スケート好きのライターである、クレア・クルティエさんが、スケアメの記事を出していました。
その中で真央ちゃんの部分を… いつもより更に上手く出来てないんですが…


https://adivinesport.com/2016/10/27/skate-america-2016-highlights-from-ice-dance-mens-and-ladies/

Skate America 2016: Highlights from Ice Dance, Mens, and Ladies
スケートアメリカ2016: アイスダンス・男子・女子のハイライト

Posted on October 27, 2016 by clairecloutier
2016年10月27日 クレア・クルティエ

Since I attended Skate America in person, I thought I’d share some of my personal highlights/impressions from ladies, men, and ice dance. No scoring analysis here; just some opinions, based on seeing the competition live!
個人的にスケート・アメリカに参加したので、女子・男子・アイスダンスから、いくつかの個人的なハイライト/印象を共有したいと考えました。ここでは点数の分析はありません; 単に大会を生で見たことを基にしたいくつかの意見です。

Ladies
女子

The ladies event was particularly interesting because it featured three of my favorite skaters: Mao Asada, Gracie Gold, and Ashley Wagner. What a treat to see all three of these ladies in one event. And with Skate America being a much smaller competition than Worlds, I felt like I could really focus on them more here than I could in Boston at Worlds.
女子の大会は特に面白かった、なぜならそれが3人の私の大好きなスケーター: 浅田真央、グレーシー・ゴールド、アシュリー・ワグナーを目玉としていたからだ。1つの大会でその3人全員を見られることは何という喜びだろう。そしてスケート・アメリカは世界選手権に比べたら、かなり小さい大会であるのに、私はボストンでの世界選手権より、ここでの方がもっと彼女たちに集中できた感じがした。

As at Worlds, Mao Asada was the highlight of the ladies’ event for me. It’s not an overstatement to say that I savored every moment of watching her practice and compete in Chicago. Now in the twilight of her career, I know we don’t have much longer to enjoy Mao’s presence on competitive ice, so it was special to see her in what could be her last competition in the U.S. (unless she’s assigned to Skate America next year).
世界選手権では、浅田真央は私にとって女子大会のハイライト(目玉)だった。これは誇張で言っているのではなく、私はシカゴで、彼女の練習と戦いを見る各瞬間を楽しんだ。女のキャリアの黄昏の現在、私たちは競技の氷の上で真央の存在を楽しむのは長くないと知っている、だから、彼女のアメリカでの最後の戦い(彼女が来年のスケアメにアサインされない限り)を見るのは特別な事だった。

Mao almost transcends competition at this point. She is figure skating, in many ways–for me. Her flow and glide on the ice, the light touch of her blades, her inherent gracefulness, her restraint and yet maximization of each position she holds—all these are rare qualities in ladies’ skating these days. I struggle for words to express what her skating means to me. One of the highlights of the whole event was watching Mao’s long program practice the first day. She just marked her jumps, but the program was stunning. The moment when she hit her spiral was just so beautiful. And her step sequence was musical, so satisfying. I hurried to the arena without coffee(!!) on Sunday morning just to enjoy her skating one more time.
真央はこの時点では、ほぼ競技会の限界を超越している。彼女は、私にとっていろいろな意味で、“フィギュア・スケート”だ。氷の上の彼女の流れ、滑走、彼女のブレードの軽いタッチ、彼女本来の優美さ、彼女がホールドする(保つ)各ポジションの抑制と更には最大化-それらすべてが、最近の女子スケートには稀なクォリティ(質)だ。彼女のスケートが私に意味するものを伝える言葉探しに苦悶している。大会全体のハイライトの一つは、真央のロングプログラムの練習を初日に見たことだった。彼女はジャンプをマークするだけだったが、プログラムはぼーっとするほど美しかった。彼女がスパイラルを成功させたときは、ただとても美しかった。そして彼女のステップシークエンスは音楽的で、とても満足のいくものだった。土曜日の朝、私はもう一度彼女のスケーティングを楽しむために、コーヒー無し(!!)にアリーナに急いだ。

mao-asada-practice
Mao in practice at Skate America:  Simple, beautiful  (Harry How/Getty Images North America)
スケート・アメリカで練習中の真央: シンプルで美しい

Unfortunately, Mao did struggle a lot with the jumps in her competitive programs at Skate America. It made me sad, as her skating is so wonderful in other ways. There is much speculation, but no real confirmation, that she’s suffering from knee and/or back problems and isn’t able to do as many run-throughs as she wants. The reality is that if Mao can’t do the triple Axel or a reliable triple/triple in the short program, she will be buried every time, as she was here. I saw her land a number of 3F/3Lps in practice, so clearly she can do this combination. But in competition, she backs off to the safer 3F/2Lp. I understand, but the cold fact is that she just isn’t competitive technically with the 3F/2Lp. I don’t know what the answer is, but she’ll have to find one, or *face competitive irrelevancy. Perhaps due to worry over this technical issue, I felt that Mao was a bit restrained in her competitive SP in Chicago. It was lovely, but to me, it didn’t have quite the freedom it did in practice or at Finlandia.
残念ながら、スケートカナダの競技プログラムで、真央はジャンプにかなり苦闘していた。彼女のスケートは他の面ではとても素晴らしいので、それは私を悲しくさせた。彼女が膝と背中の問題に苦しんで、彼女が思う通りの、たくさんのランスルー(通し稽古)が出来ないでいるとの、たくさんの憶測があるが、現実の確認は無い。現実は、もし真央がトリプル・アクセル、あるいはトリプル/トリプルをショート・プログラムで出来ないとなると、彼女は毎回葬られるだろう、彼女はここにいたとしても。 彼女は毎回埋もれてしまうだろう、今大会でそうだったように <(_ _)> 私は彼女が何度も3F(トリプル・フリップ)/3L(トリプル・ループ)を着氷するのを見た、とてもクリアーに、彼女はこのコンビネーションが出来る。 だから明らかに彼女はこのコンビネーションが出来るのだ。<(_ _)> でも大会では、彼女は安全な3F(トリプル・フリップ)/2L(ダブル・ループ)に後戻りしてしまう。冷徹な事実は、3F/2Lでは技術的に彼女は競合的ではないと、私は理解している。 それ(安全な3F/2Lを選ぶ気持ち)は理解できる、だが冷徹な事実だが、3F/2Lでは技術的な競争力がないのだ。<(_ _)>  私には答えがわからないが、彼女は答えを見つけるか、あるいは、競争の見当違いに直面しなくてはならない。(?) 私には(技術的な課題に対する)解決策がわからないが、彼女は策を見つけなくてはならない。さもなければ彼女は*上位争いに食い込めなくなるだろう。<(_ _)>  恐らくこの技術問題の心配のためだろうが、シカゴでのSPで真央は少し抑制されたと感じている。それは愛らしかったが、私にとっては、練習やフィンランディアでやったようなかなりの自由さは無かった。
*face competitive irrelavancy= 競争への無関係に直面する、すなわち競争に関われなくなることを示していると思います。 <(_ _)>
Mao also struggled with jumps in her LP, but this program is so beautiful and exciting to me that I didn’t even care. It’s my favorite-ever program from Mao. The music, choreography, and costume are all gorgeous and just an amazing showcase for her talent. I loved every moment of the LP, and especially of course, the stunning step sequence at the end—just so much better, more original, and better performed, than any ladies’ step sequence in recent memory. As Jackie Wong said on Twitter, I would love to watch Mao do 4 minutes of nothing but step sequences (if she could manage it). She is the queen of the step sequence, surely one of the best ever at this element.
真央はLP(ロング・プログラム)でもジャンプに苦闘しているが、このプログラムはとても美しく、私にはエキサイティングだから、私は(ジャンプについて)気にさえしなかった。それは真央の、私史上大好きなプログラムだ。音楽、振り付け、そして衣装、全てがゴージャス(華麗)で、彼女の才能を披露する、正に途方もない場となっている。私はLPの全瞬間を愛した、特に、もちろん、終局のうっとりするようなステップ・シークエンス-最近の記憶でどんな女子のステップ・シークエンスより、正にかなり良くて、もっと独創的で、より良く演じられていた。ジャッキー・ウォン氏がツイッターで言ったように、私は真央がステップ・シークエンスだけをする4分間をぜひ見たい(もし彼女が出来るのならば)。彼女はステップ・シークエンスの女王で、確実にこの要素に於いて、史上最高の一人。
mao-asada-long-program

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆

同じ文章の中で、日本が誇るダンス・カップルについても言及があったので、ご紹介しておきます。

Of the lower-ranked dance couples at Skate America, I probably liked Muramoto/Reed the most. This team is sort of the opposite of Guignard/Fabbri. Chris is the strong, quiet partner here, providing power and a nice frame for the team. Kana, quite a bit shorter than him, reminds me of a delicate, lovely flower; your eye goes to her, and you wait to see what she will do next. I enjoyed Muramoto/Reed’s Poeta FD. This team’s more traditional look works for them.
スケート・アメリカの下位ランクのダンスカップルの中では、私は恐らく、村元/リード組が一番好きだ。このチームはある意味、ギニャール/ファッブリの対局だ。クリスが強くて、静かなパートナーで、チームに力と素晴らしい骨格を供給する。静かで、彼に比べて少し背の低い哉中は、繊細な愛らしい花を思い起こす; あなたの目は彼女に行き、彼女が次に何をするのかを見るのを待つ。私は村元/リードのFD(フリー・ダンス)のポエタを楽しんだ。このチームのより伝統的な外見(装い)は、彼らに似合っている。
muramoto-reed


真央ちゃんの美しさ、真央ちゃんの存在の貴重さがわからない奴ら、
罰が当たりますように!




ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>
いちフィギュア好きさん お教えくださってありがとうございました。m(_ _)m


ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村