ISUの新会長となったヤン・ダイケマ氏が、会長選挙前に出していたマニフェスト(宣言書)の中に
ちょっと興味深いことが書いてありました。


http://www.schaatsen.nl/media/21844/isu-manifesto-jan-dijkema.pdf
マニフェストの4ページ (訳に間違いがあればご指摘ください)
デジタリゼーション
デジタリゼーション2

ファン中心のデジタル戦略を実行(履行)する:
 ファン主導のシステムに前進するため、既に安定(確立)したISUのデジタル基盤を分析、磨きをかける。最新式のデジタルプラットフォーム(例えば ISUモバイルアプリ)を含む手段と、包括的でユニークなコンテンツと特徴を含む、全大陸に渡るユーザーへ届く体験を具体化する。例えば、ファンに面白いデータ(例えば ショート・トラックとスピード・スケートのGPSトラッキング(追跡すること)や、フィギュア・スケートの動きの3Dアニメーション)の視覚化に役立てたり、関与を奨励すること(例えば クイズ、ゲーム、投票)により、観客(視聴者)の注目と興味を増大する。


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

ダイケマ
体にセンサーを付けなくても3Dに出来る技術は、
既に東大や中京大の研究室にはあるので、
やろうと思えば本当に、フィギュアの選手の
動きを3Dアニメにすることは可能だと思います。


そして本当にそうして見せてくれるのなら、

回転が足りていたり、正しいエッジで踏み切られた
ジャンプへの「回転不足」や「エラー」、

本当は回転が足りないジャンプや、
間違ったエッジでの踏切られたジャンプへの
「認定」と「異常な加点」

などの、テクニカルの恣意的なジャッジ
無くなるのではないかと思うのですが…



ダイケマは平昌までの2年間の目標として
このマニフェストを出しているので、
彼の本気度を測る上でも、今後のISUを
見ていきたいと思います。



ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>



ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村