昨日、久々にアルメニア関係の記事がアサジョから出ましたが、
http://asajo.jp/excerpt/37268

2013年10月20日の朝日新聞のGLOBEデジタル版は、
スケ連、伊東理事が2013年2月にアルメニアを視察していたことを文字にしていました。


http://globe.asahi.com/sports/2013101800006.html
朝日 20131020 伊東2月にアルメニアa

<2018年9月5日 追加>   昔、取っておいた新聞記事を見つけたので、
上の記事の続きはこちらでお読みください。           ↓クリックで大きくなりますm(_ _)m

20131020 asahi armenia0

・‥…━━━☆・‥…━━━☆


ソチ後、アルメニアのリンクについて、
2014年4月3日号の女性セブンの記事をNEWSポストセブンがウェブで伝えています。
https://www.news-postseven.com/archives/20140322_247067.html
20140403 ポストセブン


朝日の取材には、「アルメニアのリンクを使うかどうかは選手の判断に任せる」と伊東は言っておきながら、
中京に戻りたかった真央ちゃんと対立し、スケ連は強制的にアルメニアに行かせた訳だし、

アルメニアのリンクが「連盟としての最善の環境」と言いながら、実際はとんでもない設備のハズレ物件で、

アルメニア・エレバンとソチが、標高にして約1,000メートルの差があるのに、「気温が似ている」と思う

一般常識もない、仕事ができない「能無し」どもは、選手たちのためにならないので全員辞職すべき!



そしてその無能ぶりを隠すために、女性セブンに、「事前調査に行ったのは夏」だと、
「リンクの状態はもちろん、空調についてもわかるはずがなかった」と女性セブンに
をついたのだろうが、このままずっと口を噤んでい続けるつもりなのか?


昨日出たアサジョの記事の結びあたりには
「当時、連盟はその件ついては言及せず、ファンの間では保身や責任逃れではないかと批判があがっていた。
しかし、当事者のコーチたちは連盟の責任を追及することなく、平昌五輪での対応について粘り強く
働きかけてきたのだという。」
 とあった。

当事者のコーチたちに、「連盟の責任を追及しろよ腰抜けが!」と言いたいところだが、
現役選手たちの採点・ランク・試合への派遣という人質(?)を取られているから、難しいのかもしれないが、
しかし声を上げれば、現状に不満を持つファンは応援することはわかっていた筈なのに、
それをしなかったのは、やはり腰抜けだ。


更に、マスコミも騒がないのは何故だろう?

特に朝日新聞の、現在スポーツ部に所属している河野正樹という記者は
2014年10月の時点で取材をして、署名記事まで出すほど知っていたはずなのにね…

まあ、朝日だけじゃなく他の報道機関も知っていただろうけど。



日本の宝が陥れられたことをなぜ報道しない?
報道機関たちも軒並み、スケ連くらい、あるいはそれ以上にに腐っているから?




ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>


ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

コメントくださる皆様ありがとうございます。m(_ _)m
しかしながら、不適当な内容のコメントは削除させていただく場合がございます。
ご了承ください。m(_ _)m