NBCスポーツが、ケロッグの「ネイサンくんの顔入り箱のお披露目会」で
ネイサンくんにインタビューをした記事を上げていました。

結構鋭いことと、とてもうれしいことを言ってくれています。


間違いがありましたら、ご指摘くださいますようお願いいたします。m(_ _)m
ap_17293495075955-1
Nathan Chen sees ‘pretty high chance’ of Olympic gold
ネイサン・チェンはオリンピックの金メダルの”かなり高いチャンス”を見ている

By Nick Zaccardi  Oct 30, 2017, 12:30 PM EDT

This time last year, Nathan Chen was just starting to realize he could make the Olympic team.
去年のこの時期、ネイサン・チェンはオリンピック・チームに入れるかもと自覚し始めたところだった。

Now, the 18-year-old believes a gold medal is not just possible, but probable if he stays on track the next three-plus months.
現在18歳の彼は、金メダルはただ、可能なだけじゃなく、今後の3か月ちょっと、順調に物事が進んだら、まず確実だろうと信じている。

Last season, Chen came back from major injury to become the youngest U.S. champion since 1966 and the first man to land five quadruple jumps in one program.
昨シーズン、チェンは大きな怪我からカムバックして、1966年以来の最年少の全米チャンピオンと、1つのプログラムで5つのクワド(4回転)を着氷した最初の男子になった。

He beat reigning Olympic champion Yuzuru Hanyu at the PyeongChang Olympic venue.
彼は平昌オリンピックの会場で、現オリンピックチャンピオンを負かした。

Though Chen was later sixth at the world championships, he chalked that up to faulty boots that required duct tape.
世界選手権でチェンは後に6位になったが、ダクト(ガム)テープが必要だった欠陥のある靴のせいにした。

Sure enough, Chen opened this season in earnest by beating Hanyu again at the first event of the fall Grand Prix season.
本当に、チェンは秋のグランプリシーズンのの最初の大会で羽生を再び倒すことによって、本格的に今季をオープンした(始めた)。

In 2010, a 10-year-old Chen, dressed like a toy soldier, predicted on national TV that he would be at the Olympics in eight years.
2010年、10歳だったチェンは、トイソルジャー(戦士の人形)のような格好で、8年後にオリンピックにいるだろうと、国内のテレビで予言した。

That’s just part of the story of the youngest of five children to parents who emigrated from Beijing. Chen began skating at age 3 on a 2002 Olympic practice rink in Salt Lake City.
それは北京から移民した両親の5人兄弟の末っ子の話の一部だ。チェンは2002年のソルトレーク・シティ・オリンピックの練習リンクで、3歳でスケートを始めた。

The Olympic reality is near.
オリンピックの現実は近い

Brands have noticed. Since the start of April, Chen signed with Coca-Cola, Nike, Bridgestone and Kellogg’s (plus another major company expected to be announced this week).
ブランドは注目している。4月に始まって以来チェンは、コカ・コーラ、ナイキ、ブリジストン、ケロッグ(もう一つの主要カンパニーは今週発表することを期待している)と調印した。

Chen sat down for an interview Monday while promoting Kellogg’s, which is putting him on Corn Flakes boxes.
チェンは月曜日、彼をコーンフレークの箱に載せたケロッグのプロモーション(販売促進)の最中にインタビューを受けた。

OlympicTalk: What were you thinking when this happened last week?
オリンピックトーク: 先週これが起こった時に何を考えていましたか?

Chen: First of all, I had no idea what was happening, actually, because I hadn’t realized I had won [his fall Grand Prix season opener in Russia]. Second, Raf [coach] Rafael Arutunian was like super, extra making a big deal. I was excited about that moment, but I wanted to keep it inside me. That’s who I am. When Raf, like, freaked out, I was like, oh God. It is a funny moment. I’m glad Raf was very happy about it.
チェン: まず最初に、何が起きているのかわかりませんでした、何故なら実際、僕は(グランプリシーズンの初戦のロシアで)勝ったことを自覚していませんでした。次に、ラフ(コーチ)、ラファエル・アルトゥニアンは、スーパー(非常に)、エクストラ(格別)の大きな取引をしたみたいでした。僕はその瞬間興奮はしていたのですが、僕はそれを自分の中におさめていたいと思っていました。それが僕です。ラフが異常な興奮状態みたいな時に、僕は、おお、神様みたいな感じです。可笑しな時間です。ラフがそれをとても喜んだので、僕はうれしく思います。

OlympicTalk: Has Raf ever been that excited after a program?
オリンピックトーク: ラフはプログラム後あのように興奮したことはありましたか?

Chen: No, not really. I think he was really excited I had a win in my first [Grand Prix] competition of the season. Plus, it was in Russia. He has a lot of attachments there [born in the former Soviet Republic of Georgia, coached in Armenia and Moscow].
チェン: いいえ、そうでもないです。彼がとても興奮したのは、シーズンで僕が(グランプリ大会で)初めて勝ったからだと思います。それに、それはロシアでした。彼にはそこに愛着がたくさんあります(元ソ連のジョージア生まれて、アルメニアとモスクワでコーチをした)。

OlympicTalk: Did you want to compete against Hanyu in the first Grand Prix?
オリンピックトーク: グランプリの第一戦で羽生と戦いたかったですか?

Chen: Honestly, at that point, I had no choice [in determining if he was in the same Grand Prix with Hanyu]. In a way, no, not necessarily, just because it’s a big thing right at the start of the season. There’s definitely a lot of improvement that both of us can do. It kind of depends on how we took our offseason. But, at the same time, you have the opportunity to compete against someone who will be one of the top contenders. To see how you place against them early in the season gives you a good benchmark of where you are. That was a nice opportunity. To see that I could be on top that early in the season is very reassuring.
チェン: 正直、あの時点で、僕に(羽生と同じグランプリにいるというのを決める)選択権はありませんでした。 
ある意味、必ずしもそうではありません、なぜなら、シーズン始めには大きな事柄だからです。僕たちが上達出来るものは間違いなくたくさんあります。それは僕たちがどのようにオフシーズンを取ったかにかかっているようなものです。しかし、同時に、ライバルのトップの一人になるであろう人と戦う絶好の機会を得たことにもなります。シーズンの初期に彼らに対してどのくらいの順位になるかを見るのは、自分がどのくらいにいるのかのいい基準を与えてくれます。いい機会でした。このようにシーズン初期にトップになれるかがわかったのは、とても心強いです。

OlympicTalk: Where do you want your technical content, your jumps, to be come nationals, come the Olympics, in your free skate specifically?
オリンピックトーク: 来る全米、来るオリンピックで、あなたのフリー・スケートの中で特に、技術内容、ジャンプはどうなりたいですか?

Chen: I kind of set the benchmark for five quads, but at the same time I’ve been held back a bit in GOEs [lower-than-hoped grade-of-execution scores from judges marking the quality of his jumps]. That’s something that I can improve on a lot. That’s kind of where my mind is set — quality instead of quantity. Especially since at worlds, [quantity] didn’t really play out for me [trying six quads in the free skate with duct-taped boots and falling twice].
チェン: 僕は基準のようなものを5つのクワドに設定していますが、同時に少しGOEを抑えられています(彼のジャンプの質についてのジャッジからの採点が、期待したGOEより低い)。それが僕がたくさん進化できるところです。そこが僕の決意のようなものです-数ではなく質。特に世界選手権以来、「数」は僕にとっては上手くいっていません(フリー・スケートでダクトテープがついた靴で6つのクワドを試したが2度転倒した)

Heading into the Olympics, I’ll definitely focus a little bit more on quality of the jumps and all of the performance and all that just tying together for a more full-packaged skate. But, at the same time, five quads is still a lot of quads. It’s still a challenge.
オリンピックに向けて、僕は明確に、もっとジャンプの質と演技全て、そしてフルーパッケージ(一揃い、全て揃った)のスケートをすることにもっと力を入れます。しかし同時に、5つのクワドでも、たくさんの4回転です。それは、それでも挑戦です。

OlympicTalk: If I had asked you a year ago, what are your chances of winning an Olympic gold medal, what would you have said?
オリンピックトーク: もし私が1年前に尋ねていたら、金メダルを獲得する率はどの位であったかと貴方は言っていたでしょう?

Chen: Probably next to none, honestly. Even making the Olympic team would be a stretch if you asked me that a year and a half ago. Especially since I hadn’t gotten [quad] flip and [quad] Lutz, and all of these guys were already doing flip. I had no experience in senior. A lot has progressed.
チェン: おそらく殆ど無い、正直言って。1年半前に聞かれていたら、オリンピックチームに入ることでさえ、精一杯だったでしょう。特に (クワド)フリップと(クワド)ルッツをまだ得ていなかったのに、あのほとんどの男子は既にフリップをやっていたから。僕はシニアの経験もありませんでした。たくさん進化しました。

OlympicTalk: Today, what are your chances of winning an Olympic gold medal?
オリンピックトーク: 現在、貴方がオリンピックの金メダルを獲る確率はどのくらいですか?

Chen: I know for sure that I’m top five right now, at least top six. I think that, on any given day, we could all be standing on top of that podium. I think I have a pretty high chance of winning as long as I stick to my plan, stay healthy and focus on all the little details.
チェン: 確かに僕は現在トップ5、少なくともトップ6にいることを確信しています。僕らは皆来る日も来る日も表彰台のトップに立てるんじゃないかと思っています。計画に忠実で、健康で、すべての細かいところにも集中している限り、勝利のかなりの高い確率があるんじゃないかと考えます。

OlympicTalk: Do you want your programs at nationals in January to be exactly as they are for the Olympics in February, or will you still be ramping up?
オリンピックトーク: 貴方の2月のオリンピックのプログラムを、1月の全米でのプログラム通りにしたいですか
それともさらに強化しますか?

Chen: It’s hard to say at this moment, just because I don’t know exactly how I will feel around nationals time. But nationals is definitely a good time to do a test run before the Games. It’ll be pretty close to the Games. There won’t be high stress.
チェン: 今現在で言うのは難しいです、なぜなら僕は全米辺りの時期にどう感じるかがわからないからです。でも全米は間違いなく、大会前にテスト走行するにはいい時です。大会にとても近いですから。ストレスも高くないでしょう。

OlympicTalk: You met Elvis Stojko recently.
オリンピックトーク: 最近エルビス・ストイコに会いましたね。

Chen: The meeting was super, super brief. I wasn’t expecting that. I was training with [choreographer] Lori [Nichol in Toronto] right after Russia. I was sitting in the locker room. He popped in. I was like, oh wait, that’s Elvis. That’s cool.
チェン: ミーティングは非常に、非常に短いものでした。僕はそれを予期していませんでした。僕は(振付師の)ローリー(ニコル)と、ロシア杯のすぐ後に(トロントで)トレーニングをしていました。僕はロッカールームに座っていました。彼がひょいっと入ってきました。僕は、おお、待って、エルビスだ、みたいな。カッコよかった。

OlympicTalk: Do you look at your sixth-place finish at worlds in April as more a product of the boot problems or being fatigued at the end of your first senior international season?
オリンピックトーク: 4月の世界選手権で6位で終わったことを、靴の問題が引き起こしたこと、あるいは、シニアでの国際的なシーズンの終わりの疲れだったと見て(考えて)いますか?

Chen: It’s largely about the boots. I wasn’t able to get the training time and the intensity that I needed heading to worlds. There’s only so much that I can rely on from the past few months of training.
チェン: 大部分は、靴です。僕は世界選手権に向けて必要な、猛烈なトレーニングの時間を取れませんでした。過去数か月のトレーニングに頼るしかありませんでした。

I don’t think that [fatigue] really was much of a big deal. Also, the Games are in February, and I know that last February I was strong.
僕は疲れは本当に大したことはなかったと思います。そして(オリンピック)大会は2月でもあり、去年の2月僕は強かったことを知っています。

OlympicTalk: How long do you want to compete?
オリンピックトーク: どのくらい長く競技したいですか?

Chen: This is just the start of my career. I just became one of the medal contenders in seniors. To just pull off after this season, I haven’t been able to accomplish enough. I think that I would still love to continue for another four [years].
チェン: 僕のキャリアはスタートしたばかりです。 僕はシニアでメダル候補の一人になったばかりです。このシーズン後に成功するためにも、僕は十分に完成していません。僕はぜひ更にもう4年続けたいと思います。


☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


平昌の「金メダル獲り」、
かなりの自信が見えて、頼もしい!


正直、ISUの採点の現状とかを考えると、
ネイサンくんは平昌で金メダルを獲った後、学業に専念すると言って
あっさり引退しちゃうんじゃないかと思っていました。

なので、「もう4年」と言ってくれたのは本当にうれしいです。




ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>


ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

コメントくださる皆様ありがとうございます。m(_ _)m
しかしながら、不適当な内容のコメントは削除させていただく場合がございます。
ご了承ください。m(_ _)m