スケアメは男子が終わった時点で興味が薄れ、女子のフリーは見ていなかったのですが、
ワグナーさんが棄権していたと聞いて驚きました。


USフィギュア・スケーティングが公開している、リンクサイドのインタビューで
その理由を語っていました。

ワグナーさんが出てくるのは 1:09~


1:09  Hey, this is Ashley Wagner. 
   ヘイ、アシュリー・ワグナーです。
1:11  I'm fresh off the ice from my halfway long program. 
   私はロング・プログラムの途中で氷を降りたところです。
1:17  I was dealing with ankle infection. 
   私は足首の感染症を患っていました。
1:21  And, you know, I just I came here and I mentally tried to tell myself that
   I wasn't in pain. 
   そして、私はここにやって来て、痛みはないと自分の精神に言い聞かせようとしました。
1:26  But at a certain point when you're out there and you had I felt like I had no training
   underneath my under my belt and my ankle was in pain,
   and at the end of the day, my goal is to be national champion
   and I say that fully intending to be national champion.
   でも試合に出て行ってある点に来て、内心で誇れるようなトレーニングをしていないように感じ、
   足首も痛みを感じたとき、最終的な私の目標はナショナル(国内の)チャンピオンになることで、
   完全にナショナルチャンピオンになるつもりでいます。
1:42  And I think that it's moments like these that remind you, where you want to be,
   where you want to go, and exactly what you need to do to get there. 
   そしてこれは、どこを目指しているのか、どこに行きたいのか、そしてそこに行くために厳密に
   何が必要なのかを思い起こさせる時だと思います。
1:51  It's tough taking myself out of this because I'm a competitor through and through
   and you want to finish something. 
   私は根っからの競技者で、何かを(やり始めたら)終わらせるのが好きだから、
   これ(試合)を棄権するのは辛いです。
1:57  But at the end of the day my goal is something so much bigger than this and…
   as much fight as I want to put into something if your body's not there and
   your body isn't willing you to do the things you need to do… 
   でも私の究極のゴールは、これよりかなり大きいもので…何かにはまり込んで好きなだけ戦いを
   したいとしても体がそこにない時、そして必要なことをするのに体がそれを喜んでいないとき…
2:13  I felt it was best just make the smart choice for my career and…
   これは私のキャリアにとって賢い選択をするための最善のことだと感じました
2:17  I'm gonna go home I'm gonna get better 
   私は家に帰って、治します。
2:19  And you guys will see me on top of that podium at Nationals. 
   You can bet your money on it
   そして皆さんは全米で表彰台の頂点にいる私を見るでしょう。賭けてもいいですよ。

https://www.youtube.com/watch?v=wmWQoVNVTUk

 
上の動画の中でも、アナウンサーのテリー・ガノンさんが
2-3週間前から右足の下部に感染症があって圧迫ソックスを履いていると言っています。



昨日ショート・プログラムを見たときに、靴から濃い目の肌色のソックスが見えているのが
ワグナーさんにしては珍しいと思っていました。

こういうことだったんですね…


早く治して、万全で全米を迎えて、そして… 
未来ちゃんとのワン・ツー・フィニッシュをして欲しいと思っています。




ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>


ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

コメントくださる皆様ありがとうございます。m(_ _)m
しかしながら、不適当な内容のコメントは削除させていただく場合がございます。
ご了承ください。m(_ _)m