ボイタノさんの2年前のインタビューです。
1988年カルガリー・オリンピックでのブライアン対決(Battle of the Brians)について、
話しています。


去年の夏にボイタノさんと、オーサーのカルガリーの演技の動画を見つけ、
見比べた時に、ボイタノさんの演技の方が、明らかにいいと感じていました。

このインタビューを見つけて聞いた時に、いろいろなことが腑に落ちました。


怪しいところがいくつかあります。
間違いがありましたら、ご指摘くださいますようお願いいたします m(_ _)m


13:30~18:19

13:31  禿ルトン: It’s opening move. It’s variation on the triple-lutz called the “Tano-triple”.
     Watch his arm goes over his head… Perfect!
     これはオープニングの動き。トリプル・ルッツのバリエーション(変種)で“タノ・トリプル”と呼ばれて
     います。彼の腕が頭の上に行くのを見て… 完璧!
13:39  禿ルトン: Choreographer Sandra Bezic on the left made completely new look of Brian Boitano
                   
     左側の振付師のサンドラ・ベジックは、全く新しいスタイルのブライアン・ボイタノにしました 
                   


Change of Strategy in 1987
1987年の戦略の変更

13:48  I was always trying to compete against my… my rivals on that level.
     僕はいつもそのレベルのライバルたちに対して戦おうとしていた
13:52  And I felt like...umm… you know, like Brian Orser and Alexander Fadeev and
     those people like were really small gays and very quick and… and quick and light,
     you know, fast and… umm… 
     ブライアン・オーサーや、アレクサンドル・ファデーエフのような人々は、本当に小さい人達
     (オーサー167cm、ファデーエフ165cm)で、とても素早くて… 素早くて、軽くて、速いと
     感じていた
14:03  I’m just I wasn’t like that guy but I kept trying to do programs to do like that kind of skating. 
     僕はそのようではなかった(ボイタノ180cm)が、僕はその種のスケートをするようなプログラムを
     やり続けようとしていた
14:10  And then woman I met… it was when I lost the world title in 1987 to Brian Orser
     that’s when we evaluated and we said we need to find someone who can understand you,
     your skating and be really good. 
     そして僕はある女性に会った。1987年の世界選手権で、ブライアン・オーサーに負けて、僕らは
     査定をして、誰か僕と僕のスケートを理解できて、本当にいい人を見つけることが必要だと
     言っていた時だった。
14:22  So we went to Sandra Bezic, I found her she was Canadian. And she basically said to us
     “Look, you need to… you’re not those guys, you need to make judges to choose apples
     or oranges. 
     そして僕らはサンドラ・ベジックの所に行って、彼女がカナダ人だとわかった。彼女は基本的に僕らに
     言った、“ほら、貴方は必要… 貴方はそういう(オーサーやファデーエフのような)人じゃない、
     貴方はジャッジに、リンゴかオレンジがを選ばせるようにしなければいけない” 
14:32  Now you’re apples and you’re gonna be oranges.” And worked out.
     そして貴方がリンゴだったら、オレンジになるのよ” そして上手くいった。
14:35  Sort of molded means to a leading man character. 
     主演男優のキャラクターの型にはめられたようなもので
14:38  And it was like literally… uh… it wasn’t… it wasn’t quick and happy stuff, it was
     elegant, strong and powerful.
     そしてそれは文字通り… 素早くて、楽しい要素ではなく、エレガントで、頑丈で、パワフルだった。
14:45  And she’s like “those… those are… those are your fortes and that’s… that’s” ,
     in her opinion, that’s what I did best. Umm… It was my jumping and my speed and
     my strength. And so, she made characters to have that in them. 
     そして彼女は、“それが… 貴方の強みで…”、彼女の意見としては、それは僕が一番だった
     みたいな… 
     アー それは僕のジャンプ、スピード、自力だった。そして彼女はそれらを入れたキャラクターを
     作った。
15:01  I was really good at the compulsory figures but I never performed them in the competition
     how I really wanted to. I… 
     僕はコンパルソリーは本当に上手かった、でも僕は本当にしたいように大会で出来たことは無かった。
15:08  I always performed like free skating like to… to the… like even best my ability or
     even past that… past my ability. 
     僕はいつもフリースケートのように、僕の最高の能力、あるいは過去の僕の能力のように、
     演じていた。
15:16  But in compulsory figures I was always umm… disappointed because I was get really
     nervous for that for some reason. Um… 
     でもコンパルソリーでは、僕はいつもガッカリしていた、何故なら僕は何らかの理由で本当に緊張して
     しまっていたから。
15:23  and so, it wasn’t really in toward the Olympics in Calgary that I performed some figures
     that like really and in worlds as well. 
     そして、僕がいくつかのコンパルソリーを演じたカルガリーのオリンピックに本当に向かっては
     いなかった、世界選手権にも。
15:32  I performed figures to… like sort of… sort of best of my ability.
     僕はコンパルソリーを演じた、僕の最高の能力のように
15:36  In ’88, I knew that for me… ah… I had to be perfect 
     88年(オリンピック)では僕は完璧でなければならないとわかっていた
15:41  because I… I felt like Brian(Orser) was… it was his turn to be the Olympic champion
     なぜなら… ブライアン(オーサー)… オリンピックチャンピオンになる番だと感じていたから。
15:46  He was second to Scott Hamilton four years earlier. He carried the flag.
     It was in Canada
     4年前、彼はスコット・ハミルトンに続いて2位だった。彼は(カルガリーオリンピック開会式で)
     旗手だった。カナダ開催だった
15:50  It was like everything… it was written in the script for him to be the
     Olympic champion
     全てが… 彼がオリンピックチャンピオンになると、台本に書かれていたようだった
15:55  So, I knew that in order to beat him, I had to plan twice as much technically in
     my program which I did. Umm… 
     彼を負かすために、僕がやったプログラムを技術的に2倍に計画しなければならないことが
     わかっていた
16:01  I had a choreographer to make me, you know, that apples to his oranges. Ah… 
     僕は振付師に、僕のリンゴを、彼のオレンジに変えさせた 
16:07  and I had to be perfect and I knew that I couldn’t make a mistake.
     そして僕は完璧でなければならなかったし、一つのミスも出来ないとわかっていた
16:11  And in that way, it was… in that way, it was almost like relieved because I knew that
     I haven’t made even one mistake and that would be over. And it wouldn’t be like,
     you know, sort of hoping, hoping, hoping. 
     そしてそんな風に、そんな風にして、ほぼ解放されたようだった、何故なら僕は1つのミスさえ
     しないで終わりそうなことがわかっていたから。そしてそれはある意味、(みんなが)望んで、望んで、
     望んでいたようにはならなかったから。
16:19  I knew, you know, it’s like “this is the line” and yeah… and I really felt like I could…
     I really  felt like I could do that. I really felt like it could be flowless that night. And umm…
     and, you know, fortunately I was.
     “これがライン”みたいなのがわかっていた、そう、本当に感じた、僕は出来ると。あの夜僕は完璧に
     出来ると本当に感じた。幸運にも僕は出来た。
16:33  Q: Did you… How did you thought about that…? You skated before Orser, didn’t you?
     それについてどう思いましたか? 貴方はオーサーの前に滑りましたよね?
16:36  I did. Yeah, but I was umm… I was in the… ah…after I skated, I thought my job’s done. 
     そうです、でも僕は…滑った後、僕の仕事は終わったと思いました。
16:43  I don’t really want listen to and watch him skate.
     僕は彼がスケートをするのを本当に見たくも聞きたくもなかった。
16:45  So, I just went in the dressing room and put my headphones on and then… uh… 
     だから、更衣室に行って、ヘッドフォンを付けて…
16:50  I waited then I took my headphones off at the point where I felt like his marks would be
     done and then it would be on to the next skater. 
     待って、それから、彼の点数発表が終わっているだろう、次のスケーターになっただろうと
     感じた時に、ヘッドフォンを外した。
16:57  And I just heard his last mark which was 6.0. 
     そして僕はちょうど彼の最後の得点、それは6.0だったのを聞いた。
17:00  And I thought “OK, well, I didn’t win”, I mean he must have been fantastic.
     そして、“オーケー、僕は勝たなかった”と、つまり、彼は、素晴らしかったのだろうと思った。
17:05  But then I found out it was his only 6.0, and then I actually got higher technical scores
     than he did.
     それから、それが彼の唯一の6.0で、僕は実際には彼がやったのより高い、技術点を得ていたことが
     わかった。

Linda Leaver, Coach
リンダ・リーバー・コーチ

17:11  Brian won on the technical by one judge by one tenth.
     ブライアン(ボイタノ)は、一人のジャッジの、0.1点の技術点で勝ちました。
17:15  Q: Yeah, wow!
     ええ、ワオ
17:17  Interesting story is that one of these judges was Russian and he gave it to
     Brian Boitano 
over Brian Orser
     興味深い話では、ジャッジの一人がロシア人で、彼は、ブライアン・オーサーより
     ブライアン・ボイタノに(いい点を)与えました
17:25  And he lost his position in the Russian federation of whatever that position was. 
     そして彼はロシア連盟の中での地位を、その地位が何であろうと、失いました
17:33  And I saw him umm… fifteen years later at a skating championship. 
     私は彼に、15年後にスケートの大会で会いました。
17:39  And he said, and he had a son with him. 
     そして彼は言いました、彼は、息子と一緒で…
17:42  And he said that umm… “I have to tell you something” and I… he told me the story. 
     彼は言いました、“僕はあることを言わなければならない”、そして彼は私に話をしました。
17:48  And he said that it was his proudest moment in his life that he stood up for what was
     his right, and he had never regretted that… any told this to me in front of his son 
     そして彼は、正しいことのために立ち上がったことが、彼の人生で最も誇らしい瞬間だったと、そして
     彼は、彼の息子の前で私に言ったことを決して後悔していないと言いました。
17:55  and I went to got Brian and Brian met his son. 
     そして私はブライアン(ボイタノ)を連れてきて、ブライアンは彼の息子に会いました。
18:00  It was an amazing moment for me.
     それは私にとって驚きの瞬間でした。
18:01  It… it was ah… probably that he was supposed to give it to the Canadian, so that
     the Canadian judge would give something to their Russian pair.
     おそらく…彼はカナダ人に(いい点を)上げて、そうすれば、カナダ人ジャッジが、ロシアペアに
     何かを与えることになっていたのだと思います
18:13  Q: ugh…
     あー…

・‥…━━━☆・‥…━━━☆



カナダ発のインチキは、2002年のソルトレークからかと思っていましたが、
それより以前からあったのですね。

そして、2006年の世界ジュニアから始まり、
2007年、オーサーがキムチのコーチになって酷くなった、
バンクーバーに向けての
真央ちゃんとキムチの戦いの伏線は、
やはり、この時から始まっていたのだと、
改めて、感じているところです。




 ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>


ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

コメントくださる皆様ありがとうございます。m(_ _)m
しかしながら、不適当な内容のコメント、記事とあまりに無関係なコメント、
政治色、宗教色があまりに強いコメント、は削除させていただく場合がございます。
ご了承ください。m(_ _)m