もうだいぶ前のことなんですが、3月7日にゴールデン・スケートが、
アルトゥニアン・コーチのインタビューを出していました。
遅くなってしまったのですが、m(_ _)m
アルトゥニアン・コーチのことで、思い出したこともあったのでご紹介しますm(_ _)m



Arutyunyan addresses Chen’s components ‘controversy’
アルトゥニアンはチェンのコンポーネンツ「論争」を話す
By Ted Flett
Nathan-Chen-and-Rafael-Arutyunyan
USA’s Nathan Chen and coach Rafael Arutyunyan wait for the free skate scores at the 2017 Four Continents Figure Skating Championships.
2017年の4大陸フィギュアスケート選手権で、アメリカのネイサン・チェンとラファエル・アルトゥニアン・コーチは、フリースケートの得点を待つ。

Following the Men’s free skate results at the 2017 Four Continents Figure Skating Championships, some figure skating onlookers raised eyebrows and even pointed fingers at the points generated by new champion Nathan Chen.
四大陸選手権2017フィギュア・スケートの男子のフリー・スケートスケートの結果の後、何人かのフィギュア・スケートの傍観者(見物人)が眉を上げ(ひそめ)、新しいチャンピオンのネイサン・チェンが生み出した点を指さしさえした。

The American technician won with a total combined score of 307.46; bolstered by improved components scores nearly 20 points higher than his first outing of the season at Finlandia Trophy where he placed first with 256.44.
アメリカのテクニシャン(技巧家)は合計307.46の得点で勝利した; シーズン初の試合のフィンランディア杯で1位になった、256.44点より20点近く高い、向上したコンポーネンツスコアに支えられて。

 “I am really happy with what is happening with Nathan,” said coach Rafael Arutyunyan. “He is older and more mature. His skating at Four Continents was more mature than at Finlandia and that was only four months prior. But he is at that age where whenever he gets more and more technical and mature as a man, it quickly shows, so hopefully he will keep doing what he does.”
「僕はネイサンに起こっていることに本当に満足している」とコーチのラファエル・アルトゥニアンは言った。「彼は年を取り、より円熟している。彼の四大陸でのスケートはフィンランディアより円熟していたし、それは本の4か月前だ。しかし彼はあの歳で、彼はもっともっと技巧的で、人として成熟していて、それは素早く見せているので、彼がやっていることをやり続けてくれることを期待している」

In the short program at the Four Continents Championships, where Chen executed a quadruple Lutz-triple toe loop combination, a quadruple flip and triple Axel, as well level four spins and footwork, the 17-year-old’s components score was 43.54. He received as much as 9.5 for performance, composition, and musical interpretation. These were the fourth best components scores of the night with only Yuzuru Hanyu, Patrick Chan, and Shoma Uno edging him at 46.93, 45.76 and 44.21 points, respectively.
チェンがクワド・ルッツ-トリプル・トゥループのコンビネーション、クワド・フリップ、トリプル・アクセルと、同様にレベル4のスピンとフットワークを実施した四大陸のショート・プログラムで、その17歳のコンポーネンツ・スコアは43.54だった。彼はパフォーマンス(演技)、構成、音楽の解釈で9.5点をほど受けた。それらはその夜の4番目にいいコンポーネンツスコアで、羽生結弦、パトリック・チャン、宇野昌磨だけが、各々46.93、 45.76、 44.21点で辛勝した。

In the free skate, Chen garnered a whopping 88.86 points for components including scores as high as 9.25 for skating skills, performance, and musical interpretation, and 9.50 for composition. Again, these were the fourth-best components scores of the night behind Hanyu, Chan and Uno at 94.34, 92.58 and 91.08, respectively.
フリー・スケートでチェンは、コンポーネンツで、スケート技術、演技、音楽の解釈で9.25、構成で9.5を含む、途方もない88.86点を獲得した。それらはまた、羽生、チャン、宇野、それぞれ、94.34、 92.58、  91.08の後ろの、その夜の4番目にいいコンポーネンツスコアだった、

Arutyunyan makes no apologies for the standings shake up his pupil has triggered. “He is one of the top six men in the world which was proven by the Grand Prix Final, and I think he can be on top of the figure skating world.”
アルトゥニアンは、彼の生徒が引き金となったランキングの揺さぶりについて謝罪はしなかった。「彼は世界のトップの6人の一人で、それはグランプリ・ファイナルで証明されているし、彼はフィギュア・スケート界のトップになれるだろうと僕は思う」

Chen’s improvement in components is noticeable. The following table charts his components trajectory over the season:
チェンのコンポーネンツの進化は顕著だ。以下の図表は彼のシーズンを通してのコンポーネンツの軌跡:
軌跡
Arutyunyan explained that the bump up in components scores is a simple reflection of the ease with which Chen now approaches his technically-packed programs. Essentially, practice makes perfect, the veteran coach insists.
コンポーネンツスコアの急増は、チェンが現在取り掛かっている、技術が詰め込まれたプログラムの安易さの単純な反映だとアルトゥニアンは説明した。本質的に練習は嘘をつかないと、ベテランコーチは力説する。

“The key is to get comfortable with what you will do and then perform,” said Arutyunyan. “Today, to skate cleanly, Nathan doesn’t have to concentrate as deeply and can dedicate more energy to the program. This year he got more mature. He grew up and his elements have gotten better and between the elements, he moves with more emotions because he has started to get used to it all.”
「鍵は、やることを楽に出来るようになって、それからが演技になる」とアルトゥニアンは言った。「今日、スケートをクリーンにするために、ネイサンは深く集中する必要はなく、プログラムにもっとエネルギーをささげることが出来る。今年彼はもっと成熟した。彼は成長し、彼のエレメント(要素)はもっと良くなり、エレメントとエレメントの間は、彼はもっと感情を込めて動く、なぜなら彼はそれに慣れ始めているから」

Furthermore, Arutyunyan feels skating fans need to give his skater some latitude in his on-ice presence given the demanding quadruples he executes.
更に、スケートのファンたちは彼のスケーターに、過酷な要求の4回転を実施することを与えられた彼の氷上の風格にいくらかの裁量を与える必要があるとアルトゥニアンは感じている。(?)

“He jumps five quads, one of which he jumps out of spread eagle,” he explained. “What else do you want him to do as well, dance in between? Do a belly dance and smile or something? What more do they want him to do?”
「彼は5つのクワド(4回転)を跳ぶ、その内の一つはスプレッド・イーグルから彼はジャンプする」と彼は説明した。「その上、他に何を彼にさせたいんだ、間(繫ぎ)のダンスか?ベリー(へそ)ダンスさせて、笑えとか何か?彼らは彼に何をもっとさせたいんだ?」

Arutyunyan groans at the age-old comparison between artist and athlete and shudders at the casting of Chen as the athlete and Hanyu as the artist on social media and discussion boards as the Olympic drum beat builds.
アルトゥニアンはアーティストとアスリートの間の長年の比較に苦悩し、ソーシャルメディアと、会議室でオリンピックの太鼓の音が盛り上がるように、チェンをアスリート、そして羽生をアーティストとキャスティング(配役)することに身震いする(ぞっとする)

“It’s best say to say that it’s a combination of both the artist and the athlete in both of them and it’s always subjective,” said the 59-year-old Armenian background who spent many years working in Russia..
「最善の言葉は アーティストとアスリートの両方のコンビネーションが最善と言え、そしてそれはいつも主観的だ」とロシアで長年働いたアルメニアの背景ある59歳は言った。

The coach is also befuddled as to how this components kerfuffle has emerged in the men’s event. In fact, he sees a far greater controversy in the ladies’ event where he feels superior artists such as Carolina Kostner, Kaetlyn Osmond and his pupil, Ashley Wagner, are regularly out-pointed in components scores against their Russian competitors.
どうして男子の大会でこのコンポーネンツ騒動が持ち上がったのかについても、コーチは混乱させられている。事実、女子の大会で彼は、カロリーナ・コストナー、ケイトリン・オズモンド、そして彼の生徒のアシュリー・ワグナーのような秀でたアーチストがコンポーネンツ・スコアでロシアの競技者に対し一様に判定負けをしていると感じる、遙かに大きな論争を彼は見ている。

“We are not discussing this and I don’t know why,” he said. “They are basically doing the same elements and the Russians are more consistent, which I can agree with, but we don’t discuss components scores which surprises me competition after competition.”
「我々はこれについて話しあってはいないし、なぜなのかはわからない」と彼は言った。「彼らは基本的に同じエレメンツ(要素)をしていて、ロシア人たちがより堅実なのは同意できるが、我々は大会のたびに驚かされるコンポーネンツ・スコアについて議論しない」

To those who are resolute that Chen’s components scores are too high, Arutyunyan said to stay tuned.
チェンのコンポーネンツ・スコアが高すぎると断じている人たちへ、乞うご期待とアルトゥニアンは言った。

“What Nathan does today is a huge step forward,” he said of the skater. “Sure, he needs to improve his artistic side. It’s part of our job. He needs to improve his skating skills. It’s part of our job. He needs to improve his jumping ability. It’s again part of our job. And we are going to do that.”
「ネイサンが今日やっているのは大進歩だ」と彼はそのスケーターを語った。「確かに彼は芸術面を改善する必要がある。それは我々の仕事の一部だ。彼はスケート技術を改善する必要がある。それは我々の仕事の一部だ。彼はジャンプの能力を改善する必要がある。それもまた我々の仕事の一部だ。そして我々はそれをやっている」

Arutyunyan also said his jump entries will become more dynamic. “As jumps get easier, I will make him get the jumps with more exciting entries, but everything needs time to make it happen.”
アルトゥニアンは、彼のジャンプのエントリー(入り方)がもっとダイナミック(力強く)なるとも言った。「ジャンプが簡単になれば、僕はもっとエキサイティング(興奮する)エントリーを彼にさせるだろう、でも何事も実現させるのには時間が必要だ」

The coach added that they’re not just looking to unveil improvements in Chen’s already-exhilarating skating for the Olympic season. Skating fans may see some changes in Chen’s programs as early as this month’s World Championships in Helsinki, Finland.
彼らはオリンピックシーズンの為の既に気分を浮き立たせるチェンのスケーティングの進化を明かすだけに目を向けている訳ではないと、そのコーチは付け加えた。スケートのファンはチェンのプログラムのいくつかの変化を、早ければ今月のフィンランド・ヘルシンキでの世界選手権で見るかもしれない。


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


ワールドでダイナミックな入りのクワドが見られるんでしょうか?
ワクワクもするけど、ケガだけは気をつけてほしい。

本当に足さばきと姿勢がきれいなスケーターなんで、
クワド無くても、ずっと見ていたいスケーターの一人に既になってます。


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


アルトゥニアン・コーチは、ジャッジングに思うところが結構あるようです。
それは真央ちゃんのコーチをしていた時も言っていました。


2007年のスケート・アメリカのFS演技直前の動画です。
(画面上の後入れの文字はキムチヨナのオタが入れている
キムチヨナを棚に上げた嫌味だらけの言葉なので、無視です)


一番聞いていただきたいことは 0:34辺り
ピーター・カラザースがアルトゥニアン・コーチから聞いた言葉を言うところです。

G:  テリー・ガノン    X:  不明    P:  ピーター・カラザース     S:  スージー・ウィン  

0:00  G: Meanwhile inside Colisee Pepsi, Mao Asada’s getting set to go. 
     One of the reasons she's in third place not leading after the short program,
     Wynne… express with Susie Wynne
     Wrong entry edge deduction take a look... 
     話変わって ペプシ・コロシアムの内部では、浅田真央が行く構えをしています。
     彼女がショート・プログラムを終えてトップでなく3位にいる理由の一つは、
     スージー・ウィードが説明します。
     間違ったエッジでのエントリーでの減点、見てください
0:12  X: For the triple lutzs are required to take off on an outside edge,
     but Mao changes over to an inside edge also called the “flutz”.
     For the judges gave this minus three which is about the same as fall.
     トリプル・ルッツはアウトサイドのエッジでの踏切が義務付けられています。
     しかし真央は”フラッツ”と呼ばれる、インサイドのエッジへ変えてしまう。
     ジャッジはこれに-3を与え、これはほぼ転倒と同じです。

0:24  G: So now when you take the ice for the free skate. Is that starting in your mind
     you make an adjustment? With more than that, standing by backstage,
     here’s Peter Carruthers
     さあフリー・スケートのために氷に入る時です。心の中では調整が始まったでしょうか?
     それ以上はバックステージの傍に立っているピーター・カラザースがいます。

0:34  P: I just checked in Mao Asada’s coach, Rafael Arutyunyan. He said that
     he is not instructing Mao Asada to change the take-off on her triple lutz.
     First of all,
he says he thinks the rule is unfair. Second, he says
     to change this late in the game she could take off tilt in the air and fall
     and that would be worse than what she's going through right now.
     So at this point, everything stays the same and Mao Asada will do the triple lutz
     exactly the way she's done it every time before today 
     私は浅田真央のコーチ、ラファエル・アルトゥニアンに確認しました。彼は浅田真央に
     彼女のトリプル・ルッツの踏切りを変える指導はしていないと言いました。
     まず第一に、彼はルールはアンフェアー(不公平)だと思うと言っています
     2番目に、彼は試合のこの期に及んで変えると、彼女は踏み切って空中で傾いて
     転倒するかもしれない、そうしたら、今やっていることより悪くなるかもしれない。
     だからこの時点では、全ては同じで、浅田真央はトリプル・ルッツを今日より前に
     毎回やっていた通りにします。
 
1:08  G: Well Peter, thank you.  Susie, do you agree with Rafael Arutyunyan?
     ピーター、ありがとう。スージー、ラファエル・アルトゥニアンには同意しますか?

1:10  S: Well, it is hard from a coaching standing point to change this type of technique
     but knowing that the ice she was going to be specific about these changes
     you have to make sure in the summertime you use that time more wisely
     to make those corrections or try to come up with ways to gain points in other areas
     which I think they've done that
     まあ、このタイプの技術的な変更はコーチの立場としては難しいわ、でも彼女が目指す
     場所(氷)を理解して、これらの変更を夏の間に明確に確かめなければならない、
     その時間をもっと賢く使って、それらの修正をするか、他の領域で点数を稼ぐ方法を
     提案する、それについては彼らはそうしてると思うわ。


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


アルトゥニアン・コーチにジャッジングに関して考えていることを、
洗いざらい聞けたらすごく面白い事になるだろうなと思います。
強烈なアクセントがある言葉を聞き取るのは大変でしょうけど…





ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>


ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村