2010年2月25日、フリー・スケートが行われるの日の日中に
ユニバーサルスポーツが放送した、フリー・スケートのプレビュー(予告)です。


これも聞き取りや訳がところどころ怪しいんで、
お解りになる方、間違いがありましたらご指摘くださいますようお願いします m(_ _)m


G: テリー・ガノン  M: マイケル・ワイス  Y: クリスティ・ヤマグチ  P: ピーター・カラザース

0:00  P: absolutely like our chances. I like my chances 
     全く私達のチャンスのようだ。僕はチャンスが好きです。
0:02  P: But you know, we've been talking about Kim Yuna's amazing skating.  
     しかし、僕たちはキムチヨナの驚くべきスケートについて話してきました。
0:07  P: She really is able to rack up the point. So we've been kind of breaking down
     certain sections and why she gets the points that she does. 
     彼女は本当に得点を上げることが出来ます。だから僕たちはある特定の部分で、
     なぜ彼女が得点するのかを分析みたいなことをしています。
0:14  P: And you know it's one thing to talk about it but it's also I think important to
     visually illustrate just what she does. 
     これは話す1つのことだけど、彼女が何をしたのかを視覚的に説明するのは重要な事だと思います。
0:21  P: Now this is pretty interesting because if you look at this… this is her triple flip
     and on this triple flip, she scored six point seven(6.7) points.
     さあ、とてもこれは面白い、この彼女のトリプル・フリップと、このトリプル・フリップを見ると、
     彼女は6.7点を得点しました。
0:30  P: Very nice! Look at the speed coming out, very fast, good entrance, good exit. 
     とてもいい!出てくるスピードを見て、とても速い、いい入り、いい出(終わり)
0:35  P: Now here's Mao Asada's triple flip. 
     そして、これは浅田真央のトリプル・フリップ
0:38  P: Not quite as fast, jumps up into the air and just doesn't have the run out that
     Miki Ando… I'm sorry that Kim Yuna has. 
     そんなに速くない、空中に飛び上がって、流れ(? ランアウト)が無い、
     安藤美姫が…失礼、キムチヨナが持っているような…
0:46  P: So she got five point seven(5.7) which was a point less, but that's a clear difference
     in the technique on that jump and how well it was done.
     だから彼女は1点少ない5.7点だった、でもそれはそのジャンプにおける、
     どのくらい上手に行ったかという技術の明らかな違いです。
0:52  M: and it was places like that throughout the program where Yuna Kim built
     a five-six point lead 
     そしてキムチヨナがプログラムを通して確立した5-6点のリードだ。
0:57  M: because she not only had technically had more difficult jumps planned, uh…
     in terms of the total technical score, but she did what she did well.
     なぜなら彼女は技術を持っているだけじゃなく、もっと難しいジャンプの計画も持っていた、
     技術点の合計から見ると、でも彼女は上手にやった。
1:06  M: And she gained points like on that when she got plus two.
     そして彼女はそれにプラス2点を得て、点数を稼いだ
1:09  P: yeah 
     そうだね
1:09  M: And… and the combination as well, she did triple lutz-triple toe in her combination
     which is uh… a base value worth more than triple axel-double toe.
     そしてその上コンビネーション、彼女はトリプル・ルッツ-トリプル・トゥをコンビネーション
     でやった、その基礎点はトリプル・アクセル-ダブル・トゥより価値がある。
1:17  P: Would you notice… ?
     君は気が付いた…?
1:18  K: Here come their combination jumps. 
     彼女たちのコンビネーションジャンプが(画面に)来たわよ。
1:20  K: Well, Kim Yuna's speed going into this was incredible, and the flow like you said
     between the jumps and then out of the second jump was just a lot more than
     what's here Mao Asada did in the triple axel-double toe.
     キムチヨナの入っていくスピードは途方もないわ、そして貴方も言ったようにジャンプ間と、
     そして2つ目のジャンプの出の流れは、正に浅田真央がトリプル・アクセル-ダブル・トゥで
     やったのよりかなり(いい)
1:35  P: But it's a harder jump
     でも、それはより難しいジャンプだよね
1:36  K: It's a harder jump. Yes. 
     より難しいジャンプよ。そう。
1:37  K: So the question is Kim Yuna got two points extra in the grade of execution. 
     だから問題は、キムチヨナは出来ばえ(GOE)点で追加の2点を得た。
1:42  K: Mao Asada, one point five great execution but on a much more difficult jump combination.
     浅田真央は出来ばえ点で1.5点(実際は0.6点)を得た、でもそれはかなり難しいジャンプの
     コンビネーションであると言う事。
1:49  M: Exactly! And that's… that's the thing I mean Yuna Kim's triple lutz-triple toe is worth
     ten points. 
     その通り! そしてそれは…それはつまりキムチヨナのトリプル・ルッツ-トリプル・トゥは10点の
     価値があると言う事だ。
1:54  M: She did it great. She got two additional points.
     彼女はそれを素晴らしくやった。彼女は追加の2点を得た。
1:56  M: Mao Asada’s triple axel-double toe which it blows my mind that it's not worth more. 
     浅田真央のトリプル・アクセル-ダブル・トゥの価値が低いことにはびっくりする。
2:02  M: I mean, you ask any guy in Figure Skating if they would rather do
     a triple axel-double toe or a triple flip-triple toe or triple lutz-triple toe and
     they would always say the triple-triple combination is easier. 
     つまり、フィギュア・スケート界の男子に、トリプル・アクセル-ダブル・トゥと、
     トリプル・フリップ-トリプル・トゥ、あるいはトリプル・ルッツ-トリプル・トゥのどちらをやるか
     と聞いたら、彼らはトリプル-トリプルのコンビネーションの方が簡単だとみんな言うだろう。
2:11  M: The front take off on a triple axel…
     トリプル・アクセルは前方への踏切り…
2:13  P: Much harder…?
     かなり難しい…?
2:13  M: It's much harder. 
     かなり難しい。
2:14  M: So the fact that is valued, a woman did a triple axel-double toe in the short program. 
     だからその事実を評価すると、女子がトリプル・アクセル-ダブル・トゥを
     ショート・プログラムでやった。
2:20  M: And the short program in Olympic Games and I think that… that should be valued higher.
     そしてそれはオリンピックの中のショート・プログラムで、僕はそれはもっと
     高く評価されるべきだと思う。
2:23  M: But where Yuna got her was, she did everything. She gained a point here
     because she executed things well. 
     でも、ヨナが得たのは、彼女は、彼女はすべてをした。彼女がここでポイントを稼いだのは、
     彼女は物事を上手に実施したから。
2:29  M: She gained a point there. She gained it on the footwork. She gained it on the spins. 
     彼女はそこでポイントを稼いだ、彼女はフットワークで稼いだ、彼女はスピンで稼いだ
2:32  M: And then… not only that she also got it on the component marks, you know, she…
     she performed the program beautifully.
     そしてそれから、彼女はコンポーネンツの点でも稼いだだけでなく、プログラムを美しく演じた。
2:36  M: She had great skating skills. She had good choreography and those points added up
     by the end, you know, she had a nice comfortable lead going into the long program.
     彼女は素晴らしいスケーティングスキルを持っていた。彼女は良い振り付けがあった、そして
     それらの点が付け加えられて、最終的に彼女はロング・プログラムに入っていくのに
     十分な(不安の無い)心地よいリードを持った。
2:45  T: But in terms of the triple axel, don't you think they'll change that or
     they should change that weigh that heavier? 
     でもトリプル・アクセルの点からみると、その重みをもっと重く、彼ら(ISU)は変えるか、
     あるいは彼らは変えるべきだと君は思わないか?
2:50  T: Just like on in the men's event, a lot of people saying you should more heavily weigh
     the quad because it's not worth the risk.
     男子のイベントみたいに、たくさんの人々が4回転の重みをもっと重くすべきだと、
     なぜならリスクの価値を無くすから。
2:57  M: Absolutely. I think… I think they will take a look at this. 
     全くその通り。彼ら(ISU)はこれを調べると僕は思う。
3:00  M: The fact that the triple axel and the quad toe aren't valued more than they are,
     because they are the most difficult jumps to do. 
     事実、トリプル・アクセルとクワド・トゥは過小評価されている、それらは最も難しいジャンプだ。
3:07  M: They're the most difficult jumps to do and they should be rewarded. 
     それらはするのが最も難しいジャンプで、報われるべきだ。
3:09  M: But I don't want it to become a jump contest because I do like the way
     the sport is going, I like the fact that it's based on executing things really well.
     でも、僕はジャンプコンテストにはなって欲しくない、なぜならスポーツが向かうのは、
     物事を本当に上手に実施することに基づく事が好きだから。
3:17  T: Yeah
     そうだね
3:18  M: And you can't go out there, eke out a triple axel on your nose and say
     “okay, that was better than a beautiful triple lutz-triple toe” because doing
     a beautiful triple lutz- triple toe should be worth more than eking out a triple axel. 
     そして、出て行ってあなたの鼻先でトリプル・アクセルを辛うじてやって、そして
     “オーケー、それは美しいトリプル・ルッツ-トリプル・トゥよりも良かった”とは言えない。
     なぜなら美しいトリプル・ルッツ-トリプル・トゥは不足したトリプル・アクセルよりも価値が
     あるべきだから。
3:28  T: yet...
     でも…
3:28  M: That's not Mao did. She did a beautiful one.
     真央のことではない。彼女は美しいのをやった。
3:29  P: And the kids, I say the kids the athletes. What they like about this
     そして子供たち、僕は選手をキッズと言う。彼女らはこれについて何が好きだろう?(?)
3:33  P: They take a protocol at the end of the championship. They look at it. And they can
     dissect every single part of their program to see where they can get more points. 
     彼女らは大会の最後にプロトコルを持つ。彼女たちはそれを見る。そして彼女たちは
     プログラム全部の一つ一つを、どこでもっと点が取れるかを見て分析することが出来ます。
3:41  P: This has become a playbook now for them. It's not just what…
     これは現在彼女たちの戦術本になっている。それはただの…ではなくて…
3:44  T: It’s not that what skating supposed to be, supposed to be…
     スケートはそうすべきじゃないだろう…
3:47  P: Hey! I’m not… I’m not blaming that… 
     ヘイ! 僕は、そうなることを責めてはいない…
3:48  P: I’m just telling you they're adapting to the system that they have to adapt to and smart. 
     僕はただ彼女たちはシステムに適応していると言っている、彼女たちは適応して
     賢くならなくてはいけない。
3:52  P: And that's… that's the way it is… 
     そしてそれは、その方法は…
3:53  M: You can… You are always gonna have the subjectivity though
     because it's figure skating, you know, always going to have that component
     that artistic mark that will always make it still an art form that
     you have to combine with both, you have to be artistic,
     you have to skates to the music, but you got to perform jumps.
     フィギュア・スケートは常に主観的ではあるけれど、常に芸術点のコンポーネンツがあって、
     それが芸術的な形態を常に作って、運動競技的でなくてはならないと言う事と、
     音楽に合わせてスケートしなければいけないが、ジャンプも実施しなくてはならないという、
     両方を結びつけなければならないから。
4:07  T: Here's the other aspect to which we keep saying, can they catch Kim Yu-na?
     She's in the lead. 
     さあ、他の面で僕たちが言い続けているのは、彼女たちはキムチヨナを捕らえることが
     出来るだろうか?彼女はリードしています。
4:12  T: If you go back to 1992, when you got with the figures just before that and guess what,
     Kristi Yamaguchi she's the only one at the Olympics to have the lead after the
     short program. Congratulations by the way.
     もし1992年に戻って、直前の数字を見ると、なんだと思います?
     オリンピックのショート・プログラム後リードを持っていたのはクリスティ・ヤマグチ、
     彼女だけです。ついでながら、おめでとう。
4:25  K: Hahaha…
     ハハハ…
4:26  T: But look at that sound bite you'll… second Tara Lipinski, Sarah Hughes,
     Shizuka Arakawa, now up until the last Olympics. 
    でもその抜粋を見ると、タラ・リピンスキー、サラ・ヒューズ、荒川静香、前回のオリンピックまで
4:34  T: She had the old system. So you had to be in the top three to control.
     If you're in the top three, you won the free skate, you automatically won
     that's no longer true. 
     彼女は古いシステムでした。だから制すためにトップ3に居なくてはなりませんでした。
     もしトップ3にいたら、フリー・スケートで勝つ、自動的に勝つと言うのは、もはや現実では
     ありません。
4:42  T: Now you got to make up that number.
     今、数字を埋め合わせる必要があります
4:45  K: Well I think again, you're trying to keep things objective and give value to
     each element that is done. 
     もう一度考えると、物事を客観的で実施された各要素(エレメント)に評価を与えようと
     しています。
4:52  K: Um… you know I think that the girls on the top three here have quite a point lead, 
     アー、トップ3の女子たちはかなりの点のリードがあるわ
4:58  K: So you know fifth, fourth, and sixth, I think really need to be outstanding
     to rack up the points in order to break into the top three.
     だから5位、4位そして6位は、トップ3に入り込んでいくためには、
     本当に目立って点数を積み上げる必要があるわ
5:06  M: Well, I think also too. If history… 
     僕もそう思う、もし歴史が…
5:08  P: I'm anxious.
     心配だ
5:08  T: Raising your hand 
     手を挙げて(から発言して)
5:09  P: And you...      You first
     お先にどうぞ
5:11  M: If it… if history repeats itself somebody who's in the top three is not gonna perform
     up to their ability which leaves the door open. I mean we have Americans
     who are consistent skaters. 
     もし、歴史が繰り返すのなら、トップ3の内の誰かが能力に匹敵しない演技をしたら、
     ドアは開いたままになる。つまり僕らが持つアメリカ選手たちは、堅実なスケートをする。
5:20  M: And if somebody slips up in that top three, the Americans are going to be ready
     to capitalize because Racheal Flatt as you guys know, she's like a robot. 
     そしてもしトップ3の誰かが失敗したら、アメリカ選手たちはその機会に乗じる準備をするだろう、
     なぜならレイチェル・フラットは、知っての通り、彼女はロボットのようだ。
5:27  M: She's gonna go out there and she's gonna put together technical elements
     and she's going to accumulate points. 
     彼女は出て行って技術的な要素を寄せ集めて、点数を累積していく。
5:31  M: She might not be able to compete with them on the component or artistic mark
     but she can get if somebody slips up, she's going to take advantage.
     彼女はコンポーネンツや芸術点では彼女たちと闘えないかもしれないけれど、誰かが失敗したら、
     彼女はチャンスを利用するだろう。
5:37  K: Enough as always…
     いつも通り十分…
5:39  P: Door opens…
     ドアは開いている…
5:39  T: We got to… we got to a wrap 
     (番組を)締めないと…
5:40  M: Exactly because five points as well we…
     その通り、なぜならその上5点は…
5:42  P: We got to go to break 
     休憩(CM)に行かないと…
5:43  T: There's another big name in the house ready to go on. Dick Button is with us
     when we come back. Thank you to Michael Weiss. 
     もう一人のビッグ・ネーム(大物)が控えています。(CMから)戻った時にディック・バトンが
     私達と一緒です。ありがとうマイケル・ワイス。
5:49  T: We'll see it tonight at the ladies free skate tonight. And now take a look at the
     free skate order in that final group the top name’s Rachael Flatt, Kim Yuna then
     Mao Asada and Mirai Nagasu is the last skater tonight in the free skate.
     Go to break with the AT&T soundtrack of the game. Stay with us everybody. 
     今夜女子のフリー・スケートでお会いしましょう。そして、女子フリー・スケートの最終グループの
     滑走順を見てください、一番上の名前はレイチェル・フラット、キムチヨナ、
     それから浅田真央、そして今夜のフリー・スケートの最後のスケーターは長洲未来です。
     AT&Tサウンドトラック・オブ・ザ・ゲーム(提供)とCMに行きます。
     皆さん、チャンネルはそのままで・・・


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


この動画のハイライトは、ピーター・カラザースがキムチヨナの名前を「安藤美姫」と
言い間違えるところでしょうか?(#^.^#)
彼にとっての「ジャンプの名士」はキムチヨナではないということなんですね


マイケル・ワイスは、トリプル・アクセルとクワド・ジャンプが過小評価されているとは言ってるけれど、
現役時代、散々自分が情緒のない「ジャンプコンテスト」をしてきたくせに、
「ジャンプコンテストになってほしくはない」とか
「美しいトリプル・ルッツ-トリプル・トゥは不足したトリプル・アクセルよりも価値があるべきだから」
とか大声で言って、見ている人が、キムチヨナが美しいジャンプをして、
真央ちゃんがいかにも、難しいけれど回転不足だという誤解を与えたい感じです。
「真央のことではない」と取って付けたようには小声で言ってはいるけれど。

マイケル・ワイス財団に、サムスンあたりから多額の寄付金でもあったのかな~?
とか、意地悪く思ってしまいますわ。


ヤマグチさんも、「残念な人」を継続中でした。
何で大して「いいこと」も発言できないこの人を、NBC/ユニバーサルはコメンテーターに選んだんでしょう?
そんなに彼女は人気あるんでしょうか? 金メダリストだから?
女子の金メダリストなら、彼女の他にも、タラ(リピンスキー)も、サラ・ヒューズもいるのに。
日系の彼女に、「真央ちゃんよりもキムチヨナの方が素晴らしい」と言わせたかったのかしらね…




ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>


ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

コメントくださる皆様ありがとうございます。m(_ _)m
しかしながら、不適当な内容のコメントは削除させていただく場合がございます。
ご了承ください。m(_ _)m