alohaさんのブログ "私の気持ちをお伝えします" で、
http://think58.exblog.jp/24288066/
アルトゥニアンさんが真央ちゃんについて語っているインタビューの存在を知りました。

すみません。m(_ _)m、ネタいただいてしまいました m(_ _)mお許しをm(_ _)m

アルトゥニアンさんが、真央ちゃんとの別れと、和解についてを語っています。

訳しながら、泣けました。


とは言いつつも、アルトゥニアンさんのアクセントが強烈で、聞き取れなかったところも
いつものようにあり、おわかりになる方のご協力を頂ければと思います。
よろしくお願いいたします。

https://www.youtube.com/watch?v=kkLLwgvT1jE


0:11  T: This is Ted Flett of Golden Skate. And I’m joining now by esteemed coach
     Rafael Arutyunian
     ゴールデン・スケートのテッド・フレットです。
     今、尊敬されるコーチのラファエル・アルトゥニアンと一緒です。
0:17  R: Yes.
     はい。
0:17  T: And now the coach of…
     そして今はコーチの…
0:18  R: You pronounced my name very well, I mean how do you… Did you practice?
     君は僕の名前をとても上手に発音したね、つまりどうやって… 練習した?
     Wow, yea!
     ワオ!ヤー!
0:24  T: Practice. Oh, I     it is very serious, Don’t ask me to say second time
     練習した… とても真剣に… 2度言わせないでください。
0:27  R: Yea yayaya… O.K. O.K.
     ヤーヤーヤー、オーケーオーケー
0:28  T: Ah… now the coach of another World medalist, I know that you coached
     Michelle Kwan to the bronze… ah… medal in 2004
     今、もう一人の世界選手権のメダリスト、僕は貴方がミシェル・クワンをコーチしたことを
     知っています。2004年の銅メダル 

0:49  T: And then Mao Asada 2007?
     そしてそれから、浅田真央は2007年?
0:53  R: Yea, but basically Mao Asada stayed with me till… till January, Nationals and then
     she got the World Champions.
     そう、でも基本的には浅田真央は1月の国内選手権まで、私と一緒にいて、世界選手権を取った。
1:06  R: And the story was very sad, because of she after Nationals, she called me and
     she said “Rafael, I cannot come”.

     そして物語はとても悲しい、なぜなら国内選手権の後、彼女は僕に電話をしてきて言った 
     「ラファエル、私は行けません」
1:15  R: We had plans and she said “I cannot come to California” because she had to come
     14th of January,” just can’t, 14th of January”,
     僕らには計画があった、そして彼女は 「私はカリフォルニアにはいけません」 なぜなら、
     彼女は1月14日に来なくては行けなかったから 「1月14日には行けません」
1:27  R: so and then she said “Can you come to Japan?” I said “No, we had a plan. You have
     to came in January 14th. Please come here because I’m here, I have Jeffrey Buttle.”
     そして彼女は言った 「貴方が日本に来ることは出来ますか?」 僕は言った 「ノー!、
     僕らには計画がある。君は1月14日に来なければいけない。ここに来てくれ、
     僕はここにいるから、僕にはジェフリー・バトルがいる」
1:41  R: I was working with Jeffrey Buttle at in       school whole time. Before what is coming
     out. I mean I was working with Jeffrey before and before year before.
     僕はジェフリー・バトルとずっと    学校で働いていた。これが起きる前に、つまり前から、
     数年前から僕はジェフリー・バトルと働いていた。
1:55  R: And then she said “No. Rafael, I cannot come right now.
     Can you send Nadezda Kanaeva to Japan?”
     そうしたら、彼女が言った 「無理です、ラファエル、今は行けません。ナディア・カナエバを
     日本に送ってくださいませんか?」
2:03  R: And I said “O.K. I’ll send Nadezda Kanaeva to Japan for you”
     Nadezda and I were went there two weeks stayed there.
     そして僕は言った 「オーケー、ナディア・カナエバを君のために日本に送る」 
     ナディア・カナエバと僕はそこに行って2週間過ごした。
2:12  R: Then she called me back again and she said “I cannot come again. Can you come now?
     I'll  take care of”
     それから彼女はもう一度電話してきて、言った 「また私は行けません、今来てくれませんか?
     費用は持ちますから」
2:18  R: I said Jeffrey Buttle when she said “I will take care of Jeffrey Buttle”
     That’s what she said.
     僕がジェフリー・バトルのことを言った時、彼女が言った 「私がジェフリー・バトルの費用を
     持ちます」 それが彼女が言ったこと。
2:27  R: And I said “I stop things they play me”. I started to think they blamed me
     そして僕は言った 「彼らは僕を弄んでいる」 僕は思い始めたんだ、彼らは僕をせめた。
2:32  R: I say play me. I didn’t see resume. They blame me. They didn't say reason and don't come.
     僕を弄んでいると言った。僕は取り戻さなかった。  
     僕のせいにしたんだ。わけも言わない、こちらにも来ない。 
 2:35  R: I say and  “I don’t come” and I said “You know what if you are not following our agreement,
     what we have to do now our plans, I don’t want to do anymore.”
     僕は言った 「行かない」 そして僕は言った 「わかるだろう、もし君が、今
     やらなければいけない僕らの計画、僕らの契約に従わないなら、僕はもうやりたくない」
2:48  R: I was like to be a little stupid, seriously, like I maybe young girl younger at that time
     not much but still young girl younger.
     僕はこんなバカだった、真剣にね、多分あの時若い女の子が、今でも若い女の子だけど。
     僕は少しおろかだった、ほんとうに、あの時は若かった、うんとじゃないけど、
     それでも若かったんだ。
2:55  R: And I fire that girl. I fire that girl. 
     そして僕はあの女の子をクビにした。あの子をクビにした。 
     And I fight through. Fought through (M&Mさん訳)
     そして考えを変えなかった(M&Mさん訳)  
2:59  R: Then now      came Worlds.
     そして世界選手権が来た。
3:03  R: Jeffrey tell me “Rafael, I’m going to Worlds with me (you) ”  I said “No, you have
     your coach as well Lee Barkell. Make him to go, it’s O.K.”
     ジェフリーは僕に告げた 「ラファエル、僕は君とワールドに行く」 僕は言った 「いいや、
     君にはリー・バーケルもコーチにいるだろう。彼を連れていけ、構わない」
3:12  R: I…if I will go, I fired Mao, she will come to me. She will put me with her came…
     Because she was… she didn’t announce anything
     僕は…もし僕が行ったら、クビにした真央が、彼女が来るだろう。彼女は僕を一緒に
     (キス&クライに)座らせる… なぜなら彼女は… 彼女は何も発表していなかったから。
3:22  R: She will come to me and she will say “No. And stay with me”.
     彼女は僕のところへ来るだろう、そして彼女は言うだろう 「ダメ、私と一緒にいて」と。
3:28  R: And you go say both got world champions.
     そして君は言うだろう、両者ともワールドチャンピオンになった。
3:33  R: Say both got World champions.
     両者とも世界チャンピオンになった。
3:37  R: I don’t think if it that happed ever in skating history two World champions
     in the same year and I was teaching both.
     僕はそんなことが起こるとは思っていなかった、スケートの歴史で2人の世界チャンピオンが
     同じ年に(誕生するなんて) そして僕は両方ともを教えていた。
3:47  T: You didn’t go
     貴方は行かなかった。
3:48  R: I didn’t go.
     僕は行かなかった。
3:50  R: She put my name. My name was on the screen you can check.
     彼女は僕の名前を書いていた。 僕の名前は画面にあった、チェックしてご覧。
3:53  T: OK
     わかりました
3:54  R: Uh… yea in short program with Mao. But because I didn’t come then she took it off
     in Free.
     アー…そう、真央のショート・プログラムにね。でも僕が行かなかったから、フリーでは
     (僕の名前を)外していた。
4:01  R: And uh… you can check! I want you to check it that’s a funny story.
     That’s the funniest story my life. What happed this then?
     そして、アー 調べてご覧! 僕は君にそれをチェックしてもらいたい、おかしな話だって。
4:13  R: Mom was sick already and they have to stay in Japan because of insurance.
     ママは既に病気だった、そして彼らは保険のために日本にいなくてはいけなかった。
4:22  R: And then you know what happed to mama.
     そして、知ってるよね、ママに何が起きたかを。
4:25  R: I… they hiding story. They didn’t tell me why was reason she didn’t come.
     彼らは物語を隠していた。彼らは彼女がなぜ来ないのかの理由を僕に告げなかった。
4:34  T: Ah… did you feel badly afterwards?
     アー、その後あなたは悪かったと思いましたか?
4:35  R: So, I felt very bad about it because if they would tell me story, sure I would go.
     とても悪かったと思った、なぜなら、もし彼らがその話を僕にしていたら、きっと僕は行っていた。
4:42  R: But I was thinking they would something you know…
     でも僕は考えていた、彼らが何か…わかるだろ…
4:47  R: If they would tell me that’s what reason, sure I would take Jeffrey, I would go there.
     もし彼らが理由を告げていたら、きっと僕はジェフリーを連れて、そこへ行っていた。
4:53  R: So, she’s See the words... it’s is not white in and dark, it’s grey sometime.
     彼女のことば…白も闇の中では 言葉は白と黒じゃない時に灰色だ。
4:58  R: That’s the story. The story is very, very like sad.
     これが物語。 物語はこのようにとても、とても悲しい。
5:02  R: Because her mama died.
     彼女のママは亡くなってしまったから。
5:04  R: And they hide problem say had stay in Japan and I fired the girl. I two months
     before Worlds. And I could have two world champions in one year.
     そして彼らは問題を隠し、日本にいなければいけないと言った、そして僕は少女をクビにした。
     世界選手権の2か月前に。 そして僕は1年で2人の世界チャンピオンを持つことが出来たのに…
5:16  T: Oh, that’s a Lesson learned.
     オオ、それは勉強になります ましたね
5:17  R: So, let’s have lesson learned, ya ya
     そう、勉強して、 勉強になったそうそう。
5:20  R: So that’s why I tell you that story. Story is very, very sad.
     だから僕は君に物語を話したんだ。物語はとても、とても悲しい。
5:23  R: I love Mao. I love girl with all my heart
     僕は真央を愛している。僕は心から(あの)女の子を愛している。
5:27  R: and I feel very sorry about that moment.
     そして僕はあの時についてとても残念に思う。
5:30  R: But she came to me after Olympics and she said
     “Rafael, what you did for me I’ll never forget”
     でも彼女はオリンピックの後 僕のところに来て言った 
     「ラファエル、私のためにしてくれたこと、決して忘れません」
5:36  R: And we are, we are good friends.
     そして僕らは、僕らは良い友達だ
5:40  R: I mean Jeffrey for sure. But that’s the story.
     つまり、ジェフリーも確かにね。でもこれがその物語だ。


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


アルトゥニアン・コーチと、バトルさんの滞在費用を出してでも、
真央ちゃんがアルトゥニアンさんから習いたかったことを知って、泣けました。

アルトゥニアン・コーチも、もし知っていたら、「きっとジェフリーを連れて日本に行っていた」と
声を大きくして言っていたことに、彼の無念さを感じます。

ソチで「私のためにしてくれたこと、決して忘れない」と言われたアルトゥニアンさん、
嬉しかったでしょうね。膝から崩れたんじゃないかと想像します。

真央ちゃんが、今まで習ったすべてのコーチから愛されている理由がわかります。



alohaさん m(_ _)mすみませんでした。

ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>

M&Mさん、ご指摘ありがとうございました。  
直接コメントを入れていただけることが出来なかったそうで申し訳ありませんでした。
私も機械には弱いですが、設定を変えてみたので、次回からは直接コメントいただけるのでは
ないかと思います。(出来なかったらm(_ _)mすみません)
2:55 の部分については "I fire that girl"にやはり聞こえるのですが如何でしょう?
それでもそれ以外の部分は"Lesson learned" です。 勉強になります。感謝します。 m(_ _)m。

alohaさん、ご協力ありがとうございました。 m(_ _)m


M&Mさん、更なるご協力ありがとうございました。m(_ _)m


ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村