アイスネットワークが、NHK杯女子SPの田村明子さんの記事を載せました。


http://web.icenetwork.com/news/2015/11/27/158310226
Miyahara takes lead following personal-best short
宮原がショートをパーソナル・ベストでリード
Hicks surprises with second-place showing; Wagner third; Asada sits fourth
ヒックスは2位の状況に驚き; ワグナー3位; 浅田は4位
Posted 11/27/15 by Akiko Tamura, special to icenetwork
知子ちゃん
Buoyed by her opening triple lutz-triple toe combination, Japan's Satako Miyahara turned in the strongest short program of the day. The world silver medalist won the segment with a score of 69.53, topping her previous personal best by 2 1/2 points. -Getty Images
トリプル・ルッツ-トリプル・トゥのコンビネーションに支えられて、日本の宮原知子はその日最強のショート・プログラムを達成した。世界選手権の銀メダリストは69.53点でショート・プログラムを勝利し、以前の彼女のパーソナル・ベストを2.5点ほど上回った。

The ladies short program at the 2015 NHK Trophy in Nagano, Japan, finished with a somewhat surprising result, as hometown favorite Mao Asada didn't place in the top three. Her teammate, Satoko Miyahara, topped the segment with a personal-best short.
2015年の日本の長野でのNHK杯の女子ショート・プログラムは、本命で母国の浅田真央が、トップにならなかったので、いくらか驚きの結果になった。彼女のチーム・メートの宮原知子がパーソナル・ベストでこの部分でトップになった。

Skating to "Bei mir bist du schoen," Asada started the program with nice musical expression but fell while attempting her signature jump, the triple axel. She recovered quickly and landed a triple flip-triple loop combination but popped her lutz at the end. Asada sits in fourth place with a score of 62.50 points.
「素敵なあなた」を滑る浅田は、素晴らしい音楽の表現でプログラムを始めたが、彼女のトレード・マークのジャンプ、トリプル・アクセルを試みた時に転倒した。彼女は素早く復帰して、トリプル・フリップ-トリプル・ループのコンビネーションを着地したが、終盤ルッツがすっぽ抜けた。浅田は62.50点で4位になった。
 "I didn't have enough strength on my leg to hang on to the landing of my triple axel," Asada said.
「私はトリプル・アクセルの着地を持ちこたえる足の強さが十分にありませんでした」と浅田は言った。
The 25-year-old veteran took a year off from competition last year after winning her third world title. She came back strong this season, taking gold at the Japan Open and the Cup of China.  
25歳のベテランは3度目のワールド・タイトルを獲ったあと、昨年競技から1年の休みを取った。彼女は今季力強くカムバックし、ジャパン・オープンと中国杯で金メダルを獲った。
"My first two competitions so far went very well, and I was like, 'Wait a minute, could this be that easy?'" Asada said with a smile. "Now, I made mistakes here, so this will give me more motivation. I'd like to take this experience in a positive way." 
「今までの始めの2つの大会はとても上手く行きました、そして私は“ちょっと待って、こんなに簡単なの?”みたいな感じでした」と笑顔で言った。「今ここで私はミスをしました、だから、これは私によりモチベーション(動機)をくれます。私はこの経験を前向きにとらえたいと思います」
When asked if taking a year break is still affecting her, she immediately shot down the idea.
1年間の休養が彼女にまだ影響しているかと尋ねられた時に、彼女は即座にその考えを制止した。
"I felt it in my first two competitions, but not now." she replied.
「私は最初の2大会で感じましたが、今は違います」と彼女は答えた。


It was another Japanese skater, Miyahara, who stood first after the short program.
ショート・プログラムで一位に立ったのは、もう一人の日本人スケーター、宮原だった。
"Today, I'm very satisfied to be in this place," Miyahara said. "I was happy to perform clean jumps, spins and steps."
「今日、私はこの順位にとても満足しています」と宮原は言った。「私はジャンプ、スピン、ステップをクリーンに演じられてとても幸せでした」
The Japanese champion skated flawlessly in her flamenco "Firedance" program, which included a triple lutz-triple toe combination.
日本のチャンピオンは、トリプル・ルッツ-トリプル・トゥのコンビネーションを含む、フラメンコ“ファイアーダンス”の演目を、完璧に滑った。
"I was not happy with my performance at Skate America. I used that frustration to practice even harder," Miyahara said of her third-place finish in Milwaukee, Wisconsin.
「私はスケート・アメリカでの演技に満足していませんでした。私はそのフラストレーションを利用して、よりハードに練習しました」と宮原は、ウィスコンシン(州)、ミルウォーキーで3位になったことを語った。
Miyahara looked a lot more polished and confident in Japan.
宮原は、日本で更に洗練され、自信を持ったように見える。
"After Skate America, we videotaped all of my jumps and took a close look, trying to perfect them more," she said. "I felt good in my jumps, and it gave me more confidence."
「スケート・アメリカの後、もっと完璧にするため、私たちは私のジャンプ全てをビデオに録り、詳細に見ました」


Team USA's Courtney Hicks is in second after landing all of her jumps in her program to "The Feeling Begins." She received 65.60 points, a personal-best score.
チームUSAのコートニー・ヒックスは彼女のプログラム「フィーリング・ビギンズ」でジャンプ全てを着地し、パーソナル・ベストの65.60点を獲得し2位になった。
"This was the most complete short program I've ever done," Hicks said. "I was really happy that I was able to combine both artistry and jumps."
「これは私がした中で、一番完成したショート・プログラムでした」とヒックスが言った。「芸術性とジャンプの両方を融合出来てとても幸せです」
Hicks stressed that she felt good going out to the ice.
ヒックスは氷の上に出ていくことが気持ちよかったと強調した。
"I had some skate (boot) issues in China, but I felt good here and my equipment was ready, so I felt very comfortable out there," Hicks said. 
「私はいくらかスケート靴の問題が中国ではありましたが、ここでは私の用具も準備出来て、気持ちもよく、出ていくのにとても心地よさを感じました」とヒックスは言った。


U.S. champion Ashley Wagner sits in third place with a score of 63.71. Skating to "Hip Hip Chin Chin," Wagner opened her program with a triple flip but stumbled on the landing. She also doubled her intended triple toe.
全米チャンピオンのアシュリー・ワグナーは63.71点で3位になっている。彼女のプログラム「ヒップ・ヒップ・チン・チン」を滑り、トリプル・フリップで始めたが、着地でよろめいた。彼女は意図したトリプル・トゥも2回転になった。
"Today was a little bit shaky, but the fact that I was able to get my combination off at the end of my short program shows that I'm in good shape," Wagner said. "I was just thinking way too much about what I was doing."
「今日は少しだけ不安定でしたが、ショート・プログラムの終わりに向かうところでコンビネーションを入れられたと言う事実は、調子がいいという事を表しています」とワグナーは言った。「私は何をしているかを少し考えすぎただけです」
Wagner won Skate Canada earlier this season and has a good chance of advancing to the Grand Prix Final in December.
ワグナーは今季初旬のスケート・カナダを勝ち、12月のグランプリ・ファイナルへ進むチャンスを持っている。
"I know what I need to do to get to the Final, and I think tomorrow is just about building on top of what I learned in Canada," Wagner said. "It's a new day, a fresh start, and that's what I'm focusing on."
「私はファイナルに行くために何をする必要があるかを知っていますし、そして明日はカナダで学んだ1位になることを確立しようとしているところです」とワグナーは言った。「新しい日、新しいスタート、それが私が集中していることです」


Mirai Nagasu opened her program to "Demons" by Imagine Dragons with a triple flip-triple toe combination. She also landed triple loop and double axel, and turned in a well-executed Level 4 layback spin. The Japanese spectators rewarded her with a standing ovation.
長洲未来は彼女のプログラム、イマジン・ドラゴンズの「デーモンズ」をトリプル・フリップ-トリプル・トゥのコンビネーションで始めた。彼女はトリプル・ループとダブル・アクセルも着地し、素晴らしい出来のレベル4のレイバックスピンも達成した。日本の観客は彼女にスタンディング・オーベーションで報いた。
"I went out there with the intention to perform to the audience and for myself, and I feel like I accomplished that," Nagasu said. "There is always room to improve, but I was able to conquer my nerves and fear today."  
「私は観客と自分自身のために演じるつもりで出て行きました、そして達成したように感じます」と長洲入った。「いつも進化する余地がありますが、今日は緊張と恐れを克服することが出来ました」
Her triple toe was deemed under-rotated but other than that, her program looked nearly flawless. She received 61.10 points and sits in fifth place.
彼女のトリプル・トゥは回転不足だと思われたが、それ以外、彼女のプログラムはほぼ完ぺきに見えた。彼女は61.10点を獲得し、5位になった。
"I've been out of the scene a little bit, but I feel like I'm slowly improving even though I'm older," the 22-year-old Nagasu said.
「私は少し(表)舞台から外れていたけど、歳をとってさえも、ゆっくり進化していると感じます」と、22歳の長洲は言った。


********************

今日のFS
みんなが思い通りの演技ができますように。

そして、クソジャッジたちが、まともな採点をしますように



ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>


ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村