Florentina Toneインサイド・スケーティングに、フロレンティナ・トーンさんの素敵な記事が
また出ました。

トーンさんの文章はいつも、優しくて、選手への尊敬がいっぱい詰まっています。
しかしながら、彼女の文章の素敵な雰囲気の再現が出来なかったので、
毎度のことですが、皆さんの頭の中で素敵な日本語に直して読んでください。
<(_ _)><(_ _)><(_ _)>


http://www.insideskating.net/2016/01/05/features/2015-grand-prix-final-bellissima-bravissima-mao

2015 Grand Prix Final: “Bellissima, bravissima Mao!”
2015年 グランプリ・ファイナル:“美しく、才能のある真央”
真央1

It’s the end of the second day of competition in Barcelona, one hour before midnight, and the press conference after the ladies’ short program has just finished – when this exuberant Italian journalist approaches Mao Asada and asks her for a picture, handing his phone to the interpreter nearby; he then boldly, familiarly, kisses Mao on both cheeks, praising her loudly, with excitement:
バルセロナでの大会2日目の終わり、真夜中(12時)の一時間前、女子ショート・プログラムがちょうど終わった後の記者会見で-元気のいいイタリアのジャーナリストが浅田真央に接近して写真を頼んで、近くにいた通訳に彼の電話を渡した; 彼はその時大胆にも、なれなれしく、興奮して彼女を大声で称賛しながら真央の両頬にキスをした:

“Bellissima, bravissima Mao! Questa foto e per la mia mamma”. Completely taken by surprise, princess Mao smiles – a gleeful, candid smile, shared by everyone in the room. And, for a couple of seconds, no other words are needed – just the joy, the overwhelming joy of having Mao Asada back into the competitive arena. For us, for skating and all the mothers out there.
「美しく、才能のある 真央! この写真は私の母の為」完全に驚きの撮影、プリンセス真央は微笑み-楽しい、気取らない笑顔は、その部屋の全員に共有された。そして数秒間、他の言葉は必要なかった-歓びだけ、浅田真央が競技のリンクに戻ってきたことへの圧倒的な喜びだった。私たちに、スケートにそして世界中の母親に。
by Florentina Tone
フロレンティナ・トーン

This is not an analysis of Mao’s first Grand Prix Final after her year off – with the coldness, the distance that lie in such an action. It is, in fact, my ode to her – to this amazing 25-year-old skater from Nagoya, who started earning medals in international competitions in 2004 (as an advanced novice, in Zagreb, at Mladost Trophy), and, 11 years (and tens of medals) later, still thinks skating is essential for her.
これは1年の休養-冷静さ、そのような行動にある距離―後の真央の最初のグランプリ・ファイナルを分析するものではない。事実これは、私の彼女-2004年から国際大会(ザグレブのムラドスト杯で高等のノービスとして)でメダルを獲得し始め、そして、11年(と何十ものメダルの)後、まだスケートが彼女にとって不可欠であると考えている、この驚くべき25歳の名古屋出身のスケーターへの頌詩だ。

She wrote on her website on May 18th, 2015: “During the break [Mao took a year off after 2014 Worlds in Saitama, to consider her future], I came to feel that I could still compete, I naturally started missing the sense of fulfillment and joy I used to have after my best skates in competition. And then I came to wish to come back to the game”. And on the same day day, according to Reuters, during a press conference for the show “The Ice”, Mao further explained her wish to return: “I had meant for Sochi and the World Championships to mark my last year, and, after that was over, I felt I’d done everything I could and didn’t want to skate again. But as the days passed and my time away from skating grew longer, I started to feel that yes, skating is essential for me”.
彼女は2015年5月18日、自身のウェブサイトで「休養中(真央は2014年の埼玉での世界選手権の後、将来を考えて1年休養した)に、まだできると思い始め、自然と、試合の時に最高の演技をした時の達成感や喜びの感覚が恋しくなり、試合に戻りたいと思うようになりました」と書いた。そして同じ日、ロイターによると、「The Ice」ショーの記者会見中に、真央は更に復帰への望みを説明した: 「私はソチと世界選手権で、私の最後の年にするつもりだったので、それが終わった後は出来ることは全部やりきった、もう2度とスケートはしたくないと感じました。でも時が経つにつれ、スケートから離れた時間が長くなると、そう、私にはスケートが不可欠だと思い始めました」

…and Mao herself is essential for skating, allow me to add that. Because the truth is in the ladies’ event at the moment there’s no one like Mao Asada. The Japanese lady has, of course, all the advantages the experience, maturity can offer, but, above all, she’s an innate talent, a butterfly; and when it comes to skating skills, she’s second to none. No better description of Mao and her gliding than the one of choreographer Lori Nichol for a Japanese newspaper in the Olympic season: “She flies on the ice using almost no power. As smooth as cutting butter with a knife warmed in hot water”. That particular metaphor stayed in my mind for months – and in Barcelona, at 2015 Grand Prix Final, as in many other competitions Mao took part, her presence was my personal highlight. There, I’ve said it – allow me to be more of a fan than of a journalist for a couple of moments/paragraphs.
…そして真央自身もスケートには不可欠で、それに付け加えることを許して欲しい。なぜなら事実、現在女子の大会に、浅田真央のような人は一人もいない。その日本の女子はもちろん、全ての経験という利点、提供できる円熟味を持っているが、とりわけ、彼女は天賦の才能の持ち主、蝶である; そしてスケート技術という事になると、何者にも劣らない。振付師の一人のローリー・二コルがオリンピックシーズンに日本の新聞に寄せた以上に、真央と彼女の滑りをより良く描写するものは無い: 「彼女は殆ど力を使わないで、氷の上を飛ぶ。お湯の中で温めたナイフでバターを切るようなスムースさ」 その特殊なたとえ(隠喩)は私の心の中に何か月も残った-そして、バルセロナでの2015年のグランプリ・ファイナルで、他のたくさんの真央が参加した試合のように、彼女の出場は私の個人的なハイライト(強調する点)だった。そこで、私は言ってしまう-この後の少しの時間/数節、ジャーナリストと言うより、一人のファンになる私を許して欲しい。

真央2
No greater joy at this edition of the GPF than to see this wonderful lady skate
今回のグランプリ・ファイナルで、この素晴らしい女性のスケートを見る事以上の喜びは無い。


“Each language only helps me tell you/How grand you are”
“どんな言葉も貴方に告げるのを手伝うだけ/なんて貴方は素敵なの”

The beauty, the smoothness of Mao Asada’s routines surely conveys to the viewers – I’ve been in front of a TV before, I know it does – but you definitely should have been in Barcelona for this edition of the Grand Prix Final: you would have felt the pure emotion in CCIB arena, goosebumps and all, whenever Mao landed a perfect triple Axel, as if everyone in the audience rose and descended with her, as if everyone had, for a couple of seconds, Mao’s beautiful wings.
美しさ、スムーズさの浅田真央の演目は、視聴者へ確かに伝える-私はかつてテレビの前にいて、それを知っている-しかし、貴方(皆)は今回のグランプリ・ファイナルのために絶対にバルセロナにいるべきだった: いつでも真央が完璧なトリプル・アクセルを着氷する時、観客の誰もが彼女と一緒に浮上して降りるような、みんなが2.3秒間、真央の美しい羽根を持ったような、鳥肌とその他全て、CCIBアリーナ(GPFの会場)で純粋な感情を感じただろう。

And you should have been there for that jewel of a short program, choreographed by Lori Nichol; that amazing routine to “Bei Mir Bistu Shein” [To Me You’re Beautiful], with Mao truly the embodiment of joy, and the audience literally screaming with delight as a response to her playful, coquettish, spirited movements. In my mind, I might have danced alongside her, I might have even muttered some of the lyrics of Sholom Secunda’s song, since they seem to describe so well the effect that Mao has on her fans, me included: “I could say «Bella, bella», even say «Wunderbar»/Each language only helps me tell you/How grand you are”.
そして、ローリー・二コルにより振付けられた宝石のようなショート・プログラムのために貴方はそこにいるべきだった;  “Bei Mir Bistu Shein(素敵なあなた/[私にとって貴方は美しい])”の真央の喜びを本当に具体化した驚くべき演目、彼女の茶目っ気があり、なまめかしく、元気のある動きへの応えとしての、観客の文字通りの喜びの叫び。私の心の中で、私は彼女に並んでダンスしていたに違いない、ショロム・セクンダ(素敵なあなたの作曲者)の歌の歌詞のいくつかを口ずさんでいたに違いない、なぜなら、私を含む彼女のファンにとって、真央が持つ本質をとてもよく描写しているように思えるから: ”私には言える«綺麗、美しい» 言える«素晴らしい» どんな言葉も貴方に告げるのを手伝うだけ/なんて貴方は素敵なの“(歌詞の一部)


Advice on career longevity
長命のキャリアについてのアドバイス

Later that day, with Mao being third after the short program in Barcelona, she was once again the definition of elegance during the ladies’ press conference. Asked what advice she would give, on the longevity in the sport, to her younger colleagues, Russia’s Evgenia Medvedeva and Elena Radionova, both 16 years of age, Mao smiled at first; didn’t know what to say. But her smiles proved gold for the photographers in the room, since a smile makes definitely for a better picture.
真央がバルセロナのショート・プログラムで3位になったその日の遅く、女子の記者会見で、彼女はもう一度上品さを明確にした。競技に長くいる事について、彼女の若い仲間、両名とも16歳のロシアのエフゲニア・メドベデワとエレーナ・ラジオノワへ与えられるアドバイスは何かと尋ねられて、真央は最初微笑んだ; 何を言ったらいいかわからなかった。しかし、彼女の微笑は、絶対にいい写真を作るので、その微笑はその部屋のカメラマンたちには黄金であると証明した。

Seconds later, amidst the (war-like) noise made by the cameras, she showed she’d taken the question very seriously – and offered the girls useful, practical advices, and not banalities and common places: “Well, giving advice is difficult”, she said, in all modesty, and then added: “I think it’s important to practice a lot, of course. But if you get injured, it could be fatal. One thing for me was that I never got a major injury in my career, so that was one of the reasons I have been able to have a long career. And my other advice would be that, although these ladies are still very young, and it may not be a problem now, I think it’s a good idea to do stretches after competing and to take care of your body”. And then she smiled again – and so was everyone in the room; the lady had successfully (and wisely) passed the torch to the younger Evgenia and Elena.
数秒後、カメラによる(戦場のような)騒音の真っ最中に、彼女はその質問をとても真剣に受け取っていたことを見せた-そして、少女たちに役に立つ、陳腐で一般的ではない実用的なアドバイスを提供した: “まあ、アドバイスするのは難しいです”と彼女はしとやかに言い、そして付け加えた: “たくさん練習することはもちろん重要だと思います。でもケガをしてしまったら、致命的になります。一つ言えることは、私はキャリアの中で大きなケガをしたことがありません、だからそれが長いキャリアを持つことが出来た理由の一つです。そして他のアドバイスは、ここにいる女子はまだとても若くて、今は問題にはならないかもしれないけれど、闘った後ストレッチをして、身体のケアをすることはいい考えだと思います”。そして彼女はまた微笑んだ-その部屋の全員も同様に; その女子は成功裡に(そして賢明に)、若いエフゲニアとエレーナにトーチ(知恵)を渡した。
真央3
真央4
Elena Radionova, Evgenia Medvedeva and Mao Asada posing for the photographers during the press conference after the short program
ショート・プログラムの後の記者会見の間に、エレーナ・ラジオノワ、エフゲニア・メドベデワと浅田真央はカメラマンたちのためにポーズ


“I really adore Mao”
“私は本当に真央を尊敬している”

As for Elena Radionova, well, she’s been admiring Mao for some time now – and, during the press conference, she said it once again: “I really adore Mao, because Mao has been in the sport for so long, so she really deserves my utmost respect”. Of course, during a press conference with two girls speaking Russian, one, Japanese, and the majority of the journalists, English or Spanish, there’s little room for spontaneity and you might get lost into translation. But Mao still gets to hear Elena’s answer translated into Japanese and her face lightens in a smile. The respect is neutral: earlier that day, talking to the journalists in the Mixed zone after her short program, she’d already recognized these girls’ abilities and fortes: “Because I came back to high level competition, I like to challenge myself and keep up with the younger skaters who have a highly difficult technical content”.
エレーナ・ラジオノワに関しては、まあ。彼女は前から真央を崇めてきた-そして、記者会見の間に彼女はもう一度言った:“私は本当に真央を尊敬しています、なぜなら真央はとても長い間競技にいるから、だから彼女は本当に私の最大限の尊敬に値します” もちろん、記者会見の間二人の少女はロシア語を話し、一人は日本語、そして大半のジャーナリストは英語かスペイン語を話し、自然に少しの余地があり、訳で途方に暮れるかもしれない。しかしそれでも真央はエレーナの答えを日本語訳を聞き、彼女の顔は笑顔で輝く。尊敬は依怙贔屓が無い: その日の早く、ショート・プログラム後のミックス・ゾーンでジャーナリストに話しながら、彼女は既にこの少女たちの能力と強みを認識していた: “ハイレベルの大会に戻ってきたのだから、私は自分に挑戦するのが好きで、高くて難しい技術内容を持つ若いスケーター達に遅れないようにします”

A day after, on December 12, it’s all about butterflies. Mao’s beautiful, lavender butterflies, resting on her shoulders when embodying Puccini’s Madame Butterfly in her free skate; and my own butterflies while watching her skate. Because with Mao Asada you’re never short of emotions.
翌日の12月12日、それは全てが蝶だった。真央がフリー・スケートでのプッチーニの蝶々夫人を具体化した時、美しい、ラベンダー色の蝶は彼女の肩で休んでいた; そして私自身は彼女のスケートを見ている時に蝶のように飛び回った。浅田真央に於いて、与える感情が少ないことは決して無い。

…and the Italian guy just verbalized everyone’s thoughts. Welcome back, Princess.
そしてそのイタリア男はみんなの思いを言葉で言い表した。おかえりなさい、プリンセス。
Mao-Asada-2015-GPF-2



☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


原文は本当に素敵なんです。
それを再現できない能力の低さが悔しいです。

そしてこの記事には、GPFの時のたくさんの写真が載っているので、ぜひご覧になって下さい。



ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>



ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村