バンク、女子最終グループの6分間練習の時の
NBCのスコット・禿ルトンとサンドラ・ベジックの解説です。


ウォーム・アップをしているときの、真央ちゃんの好調さを見てください。


間違いがありましたら、ご指摘くださいますようお願いします m(_ _)m

アドレスをクリックして、ユーチューブでご覧になってください m(_ _)m

S: スコット・禿ルトン B: サンドラ・ベジック T: トム・ハモンド 
A: アンドレア・ジョイス X: 場内アナウンス

0:00  T: and here comes the moment when they will be called to the ice 
     彼女たちが氷上に呼ばれる時間が来ました
0:06  T: trying to keep the nerves at bay
     臆病さを寄せ付けないようにしています
0:09  T: Mao Asada, planning 2- triple axels perhaps 
     浅田真央は恐らく2つのトリプル・アクセルを計画しています
0:15  T: a little question about the second one 
     少し…2つ目には疑問の余地があります
0:19  T: and Kim Yu-na, how can you overstate? 
     キムチヨナ、どうやったら大げざに言えるか
0:23  T: How important it is in her home country of South Korea?
     彼女の故郷のカノ国では、どのくらい重要だろうか?
0:25  S: She looks very calm 
     彼女はとても落ち着いて見える
0:27  B: for both of them and they've lived such parallel lives they’re both 19 years old
     二人とも、そして彼女たちは平行した人生を生きています、彼女たちは二人とも19歳です
0:33  B: They were born 20 days apart actually
     実際彼女たちは誕生日が20日しか離れていません
0:34  T: Yeah, 20 days apart
     そう20日違い
0:37  B: The both are superstars at home and expected to win the gold medal, 
     二人とも母国でスーパースターで、金メダルを獲得することを期待されています。
0:41  B: anything less would be a disappointment
     それ以外は期待を裏切ることになります。
0:49  T: and the arena, Gedevanishvili of the Georgia,
     it’s getting the scores in for her free skate 155.24, it’s her total,
     and that puts her in eighth place with six skaters to go
     アリーナはジョージア(グルジア)のゲデバニシビリ、
     彼女のフリー・スケートの点数を出しています、155.24が彼女の総合得点で、
     あと6人の時点で彼女を8位にします。
1:03  T: Well Rachel flat, she looks pretty unperturbed, deep breath there, I don't know
     さあ、レイチェル・フラット。彼女はとても落ち着いて見えます、深呼吸、
     どうだかわかりませんが…
1:10  B: Suppressing a yawn. That's what you do when you're nervous often
     あくびを抑えているわね。緊張しているとき、しばしばするわね
1:11  S: Hahaha…
     ハハハ…
1:12  T: Hahaha…
     ハハハ…
1:14  S: but she got at first after the warm-up, to have the ice under her feet the whole time, so…
     でも彼女はウォームアップの後の一番だ、ずっと彼女の足元に氷がある、だから…
1:20  T: Here, Mirai 
     さあ、未来だ
1:21  S: She skates last. She's gonna have to wait for all the excitement
     彼女は最後にスケートする。彼女は全ての興奮を待っていなければいけないだろう
1:26  B: and she was just disappointed with the short program performance
     so she's here that compares to Yuna
     そして彼女はショート・プログラムの演技に失望しました、だからここでの彼女は、ヨナに比べて…
1:32  X: representing the Republic of Korea…
     カノ国代表
1:36  T: Oh, Kim Yuna with …
     おお、キムチヨナ…
1:36  B: Kim Yuna …popped around. Her… 
     キムヨナが…現れました。 彼女の…
1:38  T: you know we’re… we thought she was super human
     私たちは… 私たちは彼女がスーパー・ヒューマン(超人)だと思いました。
1:40  X:  representing Japan, Mao Asada
     日本代表 浅田真央
1:40  T: but she showed us a little glimpse of vulnerability at Skate America when
     Rachael Flatt actually beat her in the free skate although
     しかし彼女は、レイチェル・フラットがスケート・アメリカのフリー・スケートで実際彼女を
     破った時にちょっとした脆さを見せました、とはいえ…
1:48  T: uh… Yu-na had enough cushion to win over all, so
     ヨナは総合で勝つのに十分な(点数の)余裕があります、だから…
1:52  T: It's not a done deal, isn't it?
     (でも)確定事項ではありませんよね?
1:54  B: Absolutely not. And she does feel the pressure.
     She knows anything less than first is a disappointment to people.
     And she's even said that at times when she's placed second
     she's received all sorts of emails and messages and, and, and
     not congratulations for a second place finish
     もちろん(確定事項ではない)です。彼女はプレッシャーを感じています。
     彼女は1位でないことが、人々を失望させることを知っています、そして彼女は言いました、
     彼女が2位になった時、いろいろなEメールやメッセージを受けて、そして、そして、そして、
     2位でのフィニッシュを祝うものではなかったと。
2:15  T: Does Mao Asada have the goods in the triple axel to knock the Queen off her perch?
     浅田真央はトリプル・アクセルで、高座のくいーんを打ち負かす腕があるか?
2:19  S: It seems, you know, as much as she's been struggling last year at the world
     championships, and this year, near the national season, she's been finding her way.
     彼女が昨年の世界選手権でもがいたのと同じだけ、今年、国内選手権の季節に、
     彼女は道を見つけた。
2:25  S: I think that the… the rise of Kim Yu-na completely blew out of the water and
     I think that her response was she just sort of collapse. 
     キムチヨナの出世は全く持って非常な驚きだった、そして、彼女の反応は正に崩壊のような
     ものだったと僕は思う。
2:33  S: And now she's finding her way back. 
     そして今彼女は帰り道を見つけている
2:35  S: I think the Japanese nationals was a huge confidence boost for her
     and that short program that she delivered the triple axel, the first one done
     in ladies competition in Olympic games.
     全日本は彼女にとって巨大な自信の押し上げで、あのショート・プログラムで彼女は
     トリプル・アクセルを女子のオリンピック大会のショート・プログラムで初めてやった。
2:44  S: If she does another one, it will be the first time two triple axels that've been done
     by a woman in the Olympic Games. 
     もし、もう一つ彼女がやったら、オリンピック大会で初めて女子が2個のトリプル・アクセルを
     やったことになる。
2:51  S: And if she does three, it'll be the first time ever that's been in one competition.
     So she's got a tall order. 
     そしてもし彼女が3つやったら、1つの大会で史上初になる。だから、彼女は無理難題を抱えた。
2:56  S: And Johannie Rochette…uh… hearts go out to her and
     what she did the other night was just…
     そしてジョアニー・ロシェット…アー…彼女に同情する、そして先日の夜彼女がやったことは…
3:02  T: Remarkable
     驚くべき
3:03  S: Unbelievable 
     信じられない
3:04  T: Remarkable 
     偉い
3:05  B: Unbelievably courageous such a lone moment
     信じられないほど勇気があって、こんな孤独なときに
3:09  S: but she’s… with each day… with each day she's gotten stronger, the jumps
     have gotten a little bit lighter, tighter, stronger.
     She is definitely picking at the right time with everything she's been through
     with all the focus that's been put on her.
     でも彼女は毎日…毎日強くなっている、ジャンプは少し軽く、締まって、強くなっている。
     彼女はまったく全てを正しいタイミングで取り上げて、全集中力を身にまとってやり遂げている
3:23  S: We tend it overlook the fact that she's staying for a medal and wouldn't that be something
     僕たちは彼女はメダル圏内にいる事実を見逃しがちだが、            
3:29  B: and she is a beautiful skater. She has an exquisitely choreographed program. 
     そして彼女は美しいスケーターだ。彼女は絶妙に振り付けられたプログラムを持っている。
3:34  B: And here’s Rachael Flatt who is winding down a little bit because she is first to skate.
     さあ、最初に滑るので少しくつろいでいるレイチェル・フラット
3:41  S: Beautifully trained, you know, she just is so solid. Great competitor, very consistent
     performer.
     美しくトレーニングされて、彼女はとても実質的です。素晴らしい競技者、とても堅実な
     演技者です。
3:49  T: And carrying the legacy of some great, great, great ladies figure skaters from
     the United States.
     そして偉大な、偉大な、偉大なアメリカの女子スケーターの遺産を伝えています。
3:57  T: Here have a look at this string of medals starting in 68 with the gold medal for
     Peggy Fleming, bronze for Janet Lynn, Dorothy Hamill took the gold in 76,
     Linda Fratianne silver, Rosalynn Sumners in 84 the silver, Debi Thomas the bronze,
     Kerrigan and Yamaguchi, with two medals Nancy Kerrigan, Michelle Kwan and
     Tara Lipinski, Sarah Hughes and Michelle Kwan, and of course in Torino, Sasha Cohen. 
     What a stream!
     さあ、このメダルの流れを見てください、1968年のペギー・フレミングの金メダル、
     ジャネット・リンの銅メダル、ドロシー・ハミルは76年に金メダルを獲りました、
     リンダ・フラティアニの銀(メダル)、ロザリン・サムナーズの84年の銀(メダル)、
     デビ・トーマスの銅(メダル)、ケリガンとヤマグチ、ナンシー・ケリガンが2つのメダル、
     ミシェル・クワンとタラ・リピンスキー、サラ・ヒューズとミシェル・クワン、そしてもちろん、
     トリノでサーシャ・コーエン。何という流れ!
4:29  S: Haha…  and has a lot of royalty there. Here we got a lot of royalty in the audience, too,
     Dorothy Hamill.
     そしてたくさんの王族(メダリスト)がいます。観客の中にも王族がたくさんいます、
     ドロシー・ハミル
4:35  T: She's been mentoring Rachael Flatt? 
     彼女はレイチェル・フラットを指導していますか?
4:37  B: There is Peggy Fleming
     ペギー・フレミングがいます
4:39  S: with Carole Yamaguchi
     キャロル・ヤマグチと一緒に
4:40  B: beside Kristi Yamaguchi's mom
     クリスティ・ヤマグチの母のそばにいます。
4:43  X: five time national champion, first place after the short program
     5度の国内チャンピオンで、ショート・プログラムが終わって1位です
4:45  T&B: Tara Lipinski
     タラ・リピンスキー
4:47  S: What a performance that was in Nagano! Oh, my…
     長野(オリンピック)では何という演技だっただろう! おお…
4:50  B: And you know what, Racheal and Mirai remember that performance and and
     they remember Sarah Hughes. And that's why they're in the last flight here.
     They're saying to themselves why not me too?
     そしてご存知?レイチェルと未来はあの演技を覚えていて、彼女たちはサラ・ヒューズも覚えて
     います。そしてだから、彼女たちはここへの最終便で来ました。
     彼女たちは私たちが(金メダルを)獲ってもいいんじゃないと言っています
4:59  B: I can do this 
     私もできる
5:00  X: landed Triple axel
     トリプル・アクセルと着氷した…
5:01  T: Frank Carroll with a word for Mirai
     フランク・キャロルの未来への最後の言葉
5:04  T: Frank Carroll already has his first olympic gold medal winner Evan Lysacek.
     フランク・キャロルはすでに彼の最初のオリンピックの金メダル勝利者、エバン・ライサチェクが
     います
5:09  S: Oh, this is a coming out party for Mirai. I mean this is her introduction to the world stage 
     これは未来の出現パーティです。つまり、これは彼女の世界の舞台への紹介です。
5:14  X: in second place from Japan Mao Asada
     2位、日本の浅田真央
5:14  S: and you know she is the national champion two years ago, kind of have forced into
     a situation where she collapsed, I mean emotionally     she couldn't handle that
     national champion title 
     そして彼女(未来ちゃん)は2年前全米チャンピオンです、彼女が崩壊するような状況に追い込まれて、
     つまり、感情的に     で、彼女はその全米タイトルを制御できなかった
5:23  B: But she’s so young
     でも彼女はとても若い
5:25  S: but now she's really grown up and she's got such great quality this could be a real step…
     huge step forward for her.
     でも今彼女は成長して、彼女は素晴らしい質を得て、これは本当の一歩…彼女にとっての巨大な
     前進になるでしょう。
5:32  T: and Rachael Flatt. We've talked about what a good student she is and all of that
     そしてレイチェル・フラット。我々は彼女がなんていい生徒なのか、それについてを話して
     きました。
5:36  T: How do you think she prepared for today's ladies free skate and the awarding the medals,      Andrea Joice?
     彼女は今日の女子フリー・スケートの準備が出来ていて、メダルを授与されると思いますか、
     アンドレア・ジョイス?
5:42  A: Well Tom, Rachel Flatt had a very full day planned. Her coach Tom Zakrajsek told me
     that she purposely did not get a whole lot of sleep last night because she wanted to
     take a nap 
     トム、レイチェル・フラットは、めいっぱい計画された日を持っています。昨夜彼女はわざと十分な
     眠りにつかなかった、何故なら彼女は居眠り(程度の眠り)しかしたくなかったからと、彼女の
     コーチのトム・ザカライセックは私に言いました。
5:50  A: but also on the agenda, home works, she has a book, notes, project that was
     due tomorrow believe it or not
     信じるかどうかはわかりませんが、明日が期限の宿題の課題に取り掛かってもいて、彼女は
     本とノートとプロジェクトを持っています。
5:57  A: Rachael was going to ask her teacher for an extension but then she felt too guilty
     when her friends were texting about how hard they were working on it.
     レイチェルは彼女の先生に延長を頼むつもりだったけど、彼女の友達がその作業がいかに大変かを
     メールしてきたときには罪の意識を感じました。
6:04  A: After that she said a movie and Rachel told me definitely something funny.
     (宿題を提出した)あとは、映画だと、絶対に何か面白いものと、レイチェルは私に言いました。
6:09  T: hahaha…   
     ハハハ…
6:10  T: Of typical Rachel to be doing a homework the day before the biggest athletic event
     of her life
     一生に一度の最大の大会の前日に宿題をするのは、レイチェル特有です。
6:18  X: Mirai Nagasu…
     長洲未来
6:19  S: Well, watching… the warm up watching everybody prepare, it’s looking good.
     みんながウォームアップで準備しているのを見ると、良さそうです
6:24  S: I’m… no one is taking it any weird falls with any traffic problems
     往来の問題もなく、誰も変な転倒をしていない
6:33  B: Joannie with the coach Manon Perron who is been by her side continually
     these last few days. They have a very very close relationship.
     ジョアニーはここ数日彼女のそばにずっといるコーチのマノン・ペロンと一緒です。彼女たちは
     とてもとても親しい関係です。
6:48  T: How much of this competition depends on Kim Yu-na being able to handle
     that enormous pressure of expectation?
     キムチヨナがとてつもない期待のプレッシャーに対処することができるかに、この大会はどのくらい
     かかっているのでしょうか。
6:55  B: Oh, that's the million dollar question, isn't it? 
     おお、それは100万ドルの質問だね? 
6:58  S: And she has struggled in the long program and it has not been her best to then
     and more solid at then.
     彼女はロング・プログラム(FS)で苦悶しています。彼女のベストではないし、彼女はもっと堅実
7:02  B: And she… she rarely does a completely clean program.
     そして彼女は…彼女は完全にクリーンなプログラムをたまにしかしません。
7:06  B: She always makes… perhaps one mistake and yet we saw her skate a clean program
     several days ago in practice.
     彼女はいつも…おそらく1つのミスをしますし、今のところ彼女がクリーンなプログラムを滑ったのを
     見たのは5-6日前の練習です。
7:14  S: She's got every quality
     彼女は全てに質がある
7:19  S: Mao Asada back in 2006 and she was too young to compete at the Olympics,
     everybody thought that she was the best skater in the world.
     浅田真央は遡って2006年、彼女はオリンピックで戦うには若すぎました、みんな彼女が
     世界最高のスケーターだと思っていました。
7:29  T: And the warmup period has ended.
     ウォームアップの時間が終わりました。
7:32  T: and the skaters are asked to clear the ice.
     スケーターたちは氷から離れることを求められています。
7:37  T: And here's the skating order. Rachael Flatt will lead it off.
     さあ、スケートの順番です。レイチェル・フラットが口火を切ります。


・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


吉田順氏著の「浅田真央 さらなる高みへ」のP.239には
"ショート・プログラムでトップに立ったのは、真央ではなく、キム・ヨナだった。
得点は、真央を5ポイント近く上回る世界最高得点。真央はそれに次ぐ2位。
でも、動揺はしていなかった。まだまだ逆転は可能だと思った。
だから記者会見ではこんな風に語った。
「ショートではいつも、(キム・ヨナに)10点以上も差をつけられていました。
5点差なら追いかけるにはちょうどいい点差だと思います。
フリーでは、いつも通りの気持ちでがんばりたいと思います」

フリーの滑走順は、第4グループ22番滑走に決まった。
ショートとは逆に、キム・ヨナの次である。
関係者の分析からすれば、これは真央に不利なはずである。
しかし真央は「ベストな順番だと思います」と力強く語った。


真央ちゃんの完璧なSPに対して、キムチサイドが無理やり付けた5点差について、
「追いかけるにはちょうどいい点差」と記者会見で前向きな発言をしたことで、
キムチ陣営は恐怖を感じたと思います。

禿ルトンが、キムチは「ロング・プログラム(FS)で苦闘している」
ベジックも、「彼女は完全にクリーンなプログラムをたまにしかしません」と言っています。

真央ちゃんがこの日のウォームアップでも、ジャンプをバンバン決めている調子の良さは、
キムチ陣営を震え上がらせたと思います。

だから、キムチへのあの「やりすぎ」の「バカバカしい点数」は、キムチヨナを無理やり勝たせるため
非常線を張りすぎた結果です。




ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>


ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

コメントくださる皆様ありがとうございます。m(_ _)m
しかしながら、不適当な内容のコメントは削除させていただく場合がございます。
ご了承ください。m(_ _)m