デニス・テンくんが、メディウム.comというサイトで
ブログを始めたようです。
テンくん
そこで、今年の元旦に立候補が締め切られ、
1月13日に発表になった、
世界選手権で出場する選手達により、
初めて選挙されるアスリート委員会の
立候補者
の一人として名前を連ねている
テンくんが、ISUで働く事を想定した、
計画・構想を発表しています。


テンくんの賢さに、ちょっと嬉しい驚き!
この計画が実現したら、ISUはもうちょっとは
マシな連盟になるかもしれない…




Denis Ten     デニス・テン
I think stuff. Here. 此処のスタッフだと思う
Mar 11       3月11日

What I would create if I worked in the ISU.
もし僕がISUで働いたら、何を作るだろう。

Last year, the Olympic Committee of the Republic of Kazakhstan elected me as a member of the Athletes Commission at the National Olympic Committee.
去年、カザフスタンのオリンピック委員会は僕を、ナショナル(国内)オリンピック委員会のアスリート委員会のメンバーに選んだ。

This was an encouraging news and interesting experience, taking into account my commitment to the Olympic movement and active participation in the Olympic Bidding Race as part of the work with the Olympic Campaign “Almaty 2022". Plus, in my arsenal, there is experience in producing and organizing ice shows, experience in managing the youth fund, experience in participating in political and diplomatic events, as well as studying under the MBA program.
これは、オリンピック・ムーブメントへの僕の関わりと、実際に”アルマティ2022”のオリンピックキャンペーンの一部としてオリンピックの招致レースに参加したことを考慮して、励みになるニュースで面白い経験だった。加えて、僕の武器、アイスショーの製作構成した経験、ユース基金の管理の経験、政治的・外交的イベントへの参加経験があり、そしてMBA(経営学修士)も勉強している。

In the summer, when the ISU announced the introduction of the Athletes Commission, I thought this was a great step towards linking closer relations between athletes and the International Skating Union.
夏にISUが アスリート委員会の紹介を発表した時に、これはアスリート達とISUを親密につなぐ方向への素晴らしい一歩だと僕は思った。

A little later, I was asked to send an application for participation in this program. I was not completely sure of this, because by today I have sports priorities above all, but on a spare time I also work on several “non-sports” projects, which, in the near future, I hope, many will learn.
少し後で、このプログラムに参加する申込書を送ることを尋ねられた。僕はこれについて完全に確信はしていなかった、なぜなら今日まで何よりもスポーツが優先だったから、しかし余暇に僕はいくつかの、将来大勢が学べる(と僕が思う)「スポーツじゃない」プロジェクトにも参加している。

However, I gave it a thought, trying to figure out what I’d do if worked in the ISU, not necessarily as an Athletes Commission Member. After thinking a couple of days, an idea came to me, which I thought has the potential to be implemented. This idea is not directly related to the Athletes Commissioner work, it’s only a reflection on how it would be possible to modernize the internal environment among athletes.
しかしながら、必ずしもアスリート委員会のメンバーでなくても、もし僕がISUで働いたら何をするだろうと答えを見つけようと、それについて僕は考えた。2-3日考えた後、僕は実行可能な可能性のある一つのアイデアが思い浮かんだ。このアイデアは直接的にアスリート委員会の仕事とは関係がない、ただアスリート間の内部環境を近代化することはどのようにしたら可能かを反映したに過ぎない。

In addition to the extensive list of my hobbies, over the past 5 years, I’ve been immersed in the study of IT. I’m interested in the start-up environment, innovative technologies, long-term projects that benefit, that help. In the development of some ideas, I even participate, but these projects are still hidden under the curtain of secrecy.
広範囲な僕の趣味リストに加えて、過去5年、僕はITの勉強に没頭してきた。僕はスタートアップ・エンバイロンメント(新進の環境?)、革新的な技術、ためになる・助けになる長期のプロジェクト(計画)に興味がある。いくつかのアイデアの開発には、僕も参加しているが、これらのプロジェクトは未だに秘密のカーテンの下に隠されている。

However, within the framework of this specific idea, I would like to open up a bit more. Immediately I warn you, this is a large-scale thing with a lot of verticals. It would take time and financial investments to develop it. But after thinking it over, it seems to me that the project deserves attention.
しかしながら、この特定のアイデアの観点から、僕はもう少し話したい。早速予告しておくけれど、これはたくさんの業種を伴う大規模な事だ。開発には時間と財政的な投資が必要だ。しかし熟考した後、このプロジェクト(計画)は注目するに値すると僕には思える。

The idea is to create an IT platform where athletes can open their potential for interacting with each other, share ideas about improving the athletic environment, assess the quality of each competition, and self-learn. As part of the ECO-system, the ISU could directly educate athletes, keep abreast of new regulations, important topics, explain why some decisions were made so that athletes more consciously understand the importance of what is happening outside the ice arena.
アイデアはアスリートたちが互いに相互作用し、競技環境の改善、各大会の質の査定、そして自習することについてのアイデアを共有する可能性を開くITのプラットフォームを作ることだ。エコシステムの一部として、ISUは直接アスリートを教育し、新しい規則、重要な話題に遅れずに、なぜある決断がなされたのかを説明する、そうすればアスリートたちはより意識的に、アイスアリーナの外で何が起こっているかの重要性を理解する。

Through this project, athletes could more closely interact with each other, taking part in a deeper network, no matter where in the world they are located. This would help to connect athletes from different sports under the auspices of the ISU, creating a more grouped society and a stronger tool for the popularization of three sports at once.
このプロジェクト(計画)を通して、アスリートたちは彼らが世界のどこにいようと、互いにより親密に作用でき、より深いネットワーク(連絡を取る事)に参加できる。これはISU下の、違うスポーツ(スピード・ショートトラック・シンクロ)からのアスリートたちと繋がり、よりグループ化された社会と3つのスポーツを同時に普及させる強力なツールを作る助けになる。

On behalf of figure skaters, the introduction of useful features such as GOE-calculator, a cloud-based music storage service, online form filling, and instant notification of an invitation to participate in post-competitive Gala Concerts, interview requests from media, and an individual guestbook for fans to leave good luck messages — could make the atmosphere for athletes more productive and modern.
フィギュア・スケーターの代理として、GOE計算機、クラウドを基本とした音楽のストレージ・サービス、オンラインでのフォームの記入、大会後のガラ・コンサートへの参加の招待の即座の告知、メディアのインタビュー要求、ファンが幸運をというメッセージを残せる個々のゲストブック、のような役に立つ特徴の紹介は、アスリートのための環境をより生産的で近代的に作ることが出来るだろう。

And attribution to each athlete individual identification key and online passport, would help them to more deeply analyze sports results, devote a stronger focus on training and competitions, plan schedule more effectively. The built-in calendar of events would automatically mark future tournaments, informing the athlete in advance about the geolocation of the competitions, the schedule of trainings, the time zone, the weather and many other essentials.
そして各アスリートへの個人認証キーとオンライン・パスポートの属性は、競技結果をより深く分析し、トレーニングと大会について、より強力な焦点を振り向け、より効果的にスケジュールを計画することに役立つだろう。ビルトイン(内蔵の)大会カレンダーは、将来のトーナメントを自動的に印づけ、事前に大会の位置情報、トレーニング・スケジュール、タイムゾーン(地方標準時)、天気、他たくさんの必須事項をアスリートに知らせるだろう。

By the way, the ability to fill in forms online would not only reduce the amount of paper used, but would also significantly improve the productivity of this process. In this case, the athletes would fill in the forms online signing them with an electronic signature, and the modernized data base would automatically enter data into the register, thereby reducing additional work for transcription from the hand-written documents.
ところで、オンラインのフォーム(様式/形式)への記入能力は、紙の使用量を減らすだけでなく、この過程での生産性を大いに改良するだろう。この場合、アスリートはオンラインのフォームに、電子署名で記入し、署名し、近代化されたデータベースは自動的に記録にデータを入力し、それにより、追加の手書き書類の転写作業を削減するだろう。

This improvement of the current data base would provide athletes with a range of tools for their development. The ability to network or co-operate with other athletes would open up opportunities for organization or participation in independent training camps. The introduction of a contacts book within the platform would allow the making of direct appeals or invitations for athletes to events from various federations and the like.
現在のデータベースの改良は、アスリートの開発の範囲を提供するツール(道具)を提供するだろう。他のアスリートとのネットワーク(連絡を取り合う事)あるいは協力する能力は、組織あるいは独立した(民営)のトレーニング・キャンプへの参加のための機会を開くだろう。プラットフォーム上のコンタクトブック(アドレス帳)の紹介は、直接のアピール、あるいはさまざまな連盟やそのようなものからの大会へのアスリートの招待を可能にする。

For the pairs or ice dance skaters that currently do not have a partner, this project would give the opportunity to contact other single partners, thereby contributing to the creation of new sports or dance couples.
現在パートナーがいないペアとアイスダンスのスケーター達には、このプロジェクト(計画)は、他のシングル・パートナー達と接触する機会を与え、それによって、新しいスポーツ、あるいはダンスカップルを創り出すことに貢献する。

Summarizing, below is a list of bullet points highlighting the most important points.
要約すると、下記が最も重要な点を強調する箇条書き。

Again, via this platform the athletes will be able to:
このプラットフォームで、アスリートは(以下が)可能になる:

●Get together; to network, liaise and interact with each other
 集まる; 互いにネットワーク(連絡を取り合い)し、連携し、協力しあう
●To publicly communicate and propose their thoughts about ISU Sports Development
 ISUの競技開発の為に、公に通信し、考えを提案する
●To communicate with the athletes on a peer-to-peer basis collecting feedback & ideas
 straight from the ice field
 ピア・ツー・ピア(仲間同士(接続したコンピューター同士))を基本に選手たちと意思を通じあう為、
 氷の上での意見とアイデアを直接集める
●Offer a fresh perspective on new trends and issues that sports organizations are often faced with
 スポーツ組織・機構がしばしば直面する新しいトレンド(傾向/流行)とイシュー(論点/問題)について、
 新しい見地/展望を提供する
●Educate athletes about new rules, important topics, anti-doping information
 新しい規則、重要なトピック(話題/テーマ)、アンチ・ドーピングの情報について、アスリートを
 教育する
●Set up competition schedules, technical requirement goals etc
 競技スケジュール、必須技術の目的などを設定する
●Provide a better understanding of why and how some decisions are reached
 ある決断が、何故/どのように、決断に至ったのかについてのより良い理解/知識を提供する
●Notify athletes about their upcoming events, post-competition gala-invitations, media-requests
 今後の大会、大会後のガラへの招待、メディア(報道)のリクエストなどについて、
 アスリートに通知する
●Fill in online important ISU forms (Planned Program Content forms, Biography, Music updates etc)
 重要なISUの書類の形式(プログラム・コンポーネンツ計画書、バイオグラフィー(経歴)、
 音楽のアップデート(更新/最新)他)
●Upload programs music to a cloud-based service that would make it available anywhere
 in the world for the Athletes and the International Skating Union
 プログラム音楽をクラウド・サービスへアップロードし、アスリートやISUが世界中
 どこでも利用可能にする。

This list can continue under the definition of new functions, ideas and additions. But since the idea of the service is quite large for implementation, the basic example of a technology portal was given above.
新しい機能、アイデア、追加(拡張)の定義の下で、このリストは継続(拡張)できる。しかし、サービスのアイデアは 実行するにはかなり大きいから、上記に基本的な技術的な入口の例を示した。

It would take about 1.5 years to develop the portal.
ポータル(入口)を開発するためには約1年半かかる。

Would be interesting to hear the thoughts of other athletes on the contribution to make our community better.
僕たちの社会をより良くするための貢献について、他の選手たちの考えを聞くのは面白いだろう。


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


テンくん、いろいろ考えています。

だけど、とにかく採点の透明化を図って欲しい!

ビデオ判定の多用や、
データ放送できるんだから、ジャッジのデータとその全ジャッジが入れた点数が
即座にデータ画面で確認できるとか、
体操連盟が採用しようとしている3Dによる自動採点方式の導入とか、
少なくともメダリストか、世界順位の上位20位辺りまでになったことがある人しか
テクニカルにもなれないとか…

コンポーネンツの点数は、スケーティングスキルは元一流スケーター、
トランジションは(現/元)一流バレリーナ、パフォーマンスは(現/元)一流ダンサー、
コンポジションは(現/元)一流体操選手、インタープリテーションは一流音楽家、
しかも各項目2人(以上)の採点の平均にするとか、お金かかるだろうけど…

とにかく、トリプルジャンプも跳べないような元三流スケーターがテクニカルになるとか、
数回の講習を受けただけで、国内ジャッジ→国際ジャッジ→ISUジャッジに成りあがった
ド素人のボランティアがジャッジになるとか、
本当にそういうのは廃止にしてほしいよ!



☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


フィギュアのシングル&ペアからは
アスリート委員に8人が立候補しているけど、
ワールドでの選挙で選手たちは誰を選ぶんだろう?

ISUをいい方向に変えてくれる人を選んで欲しいし、
みんながそういう人であって欲しい!!!!!

お金に転んで、"盛り盛り爆上げ"のメダリストを作るような奴らは退場してほしい…




ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>

ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村