2016年3月31日、ボストンでの世界選手権の練習リンクでの出来事を、
サンスポがこのように伝えました。


http://www.sanspo.com/sports/news/20160331/fgr16033116360009-n1.html
20160331 サンスポ

「テンがリンク中央でスピンを続け」

この新聞記事は、テンくんが間違ったことをしていないことの証明をしています。


☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


最近また、スケートクラブのルールなどを探し、
いろいろなスケートクラブが、スピン練習の注意として、このような文章を上げていることがわかりました。

Skaters should use the centre of the ice, between the blue lines and away from the boards,
for practicing spins.
This allows room at the ends of the rink for preparations for jumps,
and for other skaters to manoeuvre around the spinning skater.
スピンの練習で、スケーター達は、ブルーの線の間、ボード(壁)から離れた、氷の中央を使うこととする
これにより、リンクの端に、ジャンプの準備と、スピンしているスケーターの周りの他のスケーターたちに
行動する余地を与える。


スピンの練習は、こういうこと↓ らしいです
(ジャンプに関しては、音楽がかかっているスケーターは図の矢印通りにしなくてもいいとなっています)
http://greatergreenbayfsc.com/media/91375/member%20handbook%202015-16.pdf
スピン練習場所 GGBFSC

  スピンはリンク中央の、赤い円の辺りですること



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;



実はこのことは、トロントクリケットも
2014年発行の“SUMMER SKATING” というパンフレットの4ページ目に、
SKATING ETIQUETTE (スケートのエチケット)」 として掲げていたのです。
トロントクリケット エチケット
クリケット2014エチケット

スケートのエチケット
スピンは、リンク中央で練習されることが当然である。


上の2014年のパンフレットは、もうネット上で削除されたようですが、
同様のことが、トロントクリケットの2018年のSUMMER SKATIMG
パンフレットの6ページにも書かれています。
http://www.torontocricketclub.com/documents/10180/184440/summerskating18.pdf
<2019年6月28日 追記>これ↑ リンク切れなので、↓2019年のパンフレットのアドレスです
https://torontocricketclub.com/documents/10184/17102/summerskating19ii.pdf
skating etiquette TCSCC
クリケット2018エチケット


特例くんは、
     
トロントクリケットも謳っている「エチケット」を
      
ちゃんと守っているテンくんに向けて
      
罵声を浴びせた
上に、故意であると言ったのです。





ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>


ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

コメントくださる皆様ありがとうございます。m(_ _)m
しかしながら、不適当な内容のコメント、記事とあまりに無関係なコメント、
政治色、宗教色があまりに強いコメント、は削除させていただく場合がございます。
ご了承ください。m(_ _)m