インサイド・スケーティングにミーシャの長い長い長いインタビューが挙がっていました。

強烈に長いので、そのうちの一部、
インタビューの中盤の尊敬するスケーター達について語っているところと、
インタビューを締めくくる、各国についての連想ゲームのところだけ…


http://www.insideskating.net/2016/09/07/interviews/misha-ge-im-more-than-just-one-style

Misha Ge: "I'm more than just one style"
ミーシャ・ジー: "僕のスタイル(様式)は1つだけじゃない"

-Petersburg-opening

.。o○.。o○.。o○.。o○ 前略 .。o○.。o○.。o○.。o○

A TRIBUTE TO DAISUKE TAKAHASHI
高橋大輔への敬意(オマージュ)

Can you name some people who inspire you the most, skaters or not?
あなたを最も刺激する何人かの名前、スケーターたちか、あるいは違う人、を挙げることは出来ますか

There are many skaters. I guess the generation I grew up on inspires me a lot: it’s Zhenya Plushenko, Alexei Yagudin, Johnny Weir, Jeffrey Buttle, Daisuke Takahashi. I grew up watching them and I learned a lot from them, and, in many ways, it’s because of them that I have the style that I have now.
たくさんのスケーターがいます。成長期に慣れ親しんだ世代が僕をたくさん刺激したと思います: それは、ジェーニャ・プルシェンコ、アレクセイ・ヤグディン、ジョニー・ウィアー、ジェフリー・バトル、高橋大輔です。僕は彼らを見て成長し、彼らからたくさん学びましたし、いろいろな意味で、彼らのお蔭で、今僕が持っているスタイルがあるんです。

I remember when I was in Beijing, and I was at the gym, and Zhenya and Johnny came in, we had a little chat. And Zhenya complimented me, like: You work so hard.
And I told him: I’ve been learning from you ever since I was little. And he was like: Oh, come on, stop it. And I was like: No, seriously. The way I am now, my style, the way I skate – I learned a lot from you. And I told them both: Sometimes I really miss your generation of skaters. It was so emotional, so spectacular, so much of individuality! They were all different, so unconventional, each had their unique personality. And they both smiled when I said that. You really miss it because you grew up on that, and because it was such a great time for figure skating. Sometimes I go on youtube to watch, and it just sends shivers down your spine!
僕が北京にいたころ、僕がジムにいた時、ジェーニャとジョニーが入って来て、僕らはちょっと話をしたのを覚えています。そして、ジェーニャが僕を褒めてくれました: 「君は一生懸命励んでいる」みたいに。そして僕は彼に言いました: 僕は小さいころから貴方から学んでいます。そして彼は: 「おいおい、止めろよ」みたいな。
そして僕は: 「いいえ、真剣に。僕の今の方法、僕のスタイル、スケートの仕方-僕は貴方からたくさん学びました」みたいに。そして僕は彼ら両者に言った: 「時々僕は本当にあなたの世代のスケーターが恋しいです。とても感情的で、とても壮観で、個性がいっぱいありました!」彼らはみんな違っていて、とても型にはまっていなくて、各自がユニークな個性を持っていました。あなた方もそれで成長したし、フィギュア・スケートにとってもとても素晴らしい時代だったから、本当に恋しいでしょう。時々ユーチューブで見て、興奮で背筋をゾクゾクさせます!

What programs do you re-watch the most?
何のプログラムを最も見ますか?

Oh, a bit of everything. As for Zhenya’s, I’d say the most memorable for me – I remember watching it when I was a kid – is the 2001 World Championships. Both of his programs. Of course, both Yagudin’s Olympic programs. The Gladiator was amazing, 2001 Grand Prix Final, maybe it wasn’t the cleanest performance from him, but the way he skated was mesmerizing. If my memory doesn’t fail me…
おお、全部をちょっとずつ。ジェーニャだと、僕にとって最も思い出深い-子供の時に見たのを覚えている-のは、2001年の世界選手権です。彼の両方のプログラム。もちろん、ヤグディンのオリンピックでのプログラムも。「グラディエーター」は素晴らしかった、2001年のグランプリ・ファイナルは彼にとって最もクリーンな演技ではなかったかもしれないけれど、彼のスケートの仕方は魅惑的だった。もし僕の記憶が確かなら…

Johnny’s… Ooh, there are so many of Johnny’s programs. I guess 2003, 2004, then I remember 2007, I watched it in Harbin, China, at the Grand Prix: his free program was really good. And he also skated that year at Cup of Russia, he had that costume with a horse on it.
ジョニーの… おお、たくさんのジョニーのプログラムがあります。2003年、2004年だったと、それから2007年を覚えています、中国のハルビンのグランプリで見ました: 彼のフリー・プログラムはとても良かった。そして彼はその年、ロシア杯でも滑りました、彼はそのコスチュームに馬をつけていました。

Then Jeffrey Buttle of 2008, Jeffrey Buttle of 2004. And Daisuke Takahashi… well, I think, starting from 2005 and till his last performance.
それから、2008年のジェフリー・バトルと、2004年のジェフリー・バトル。そして高橋大輔… そうだな、2005年から始まって、彼の最後の演技までだと思う。

I remember the story when I was at Mao Asada’s show [The Ice, in 2015] and I did a special program, a tribute to Daisuke Takahashi. And it was a surprise for me that at one of those shows was Takahashi’s manager, who was with him for 10 years. And as I was leaving the ice, he was clapping and cheering me, like – Yeeeeah! And I was like: Thank you! Guess this means it wasn’t that bad. I remember it took me a long time, almost a month to create and rehearse this program. It was very difficult: three programs of Takahashi in 3 minutes, and three of his step sequences, which, at that time, would be considered about level 4, and constant changing of style, in one breath! That was the most difficult program for me. But it was worth it. The fans were crazy about this program. They [the organizers] even asked me to come back with this program this year, but, unfortunately, all good things must come to an end.
僕が浅田真央のショー、2015年の「The Ice」に出た時の話を覚えています、そして僕は高橋大輔に捧げる特別プログラムをしました。そのショーの一つで僕にとってサプライズだったのは、高橋と10年一緒だった、彼のマネージャーだった。そしてぼくが氷を去る時に彼は拍手して応援してくれた、「イエーーーー!」みたいに。そして僕は:「ありがとう!これはそんなに悪い出来ではなかったという意味だな」みたいな。それがとても時間がかかったのを覚えています、このプログラムを創って、リハーサルするのに、ほぼ1か月。とても難しかった: 3分間で高橋のプログラム3つ、そしてその時考えていた、レベル4の彼のステップシークエンス3つ、そして絶えず変わり続けるスタイル、それを一息で!それは僕にとって最も難しいプログラムでした。でもその価値はありました。ファンたちはこのプログラムに熱狂しました。彼ら(主催者)は今年このプログラムで戻ってくることを頼んだほどです、しかし、残念なことに、いいことすべてには終わりがあります。

So it was exclusive, and you’re not planning to repeat it…
それは、限定的で、貴方は繰り返す計画はない…

We had 11 shows and the organizers requested this program for almost all of them. I came with three programs, and on 8 shows I skated this one. But then I almost injured my back because of it. I worked flat out for it, and sometimes the show was twice a day. And I remember the most difficult show was in Osaka, since it’s the city where Daisuke lives, and everyone there knows him, plus it was broadcasted live on TV… Whooh, that was something! [his eyes glittering]
僕たちは11回のショーがあって、主催者はほぼ全てでこのプログラムを要求しました。僕は3つのプログラムを持って来て、8回のショーで、このプログラムを滑りました。でもその時そのせいで、背中を怪我しそうでした。僕はそのために全力で働いて、そして時にショーは1日2回でした。そして最も難しかったショーは、大輔が住んでいて、そこのみんなが彼を知っていて、それに加えて、テレビで生放送されていた大阪であったことを覚えています… フーーーー 凄かったよ!(彼の瞳はキラキラ輝いている)

And it’s hard because you’re not skating your own program, you’re skating someone else’s. You have to make it as close as possible, you have to do the best you can, and it’s live on TV, and you can’t have any mistakes. It was such a pressure! I felt like it was as difficult as competitions, maybe even more difficult in some way. When you’re skating your own program, you can go like: Okay, here I can have some rest if I’m tired, or something. But here you have to do it 130%. You have to do it exactly like Daisuke Takahashi. I saw it coming, and the fans really did that: they put the two videos together, videos of me and Takahashi, and compared them. Thank God it was close enough! [laughs]
そして自分自身のではない、だれか他の人のプログラムを滑っているから、難しい。可能な限り肉薄したものにしなくてはならない、出来る最高をやらなければならない、そしてそれはテレビで生中継されて、ミスは出来ない。なんというプレッシャー!競技会と同じくらい、もしかしたらある意味ではもっと難しいとさえ思いました。自分自身のプログラムを滑っている時は: オーケー、もし疲れていたら、ここでいくらか休める、とかなんとかみたいに行ける。でもここでは130%でやらなければならない。正に高橋大輔みたいにやらなければならない。僕にはわかっていたし、ファンは本当にそうした: 彼らは僕のビデオと高橋のビデオの2つを一緒にして、それらを比べました。神様に感謝(助かった)、十分近かった!(笑)

How did you feel when you were watching that?
あなたがそれを見たとき、どのように感じましたか?

I felt… happy. Kind of sheepish. It’s so unusual to look at that, I just sat there with a goofy smile. I was really happy that a month of hard work paid off. Such a program will stay in [everyone’s] memory, especially at his home and being broadcasted live. Daisuke liked it, he said: Wow! And I think it was at these World Championships when he was a commentator, and before my program, the Japanese TV had put on 10 seconds of me rehearsing this program, and they said something like: A guy à la Takahashi. And his reaction to that was also funny. It was a very interesting experience.
僕は感じました…幸せを。恥ずかしいような。僕はそこに座ってバカみたいな笑顔でそれを見るのは、とても珍しいことです。僕は1か月のハードワークが報われて、本当に幸せでした。そんなプログラム、特に彼の故郷で生放送されたのは、みんなの記憶に残ります。大輔もそれを気に入って言いました: ワオ! そして彼がコメンテーターをしていた世界選手権でだったと思いますが、僕のプログラムの前に、日本のテレビがこのプログラムをリハーサルしているところを10秒間流して、彼らは何か: ‘ア・ラ・高橋(高橋風の)の男‘ みたいなことを言いました。そして彼のそれへの反応も可笑しかった。それはとても面白い経験でした。

Which of the modern skaters do you consider the most outstanding, who do you pay attention to the most?
現代のスケーター達では、誰が最も傑出していると考えますか、あなたは誰に一番注目を払いますか?

Javi [Javier Fernandez]. I think he has a very distinctive personality. And also Shoma Uno. And, of course, Yuzu. Well, Yuzu is Yuzu, it doesn’t even need saying. But I really like Javi and Shoma, I like their style, the way they skate, the way they perform. I watch them closely.
ハビ(ハビエル・フェルナンデス)。彼はとても特色のある個性を持っていると思います。そして宇野昌磨も。そして、もちろん結弦。まあ、結弦は結弦、言う必要さえないでしょう。でも僕は本当にハビと昌磨が好きです、彼らのスタイル、彼らのスケートの仕方、彼らの演じ方が好きです。僕は彼らを注意して(綿密に)見ます。

.。o○.。o○.。o○.。o○ 中略 .。o○.。o○.。o○.。o○

And in the end, let’s play a little game of associations. Since you constantly travel all around the world, I’ll name a country, and you’ll have to tell two or three associations, first things that come to mind.
最後に、ちょっと連想ゲームをしましょう。貴方は定期的に世界中を旅しているから、私が国を指名します、そして貴方は2・3の連想(感想・思い出)を言わなければなりません、最初に心に思い浮かんだことです。

Okay.
いいですよ。

USA?
アメリカ

Fresh air, sun, cleanness.
新鮮な空気、太陽、清潔さ

China?
中国?

Food and shopping.
食べ物 と 買い物

Japan?
日本?

Cleanness-cleanness-cleanness! [laughs] Culture, cultivated people. Very polite. Everything’s veeery clean. Seems like USA is losing here, I didn’t know there will be such a rival as Japan. [laughs]. Everything is very thought-through, up to every detail.
清潔―清潔―清潔!(笑) 文化、教養ある人々。とても礼儀正しい。全てがとてーーーも清潔。これについてはアメリカが負けているように思う、日本に匹敵するようなところがあるんだろうか。(笑) 全てのディテール(細かいところ)に至るまでとても考え抜かれている。

Russia?
ロシア?

Friendly people. Home, I guess is the first. Many tasty things from my childhood. Places I’ve walked, things I ate, people I knew, who are close to me, a lot of childhood memories. Home and childhood memories.
友好的な人々。 家、最初の。 子供時代のたくさんの魅力的な事。歩いて、食べて、親しい知人がいて、たくさんの子供時代の思い出がある場所。家と子供時代の思い出。


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


去年の慈愛の大ちゃんメドレーのプログラム、大好きです!
ミーシャ自身も、大ちゃんも、ファンたちもみんな好きで、
そういったプログラムがあるって、ミーシャにとって貴重な財産だろうと思います。

慈愛が今年もミーシャにあのメドレーを演じることを頼んでいたと知って、
ミーシャの出演自体が実現しなかったのはちょっと残念。

それから、ミーシャも昌磨の滑りが好きだということを知ったのも嬉しくなりました


インタビュー最後の連想ゲームでの日本の印象は…
大好きだよ、ミーシャ!!!


インタビューのページには写真がいっぱいあります。ご覧になってください。
 


ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>


ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村