アイスネットワークに載った、未来ちゃんのインタビューです。
キムチヨナ好きの元シカゴ・トリビューンのフィリップ・ハーシュの記事ですが、
結構良かった。

ますます未来ちゃんが好きになってしまいました!


ところどころ変ですが、日本語能力を駆使して読みこなしてください<(_ _)>
間違いがありましたらご指摘くださいますようお願いしますm(_ _)m
http://www.icenetwork.com/news/2017/01/17/213697090

Nagasu finds desperately needed oasis in Colorado
長洲は死に物狂いで必要としたオアシスをコロラドに見つけた
Well-traveled skater arrives in Kansas City with fortunes on the upswing
とても旅慣れたスケーターが、上向きの運と共にカンザス・シティに到着

Posted 1/17/17 by Philip Hersh, special to icenetwork
nagasu
Moving to Colorado Springs has done wonders for Mirai Nagasu's skating, but more important than that -- it has allowed the Southern California native to lead a more well-rounded life. -Getty Images
コロラド・スプリングスへの移動は長洲未来のスケーティングに奇跡を起こしたが、それよりもっと重要な事は--南カリフォルニア生まれをより多彩な人生へ導くことを可能にしたこと


The connection had only audio, but you still could see Mirai Nagasu smiling during a media teleconference last week.
先週のメディアの電話会議で、回線は音声のみではあったが、それでも長洲未来の笑顔は見えた。

Both the tone of her voice and the content of her answers transmitted an image of happiness.
彼女の声の調子と答えの中身は、喜びのイメージを伝達した。

It was an emotion that long had been muted publicly in Nagasu, making the sound of it the most pleasant of surprises, especially since her Grand Prix results this season would not seem a cause for joy.
公には長く沈黙をしていた長洲の内なる感情は、彼女の今季のグランプリ(シリーズ)の結果が喜びの原因とは思えないので、驚きへの最大の喜びの音を発していた。

"This is the first time in a couple years I'm actually really excited to go to nationals and show everyone what I am practicing and what I am capable of," Nagasu told the media on the call.
“私は全米に行って皆さんに私が練習しているもの、私がどれくらい出来るかをお見せすることに、実際本当に興奮しています、これはこの2年間で初めてのことです”と長洲は電話でメディアに告げた。

At age 23 -- yes, still only 23 and about to make a 10th straight appearance in the senior division at the U.S. Figure Skating Championships -- it felt as if the 13-year-old version of Mirai Nagasu was with us again.
23歳で--そう、まだたったの23歳で、全米フィギュア・スケート選手権のシニア部門に10年連続で出場しようとしている--それは13歳版の長洲未来がもう一度我々と一緒にいたような感じだった。

That is the Nagasu who charmed everyone with not only her insouciance but also her skating after becoming the out-of-nowhere upset winner of the junior ladies title at the 2007 U.S. Championships.
2007年の全米選手権の女子ジュニアのタイトルでいきなり意外な勝者になった後、彼女ののんきさだけじゃなく、スケーティングでもみんなを魅惑したのは長洲だった。

Who could resist the story Nagasu told then about sleeping on a cot in a storage room at her parents' sushi restaurant until its closing time? Who wasn't later captivated by her unaffected, stream-of-consciousness ramblings at an official pre-competition press conference at the 2010 Olympic Winter Games?
当時長洲が、両親の寿司レストランの閉店時間まで物置の簡易ベッドで眠っていたという物語に抵抗出来た者はいるのか?2010年冬季オリンピック大会の試合前の公式記者会見での彼女の気取らない、意識の流れのとりとめのなさに魅了されなかった者はいるのか?

As I wrote that day in Vancouver:
バンクーバーでその日私が書いたように:

"Three forces of nature blew into the area late last week.
“先週末3つの自然の力が、(オリンピックの)地域にひょっこりやって来た”

"Rain, snow and Mirai Nagasu."
“雨、雪、そして長洲未来”

Nagasu would finish fourth at those Olympics. At 16, the sun seemed ready to shine on her for years to come.
長洲はそのオリンピックで4位で終わるだろう。16歳で、太陽はその先何年も彼女の上で輝く準備が出来ていたように思えた。

That forecast was wrong.
その予測は間違っていた。
 --

Nagasu would have to weather one setback after another, one poor result after another, and then the disheartening aftermath of pulling it together, only to be left off the 2014 Olympic team. Nagasu finished third at the 2014 U.S. Championships, one place ahead of Ashley Wagner, but the selection criteria in place justified U.S. Figure Skating's decision to give Wagner the third Olympic spot.
長洲は次から次へと挫折して、次から次へとみじめな結果を凌がなければならなかった、そして気落ちした結果(余波)のかき集めは、2014のオリンピック・チームから外されただけだった。長洲は2014年の全米選手権で、アシュリー・ワグナーより1つ順位が前の3位で終わったが、USフィギュア・スケーティング(スケートアメリカ)の順位選択基準は、第3のオリンピック・スポット(地位)をワグナーに与える決断を正当化した。

"I don't think there was a moment when I can say I was over that," Nagasu said in a one-on-one interview after the conference call last week. "I think it's like breaking up with someone: You eventually just move on and realize there is no point in lamenting the past."
“私はそれを乗り越えたと言えるときは無かったと思います”先週の電話会議の後、1対1のインタビューで言った。”それは誰かと別れたようなものだと思います: 徐々に動き出して、過去を嘆いても無駄だと解かるのです”

Yet Nagasu's once high spirits would become so dampened that in the post-2014 Olympic season, when she skated to music from Madame Butterfly, she darkly likened her story to that of the most tragic heroine in the operatic literature.
まだ長洲のかつての上機嫌はとても勢いを失って、2014オリンピック・シーズン後、彼女がマダム・バタフライ(蝶々夫人)の音楽に合わせてスケートした時、彼女は暗く、オペラ文学の中の最も悲劇的なヒロインに、彼女の物語をなぞらえた。

In the past, Nagasu often had been highly self-critical, but she insisted those assessments owed mainly to a sarcastic sense of humor that made it easy to misinterpret her words. In talking about Butterfly, she was dead serious in saying at 2014 Skate America, "I feel like the worst has happened to me, so what better person to skate to Madame Butterfly than me?"
過去長洲はしばしばかなり自己批判的であったが、彼女はそれらの評価は主に皮肉的なユーモアで、それは彼女の言葉を誤解させやすかったと主張した。バタフライについての話で、2014年のスケート・アメリカで彼女は大真面目に、”私には最悪なことが起こったと感じています、だから私よりマダム・バタフライを滑った方がいい人はいるかしら?”

"I think it's natural for any athlete to be hard on themselves," Nagasu said last week. "I can really relate to stories that have gone wrong."
“どんなアスリートも自分に厳しいのは自然なことだと思います”と先週長洲は言った。
“私は間違っていってしまった話と本当に心が通じあえるんです”

Not long before that 2014-15 season, Nagasu began an effort to rewrite her story by leaving her parents' home in north suburban Los Angeles and moving to Colorado Springs to train with Tom Zakrajsek. It was a move she waited to make until her parents were comfortable with it.
2014-2015シーズンが間もない頃、長洲はロサンジェルスの北の郊外の両親の家を離れ、コロラド・スプリングスに移って、トム・ザカライセックとトレーニングすることにより、彼女の物語を書き変える努力を始めた。それは彼女の両親がそれを苦痛の無いようにさせるまで待っていた移動だった。

"My mom wanted me to stay at home until 18, and the financial situation we had didn't give us the ability to move with my mom," Nagasu said. "I understand and respect the decision my parents made. They have made me who I am."
“母は私が18歳まで家にいて欲しいと思っていたし、我が家の財政状態も私がママと一緒に移る能力を与えてはくれませんでした”と長洲は言った。“私は両親の決断を理解していたし、尊重もしていました。彼らが私自身を作ってくれました”

Both her parents work in the family restaurant. Her mother, Ikuko, now in her mid-50s, was diagnosed with thyroid cancer in 2009. The cancer now is in total remission, Mirai said.
彼女の両親は家族(経営)のレストランで働いている。彼女の母、イクコは今50代半ばで、2009年に甲状腺ガンと診断された。ガンは現在完全に寛解(状態)だと未来は言った。

"We're so lucky she is still with us," Mirai added.
“彼女がまだ私たちといて、私達はとてもラッキーです”と未来は付け加えた。

Being in Colorado Springs has not miraculously transformed Nagasu into the skater it seemed she was destined to become after she followed the junior victory in 2007 by winning the U.S. senior title the following year at age 14 -- making her the second-youngest female U.S. singles champion in history, after Tara Lipinski.
But it has put Nagasu in a better place -- literally.
コロラド・スプリングスにいることで、驚異的に変容したスケーターの長洲にはなっていないが、2007年にジュニアで勝利し、翌年14歳で全米シニアを勝利することにより 彼女をタラ・リピンスキーに続いて史上2番目に若い全米女子シングルのチャンピオンにした後、そうなるように彼女は運命づけられたように見える。
(運命は)長洲をいい場所に置いた--文字通り。

When she lived in California, Nagasu often spent three or more hours in the car, on the Los Angeles' area's congested freeways, getting to and from practices. Her longest trips in Colorado Springs are about 20 minutes, giving her time for a life outside skating, which now includes college, a boyfriend and three dogs: Lincoln, 3, a Pugalier (mix of Pug and Cavalier King Charles Spaniel); Liberty, 1, an Australian Shepherd; and Lexi, six months, a Siberian Husky.
カリフォルニアで暮らしていた時は、長洲はしばしば3時間あるいはそれ以上を、練習の行き返りに、ロサンジェルス・エリアの渋滞したフリーウェーの上の車の中で過ごした。コロラド・スプリングスの彼女の最長の旅は約20分で、彼女にスケート以外の人生の時間を与えている、それは現在、大学、ボーイフレンド、3匹の犬: リンカーン 3歳 パガリアー(パグとキャバリアー・キング・チャールズ・スパニエルのミックス); リバティ 1歳 オーストラリア・シェパード; レキシー 6か月 シベリアン・ハスキー を含む。

"It took me a while to get to this point, but I am happy that I made it," she said.
She is in her sophomore year at the University of Colorado Colorado Springs, where her academic curiosity has been fully piqued. Last semester, she took calculus, accounting, statistics and business law, and was disappointed that her grades included two B's with her two A's. Next semester, she will tackle chemistry.
“ここまで来るのにしばらくかかりましたが、達成したことをうれしく思っています”と彼女は言った。彼女はコロラド・スプリングスのコロラド大学の2年生で、彼女のアカデミック(学問的)な興味は十分に刺激されている。先学期彼女は微分積分の計算法、会計、統計、ビジネス法を取り、成績が2つのAと2つのBを含んでいたことにがっかりした。次の学期、彼女は化学に取り込む。

At the 2010 Olympics, she marveled that teammate Rachael Flatt, then a high school senior who went on to a Stanford degree in biology, was taking four AP classes. "I'm more of an artsy-crafty person," Nagasu said.
That was then.
2010年のオリンピックで、彼女はチーム・メイトのレイチェル・フラット(後にスタンフォードのバイオロジー(生物学)の学位に進んだ)が、当時高校の最高学年で、4つのAP(特進)クラスを取っていたことに驚嘆した。“私はもう少し芸術家気取りです”と長洲は言った。
昔は昔。

"In my early 20s, I felt like I was looking for and needed more," Nagasu said of her varied academic interests.
“20歳の始めのころ、私は探してもっと必要としていたように感じます”と長洲は彼女の様々な学術的な興味について言った。

School also has provided a healthy counterbalance to skating -- and vice versa. It has allowed Nagasu to cope better with a career that maps out like a sidelong view of a mountain range.
学校も健康的な釣り合いを提供した スケートと--そしてその逆も。それは長洲に山からの視点のように精密に計画する(?)、もっとよいキャリアとの関係を可能にした。

 --

Building off her performance at the 2010 Olympics, where she was the top U.S. female singles finisher, Nagusu won the short program at the ensuing world championships only to come undone in the free skate, finishing a lowly 11th to drop her off the podium.
彼女がアメリカ女子シングルのトップで終わった2010年のオリンピックで彼女の演技を作り直し、長洲は続く世界選手権のショート・プログラムで勝利し、フリー・スケートで失敗しただけで、平凡な11位で終わり表彰台から落ちた。

There was a similar (if less total) unraveling at the 2011 U.S. Championships, where she won the short program but gave a lackluster performance in the free skate. Nagasu wound up third overall, with only the top two making the world team.
2011年の全米選手権でも、彼女がショート・プログラムで勝ったがフリー・スケートで精彩の無い演技をした同様の(トータルは少ないが)分析があった。長洲は総合で3位で締めくくり、トップの2人だけがワールド・チーム(世界選手権への出場)になった。

She placed seventh at each of the next two U.S. championships, bouncing from one coach to another in those years. She arrived at the 2014 U.S. Championships in Boston with no primary coach at all, having spent some of the preparation time with coaches in Japan. Somehow, despite all that instability, Nagasu was third in both phases of the competition, bringing the crowd to its feet as her free skate ended.
And then, still feeling the hurt of not making the Olympic team, she experienced a stunning drop to 10th at the 2015 U.S. Championships.
次の2つの全米選手権では、彼女はそれぞれ7位になった、その頃コーチを次から次へと首にして。彼女は2014年のボストンでの全米選手権に、メインコーチ無しに到着した、事前のいくらかの練習時間を日本のコーチと過ごして。全ての不安定さにも拘わらず、何とか長洲は大会の両方の局面(SP/FS)で3位で、彼女のフリー・スケートが終わると観衆を立ち上がらせた。そしてそれから、まだオリンピックチームになれなかった事に傷ついた感情で、2015年の全米選手権で彼女は衝撃的な10位への落下を経験した。

Her fourth-place showing last season got Nagasu back to worlds (where she finished 10th) for the first time since 2010, after Polina Edmunds withdrew with an injury. She confessed that earning the spot the way she did was not what she wanted but still wears her 2016 world team jacket with pride.
昨シーズン彼女の(全米)4位は、ポリーナ・エドムンズがケガのため棄権し、長洲を2010年以来初めて彼女を世界選手権に戻した(10位で終わった)。(世界選手権の)地位を得た方法は彼女が望んだものではなかったが、それでもプライドを持って2016年のワールド・チームのジャケットを着ると彼女は告白した。 

Ask her which U.S. championships brings back the best memories, and you get a typical Nagasu answer -- honest and bittersweet.
どの全米選手権が最良の思い出になっているかと彼女に尋ねたら、君は長洲の典型的な答えを得る--正直でほろ苦い。

"Definitely Spokane, Washington (2007), as a junior," she said. "It was all so new and so exciting. I was just so excited to miss that much school and to skate that well."
“間違いなくワシントンのスポーケン(2007年)、ジュニアとして”と彼女は言った。“すべてがとても新鮮でとてもエキサイティングでした、私は学校をあんなに休んでそれだけスケートをすることにただとても興奮しました”

That she still wants more a decade later is evident in Nagasu's attempt to master the triple axel at an age few skaters would risk trying a new jump, let alone the most difficult one done by women. Zakrajsek has posted videos of Nagasu landing them in practice, and she intends to practice them in Kansas City, but she will not decide until the 11th hour if she will put it in a program this week.
新しいジャンプを試みるリスクを冒すスケーターは少ないのに、ましてや女子がするのは最も難しいのに、この年で10年後もまだ彼女がトリプル・アクセルを習得しようしていることは長洲がもっと望んでいるという証拠だ。

Whether she even needs it is another question, as her recent results have been encouraging. She skated a personal-best short program at the Autumn Classic International last fall, with a score (73.40) that ranks fifth in the world this season. Her best total score came last season in a silver medal-winning performance at the Four Continents Championships -- her first medal at an ISU championship since a bronze at that same event in 2011 and just the second of her senior career. She has not won a Grand Prix Series medal since 2013.
彼女の最近の結果は促進しているので、彼女がそれ(3A) を必要としているかは、別の問題だ。昨秋彼女はオータム・クラシックで、パーソナル・ベストのショート・プログラムを滑り、今季の世界5位のランクの得点(73.40)をした。彼女の最高の合計得点は昨シーズンの四大陸選手権の銀メダルを獲得した演技で出た--2011年の同じ大会で銅メダルを獲って以来初のISU選手権でのメダルで、彼女のシニアキャリアで2番目(のメダル)だ。彼女は2013年以来グランプリ・シリーズのメダルを獲得していない。

"I think I would be bored if I were winning all the time, even though it would be nice," Nagasu said with a laugh. "And I would love to be medaling all the time, but then I wouldn't be who I am today. I think I have learned to take losses like a champion, and I'm proud of that."
“もし私がいつも勝っていたら、それが素晴らしいことであっても飽きてしまっていたと思います”と笑いながら長洲は言った。“そしてメダルを掛けることはいつでも喜ばしいけど、今日(現在)の私ではなかったでしょう。私はチャンピオン(戦士)のように失う(負ける)ことを学んだと思いますし、それを誇りに思っています”



☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆



今日の練習では3Aはやらなかったようですが、
3Aをやる・やらないは別として、
何とかワールドのチケットを掴む素晴らしい演技が出来るように願っています。

未来ちゃんの美しい滑り
ちゃんと認められて欲しい!




ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>


ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村