11年前の3月3日、カナダのキッチナーで、
真央ちゃんが、ジュニアの女子で初めてトリプル・アクセルを着氷し、
歴史を作りました。そして世界ジュニアも制しました。

その時の記事を見つけたので…


http://www.goldenskate.com/2005/03/2005-world-junior-figure-skating-championships-ladies-highlights/
2005 World Junior Figure Skating Championships: Ladies Highlights
2005 世界ジュニアフィギュア・スケート選手権大会:女子ハイライト

By Golden Skate  Published: March 5, 2005

Japan’s Mao Asada led the ladies throughout the event, winning the gold. Yu-Na Kim of South Korea catapulted from sixth place after the short to win the silver, while USA’s Emily Hughes rose from fifth place to win the bronze. It was the first time all three competitors competed at this event.
日本の浅田真央は女子の大会中ずっとリードし続け、金メダルを獲得した。 カノ国のキムヨナは、ショートで6位から一躍注目を浴び、銀メダルを獲得した、一方、アメリカのエミリー・ヒューズは5位から登って銅メダルを獲得した。3人の競技者ともこの大会で競技するのは初めて。

The ladies event began with the Qualifying Round (QR). The qualifying round did not impact the final score in this event. Its purpose was to determine which of the 30 (of 44) competitors would proceed to the Short Program.
女子の大会は予選ラウンドから始まった。予選ラウンドはこの大会の最終的な点には影響しない。この目的は(44人の内)どの30人がショート・プログラムに進めるかを決めるためのもの。

Short Program
ショート・プログラム

In the short, Asada popped a boot lace on the landing of her opening jump – a triple lutz-double loop combination, and had to restart her routine. The 2005 Japanese junior champ had no problems resuming her program and landed a double Axel, a triple loop, and displayed a nice spiral sequence as well as good spins. With a score of 60.11, the 14-year-old placed an easy first overall with her routine to John William’s Fantasy For Orchestra from the Wizard of Oz.
ショート・プログラムで浅田はオープニングのトリプル・ルッツ-ダブル・ループのコンビネーションジャンプの着地で靴ひもがほどけて、演技を再スタートしなければならなかった。2005年の日本のジュニア・チャンピオンは、プログラムを再開するのに何の問題なく、ダブル・アクセル、トリプル・ループを着地し、綺麗なスパイラル・シークエンスと同様に、見事なスピンも見せた。ジョン・ウィリアムスのオズの魔法使いからの幻想交響曲の演目で60.11点を得点し、14歳は簡単に全体1位になった。

“The jumps in today’s performance were good so I felt confident,” offered Asada, adding that though she wasn’t nervous, she was a little bit shocked about the boot lace incident. “This has happened to me for the first time.”
「今日の演技のジャンプは良かったので、自信がありました」と浅田が申し出て、緊張はしていなかったが、靴ひもの件では少しショックを受けたと付け加えた。「自分に起こったのは初めてでした」
https://www.youtube.com/watch?v=5BKiU-o9h4c

http://www.isuresults.com/results/wjc2005/WJC05_Ladies_SP_Scores.pdf
2005世界ジュニア真央ちゃんSP

Performing to music from The Mission soundtrack, USA’s Alissa Czisny opened with a triple Lutz-double toeloop combination, followed by a triple loop, and a double Axel which garnered a happy leap by her coach. The 17-year-old also displayed nice spirals and good spins, earning a score of 52.91 for a second place finish after the short.
ミッションのサウンドトラックからの音楽を演じる、アメリカのアリッサ・シズニーは、トリプル・ルッツ-ダブル・トゥループのコンビネーションで始まり、トリプル・ループ、そして彼女のコーチの楽しげな飛び跳ねを獲得したダブル・アクセルが続いた。17歳は美しいスパイラルと綺麗なスピンを見せ、52.91点を獲得し、ショートで2位で終わった。

“My short program was probably the best all year,” said a happy Czisny. “It was much better than yesterday. Yesterday’s qualifying round gave me something to fight for today, and that’s why my program was so much better.”
「ショート・プログラムはおそらく一年で一番でした」と幸せなシズニーは言った。「昨日よりずいぶんよかったです。昨日の予選は、今日への闘志を与えてくれたので、だから今日のプログラムはずっと良くなりました」

Though Czisny has found herself in the mix with two top contenders (Mao and Kimmie Meissner) at this event, she is trying to stay focused. “I’m happy that I’m here,” she admitted, “but I try not to think about that before my program. I just try to think about my own job that I have to do and not anybody else.”
シズニーはこの大会で上位2人(真央とキミー・マイズナー)と混戦になったのが判ったが、彼女は集中し続けようとしている。「私はここにいられて嬉しいです」と認め、「でも、自分のプログラムの前はそのことを考えないようにします。私は誰でもなく自分がしなければならないこと、自分のやるべきことだけを考えるようにします」

Teammate Kimmie Meissner also landed her triple Lutz-double toeloop combination (despite being close to the boards) in her short to Debussy’s Reverie, following up with a triple loop and a double Axel. The 2005 US bronze medalist earned a score of 52.67 for a third place finish after the short, trailing Czisny by less than a quarter of a point.
チームメイトのキミー・マイズナーも、ショートの「ドビュッシーの夢」でトリプル・ルッツ-ダブル・トゥループのコンビネーション(リンク脇のボードに近かったが)、その後にトリプル・ループとダブル・アクセルを続けた。2005年の全米選手権銅メダリストは52.67点を獲得し、ショートを終わって3位になり、シズニーを1/4ポイント未満の差で追跡する。

“Today was a good day for me,” said Meissner, “and my short program and like [Czisny] said, it was much better than yesterday.” Meissner also likes the fact that in the short program, one doesn’t have to wait as long to take the ice. “I think just everybody was on their game tonight, and it was a great competition.”
「今日は良い日でした」とマイズナーは言った。「そして私のショート・プログラムも、シズニーが言ったように、昨日よりずいぶんと良かったです」マイズナーはショート・プログラムで、待ち時間が短かった事実も気に入った。「今夜はみんな調子が良かったと思いますし、素晴らしい戦いでした」

China’s Binshu Xu also gave a nice performance with her short to Joe Hisaishi’s One Summer’s Day. The 2004 Chinese champion landed a triple Lutz-double toeloop combination, a triple loop, a double Axel, and displayed a nice combination spin to earn 51.61 points for a fourth place finish after the short.
中国のキョ・ヒンシュも久石譲の「あの夏へOne Summer’s Day」にのせてショート・プログラムで良い演技をした。2004年の中国チャンピオンは、トリプル・ルッツ-ダブル・トゥループのコンビネーション、トリプル・ループ、ダブル・アクセルを着地し、素晴らしいコンビネーションスピンを披露し、51.61点を稼ぎショートで4位になった。

Hughes experienced a wobble on the landing of her double Axel, but landed a triple Lutz-double toeloop combination and a triple loop, ending her routine to Gershwin’s Allegro with a good combination spin as well as an ear-to-ear grin. The 16-year-old earned 51.42 points for a fifth place finish after the short.
ヒューズはダブル・アクセルの着地でぐらついたが、トリプル・ルッツ-ダブル・トゥループのコンビネーションとトリプル・ループを着地し、彼女の演目のガーシュインの「アレグロ」を、素晴らしいコンビネーション・スピンと満面の笑みで終えた。16歳は51.42点を得点しショートを終わって5位になった。

Kim finished sixth (48.67 points) after the short, followed by Georgia’s Elene Gedevanishvili (48.42 points).
キムはショートで6位(48.67点)に終わり、ジョージア(グルジア)のエレーネ・ゲデヴァニシビリ(48.42点)が続いた。

Long Program 
ロング・プログラム


Asada became the first lady to land a triple Axel at the World Junior Championships. Skating to La Boutique Fantastique by Jerome Kern, the 2004-05 Junior Grand Prix Final Champion followed up with a triple Lutz, a double Axel, and a triple flip. Asada, who trains with Midori Ito’s former coach Machiko Yamada, also delivered a textbook layback spin followed by a triple flip-triple toeloop combination (but the toeloop was underrotated and downgraded to a double), a triple Lutz, and a triple loop-double loop combination while displaying good spins throughout. The student from Nagoya, who also delivered a beaming smile to the crowd which was on their feet, earned 119.13 points for a first place finish in the long and overall (179.24) to win the gold.
浅田はトリプル・アクセルを最初に世界ジュニア選手権で着地した女子になった。ジェローム・カーン(ロッシーニ/レスピーギ)の「ラ・ブティーク・ファンタスティーク(風変りな店)」にのせてスケートし2004-05のジュニア・グランプリ・ファイナルのチャンピオンは、トリプル・ルッツ、ダブル・アクセル、トリプル・フリップを続けた。伊藤みどりの元コーチ、山田満知子とトレーニングしている浅田は、お手本のようなレイバック・スピンに続き、トリプル・フリップ-トリプル・トゥループのコンビネーション(しかし、トウ・ループは回転不足で、ダブルにダウングレードされた)、トリプル・ルッツ、トリプル・ループ-ダブル・ループのコンビネーションをし、その間に終始素晴らしいスピンも披露した。名古屋の学生は立ち上がった観衆に晴れやかな笑顔もおくり、ロングプログラムで1位フィニッシュの119.13点を稼ぎ、総合(179.24)で金メダルを獲得した。

“I’m very satisfied with my performance,” said Asada. “I was a little bit nervous while I waited backstage and saw the other skater’s performances on the monitor. But when my turn came, the nervousness was gone and I was just happy to skate, and I’m very happy with what I did tonight.”
「自分の演技にはとても満足しています」と浅田は言った。「バックステージで他のスケーターの演技をモニターで見ながら待っている間少し緊張しました。でも自分の番が来たら、緊張はどっかに行って、スケートするのがただ楽しくなって、今夜やったことはとてもうれしいです」
https://www.youtube.com/watch?v=XbPbbUeQ3Kw

(FSのプロトコルは消えていました)
http://www.isuresults.com/results/wjc2005/index.htm

Kim, who stood in sixth after the short, also received a standing ovation for her routine to Papa, Can You Hear Me?. The 2004-05 Junior Grand Prix Final silver medalist landed a triple toeloop-triple toeloop combination as well as a triple Lutz-double toeloop-double loop combination. The 14-year-old also delivered two double Axels and three more triples (one in combination with a double) to earn a score of 110.26 points, placing second in the long. With a total of 158.93, the 2004 South Korean bronze medalist catapulted to second place overall to capture the silver.
ショートを終わって6位だったキムも、彼女の演目の「パパ・ドゥー・ユー・ヒア・ミー?」でスタンディング・オーベーションを受けた。2004-05のジュニア・グランプリ・ファイナルの銀メダリストは、トリプル・トゥループ-トリプル・トゥループのコンビネーション、同様にトリプル・ルッツ-ダブル・トゥループのコンビネーションを着地した。14歳は2つのダブル・アクセルと更に3つのトリプル(1つはダブルとのコンビネーション)を行い、110.26点を得点し、ロング(プログラム)で2位に位置した。総合158.93点で2004年のカノ国の銅メダリストは一躍総合で2位になり、銀メダルを獲得した。

“After I did so many mistakes in short program, was very nervous and my body was very tense,” admitted Kim. “But today I did very well, so I’m happy about this.” Kim also felt that she had achieved her goal for this season. “I’m very happy to have won this first figure skating medal for Korea. From now on I have to work harder in order to achieve (even) better results.”
「ショート・プログラムでたくさんのミスをした後、緊張して体が硬くなりました」とキムは認めた。「しかし今日は良くできたので、それはとてもうれしいです」キムは今シーズンの目的を達したとも感じた。「カノ国にとって初めての、このフィギュア・スケートのメダルを獲れてとてもうれしいです。これからはもっと良い結果に達するためにもっと頑張らなくてはなりません」

Hughes also delivered a fine program, landing a double Axel at the beginning of her routine, followed by a triple Lutz-double toeloop combination and a triple toeloop-double toeloop combination. The 16-year-old landed three more triple jumps (a triple loop was counted as a double), placing third in the long (96.47) with her performance to Sleeping Beauty and moving up to clinch the bronze with a total score of 147.89.
ヒューズも、彼女の演目の最初にダブル・アクセル、続いてトリプル・ルッツ-ダブル・トゥループのコンビネーションと、トリプル・トゥループ-ダブル・トゥループコンビネーションを着地し、良い演技をした。16歳はあと3つのトリプル・ジャンプ(トリプル・ループはダブルとカウントされた)も着地し、彼女のロングプログラム「眠れる森の美女」で3位(96.47)になり、総合147.89点で上昇してきて銅メダルを掴み取った。

“This being my first Junior Worlds I was really excited to be here,” said Hughes. “For the season, I just wanted to keep doing better and better programs, and I think I accomplished that. So I’m really excited with the skate I had and with the whole experience.” Before skating, Emily spoke on the phone with her sister Sarah. “Good luck and try and stay vertical,” the 2002 Olympic gold medalist told her sister.
「私の初のワールドジュニアなので、ここに来ることにとても興奮しました」とヒューズは言った。「シーズン中、良い、より良いプログラムを演じ続けたいとだけ思っていて、それは出来たと思います。なので、スケートで経験した全てにとても興奮しています」 滑る前に、エミリーは電話で姉のサラと電話で話した。「がんばってね、転ばないようにするのよ」と2002年のオリンピック金メダリストは妹に告げた。

Skating to Daphnis and Chloe by Maurice Ravel, Meissner opened her routine with a triple flip followed by a triple Lutz-double toeloop combination, a double Axel-double toeloop combination, a triple loop, and a triple Salchow. However, the 2004-05 Junior Grand Prix Final bronze medalist singled a Lutz and a flip near the end of her program. The 16-year-old earned 93.96 points for a fourth place finish in the long and as a result, slipped from third to fourth overall (146.63).
モーリス・ラベルの「ダフネとクロエ」にのせて演目を滑ったマイズナーは、トリプル・フリップで始まり、トリプル・ルッツ-ダブル・トゥループのコンビネーション、ダブル・アクセル-ダブル・トゥループのコンビネーション、トリプル・ループ、トリプル・サルコーが続いた。しかしながら、2004-05のジュニア・グランプリ・ファイナルの銅メダリストは、演目の終わり近くのルッツとフリップが1回転になってしまった。16歳は93.96点を獲得し、ロング・プログラムで4位に終わり、結果として、総合(146.63)で3位から4位に滑り落ちた。

Gedevanishvili, who stood in seventh after the short, placed fifth in the long and overall (139.11). The 14-year-old struggled with the landing on most of her triple jumps, but managed a clean double Axel and triple Lutz-triple toeloop combination at the beginning of her routine to Luigini’s Ballet Egyptien, Op 12. This was her second trip to this event – last year she finished 12th.
ショートを終わって7位になったゲデバニシビリは、ロング・プログラムと、総合(139.11)で5位になった。14歳は殆どのトリプル・ジャンプの着地に苦闘したが、彼女の演目ルイジーニの「バレエ・エジプティアン(Luigini’s Ballet Egyptien, Op 12)」の冒頭でダブル・アクセルとトリプル・ルッツ-トリプル・トゥループのコンビネーションは何とかクリーンに決めた。これは彼女にとって2度目の大会への旅だった。去年彼女は12位に終わっている。

Czisny dropped from second to sixth place overall (136.99 points) after placing eighth in the long. The 2001 US junior silver medalist singled a Salchow and fell on a double Axel in her free skate to Swan Lake.
シズニーはロング・プログラムで8位になった後、(ショート)2位から、総合(136.99)で6位に落ちた。2001年の全米ジュニア選手権の銀メダリストは、フリー・スケートの「白鳥の湖」でサルコーが1回転になり、ダブル・アクセルで転倒した。

In her third trip to this event, Xu fell from fourth to seventh overall (136.22 points) after placing seventh in the long. The 16-year-old fell on a triple toeloop as well as a triple Lutz in her routine to music from the Mulan soundtrack.
キョはこの大会への3度目の旅で、(ショート)4位から、ロングで7位になり、総合(136.22点)で7位に落ちた。16歳は「ムーラン」のサウンド・トラックからの演目でトリプル・トゥループとトリプル・ルッツを転倒した。
Canada’s Mira Leung, who stood in 12th after the short, finished eighth overall after placing sixth in the long.

カナダのミア・リャンはショートを終わって12位で、ロングで6位になり、総合で8位で終わった。




☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆



真央ちゃんが可愛くて、天使のようです。

SPで靴ひもがほどけても落ち着いて、レフリーに告げに行っている姿とか、立派!


この時のように、今度のワールドでも、雑念振り払って、自分の思い通りの
滑りをしてもらいたいです。

そうしたら、おのずと結果はついてくるんだから…!




ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>



ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村