アイスネットワークが、ヴァシリエフスくんのインタビューをあげてくれていました。

ヴァシリエフスくんのことは、自分でもびっくりするほど短期間でファンになっています。


間違いがあったらご指摘ください。m(_ _)m


Vasiljevs endearing himself to fans worldwide
ヴァシリエフスは世界中のファンに愛されている
17-year-old captivating audiences with
immense talent, radiant personality
17歳は計り知れない才能、光を放つ個性で観客の心を奪う

Posted 1/27/17 by Jean-Christophe Berlot, special to icenetwork
ヴァシリエフスくん
Just 17 years old, Latvian skater Deniss Vasiljevs has captivated figure skating fans around the world. -Getty Images
ラトビアのスケーター、デニス・ヴァシリエフスは17歳で、世界中のフィギュア・スケートファンの心を魅了した

Now training in Switzerland with Stéphane Lambiel, Latvia's Deniss Vasiljevs is rapidly making a name for himself in the senior ranks. In just his second season, and one year removed from finishing 12th at last year's European championships, Vasiljevs increased his notoriety by delivering a rousing short program at the 2017 European Figure Skating Championships.
現在スイスでステファン・ランビエールとトレーニングしている、ラトビアのデニス・ヴァシリエフスは急速にシニアランクで名を揚げている。彼の2年目、昨年のヨーロッパ選手権の12位フィニッシュから1年を除いて、ヴァシリエフスは2017年ヨーロッパ選手権で感動的なショート・プログラムをすることにより、彼の悪名(評判)を上げた。

In his own unconventional way, the 17-year-old was kind enough to spend some time with icenetwork to discuss his career and the way he continues to develop.
彼自身の型にはまらない風で、17歳は彼のキャリアと彼の進化を続ける方法を、親切にもしばらくの時間アイスネットワークと話し合う為に費やしてくれた。

Icenetwork: How did you choose the music for your program, which suited you so well during your short at the European championships?
アイスネットワーク: ヨーロッパ選手権のショートのプログラムの音楽は君にとても似合っていたけど、どのように選んだの?

Vasiljevs: It was Stéphane's idea. I love rock music, and I like to express myself, but we decided that I would express myself even more with rock 'n' roll. It's more personal to me. "Voodoo Child" is something different -- very rhythmical and unusual. We tried it on the ice, and it was clear to both of us that I would skate to it.
ヴァシリエフス: これはステファンのアイデアだったんだ。僕はロックミュージックが大好きで、僕は自分自身を表現することも好きで、僕はロックンロールだったらもっと自分自身を表現できるだろうと、僕たちは決めたんだ。僕にとってはより自分的なものになった。“ブードゥー・チャイルド”は何か違って--とてもリズミカルで風変り。僕たちはこれを氷の上で試してみて、そして僕がこれを滑るだろうというのは、僕たち両方ともに明らかな事だった。

At the same time, I had never performed to rock music before, so it was a huge step forward for me, trying to take something different. I took the risk, because I loved the piece and it was different.
それと同時に、僕は以前にロックミュージックを演じたことが無くて、だからこれは僕にとって、何か違うことを試すという、とても大きな前進だったんだ。僕はリスクを取った、だって僕はこの曲が大好きで、これは(他と)違うから。

My musical tastes are evolving. I used to listen to either rock or classical music. Now, I'm listening to more peaceful, yet powerful, things, like the Yoshida Brothers. I'm trying to show my own musical choice, moving very freely and trying to be strong in my body.
僕の音楽の趣味は進化しているんだ。僕はかつてロックかクラシック音楽のどちらかを聞いていたんだ。今僕はもっと穏やかでしかも力強い、吉田兄弟みたいなものを聞いてます。僕自身の、とても自由に動けて、身体が力強くなるような音楽の選択を見せようとしているんだ。

Icenetwork: What would be your dream program?
アイスネットワーク: 君の夢のプログラムはどのようなもの?

Vasiljevs: Let me do two quads in my short, a triple axel and all Level 4 elements in a program that will raise the applause and enthusiasm of the audience. That's what I'm here to learn. I want to be the best. I'm a very easy person, as you can see. I want nothing but the best.
ヴァシリエフス: ショートで2つのクワドをして、トリプル・アクセルと、プログラムの中のエレメント(要素)が全部レベル4になって、喝采が湧き上がって観客が熱狂する。だから僕はここで学んでいるんだ。僕は最高になりたい。僕は見てわかるとおり、とてものんきな人間なんだ。僕はただ最高になりたい。

In all seriousness, I try to become better and better and to win myself. I hope to stay with that motivation to do everything perfect and become someone. I love training with Stéphane for that reason: He pushes me and motivates me to do the best. That's exactly what I am looking for.
真剣に、僕は自分自身に勝って、もっと良く、もっと良くなろうとしてます。僕はこのやる気を持ち続けて、全てのことを完璧にやる人になりたいと願っています。そういった理由から、僕はステファンとのトレーニングが大好き: 彼はベストを尽くすよう、僕を突き動かして、やる気を起こさせてくれます。それがまさしく僕が求めているものです。

Icenetwork: You obviously give a lot of attention to your jumps but also to every step of your program. How do you balance your training between the various dimensions of your skating?
アイスネットワーク: 君は明らかにジャンプにたくさんの注意を払っているわね、でも君のプログラムのステップにもね。君のスケートの様々な面のトレーニングのバランスはどうしているのかな?

Vasiljevs: I love both jumping and the freedom of skating. Actually, I believe skating is much more difficult than jumping, at least in my opinion. You have to feel the movement and understand how it works. It's hard to train. Designing a single step sequence requires that you work on a maximum curve, with a precise inclination of your body and at high speed. It will be much harder than learning a jump, I believe. Everybody focuses on jumps, but there is a lot more.
ヴァシリエフス: 僕はジャンプと自由なスケートの両方とも大好きです。実際、僕はスケーテインングはジャンプより、かなり難しいと思ってて、少なくとも僕の意見として。動きを感じて、それがどのように作用するのかを理解しないといけない。トレーニングは大変です。一つのステップシークエンスを表すのには、正確な体の傾きと高速のスピードのある最大のカーブをする必要がある。それはジャンプを習うよりかなり難しいと僕は思う。みんなジャンプに焦点を当てているけど、もっとたくさん(すべき事は)ある。

Since I've been practicing with Stéphane, I've been more curious about figure skating as a whole, and I've tried to work more on the little details. I've worked a lot on how to make steps and spins as perfect as possible. I'm glad it showed.
僕はステファンと練習をして以来、僕はもっとフィギュア・スケート全体に好奇心がわいて、小さな細かい点についても、もっと作業しようとしてます。どうやって出来る限り完璧にステップをするか、スピンをするかについて、たくさん作業してます。

Icenetwork: You seem to be quite interested in footwork. Is there a particular reason for this?
アイスネットワーク: 君はフットワークにかなり興味があるように見えるね。それについて何か特別な理由はあるの?

Vasiljevs: Absolutely. When I was young (Vasiljevs turned 17 last August), I started developing my own step sequences. I have defined nine combinations of turns, which could lead to a Level 4 step sequence. At home (in Switzerland, where he trains), we may spend some complete practice sessions working only on steps. I realized after practicing that it enhanced my skating skills at the same time.
ヴァシリエフス: もちろん。僕は若い時(ヴァシリエフスは8月に17歳になったばかりだ)に、僕自身のステップシークエンスの開発を始めました。僕は9つのターンのコンピネーションを明確にして、それがレベル4のステップシークエンスにつなげることができました。家(彼がトレーニングをしているスイス)では、僕たちはステップだけの完璧な練習時間を費やしてもいいんです。練習後にそれが同時に僕のスケート技術を向上させていることに気づきました。

Icenetwork: Where did that interest come from?
アイスネットワーク: その興味はどこからくるの?

Vasiljevs: When I was a junior, I was not such a great jumper. I was making mistakes most of the time. I won points mostly because I was skating better than anyone else. My strong side is that I love to skate and I love to perform.
ヴァシリエフス: 僕がジュニアだったとき、僕は素晴らしいジャンパーではなかった。僕は殆どの時間ミスをしていた。僕が得点していたのは、主に他の人よりスケートを上手くすべっていたから。僕の長所はスケートが大好きで、演じることが大好きな所。

Icenetwork: You land a very pure triple axel and strong combinations. Are quads on the horizon?
アイスネットワーク: 君はとても純粋なトリプル・アクセルと強力なコンビネーションを着氷したね。クワドはもうすぐになりつつある?

Vasiljevs: They are in the process, and I'm learning them. They are coming. Once they are stable, you'll see them at each competition. You know, when I like something, I feel so attached and addicted to it that I can't get rid of it. It's like Swiss cheese: I would eat some all day long, but my coach doesn't let me. He says I need to learn moderation.
ヴァシリエフス: それは進行中で、習っています。もうすぐです。それが安定したら、各試合で見るようになりますよ。僕は何かを好きになった時は、とても傾倒した感じで、中毒のようになって、取り除けなくなる。スイスチーズみたい: 僕は一日中食べていたいけど、コーチがそうさせてくれない。彼は僕はほどほどを学ぶ必要があると言っています。

In fact, I should be happy with what I get. As a junior, I sometimes had the feeling that you needed to be Asian to skate in the last warmup group. They were amazing. Now I am skating at the Europeans, and I'm not a junior anymore. Nonetheless, I'll be happy to skate in the last group Saturday.
事実、僕は自分が持っているものを喜ぶべきです。ジュニアだったとき僕は時々、最終グループでスケートしたいならアジア人になる必要があると感じていました。彼らは途方もなかった。今僕はヨーロッパ選手権でスケートしているし、僕はジュニアではもうない。でも僕は土曜日に最終グループでスケートすることを喜んでる。

Icenetwork: The audience already took notice of your performing abilities in Boston at the 2016 World Championships. What is it about your style that appeals to the audience?
アイスネットワーク: 観客は既にボストン世界選手権2016での君の演技能力に注目しているよ。君が観客にアピールするスタイルはどんなもの?

Vasiljevs: Skating is a good part of my life. No, skating is my life. I love it, and I enjoy every moment. I love the energy the crowd gives me. I love to feel that they are joyful when they watch my skating. That's a huge happiness for me. The purpose of figure skating is not only to win but to draw people into your routine and emotions.
ヴァシリエフス: スケートは僕の人生の良い部分。違う、スケートは僕の人生です。僕は大好き、そして各瞬間を楽しんでます。僕はお客さんが僕に与えてくれるエネルギーが大好き。僕のスケートを見ている時に喜んでくれていると感じるのが大好き。それは僕にとって大きな喜びです。フィギュア・スケートをする目的は、勝つだけじゃなく、演技と感情の中に人々を引き寄せることです。

To me, skating will never be a full sport you can measure by a distance or speed. There is an artistic side to it, just like ballet. Everyone can make his or her own uniqueness, which makes it even better. A skating performance can't be all walking and jumping. Everything has to come together, much like a story.
僕にとって、スケートは、距離やスピードを計れるようなスポーツだけであったことは無いです。スケートには芸術的な面があって、正にバレエのような。誰でももっと良いものに出来る自分自身の独自性を作れる。スケートの演技は、歩いてジャンプするだけのものには成りえない。全てのことが一緒にならなければならなくて、物語のようです。

Icenetwork: As much as you like skating, the creative process is one you hold a passion for as well, is it not?
アイスネットワーク: 君がスケートを好きなのと同じくらい、創造する過程にも君は情熱を持っているんじゃない?

Vasiljevs: Oh yes! I love to create, I love to dance, and I love to draw. I do a lot of things, actually. I'm interested in many different activities. I love to express myself in multiple ways.
ヴァシリエフス: そうです!僕は創造することが大好き、ダンスすることが大好き、そして絵を書くことも大好き。実際僕はたくさんのことをしています。僕はたくさんの違った活動に興味があります。僕は自分自身を多彩な方法で表現するのが大好きです。

Icenetwork: Is there anything else you'd like to add?
アイスネットワーク: 何か他に付け加えたいことはある?

Vasiljevs: Yes. We need to tell everyone to enjoy life, every moment of it. It's the most important thing.
ヴァシリエフス: はい。僕たちはみんなに人生の各瞬間を楽しむように伝える必要があります。それは最も重要な事です。


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


ランビさんについて、本当に素敵なスケーターになったと思います。

ああ……ワールドが待ち遠しい……




ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>


ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村