior Grand Prix circuit…
今年の中国杯のハイライトを決めるのは、難しい-控えめに言っても。最初のシニアでのグランプリのメダルで銀を獲ったその10年後、全く同じアリーナで金メダルを獲得した日本女子の浅田真央のカムバックか?それとも、ショート・プログラムで、クワド・ルッツ-トリプル・トゥループ-史上最高得点の要素-のコンビネーションを着地し、その翌日ロング・プログラムで4つの4回転を試みた、輝かしい偉業の中国の18歳のボヤン・ジンだろうか? はっきり言うと、彼のシニアのグランプリ・シリーズのデビュー戦で、これらすべては…
To the ice dancing admirers, the highlight of 2015 Cup of China might have very well been the golden programs of Anna Cappellini and Luca Lanotte: World champions in 2014, the Italians won in Beijing the first Grand Prix event of their career; a joy to the eyes both of their dances were, emphasizing their skills, their strengths and their authentic love for the sport. But this particular event will also enter history as being the host of a very bold performance of the pair Yuko Kavaguti and Alexander Smirnov: apart from their (now usual) throw quadruple Salchow, the Russians included a throw quadruple Loop in their long program – the first pair to do that in the history of the discipline; at 33 and 31 respectively, Yuko and Alexander are still moving mountains.
アイスダンスファンには、2015年の中国杯のハイライトは、2014年の世界チャンピオンのアンナ・カッペリーニとルカ・ラノッテのとても良い黄金のプログラムかもしれない、そのイタリア人たちは、北京で彼らのキャリアで初のグランプリ大会の勝利をした; 彼らの技術、強さ、このスポーツへの本物の愛を強調した2つのダンスは両方とも目に楽しかった。でも特にこの大会は川口悠子とアレクサンドル・スミルノフのペアのとても大胆な演技の主催者としての歴史にもはいるだろう: 彼らの(今は通常の)スロー・クワド・サルコーから離れて、そのロシア人たちは彼らのロング・プログラムにスロー・クワド・ループを入れた-この競技の歴史の中で初めてそれをやったペア;それぞれ33歳と31歳の悠子とアレグサンドルは未だに山中を移動している。
Leaving aside the world breaking records of the event in Beijing, one might find the presence (and commitment) of Japan’s Rika Hongo as the wow factor of the entire Cup of China: this 19-year-old lady’s skating is exuberant, enthusiastic and both of her programs for this season are to die for – and I might have told you that already after Rika’s victory at Finlandia Trophy.
北京での世界新の記録はともかく、中国杯全体での「ワオ!ファクター(おどろく要素)」として、日本の本郷理華の存在(とコミットメント)を見つけたかもしれない: この19歳のスケートは生き生きとして、熱狂的で、彼女の今季の両方のプログラムはダントツだーもしかしたら、フィンランディア杯の理華の勝利の後に既に言ったかもしれないが。
All these moments, and many others, will obviously stay in our minds – but Inside Skating gold medal goes to… Spain’s Javier Fernandez, for his mesmerizing flamenco routine, one that instantly carries you from Capital Indoor Stadium in Beijing to the streets of Andalucia. At the end of a fantastic short program, breathing power, confidence, authenticity, with Javier Fernandez, a flamenco dancer to his fingertips, we at Inside Skating felt like standing up and shouting Olé! But we would also like to raise an imaginary hat to choreographer Antonio Najarro, for tailoring such a perfect flamenco “suit” for Javier, one that holds your attention from the first second to the very end.
これらすべての時と、たくさんの他のものは、明らかに私の胸に残っているーしかし、インサイド・スケーティングの金メダルは…北京のキャピタル屋内スタジアムから、アンダルシアの通りへ即座にあなたを運ぶ、魅惑的なフラメンコの演目の、スペインのハビエル・フェルナンデスだ。ファンタスティック(幻想的)なショート・プログラムの終わりに、ハビエル・フェルナンデスの完璧なフラメンコ・ダンサーっぷり、呼吸の強さ、自信、真正さに、我々、インサイド・スケーティングは、立って“オーレ!”と叫びたい気分になった。しかし我々は振り付けの、アントニオ・ナジャロにも、最初から最後まで注意を繋ぎとめる、こんなに完璧なフラメンコをハビエルに「合わせた」仕立てっぷりに、想像上の帽子を脱いで挨拶したい(敬意を表したい)
by Florentina Tone
フロレンティナ・トーン

(-中略-)

Butterflies on her shoulders and Mao herself, a butterfly
肩の蝶と、彼女自身がバタフライ


Coach Nobuo Sato attentively watches Mao as she takes the ice for her short program. He looks calm – as so does she; the only one nervous here is me, since I’ve missed her dearly last season and I was looking forward to her comeback. Well, the wait is finally over, and this is me paying gratitude to this beautiful 25-year-old lady for everything she has given to figure skating all over the years – and continuing to do so.
真央がショート・プログラムで氷に立ったので、佐藤信夫コーチが注意深く彼女を見る。彼は落ち着いて見えるー彼女もそうなように; ただ一人ここで緊張していたのは私、なぜなら私は心から昨シーズン彼女を恋しいと思っていて、彼女のカムバックを楽しみにしていたから。まあ、待ち時間はついに終わり、そして、この美しい25歳の女性に彼女が、長年フィギュア・スケートに与えてくれた全てに、そして引き続きそうしてくれることに感謝の意を表しているのは、この私です。
Ten years after winning silver at Cup of China, her first senior Grand Prix medal, Mao Asada returned to Beijing, and the ice of Capital Indoor Stadium was once again her stage. Skating to “Bei Mir Bis Du Schoen”, a short program choreographed by Lori Nichol, Mao was everything you expected – and more. I loved the dress, the red lipstick, the carefree attitude of this amazing skater who, a while ago, stated loud and clear: “I could truly say figure skating is wonderful”. This waggish, playful routine embraces Mao’s fluid, smooth skating – and watching her glide over the ice you feel like singing, as the song says, “Bella, bella…”. In her comeback, Mao Asada received 71.73 points for her short program – but, truthfully told, you can’t put a scores tag on her: the Japanese lady is in a class of her own.
彼女の初のシニア・グランプリのメダル、銀メダルを中国杯で獲得してから10年、浅田真央は北京に戻ってきて、首都の屋内スタジアムの氷は、もう一度彼女の舞台だった。ローリー・二コル振り付けのショート・プログラム「素敵なあなた」を滑る真央は、貴方の期待した全てーそしてそれ以上だった。私は衣装、赤い口紅、しばらく前に:「フィギュア・スケートって本当に素晴らしいと言えます」とはっきり明確に言った、この驚くべきスケーターの屈託のない態度が好きだ。このおどけた、茶目っ気のある演目は、真央の優美で滑らかで、スムーズなスケーティングーそして氷の上を、歌が「ベラ、ベラ…(Bella, bella…)」と言って歌うように感じられる彼女の滑りを見ることを包み込んだ。彼女のカムバックで、浅田真央は71.73点をショート・プログラムで獲得したーしかし正直なことを話すと、彼女に点数のタグをつけることは出来ない: その日本女性は比類なくすばらしい
A day later, butterflies on her shoulders, Mao Asada is the last to take the ice in the ladies’ event; she hasn’t even started and I already have my own butterflies. As the first music notes diffuse in the arena, she takes a deep breath and enters the role of Puccini’s Madame Butterfly. A nervy, flawed routine this was (after hitting a cracking triple Axel, Mao’s knees jellified during the opening combination – and she did give up on some of her jumps while in the air), but the softness, the fluidity, the elegance of her skating, the fragile, graceful arms in the air, there’s truly no comparison to that. Third in terms of scores in Beijing, Mao’s free program has amazing potential – and it will only grow during the season. As for Mao, she was harsh on herself during the press conference at the end of the event: “I am not satisfied with my free skating today as I didn’t do all the elements. I have some problems to solve. I won thanks to my short program, but it doesn’t satisfy me to have won this way”. Her next Grand Prix assignment is NHK Trophy.
翌日、蝶が肩にいた浅田真央は、女子の大会で最後に氷に乗った; 彼女はまだスタートしていなかったにも拘わらず、私は既に私だけの蝶を手にした。音楽の最初の旋律がアリーナに拡散するにつれて、彼女は深呼吸をして、プッチーニの蝶々夫人の役に入っていった。神経質で欠点のあるこの演目(ビシッと決まったトリプル・アクセルの後、オープニングのコンビネーションで真央の膝は軟化したーそして彼女はいくつかのジャンプを空中であきらめた)は、しかし、柔軟性、流動性、彼女のスケートの優雅さ、軽さ、空中での優美さは、本当に段違いで比較にならない。北京で、得点の上では3位の真央のフリー・プログラムは驚くほどの可能性を持っているーそしてシーズン中成長しかしないだろう。真央に関する限り、彼女は大会の終わりの記者会見で彼女自身にとても厳しいかった: 「私は全部の要素をしなかったので、今日のフリー・スケートには満足していません。私は解決しなければならない問題があります。ショート・プログラムのお蔭で勝ちましたが、この方法で勝ったことには満足していません」 彼女の次のグランプリのアサインメント(割り当て)はNHK杯。

(-後略-)

********************

トーンさんも、低すぎる点数への批判ついての言及は避けていますが、
「そんなものはどうでもいい、真央ちゃんは段違い、別格」と言っています。

でも、ジャーナリストとしての彼女に一番して欲しいのは、
人によって違いすぎるジャッジへの批判」なんですが……



ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>


ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村