先日の "M・クワン「寒さは絶対に選手に影響する」アルメニアのリンク" の記事について、

アルメニアの-5℃とソチの6℃の差に言及しているが、
日本国内で関西の選手が北海道に行って練習や試合をするなら、
もっと気温差があって、それを普通に受け入れてる現実をどう説明する
というような、つぶやきを見かけました。
いしなべツイ2

(←時系列順に
並べ替えて
います)







<5月22日追加>





日本に住んでいれば、関西だろうと、どこの選手であろうと、北海道が寒いことは知っている。
テレビの天気予報の言葉がわかるなら、北海道の当日の気温も、その先一週間の気温も
大体はわかるし、どの程度の服を着ればいいかも想像がつく。
自宅からの移動なら、服装の準備も、気持ちの準備も、いくらでも出来るだろう。

ところが、服装の選択肢が少ない旅先で、
しかも日本選手団のユニフォームの着用が義務付けられていて、
言葉も大して解からない国で、そこからまた、全く知らない国への移動に、
事前に正しい情報をもらっていないとしたら、話は全く違ってくる


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


ソチでの日本選手の公式ユニフォームはデサントが提供していました。
デサントのページでは、公式ユニフォームの説明はこうなっています。

NEWS|ニュース
第22回オリンピック冬季競技大会(2014/ソチ) 日本代表選手団へのサポートについて
2013年9月27日


株式会社デサントは、「第22回オリンピック冬季競技大会(2014/ソチ)」において、
0918sochi1item-thumb-320xauto-5452日本代表選手団が使用するオフィシャルスポーツウェアを、公益財団法人日本オリンピック委員会(JOC)へ提供します。

これは、JOCとのオフィシャルパートナー契約に基づくもので、ウォームコート、サロペットパンツ、トレーニングジャケット・パンツ、ハーフパンツ、キャップ、グローブ、ソックスの8アイテムを提供します。寒暖差の激しいソチでの気候や、室内外での気温変化にも柔軟に対応できる高機能ウェアなどを揃え、選手団をサポートしてまいります。詳細は次の通りです。


【開発テーマ】
MAKE THE TRANSFORMATION~限界を超えて、さらに先へ~
選手の皆さんひとりひとりは、究極の高みへの“変化”を成し遂げるために自分と向き合い、闘い続けています。そして、留まることなく壁に立ち向かい、乗り越えるためのさらなる挑戦を続けています。
その厳しいプロセスを経ることで為し得たオリンピックの日本代表という誇り高き姿。私たちは、熱き  闘いに挑む選手の皆さんへのエールを“MAKE THE TRANSFORMATION~限界を超えて、さらに先へ~”のテーマに込めました。“Transform”には「形を変える」「変化させる」、さらには「これまでとは質の異なった新しいものへ変容する」という意味があります。
この想いのもと、デサントの本質である“機能美”を追求して開発したウェアを、最高の舞台で輝く日本選手団に提供します。

【商品特徴】
トレーニングジャケット320●トレーニングジャケット
「トランスフォームジャケット」
現地で起き得る気温や天候の”変化”に、3通りに”変化”  することでフィットするウェアです。ファスナーが特徴のこのジャケットは、前身頃の裾から首後ろを通り、もう片方の裾にかけて開くことで、保温性に優れた軽量の長袖ライトダウンジャケットと、雨や雪にも対応できる フードのついた高耐水レイン仕様のジャケットの2つのジャケットに変わります。
状況に合わせて必要な機能を発揮するアイテムに変化し、選手の皆さんが快適に着用できるようサポートします。なお、このアイテムは表彰式、記者会見等で着用されます。

●ウォームコート
ウォームコート・トレーニングジャケット気温が低い状態、悪天候な状況下でサポートする防寒アイテムです。耐久はっ水性、耐水性、高透湿性、ストレッチ性に優れた素材を使用しています。
フロントファスナーには防水ファスナーを採用。それと並行して配置したベンチレーションシステムファスナーを使用することで通気性があがり、衣服内温度が上昇した際の温度調節を可能にしました。同様に首下に配置したレーザー加工のファスナーを開くことでもベンチレーション効果が生まれます。また、この首下のベンチレーション部分に設置したドローコードで、フード頭部のフィット感の調節が可能です。なお、このアイテムは開閉会式等で着用されます。

●サロペットパンツ
耐久はっ水性、耐水性、高透湿性に優れたアイテム。裏地には軽量中わたをキルティング加工しているので、保温性に優れています。また、お尻や股下などの水が浸み込みやすい縫い目には防水性の高いシームシーリング加工を採用。鮮やかなレッドのサスペンダーがデザインアクセントになっています。

●トレーニングパンツ
軽量性、ストレッチ性に優れたアイテム。中生地にはラミネート加工を施した当社独自の「スパンボンド」を採用し、かさ高性を抑えつつ高い保温性を発揮しています。お尻や股下などの水が浸み込みやすい縫い目にはシームシーリング加工を施し防水性も兼ね備えています。

●ハーフパンツ
軽量性と保温性を併せ持ち、着用快適性を実現しています。

●キャップ
ウォームコートと同素材を採用した、耐久はっ水性、耐水性、高透湿性に優れ、悪天候下での着用を考慮した全天候型キャップです。

●グローブ 
当社独自の立体裁断と優れたストレッチ性で快適なフィット感を備えたグローブです。着用したまま、スマートフォンをはじめとしたタッチパネルの操作が可能です。

●ソックス
左右非対称の構造が特徴。足の形状に合わせた立体構造や、足首側面や土踏まずに配置したサポート設計を採用し、フィット性、安定性を追求した高機能ソックスです。


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


ソチオリンピックの開会式の開始時間であった
2014年2月14日 20:14頃の気温は、6℃ぐらいでした。
20140207 開会式の気温
そして2月23日の閉会式も、開会式と同じ20:14分の開始で、
その頃の気温は、9℃ぐらいでした。
20140223 閉会式の気温


日本の選手たちは、決まっていたこととはいえ、開会式でも、閉会式でも
開会式
だいまお閉会式
上半身はトレーニングジャケットの上に、白いウォームコートを着ています。
そしてズボンはトレーニングパンツより暖かい、サロペットパンツを着ています。


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


ところが、ソチからアルメニアに向かう時の、真央ちゃんと佐藤コーチの服装を見てください。
2月10日の朝のソチの気温は、9℃ぐらい。閉会式と同じくらいの気温です。

真央ちゃんが着ているのは、トレーニングジャケットとトレーニングパンツです。
防寒用のウォームコートは着ていないし、手にも持っていないし、ズボンもサロペットではない。

真央ちゃんも佐藤コーチも、これから向かおうとしているアルメニアが、
朝は氷点下、昼でも5℃まで上がらないところだと知らされた上でこの服装をしていたのだろうか?
(特にこの日、朝は-7℃、昼でも2℃、夕方になってやっと4℃でした)
mao armenia1
mao armenia2
mao armenia3

スーツケースの中に、ウォームコートは入っていたのだろうか?
すぐ取り出せるようになっていたのだろうか?
サロペットのズボンも入っていたのだろうか?
十分な防寒の服は持っていたのだろうか?


調子を崩してアルメニアからソチに帰ってきたときでさえ、ソチが温かかったとは言っても
ウォームコートを着ても、持ってもいなかったのが気がかりなんだけど… 
真央アルメニアからソチ入り20140215-1

2月15日のソチ行きの飛行機がアルメニアを発つ前のエレバンの気温は-3℃で、 
ウォームコートをスーツケースに仕舞い込むとは思えないんだわ…

http://flyteam.jp/airline_route/aer_evn/flight_schedule/2014/02
フライトスケジュール ソチ-エレバン 2014年2月 3-2
https://www.timeanddate.com/weather/armenia/yerevan/historic?month=2&year=2014
2月15日の気温

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


「状況は把握してるよ」「万全な状態が整ってるよ」
「アルメニアはソチと3℃ぐらいしか違わないよ」
みたいなことを言われて、
防寒対策用の服装を大して準備していなかったとしたらどうだろう?

まあ、仮説に過ぎませんが…

http://pbs.twimg.com/media/C-eAnNhUMAAiqPF.jpg
アラカー&イトー
                      

デサントが提供したユニフォームは、あくまで暖かい「ソチの気候に合わせて作られたもの
であって、極寒のアルメニアの気候に合わせて作られたものではない……

デサントは、バンクーバーの時のコートも提供していたそうで、
バンクのコートはダウンが入っていたけど、暑くて脱いでしまう人が多かった為に、
ソチのコートにはダウンが入っていないと書いているサイトがありました。
http://heritager.com/?p=26838

上のウォームコートの説明文でも、暖かいソチで、服の中の温度が上がりすぎた時用の
ベンチレーション(通気性/換気性)に力を入れている感じです。

ウォームコートを着ていたとしても、アルメニア国内での移動などはきっと、
とても寒かったに違いない……
持ってすらいなかったとしたら……なんて、考えたくもない……!

さらに、食事はレトルトだったんだっけ?



<5月15日 追記>
アヒルさん、m(_ _)m
その通りですわ、日本は北海道だろうとどこだろうと、
お客様を迎えるのに空調が効かないなんて事が、そもそもありえないですよね。m(_ _)m



ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>


ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

コメントくださる皆様ありがとうございます。m(_ _)m
しかしながら、不適当な内容のコメントは削除させていただく場合がございます。
ご了承ください。m(_ _)m