Florentina Toneフロレンティナ・トーンさんが、真央ちゃんに付いてまた素敵な記事を、
インサイド・スケーティングにあげてくださっています。

読んでいてうれしくなる文章です。
実際のインサイド・スケーティングには、
素敵な写真がもっとたくさんありますので、
そちらもご覧になってください。


間違いがあったらご指摘くださいますようお願いいたしますm(_ _)m


Intriguing and addictive: Mao Asada’s programs for this season
好奇心をそそり 中毒性になる: 今シーズンの浅田真央のプログラム
Mao-Asada-Black-bird-2016-Finlandia-Trophy

For the first couple of seconds you only hear the cameras’ shutter buttons being pressed, and the piano. And see a feathery, black dress twirling and twizzling, and running away with your attention. Just like an Alphonse Mucha poster, or an Art Nouveau jewel, with shades, and nuances, and details, Mao Asada’s new short program screams masterpiece from top to finish. And it’s only equaled by her intricate free skate, both of them choreographed by Lori Nichol and performed to Manuel de Falla’s “Ritual Fire Dance”. A mysterious black bird in the first part, a fiery young lady in the second – with the ending pose of her SP being the opening of the free skate –, the two programs make for a bold, intriguing ice story, one that pushes the artistic boundaries of the sport and highlights to the maximum Mao Asada’s skills and sensibility.
最初の2-3秒、貴方はカメラのシャッターボタンが押される音しか聞こえない、そしてピアノ。そして羽のような黒いドレスがくるくる回り、向きを変えてくるくる回り、そして貴方の注意を持ち逃げする。まるでアルフォンス・ミュシャのポスター、あるいは、影とニュアンスと、精細な装飾のあるアール・ヌーボーの至宝のような浅田真央の新しいショート・プログラムは、冒頭からから終わりまで、傑作だと叫んでいる。そして彼女の共に複雑なフリー・スケートも、マヌエル・デ・ファリャの“リチュアル・ファイアー・ダンス(火の踊り)”で、どちらもローリー・二コルにより振付けられている。最初の部分でミステリアスな黒鳥は、―彼女のSPの終わりのポーズは、フリー・スケートの冒頭になり―第2部で燃え立つような若い女性になり、2つのプログラムは、大胆な(見事な)、興味深い氷の物語を助長し、それはスポーツの芸術的な限界を押しあげ、浅田真央の技術と感受性を最大限に強調する。

by Florentina Tone
フロレンティナ・トーン

In a press conference in Espoo, right after the first outing of her short program in competition, Mao summarized the story in low voice and just a couple of words: “I have the same music in both my short and my long program; in the short, I’m like a black bird, a mysterious one, and for tomorrow I will change into a young lady”. That’s not the only difference though: the short program is set to the piano version of Manuel de Falla’s “Ritual Fire Dance”, with the piano played by virtuoso Artur Rubinstein, while the free uses the orchestral version of the same musical piece. Apparently Mao liked both pieces Lori Nichol suggested, and she just couldn’t decide between them. And out of Mao’s initial indecision, and her passion for both versions, we now have a larger story, in two parts, something that only Denis Ten had done in the recent past, when choosing to skate both his short and free to music from the movie “The Artist”; it happened during 2012-2013 season, with the same Lori Nichol as choreographer.
彼女のショート・プログラムが競技会での初公開になった直後のエスポーでの記者会見で、真央は低い声で2-3の言葉で物語を要約した: “私のショートとロング・プログラムは両方とも同じ音楽にしました; ショート・プログラム、私は黒鳥のようで、ミステリアスな、そして明日は若い女性に変身します” それだけが違いではないけれど: ショート・プログラムはマヌエル・デ・ファリャのピアノバージョン、巨匠のアルトゥール・ルービンスシュタインのピアノ演奏の“リチュアル・ファイアー・ダンス”で設定していて、その一方、フリーはオーケストラバージョンの同じ曲を使っている。どうやら真央はローリー・二コルが提案した両方の曲を好きになったらしい、そして彼女はただその両方の間で決断をすることが出来なかった。真央の当初の優柔不断と、彼女の両方のヴァージョンへの情熱によって、今私たちはより大きな物語を、2つのパートで持っている、何かそれは最近デニス・テンが、映画の“アーティスト”からの音楽を、彼のショートとフリー・スケートで選んでスケートをした時のみ; 2012-2013シーズン、振付師として同じローリー・二コルが一緒だったときに起こった。
Mao-Asada-SP-2016-Finlandia-Trophy-1

Danza ritual del fuego
ダンザ・リチュアル・デル・フエゴ(火の儀式のダンス)

We’ll have to agree with Mao Asada: Manuel de Falla’s “Danza ritual del fuego” is clearly addictive – and the most well-known movement of the ballet “El Amor Brujo” (literally, “Spelbound Love”), originally composed in 1915 and inspired by the flamenco music, and Pastora Imperio herself, an acclaimed flamenco dancer famous in the early 20th century. Pastora even had the lead role in the composition’s world premiere, on April 15, 1915, in Teatro Lara, in Madrid, dancing and singing – the original version of the piece, called “Gitanería”, included authentic Gitano folklore, and some other parts that were later removed. 
私たちは浅田真央に賛同しなければならないだろう: マヌエル・デ・ファリャの“火の儀式のダンス”は明らかに中毒(習慣)性だ-そしてバレエの“El Amor Brujo(恋は魔術師)”の楽章で最も有名だ(文字通り、“Spelbound Love(魔法にかけられた愛)”、元々はフラメンコ音楽と、20世紀初頭に有名で喝采を送られたフラメンコ・ダンサーのパストーラ・インペリオに刺激されて1915年に作曲された。パストーラは、1915年4月15日、マドリッドのテアトロ・ララ(ララ劇場)での、その音楽作品ののワールド・プレミアで主演を務め、ダンスし、歌った-オリジナル・バージョンの曲は“Gitanería”と呼ばれ、本格的なフォークロア(ジプシー民話)が含まれ、そしていくつかの他のパート(部分)は、後に削除された。

A day after its premiere, Madrid’s “La Tribuna” published a review alternating the good and the bad: for Tomás Borrás, this was “a music of strange sonorities; of rugged dissonances”, while to another person in the audience it was obvious that “the rich and hot blood of the Andalusian heart circulates, as in the veins of a beautiful body, throughout the score”. In the following years, Manuel de Falla revised the work more than once, arranging some of the main dances into orchestral suites and a suite for the piano, to unveil a final ballet version in Paris, in 1925; this particular arrangement of the piece is best known today.
そのプレミアの翌日、マドリッドの“La Tribuna(ラ・トリビューナ)”は、良い所と悪い所が交互のレビュー(評論)を出版した: トーマス・ボラスは、これは“変な鳴り響き; ざらざらした耳触りな音楽”だった、一方もう一人の人物の観客は、それは明らかに“背景音楽を通して、リッチ(濃厚)で熱いアンダルシアの心の血が流れて(循環して)、美しい身体の静脈の中にいるようだった”。翌年、マヌエル・デ・ファリャは、作品を2度以上改訂し、主要なダンスのいくつかを、1925年パリで最終のバレエ・バージョンを発表するために、オーケストラ用の組曲と、ピアノに相応しい曲に編曲した; この特別の編曲が、現代で最も知られている。

“Ritual Fire Dance” is, if you wish, the quintessence of the entire ballet, whose plot is disarmingly simple: an Andalusian gypsy woman called Candelas finds new love, but she’s haunted by the ghost of her dead husband. To get rid of the ghost, sorcery is needed, so all the gypsies make a large circle around their campfire at midnight, while Candelas will perform a mysterious ritual dance; the ghost will follow the flames and the dance and, soon after, with all the women and their dresses whirling faster and faster, it will be drawn into the fire, vanishing for good. In her beautiful, red dress, with embroidery resembling the flames, Mao Asada is Candelas, the young Andalusian, in her long program this season, and her alluring, flirtatious dance is the way to recapture her freedom.
もし貴方が望むなら、“リチュアル・ファイアー・ダンス”はバレエ全体の神髄で、そのプロット(筋書き)は人に安心を与えるようにシンプルだ: カンデーラと呼ばれる一人のアンダルシアのジプシー女性が新しい恋を見つけたが、彼女は死んだ夫のゴースト(幽霊)に囚われている。ゴーストを取り払うために魔術が必要で、ジプシー全員が真夜中にキャンプファイアーの周りに大きな円を作って、一方カンデーラは神秘的な儀式のダンスを演じる; 幽霊は炎とダンスにつられ、女性全員とそのドレスが早く早くぐるぐる回ると、すぐに火の中に引っ張られて、永遠に消え去る。彼女の今季のロング・プログラムで、炎に似せて刺繍がされた、美しい赤いドレスを着た浅田真央は、若いアンダルシア人のカンデーラで、彼女の魅惑的な、誘うようなダンスは、彼女の自由を取り戻す方法だ。

After skating her black, daring short program at her shows in Japan this summer, Mao Asada was ready to unveil the full story in Espoo, at this year’s edition of Finlandia Trophy; and that made her more nervous than usual on the day of the free skate, as she recalled later, in the press conference: “It was the first time I performed my long program, and it was not quite what I had hoped – I was more excited and nervous today than yesterday during my short program; the short program, I’d skated it before, in the shows. My next competition is Skate America – and I do want to make the corrections to those elements I didn’t succeed here, and to get better and better in the events preceding the World Championships”. A day before, she’d already stated she would add more difficult jumps in her short program – and she was clearly thinking, among other things, at her trademark triple Axel, that wasn’t in her repertory in Finlandia.
浅田真央はこの夏、日本での彼女のショーで、彼女の黒い、大胆なショート・プログラムを滑った後、今年エスポーでのフィンランディア杯で、全物語を披露する準備が出来ていた; それはフリー・スケートの日に彼女をいつもより、より神経質にさせた、後の記者会見で彼女が思い出した時: “ロング・プログラムを演じるのは初めてでした、そしてそれは少し希望通りではありませんでした-私はより興奮して、今日は昨日のショート・プログラムの間より神経質でした; ショート・プログラムは、以前にショーで滑っていました。私の次の大会はスケート・アメリカです-そして私はここで成功しなかった要素を修正して、世界選手権前の大会で、より良く、もっと良くなりたいと思います” 前日、彼女はもっと難しいジャンプをショート・プログラムに加えることを既に宣言していた-そして彼女は明らかに、とりわけ、フィンランディアでは彼女のレパートリーには無かった、彼女のトレードマークのトリプル・アクセルを考えていた。

11 years after debuting on the senior circuit – and with one Olympic silver medal, five World medals, six Four Continents medals and 23 Grand Prix medals won in the process – Mao Asada is still aiming to improve, and that speaks hugely about herself and her spirit. Last year, she summarized it beautifully: she’s still here, on competitive ice, because she understood that “figure skating was essential to her”. We say Mao Asada is the one essential to skating. As are all of those wonderful skaters, like Carolina Kostner, like Tessa Virtue and Scott Moir, who have nothing else to prove when it comes to competitions and results, but who are still here, for the love of the sport. With the years, their skating gained maturity, and clarity, and sophistication, and a sense of understanding the music they didn’t have, at full potential, when they were teenagers. And their presence on the ice – a privilege to all of those watching figure skating – might very well be the biggest story of this pre-Olympic season.
シニア・サーキット(リーグ/トーナメント)にデビューして11年-そしてその過程でオリンピックの銀メダル1つ、5つの世界選手権のメダル、6つの四大陸のメダル、23個のグランプリのメダルを獲得-浅田真央は未だに進歩を目指している、そしてそれは彼女自身と、彼女の精神を大いに物語っている。昨年、彼女はそれを美しく要約した: 彼女はそれでもここにいる、競技アイスの上に、なぜなら彼女は“フィギュア・スケートが彼女にとって不可欠”だと知っているから。私たちは浅田真央はスケートに不可欠な人だと言う。カロリーナ・コストナーのような、テッサ・バーチューとスコット・モイヤーのような素晴らしいスケーター達みんなは、競技会や結果となると他に証明するものはないが、そのスポーツへの愛のために、それでもここにいる。時が経つにつれて、彼らのスケーティングは円熟味、そして清澄さ、そして洗練さ、そして可能性十分のティーンエイジャーの時には持っていなかった音楽を理解する感覚を得る。そして彼らの氷上での風格-それらすべてのフィギュア・スケートを見てきた名誉-このプレオリンピックシーズン最大のとても申し分のない物語かもしれない。
Mao-Asada-Ritual-Dance-FS-Finlandia-Trophy-1

Music flowing through her buttery arms
彼女のバターのような腕を通じて流れる音楽

As for Mao Asada herself, she might have just hit the jackpot with this set of programs: a combination of restlessness and calm, long notes and rapid sequences of music, commanding everyone’s attention; with that final part of the short program, and the brilliant step sequence, creating huge anticipation for the free. And the truth is Mao’s expression has become so complex and so fluid over the years that almost every other skater out there looks like a beginner; with some notable exceptions, of course. Not a single movement is out of place, out of tune, nothing is forced, or interrupted, just the music flowing effortlessly through her buttery arms. And if I were to choose a moment of her redemptory free skate – in my mind, I have already divided it in three: the tension, the quietness before the storm, the fiery dance – I’d choose the second part, with the soothing sound of the violins and the softness of her gliding. She’s an artist to the fingertips – in Mao’s case, that’s not just a figure of speech.
浅田真央自身については、彼女はこのプログラムのセットで、大当たりをしたかもしれない: 静止することのない穏やかなコンビネーション、長い音符と素早い連続の音楽、みんなの注目を意のままにする; ショート・プログラムの最後の部分と、あでやかなステップ・シークエンスは、フリーへの巨大な期待を創り出す。そして実は、長年にわたって真央の表現はとても複雑でとても優美で滑らかになったので、そこにいる殆どの他のスケーターは皆、初心者に見える; もちろんいくつかの注目すべき例外はある。一つの動きも場違い、調子はずれは無く、何も強制されず、あるいは邪魔されず、ただ音楽が彼女のバターのような腕を通じて、やすやすと流れていく。そしてもし私が彼女の償還のフリー・スケートの瞬間を選ぶとしたら-心の中で、私はそれを3つに分けている: 緊張、嵐の前の静けさ、火のようなダンス-私はスムーズなバイオリンの音と彼女のソフトな滑走のある2番目の部分を選ぶ。彼女は指先まで芸術家だ-真央の場合、ただの言葉のあやではない。

In terms of scores, Mao Asada was second at Finlandia Trophy, behind Canada’s Kaetlyn Osmond – and that was mainly due to her rather conservative jumping content in this event, but also to judges being equally conservative when it comes to her components. This is only the beginning of the season, of course, with both content and overall atmosphere of the programs enriching with time and competitions going by, but, even for this early stage, scores in the range of 6’s given by a particular judge for all set of Components – Skating Skills/Transitions/Performance/Composition/Interpretation of the Music – seem totally out of place. Even if not by much, Mao Asada’s PCS were still the highest of all competitors in both the short and the free, but they will clearly need to go up as the season progresses. Otherwise, it will look like only the longtime viewers of figure skating understand, appreciate and value Mao’s artistry, her control over the music and the programs.
得点に関しては、浅田真央はフィンランディア杯で、カナダのケイトリン・オズモンドの後ろで2位だった-そしてそれは主に、この大会での彼女のどちらかと言うと保守的なジャンプの中身の為だが、ジャッジも彼女のコンポーネンツとなると同じように保守的だった。シーズンは始まったばかりで、もちろん、中身と全体的なプログラム両方の雰囲気は、時間と大会が過ぎると共に濃厚になっていくだろうが、この早い舞台でさえ、特定のジャッジにより与えられた6点台の、全コンポーネンツのセット-スケーティング・スキル(スケート技術)/トランジション(繫ぎ)/パフォーマンス(演技)/コンポジション(構成)/インタープリテーション・オブ・ミュージック(音楽の解釈)―は完全に場違いだ。たとえ多く(高得点)でないとしても、浅田真央のPCS(プログラムコンポーネンツスコア)は、ショートとフリー両方で、全ての競技者の中でそれでも一番高いが、それらは明らかにシーズンが進むにつれて上がっていく必要がある。さもなければ、長い間フィギュア・スケートを見てきた人たちだけが真央の芸術性、彼女の音楽とプログラムのコントロールを理解し、高く評価し、尊重するようになるだろう。

And now let me ask you that: 10 years from now, what programs would you re-watch? I’ve already made (at least a part of) my list: Alexei Yagudin’s Winter. Maria Butyrskaya’s Scenes d’Amour. Oksana Grishuk & Evgeni Platov’s Memorial Requiem. Stéphane Lambiel’s Poeta. Marina Anissina & Gwendal Peizerat’s Flamenco. Daisuke Takahashi’s Pagliacci. Tessa Virtue & Scott Moir’s Carmen. Mao Asada’s Nocturne. Nathalie Péchalat & Fabian Bourzat’s The Little Prince and his rose. Carolina Kostner’s Ave Maria. Yuzuru Hanyu’s Ballade no. 1. Gabriella Papadakis & Guillaume Cizeron’s Concerto no. 23.
そして今貴方に尋ねさせて欲しい: 今から10年、どのプログラムを貴方はもう一度見ますか?私は既に(少なくとも部分的な)私のリストを作りました: アレクセイ・ヤグディンのWinter(ウィンター)。マリア・ブッテルスカヤのScenes d’Amour(シーン・ダムール)。オクサナ・グリシュク&エフゲニー・プラトフのMemorial Requiem(メモリアル・レクイエム)。ステファン・ランビエールのPoeta(ポエタ)。マリナ・アニシナ&グウェンダル・ペーゼラのFlamenco(フラメンコ)。高橋大輔のPagliacci(道化師)。テッサ・ヴァーチュー&スコット・モイアーのCarmen(カルメン)。浅田真央のNocturne(ノクターン)。 ナタリー・ペシャラ&ファビアン・ブルザのThe Little Prince and his rose(星の王子さま)。カロリーナ・コストナーのAve Maria(アヴェ・マリア)。羽生結弦のBallade no.1(バラード1番)。ガブリエラ・パパダキス&ギョーム・シゼロンのConcerto no.23(ピアノ協奏曲第23番第2楽章アダージョ)

Mao Asada’s Ritual Fire Dance, in both versions, will be among those. It already is.
浅田真央真央の両方のバージョンのリチュアル・ファイアー・ダンスはそれらの中に入る。それはもう入っている。


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


スケートアメリカまで、あと3日
膝は少しは良くなったかな…?
良い演技は見たいけれど、
今年は絶対に無理をしないで欲しいです。
 

それにしても、トーンさんにとっての
真央ちゃんの1番が「ノクターン」で
大ちゃんの1番が「道化師」だとはちょっと驚いてます。



ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>


ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村