今年の1月にCBCスポーツが出した記事に、
なかなか興味深いことが書いてありました。



The Battle of the Brians
バトル・オブ・ザ・ブライアンズ(ブライアン対決)

An epic Canada-U.S. skating duel at the '88 Calgary Olympics turned on the slimmest of margins — and changed both men forever
壮大な88年のカルガリーオリンピックでの、カナダ-アメリカのスケートの戦いは最小の点差になった
-そして二人の男を永遠に変えた

By Vicki Hall, CBC Sports
January 12, 2018


One-tenth of a point.
1/10の点

That was the margin between gold and silver, between victory and bitter disappointment, in the epic Battle of the Brians at the 1988 Calgary Olympics.
それは、1988年のカルガリーオリンピックでの、壮大なブライアン対決の、金と銀の、勝利と苦い失望の、差だった。

One-tenth of a point separated Canada and the United States.
0.1点が、カナダとアメリカを分けた。

One-tenth of a point robbed the host country of its only legitimate shot at hearing O Canada during the medal ceremonies at Olympic Plaza.
0.1点が、開催国の唯一のオリンピックプラザのメダル・セレモニーで、「オー・カナダ(国歌)」を聞く正当な試みを奪った。

One-tenth of a point changed the life trajectories of two young men at the centre of one of the finest duels in the history of the Winter Games.
0.1点が、冬季オリンピックの歴史の中の最も素晴らしい戦いの一つの、中心にいた2人の若い男たちの人生の弾道を変えた

Nearly 30 years after the fact, Brian Orser can still, on occasion, perform mental gymnastics over the gold that got away.
その事実のほぼ30年後、未だにブライアン・オーサーは、時折、離れていった金に、頭の体操をすることが出来る。

“You do the 'What if’ game,” Orser, 56, says in a rare break from coaching some of the world’s top figure skaters in advance of the 2018 Winter Olympics in Pyeongchang, South Korea. “What if the judging panel had been drawn differently? What if I had a Finnish judge instead of a Danish judge? It came down to one-tenth of a point from any of those four judges who split the tie in Boitano’s favour.”
“「もし…していたらどうだったろう」というゲームをする”と、カノ国・平昌での2018冬季オリンピックを前に、何人かの世界のトップフィギュア・スケーターたちをコーチしている、稀な休憩時間に、56歳のオーサーは言った。“もしジャッジパネルのくじ引きが違うようにされていたら、どうだっただろう? もしデンマークのジャッジの代わりにフィンランドのジャッジがいたらどうだっただろう?ボイタノ支持のタイ(同点)を分けた4人のジャッジの誰かの0.1点の結果だった

And the result?
そして その結果?

It totally changed my life,” says Orser, who works out of the esteemed Toronto Cricket, Skating and Curling Club. “I don’t think I would be doing what I’m doing now if I had won the Olympics. But who knows? I don’t have a crystal ball.”
人生を完全に変えた”と、優れた評判のトロントクリケット・スケーティング&カーリング・クラブを運営するオーサーは言った。“オリンピックでもし勝っていたら、今やっていることを、やっているとは思わない。でも、わからないよ?僕は水晶玉は持っていない”

Brian Boitano, now 54, doesn’t have a crystal ball or a time machine. But the gold medallist in men’s figure skating can recall every moment from the free skate on Feb. 20, 1988, an unseasonably warm winter day in the foothills of the Canadian Rockies.
ブライアン・ボイタノ、現在54歳は、水晶玉もタイムマシーンも持っていない。でも男子フィギュアの金メダリストは、カナディアンロッキー山脈のふもとの、途方もなく暖かい冬の日、1988年2月20日のフリー・スケートの各瞬間を思い出せる。 

He remembers his shock at seeing so many American flags in the capacity crowd of more than 19,000 at the Saddledome. He can still envision himself talking back to the inner critic that told him he would fail with the world watching and gold on the line. He can even picture himself sitting in a bathroom stall with his headphones so he didn’t have to hear the inevitable standing ovation for Orser.
彼は、サドルドームの19,000人以上の満員の観衆の中に、とてもたくさんのアメリカ国旗を見た衝撃を覚えている。彼はいまだに、世界が見ている中で、線上(ギリギリ)の金メダルを失敗するだろうと言う、彼の内なる批判に自分自身が話しかけることを想像できる。彼はヘッドフォンを付けてトイレの便座に座って、ヘッドフォンを付けていたから、彼はオーサーへの当然のスタンディング・オーベーションを聞く必要が無かったことを、描写さえできる。

“It’s impossible to measure,” Boitano says of the impact that victory had on his life. “It’s incredible. It’s all etched in my memory and something I will never be able to forget.”
“計るのは不可能だ”とボイタノは、その勝利が彼の人生に与えた衝撃について言った。“途方もない。僕の記憶の中に刻み込まれて、決して忘れられないことだ”

Mental performance coach Peter Jensen has supported Canadian athletes at nine Olympic Games, and he’ll never forget the build-up to the Battle of the Brians.
メンタル・パフォーマンスのコーチ、ピーター・ジャンセンは、9つのオリンピック大会のカナダのアスリートたちを支援していて、彼はブライアン対決に作り上げられていく過程を忘れられない。

The genesis of that hype can be traced back to the 1976 Montreal Games. For the first time in Summer Olympic history, the host country failed to win a single gold medal.
その誇大広告の起源は1976年のモントリオール大会に遡ることが出来る。夏のオリンピック大会史上初めて、開催国が一つの金メダルも獲れないという失敗をした

Twelve years later, Orser stood out as the only man or woman who could save Canada from a similar fate in Calgary. The Belleville, Ont., product had settled for silver behind American Scott Hamilton at the 1984 Olympics in Sarajevo.
12年後、オーサーはカルガリーで似たような運命からカナダを救う、唯一の男子/女子として、目立っていた。オンタリオ州ベルビル産は、1984年のサラエボでのオリンピックで、アメリカ人のスコット・ハミルトンの陰で銀メダルを決めていた。

The upstart Boitano won the world title in 1986 in Geneva, but Orser finally graced the top of the podium at the 1987 world championships in Cincinnati.
1986年、ジュネーブで成り上がりのボイタノが世界タイトルを獲得したが、オーサーはついに1987年、シンシナティでの世界選手権の表彰台の頂点を飾った。

In a sport where, especially at the time, reputation carried a lot of weight, Orser’s time had come.
スポーツで、特にその時、オーサーの時は来た」という評判には、強い影響力があった

Or so Canadians thought.
あるいは、カナダ人はそう思った。

“When you look at what that young man dealt with — not just there in Calgary, but the whole year prior,” says Jensen, who worked for the Canadian Figure Skating Association at the time. “He was on the cover of Maclean’s. He was our hope. There wasn’t any other in terms of the top of the podium. He was it.”
“カルガリーでだけじゃなく、その前年全部 ー で、その若者が対処したものを見た時、”と、当時カナダのフィギュアスケート協会で働いていたジャンセンはいう。“彼はMaclean’s(カナダのニュース雑誌)の表紙にいた。彼は我々の希望だった。表彰台の頂点に上がるという点で、他には誰もいなかった。彼はそうだった。”

In the year leading up to Calgary, reporter Steve Milton stopped in regularly to watch Orser practise at the Mariposa School of Skating in Barrie, Ont. He saw no signs of pressure wearing down the man known for his exquisite blend of artistry and jumps.
カルガリーまでの1年、リポーターのスティーブ・ミルトンは、オーサーの練習を見るため、定期的にオンタリオ州バリーのマリポーサ・スケート学校を訪れた。彼は、素晴らしい芸術性とジャンプがブレンドされたことで知られる男が、プレッシャーですり減っている兆候は見なかった。

“I would contend this,” says Milton, who later co-wrote Orser: A Skater’s Life with the man himself. “In the history of Canadian sport, there’s never been one single event where there was so much pressure on one guy as Brian Orser faced in Calgary. It was the first Canadian Winter Olympics. We had no gold-medal favourites in any other sport. It’s a solitary sport. You perform by yourself for four-and-a-half minutes.”
“私はこれについて論争するだろう”と、「オーサー: スケーターの人生」の、彼自身と、後に共同執筆したミルトンが言う。“カナダのスポーツの歴史の中で、カルガリーでブライアン・オーサーが直面したくらい、一人の男に途轍もないプレッシャーがかかった大会は決して無いそれはカナダの初の冬季オリンピックだった我々には他のスポーツで、金メダル候補がいなかった。孤独なスポーツだ。一人で4分半演じる”

Known for his tireless training regimen, Orser travelled in early January to Ottawa to skate with Elizabeth Manley (who would go on to win a surprise Olympic silver in the women’s event).
精力的なトレーニングの摂生で知られるオーサーは、1月初旬、エリザベス・マンリー(女子の大会で驚きのオリンピック銀メダルを獲得した)と一緒にスケートするためにオタワに旅した。

Jensen tagged along for the trip.
ジェンセンは旅について行った。

“Just walking through Pearson Airport in Toronto, you wouldn’t believe the number of well-meaning Canadians who came up to him and basically said, ‘We’re counting on you. Don’t let us down,’” Jensen recalls. “Those weren’t the exact words. But that was the impact of their words. By the time I got to the plane, I was exhausted — let alone him.
“トロントのピアソン空港を歩いているだけで、信じられない数の善意のカナダ人が彼の所に来て、基本的に‘我々は君を頼りにしている。ガッカリさせないで’と言った”とジェンセンは回想する。“正確な言葉ではないが、彼らの言葉は衝撃だった。飛行機に搭乗する頃には、私は消耗していた-彼を一人にしてやれ”

“I later said to Brian, ‘It’s like you had a backpack on and people just kept putting rocks in it.’ And by the time he got to Calgary, he was fairly weighed down.”
“後に僕はブライアンに言った、‘君がパックパック(リュック)を背負って、人々がその中に石を入れ続けているようだった’ そして彼がカルガリーに着くころには、明らかに参っていた”

To be sure, Boitano faced his own brand of pressure as a gold-medal hopeful for the behemoth that is the United States. But Linda Leaver, his coach from age eight onwards, figured her star pupil had little to lose.
確かに、ボイタノは彼の特有の種類の、アメリカという巨大なものの金メダル有望候補としてのプレッシャーに直面していた。しかし8歳以降、彼のコーチのリンダ・リーバーは、彼女のスター生徒には失うものが少ないと判断していた。

“It really wasn’t about winning, because I didn’t think he could,” Leaver says from San Jose, Calif. “I thought he(Boitano) could be the best and still not win. So I just wanted him to be his best. It was more stacked in Brian Orser’s favour because he had been second at the prior Olympics. And at that time with figures, they sort of had this ‘Well, it’s his turn’  mentality… It just didn’t seem like it was something that was worth trying to worry about.”
“本当に勝利ではなかった、なぜなら私は彼が(勝利)出来ると思っていなかった”と、カリフォルニア州サンノゼから、リーバーが言う。“私は彼(ボイタノ)は最高にはなれるかもしれないと思ったが、それでも勝てないと思っていた。だから、私は彼に彼の最高であって欲しいと思った。ブライアン・オーサーに分があると、(物事が)積み重なっていた、なぜなら彼は前回のオリンピックで2位だった。そしてその当時のフィギュアは、精神的にこんなような ‘さあ、彼の番だ’…まさに、心配するような価値は無いように見えた”

Frenzied anticipation, not worry, greeted Orser upon touching down in Calgary for his second and final Olympics. And everything went, more or less, as planned.
心配ではなく熱狂的な期待は、カルガリーにタッチダウンした途端、オーサーの2度目で最後のオリンピックを歓迎した。そしてすべてが、多かれ少なかれ、計画通りに進んだ。

He carried the Canadian flag in the opening ceremony. He finished behind Boitano in the compulsory figures — long since expunged from the Olympics and world championships — but won the short program. That set up the winner-take-all long program, the marquee event of the Games in that era.
彼はカナダ国旗を開会式で運んだ。彼はコンパルソリー-オリンピックと世界選手権から長く削除された-をボイタノの次で終えたが、ショート・プログラムでは勝った。その時代の大会の看板イベント、「勝者全部取り」のロング・プログラムが始まった。

“It was such an awesome spectacle, and we lived up to every part of the competition,” Orser says. “It could have actually gone either way. Everybody was on the edge of their seat. It just came down to that last-minute accounting to see where it all ended up. We gave everybody what they were looking for, from start to finish."
“とても素晴らしい光景で、私たちは大会の全ての部分で期待に応えた”とオーサーは言う。“実際にどちらかに行ってしまうかもしれなかった。皆、座席の隅にいた。結局、土壇場の決算が全てどう終わるかということ。最初から最後まで、皆が求めて(期待して)いるものを、我々は与えた”

Both Orser, in red, and Boitano, in blue, wore military outfits, soldiers for their respective countries. Boitano skated to music from the film Napoleon. Orser opted for music from the ballet The Bolt.
オーサーは赤、そしてボイタノは青、両者とも各々の国の戦士、軍隊の服装を着ていた。ボイタノは、映画のナポレオンからの音楽で滑った。オーサーは、バレエのボルトからの音楽を選んだ。

As Boitano tied his skates, a familiar voice started to talk inside his head.
ボイタノがスケートの靴ひもを結ぶと、親しみのある声が彼の頭の中で話し始めた。

“You’re going to blow it,” the voice said.
“君はへまをするだろう” 声が言った。

“No, I don’t blow it,” Boitano replied, in a conversation only he could hear. “I’m consistent. I can do this.”
“いいえ、僕はへまはしない” と、ボイタノだけが聞こえる会話で彼は返事をした。“僕は堅実だ。僕はこれを出来る”

“No, you’re going to blow it, and it’s going to be in front of all these people at this super special moment of your life.”
“いいや、君はへまをするだろう、そしてそれは君の人生の特別の特別な瞬間に、大勢の人の前で起こるんだ”

Boitano heard his name and skated into position. He told the voice to go away and he blinked three times.
ボイタノは彼の名前を聞き、ポジション(位置)へ滑った。彼はその声にあっちへ行けと告げ、3度瞬きをした。

“I got into this real zone — this complete almost hypnotic state,” Boitano says. “Even until the end of the program, I wasn’t tired at all. It was this incredible altered state that I felt like I was in through the entire program. And after I would do one thing successfully and the next thing successfully and the next thing, I just acknowledged it in my head and I just kept going.”
“僕は本当にゾーンに入った-ほぼ全くの催眠術状態” ボイタノは言う。“プログラムの終わりまででさえ、僕は全く疲れていなかった。僕はプログラム全体を通して、この素晴らしい変えられた状態にいたような感じがした。そして1つのことを成功させて、次のことも成功させ、そして次も、僕はただ頭の中で受け止めて、ただ続けた”

In the performance of a lifetime, Boitano landed eight triples, including two triple Axels.
一生(一度)の演技の中で、ボイタノは2つのトリプル・アクセルを含む、8つのトリプルを着氷した。

“Just stay with it,” Leaver was saying, hoping her thoughts would somehow make their way to Boitano’s brain. “Stay with it. Stay with it until the last note and until you have your final bow. I’ve seen so many people pre-celebrate five seconds from the end of their program and they get over-excited. But he did it, and it was wonderful, really.”
“そのままでいて” リーバーは言いながら、彼女の考えが何とか、ボイタノの脳への道を作ることを望んでいた。“そのままで、最後の一音まで、そして最後のお辞儀まで、そのままで。私はとてもたくさんの人が、プログラムの終わりから5秒前から祝福し、興奮していたのを見ました。でも彼はやった、それは素晴らしかった、本当に”

With Orser set to skate, Boitano retreated to the locker-room. He put his headphones on, turned up the music and locked himself in a bathroom stall.
オーサーが滑る準備をすると、ボイタノはロッカールームに逃げた。彼はヘッドフォンをつけて、音楽の音を大きくし、トイレの便座に座ってカギをかけ閉じこもった。

“I thought if I kept my headset on for eight minutes, I should be OK,” he says. “I’m sure I’ll feel the building rumble but at least I won’t have to hear anything.”
“僕は8分間ヘッドフォンをつけ続けたら、僕はOKだろうと思った”と言う。“ビルの地鳴りを感じるだろうが、少なくとも、何も聞く必要はないだろうことは確かだ”

Orser skated confidently off the top and nailed his triple Axel-double loop combination. Then he put a foot down to keep his balance on a wobbly landing.
オーサーは自信をもって冒頭を滑り、トリプル・アクセル-ダブル・ループのコンビネーションを決めた。それから彼はぐらついた着氷でバランスを保つために、(両)足をついた。

“I didn’t really see that, and Boitano had a few little mistakes, too,” Milton says. “But what I did see was no Axel.”
“僕はそれを見ていなかった、そしてボイタノも2-3の小さなミスをしていた”とミルトンは言う。“でも、僕が見たのは(トリプル)アクセルが無かったこと”

With fatigue rolling in, Orser made a tactical decision on the fly. Determined to skate clean, he turned a planned triple Axel — the jump he was known for — into a double.
疲れがどんどん溜まって、オーサーは急いで戦略的な決断をした。クリーンなスケートをすることを決め、彼は予定のトリプル・アクセル-彼はそのジャンプで知られていた-をダブルに変えた。

He did turn a double flip into a triple later on but, because he’d already landed that jump, it didn’t help his cause.
彼は後でダブル・フリップをトリプルに変えたが、彼は既にそのジャンプを着氷していたので、それは彼の主張を助けていない。

But he was happy with the skate, clasping his hands together and looking upwards with a smile after the music stopped. Even when the marks flashed across the screen, Orser clapped his hands and asked his coach, Doug Leigh, and choreographer, Uschi Kesler: “Is it gold?” And then, to the TV booth, “Is it?”
でも彼はスケートに満足して、音楽が止まった後、手を叩いて、笑顔で上を見上げた。スクリーンに点数が光った時でさえ、オーサーは手を叩いて、彼のコーチのダグ・リーと振付師のウシュイ・ケスラーに尋ねた: “金メダルか?” そしてテレビのブースに、“そうなのか?”

But it wasn’t.
しかし、そうではなかった。

“There were a lot of Canadian people who thought Brian Orser was jobbed — but I didn’t ” says retired national sports columnist Cam Cole, who covered the Calgary Games for Southam News. “I was hoping for Orser. But when I saw the two programs side-by-side, you couldn’t find a flaw in Boitano’s skate.”
“ブライアン・オーサーはしてやられたと思ったカナダの人はたくさんいた-でも僕はそうは思わなかった”と、サウザム・ニュースのためにカルガリー大会を報道していた、引退したナショナルスポーツのコラムにストのカム・コールは言う。“僕はオーサーに期待していた。しかし、2つのプログラムを並べて見た時、ボイタノのスケートに欠陥を見つけられなかった”

In spite of the flaws, Orser was ranked first outright by four judges, compared with three for Boitano. He even won a perfect 6.0 from the Czechoslovakian judge for artistic impression.
ミスにも拘わらずオーサーは、4人のジャッジにより公然と1位にランクされた、ボイタノ(を1位)にした3人に比べて。彼はアーティスティック・インプレッション(芸術的印象)で、チェコスロバキアのジャッジから、パーフェクト(完璧)である6.0さえ獲得した。

But the judges from Denmark and Switzerland called it a tie. At the time, ties were broken by technical-merit marks, and in those two cases, the judges favoured Boitano.
しかし、デンマークとスイスのジャッジは、タイ(同点)と判定した。その時、タイは、テクニカルメリット(技術点)で破られ、この2つの事例では、ジャッジはボイタノを支持した。

The Japanese judge was the only one of the nine to give Boitano the edge in artistic merit. If he went with Orser, the Canadian would have won.
日本のジャッジは、9人のうち唯一人、アーティスティック・メリットで、ボイタノに優勢を与えた。もし彼がオーサーに同意していたら、カナダ人は勝っていただろう
点数 ボイタノ オーサー カルガリー LP 2

(The following year, the rules changed to give precedence to the artistic mark in the event of a tie. That would have changed the split to 6-3 in Orser’s favour.)
(翌年、タイの場合、芸術点に上位性が与えられ留ように、ルールが変わった。そうなれば6-3でオーサーが優位に変わっていたはず)

“I feel like I was one step ahead of everything,” Orser says. “I missed the boat by a year.”
“僕は、全てにおいて一歩先を行っていたように感じる”とオーサーは言う。“私はボートに1年乗り遅れた”

Meanwhile, in the bowels of the Saddledome, Boitano took his headphones off and heard Orser’s last mark: the 6.0.
一方、サドルドーム(会場)の奥で、ボイタノはヘッドフォンを取り、オーサーの最後の得点:6.0を聞いた。

“The very first thing that I thought of was ‘Man, he must have skated his brains out,’ Boitano says. "Because I know how well I skated. And if he got 6.0s, then my God, he must have been phenomenal. So then my next thought was, ‘So I lost, I’m second. It’s not a big deal.’”
“正に最初に思ったことは、‘いやはや、彼はめちゃくちゃ(上手く)滑ったに違いない’だった”とボイタノは言う。
“何故なら僕はどのくらい僕が上手く滑ったかを知っている。そして彼が6.0を(いくつも)とっていたら、彼は驚異的だったに違いない。だから次に思ったことは、‘負けた、僕は2番だ。大したことじゃない ’”

Known as a practical joker, American skater Christopher Bowman burst into the dressing room and started nodding his head.
実質的なジョーカー(冗談を言う人)と知られる、アメリカのスケーター、クリストファー・ボウマンが更衣室に駆け込んできて、頭をうなづき始めた。

“Yes,” Bowman said. “Yes. You won.”
“イエス”とボウマンが言った。“そう、君が勝った”

“No, no, no,” Boitano replied. “Brian got 6.0s.”
“いや、いや、いや、”ボイタノが返事をした。“ブライアン(オーサー)は6.0を取ってるよ”

“He got one 6.0, but he didn’t get any others,” Bowman said. “You just heard his last score and you won.”
“彼は1つ6.0を取った、けど彼は他では取らなかった”とボウマンが言った。“君はただ彼の最後の得点を聞いたんだ、そして君は勝った”

Informed of Bowman’s conversation with her skater, Leaver sent the team manager into the dressing room to inform Boitano that Russia’s Victor Petrenko had yet to perform.
リーバーは、彼女のスケーター(ボイタノ)とボウマンの会話を受けて、彼女は、ロシアのビクター・ペトレンコがまだ演技中であることを知らせるために、チームマネージャーを更衣室へ送った。

“Go in and tell Brian it’s not over,” Leaver said. “It’s not over until after Petrenko skates.”
“行って、ブライアンにまだ終わってないと言って”とリーバーは言った。“ペトレンコが滑り終わるまで、終わってはいない”

Petrenko skated, and it was over. Boitano won gold, Orser took silver and Petrenko bronze.
ペトレンコはスケートして、終わった。ボイタノは金を獲得し、オーサーは銀を、そしてペトレンコは銅を取った。

“I remember standing on the rails and tears just poured out of my eyes,” Leaver says. “It was wonderful. It was joyous.
“私はレールの上に立っていて、目からはただ涙があふれ出ていました”とリーバーが言う。“素晴らしかった。嬉しかった”

“It was hard to see Brian Orser. That was one thing that took joy away. I have so much respect for Brian Orser as a skater, as a champion and as a human being. Both Brian Boitano and I were very conscious of his great, great disappointment.”
“ブライアン・オーサーを見るのは難しかった。それが喜びを取り除いた一つでした。スケーターとして、チャンピオンとして、人間として、私はとてもブライアン・オーサーを尊敬しています。ブライアン・ボイタノと私は二人共、彼のとても大きな大きな失望に気づいていました” 

The sight of Orser trudging into the dressing room is forever seared in Boitano’s memory. The Canadian stared straight ahead, with roses in his arms and his soldier outfit undone at the neck.
オーサーが更衣室へ、てくてく入って行く光景は、ボイタノの記憶に永遠に焼き付いたでしょう。そのカナダ人は、腕にバラの花束を持って、彼の戦士の服装の襟のボタンをはずしながら、まっすぐを凝視していた。

“What can we say?” Boitano finally said.
“僕らは何を言ったらいい?”とボイタノがついに言った。

“Nothing,” Orser replied. “There’s nothing to say.”
“何も”とオーサーが答えた。“言うことは何もない”

Jensen walked in to check on Orser.
ジェンセンはオーサーをチェックするため、入ってきた。

“Brian and Brian were sitting about five feet apart on a bench,” Jensen says. “There wasn’t anyone else around. They both had their heads down, sweat dripping off their foreheads. They just sat there in silence, the two of them. You never forget those things.”
“ブライアンとブライアンは約5フィート(1m半)離れてベンチに座っていた”とジェンセンは言う。“他には誰も周りにいなかった。彼らは二人共、頭をうなだれて、汗が額から流れ落ちていた。彼らは二人共、ただそこに黙って座っていた。決してそれらのことを忘れない”

In a subtle display of sportsmanship, Boitano restrained himself from wildly celebrating during the medal ceremony. Orser fought back the urge to cry so as not to ruin the moment for his American counterpart.
かすかなスポーツマンシップの表れで、ボイタノはメダルセレモニー(表彰式)で大幅に祝福されることを控えた。オーサーは、彼のアメリカ人の片割れのために、その時を壊さないように泣くことをこらえた。

“I knew that he was in pain,” Boitano says. “It was super hard for him. I didn’t want to be the guy to gloat and rub it in his face. So I tried to hold it back.”
“彼が痛みの中にいたのはわかっていた”とボイタノは言う。“彼にとって特にきつかった。僕はうれしそうな顔をして彼の顔をさわるような男にはなりたくなかった”

That night, a stunned Orser returned home to the athletes’ village where he was rooming with Canadian ice dancer Rob McCall, who was to compete the next day. Not wanting to disturb him, Orser fell asleep in the medical room.
その夜、ぼーっとしたオーサーは、次の日戦うことになっていたカナダのアイスダンサーのロブ・マッコールと部屋を共にしている、アスリート・ビレッジの家に帰った。彼を邪魔したくないので、オーサーは医務室で眠りに落ちた。

“I was by myself, and it was a very sterile environment,” Orser says. “I had me and my silver medal. Ooof. It was a horrible place to wake up. But you have to think about who you’re rooming with. You have to be considerate. So I kept my distance from Rob and let him focus on his event. And I had to move on.”
“僕は一人で、とても無菌な環境だった”とオーサーは言う。“僕は、僕と銀メダルだけだった。ウーーッフ 起き上がるには酷い場所だった。でも誰と部屋を共にするかを考える必要がある。思いやりを持たなければ。だから、僕はロブから距離を置いて、彼に、彼の大会に集中させた。そして僕は前進しなければならなかった”

For many years afterwards, Orser and Boitano continued to cross paths on tour. One night in Las Vegas, they went out for drinks after a show on the tennis courts at Caesar’s Palace and talked privately about the Battle of the Brians.
その後何年も、オーサーとボイタノはツアーですれ違い続けた。ある夜、ラスベガスで、シーザースパレスのテニスコートの上でのショーの後、彼らは飲みに行き、個人的にブライアンの戦いについて話した。

One of only two Americans to win gold in Calgary, Boitano became an overnight celebrity in his homeland.
2人のみのアメリカ人の内の一人がカルガリーで金を獲り、ボイタノは一夜で、母国の著名人になった。


-中略-


The one place where he hasn’t always been well-received: Canada.
彼(ボイタノ)が常に好評を得ていない1つの場所:カナダ。

“It was hard for me,” he says. "Kurt Browning had invited me to do his show… it was in Hamilton. I was like, 'Kurt, I want to go but Canadians don’t like me.’
“僕にとってはきつかった”と彼は言う。“カート・ブラウニングは彼のショーで僕が滑ることを勧めた...それはハミルトン(でのショー)だった。僕は、‘カート、僕は行きたいけど、カナダ人は僕のことが嫌いだろ’ みたいに(言った)”

“I flew into Hamilton [Ontario]. And I was sitting in the bar with a cast of people but Kurt wasn’t there. And two guys sitting at the bar came over to me and said, ‘Hey, you’re that Brian. You’re the Brian who beat our Brian, aren’t you?’
“僕は(オンタリオの)ハミルトンに飛んだ。そして僕はキャストの人達とバーに座っていた、カートはそこにいなかった。そしてバーに座っていた2人の男が僕のところにやってきて、‘おい、お前はあのブライアンだろ。お前は、俺らのブライアンを負かせたブライアンだよな?’” 

“I’m like, ‘Guys, that was years ago.... See, Kurt? I’m telling you, they hate me.’”
“僕は、‘君たち、それは何年も前のことだ… ほらねカート、言っただろう?彼らは僕が嫌いだ’ みたいに(言った)”


-中略-


Orser, meanwhile, transitioned into coaching after 17 years on tour and has enjoyed success of his own.
一方、オーサーはツアーの17年後、コーチに移行して、彼自身の成功をエンジョイした。

In 2007, 16-year-old Yuna Kim left South Korea for Canada to train at the Toronto Cricket Club under the two-time Olympic silver medallist. In 2010, Orser’s prized pupil won gold on Canadian soil at the Vancouver Games.
2007年、16歳のキムチヨナは、2度のオリンピック銀メダリストの下で、トロント・クリケット・クラブでトレーニングするため、カノ国を離れカナダに向かった。2010年、賞を獲ったオーサーの生徒は、バンクーバー大会に於いてカナダの土の上で、金メダルを獲得した

“I remember going to the Olympics and there was a bit of a buzz that `Brian Orser will finally get his gold,'” Orser says. “But no. That was Yuna Kim’s gold. I said that from the beginning. That was so not about me.”
“僕はオリンピックに行った時のことを覚えていて、‘ブライアン・オーサーがついに金メダルを獲るだろう’というちょっとした話題があった”とオーサーは言う。“しかし、ノーだ。あれはヨナの金メダル。僕はそれを始めから言っていた。それはそういうことで、僕のことではなかった。”

Soon after Kim’s marks flashed on the board, Orser received a text from the 415 area code.
掲示板にキムチの点が光った後すぐに、オーサーは市外局番415(サンフランシスコ)からのメールを受け取った。

“I was like, what the hell, I’m going to text Brian and tell him congratulations and that I’m so proud he did that,” Boitano says. “He wrote me back right away and said, 'That means so much coming from you. Thank you so much.’ I also did that when Yuzuru Hanyu [won gold] in Sochi, and Brian got back to me right away. But Olympic gold medals, by that time, were old hat to him.”
“僕は、なんてことだ、ブライアンにメールを送って、彼におめでとうを言って、彼がやったことを誇りに思った、みたいだった”とボイタノは言う。“彼はすぐに返事を返してきた ‘君から来るとはとても意味がある、どうもありがとう’ 僕はソチで羽生結弦(が金を獲得した)の時もして、ブライアンは即座に返信してきた。でもそのころまでには、オリンピックの金メダルは彼にとって時代遅れになっていた”

Orser’s stable of athletes includes the reigning world champion Javier Fernandez of Spain.
オーサーのクラブの選手には、現・世界選手権チャンピオンの、スペインのハビエル・フェルナンデスを含んでいる。

“Now that I’m a coach and I’ve had a couple of Olympic champions, I kind of marvel at what we did back then,” Orser says. “I kind of marvel at the spectacle of it all.
“今は、僕はコーチで、2人のオリンピックチャンピオンを持った、当時僕らがやったことに僕は驚いているようなものだ”とオーサーは言う。“全ての光景に僕は驚いているようなものだ”

“When you’re immersed in it, you don’t realize it so much. But now I’ve had some time, and I’m a coach and I’m coming at it from a different angle. I’m kind of amazed by it. It puts it into a perspective for me that’s so much more palatable.”
“没頭しているときは、そんなに気づかない。でも今僕は時間があって、僕はコーチで、違う角度から向かっている。僕はそれに驚いているようなもの。大局的にとらえることは、はるかに快い”

For 10 years, Orser refused to watch his performance in Calgary. Then he showed up at a fundraiser one night and was all but forced to view it on on the big screen.
10年間、オーサーはカルガリーでの彼の演技を見ることを拒否していた。ある夜、彼は募金(イベント)に現れ、大スクリーンでそれを見ることを強制された。

I went through quite a long period of disappointment and wanting to be Canada’s first men’s Olympic gold medallist,” says Canada’s most famous silver medallist. “I had every intention of that happening. When it didn’t happen, of course I was disappointed.
僕はかなり長い期間の失望を経験し、カナダ初の男子オリンピック金メダリストになりたいと思っていたとカナダの最も有名な銀メダリストは言う。“それが起こるようにする意図が僕には明らかにあった。それが起こらなかった時、もちろん僕は失望した

“But as time goes on, I’ve had time to reflect and look back at it. I see that it was really a great night of skating.”
“でも時が経つにつれ、僕はそれを考え、振り返る時間があった。それがスケートにとって本当に素晴らしい夜であったことがわかる”



・‥…━━━☆・‥…━━━☆



アーティスティック・インプレッションで、9人のジャッジの内、
6人が、ボイタノさんよりオーサーにいい点を与え、
2人のジャッジが、ボイタノさんとオーサーを同点にした。

ただ一人、日本人ジャッジのみがオーサーよりボイタノさんにいい点を与えた
日本人ジャッジもオーサーにいい点を与えていたら、オーサーは勝てていた。



オーサーは、日本人を恨んだでしょうね



2007年キムチのコーチになった時に、
自分自身の'88の「ブライアン対決」での苦い思い出を
真央ちゃんとキムチに重ねただけじゃなく、
日本人ジャッジへの "恨み" が根本にあったに違いない
と思うんですわ…


・‥…━━━☆・‥…━━━☆



2008GPF更に、2008年、
カノ国開催のグランプリ・ファイナル

大会の規模は違うとは言え、
カルガリー・オリンピック当時の、
オーサーの状況と似て
います。

カノ国で初開催のGPFで
カノ国の唯一の希望として
カノ国中の全期待を背負って
「キムチの時は来た」って感じで、
表彰台の頂点に上がらなければならない試合
だったと思います

SPでは、キムチが真央ちゃんに、0.56点差で、
勝っていたのですが、
FSでは、真央ちゃんに、2.76点差をつけられ
(まあ、当たり前ですが)、
最終的に勝ったのは、真の実力者-真央ちゃん!
💖💖💖



でも、オーサーとしては、
自分の過去をまざまざと思い出して、

またも日本人にやられた、
   
キーーー👹👹👹!!!!


って感じだったかもしれません。


だから、
3か月後の世界選手権2009直前の、
(四大陸に於ける)「練習妨害発言」とか、
キムチのスコア(GOEとPCS) の
異常なインフレとか、
http://www.isuresults.com/results/wc2009/wc09_Ladies_SP_Scores.pdf
http://www.isuresults.com/results/wc2009/wc09_Ladies_FS_Scores.pdf

バンクまで、カノ国と一緒になって、更にえげつないことが、次々出来たんでしょうね。



・‥…━━━☆・‥…━━━☆



ところで、カルガリーオリンピックで、男子のジャッジをしていた「日本人」は、
ウィキペディアによると、平松純子氏です。
https://en.wikipedia.org/wiki/Figure_skating_at_the_1988_Winter_Olympics

アーティスティックインプレッションに、
オーサーよりもボイタノさんにいい点をつけた平松さん
彼女は、正当なジャッジをしたんでしょうか?

日本人としてそう思いたいところですが、
テクニカルメリットで、オーサーと、ボイタノさんに、
同じ「5.8」をつける
という、あり得ないことをしてるんで、
真っ正直にジャッジングをしていてこれなら、「能力が無い」ってことになるし…
 
カナダに飼われてたけど、最終的に、カナダを裏切った…とか?

😱😱😱😱😱


だとしたら、余計に日本人は憎まれるわねえ……





ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>


ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

コメントくださる皆様ありがとうございます。m(_ _)m
しかしながら、不適当な内容のコメント、記事とあまりに無関係なコメント、
政治色、宗教色があまりに強いコメント、は削除させていただく場合がございます。
ご了承ください。m(_ _)m