スケート・アメリカの、女子のSPが終わった時点で、
アイスネットワークが「アイス・デスク」という
独自の解説番組をやっていた動画(17分強)の一部で、
真央ちゃんについて語られていた所だけ…

短いですが、タニス・ベルビン・ホワイトさんとジョン・コフリンさんが
とても嬉しいことを言ってくれています。


動画はこちら↓ から(CMを強制的に見せられた後始まります)
icenetwork ice desk
T: タニス・ベルビン・ホワイト(左端) J: ジョン・コフリン(右から2番目)

4:02~4:50

4:02  T: And someone else whom we cannot go on without mentioning three time World champion,
     Olympic silver medalist Mao Asada. Here she is kicking off her grand prix series.
     John, what are you expecting to see from Mao here?
     そして、私たちが言及すること無しに続けることが出来ない他の誰かは、
     3度の世界チャンピオンで、オリンピックの銀メダリストの浅田真央です。
     彼女はここで彼女のグランプリ・シリーズをはじめます。
     ジョン、貴方は何をここで真央から見ることを期待していますか?

4:14  J: I expect to see what we will come to expect from Mao which is that the quiet presence
     that commands your attention on the ice. I think she earn the delights to be a contender
     in any event which she enters. She has technical content to spare. She might be
     toning her program down from triple axels and triple-triples but there’s so many things,
     intangibles about her skating that really set her apart from the field.
     僕が真央から期待して見るものは、氷の上であなた方の注目を支配する、静かな存在感です。
     彼女は彼女が出るどんな大会でも、(彼女の)競争相手であることの喜びをもたらしていると
     僕は思います。彼女は技術的な内容の余地があります。彼女はトリプル・アクセルと
     トリプル-トリプルのプログラムからはトーンダウン(落と)しているかもしれないけど、
     彼女のスケートについてはとてもたくさんのもの、無形財産があり、それは本当に
     彼女を競争の場で際立たせます。

4:39  T: Absolutely, she certainly sets a high standard at any event that she compete.
     And we’ll see Mao, Ashley, Gracie and many, many more in just few moments……
     その通りです、彼女は間違いなく彼女が戦うどんな大会でも高水準を設定します。
     そして私たちは、真央、アシュリー、グレーシー、他たくさん、たくさんをもうすぐ
     見る事になります…


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


タニスのことは2013年のスケアメで、大ちゃんにインタビューをしていた時に、
必死で頑張って英語をしゃべっている大ちゃんに対して、
一生懸命に聞きとろうとしたり、助け舟出したり、最後に励ましていたのを見て、
「タニスっていい人だな」とそれ以来思っていました。
その模様はこちらで↓
https://www.youtube.com/watch?v=DpPEmcD2MXc

そのタニスが、真央ちゃんに対して、とても短いですが、
的確で素晴らしいことを言ってくれているのがとてもうれしいです。

コフリンさんの褒め言葉も、ありがたいとさえ思ってしまいます。



ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>



ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村