JISS国立スポーツ科学センターが出している、ニュースレター
JISS2014  Vol.26 の 3ページ目に、
ちょっと気になることが書いてあったのを見つけました。


https://www.jpnsport.go.jp/jiss/Portals/0/info/pdf/nl_no26_download_1.pdf
JISS vol26JISS vol26 p3
        
      JISS NewsLetter 26号

・‥…━━━☆・‥…━━━☆
  

そして、トリノとバンクーバーには現地に帯同していた、ブレード研磨師の坂田清治氏が、
健康上の理由で、ソチには帯同していなかったそうです。


ポストセブンの記事から

女子フィギュア金メダル争い 真央・ヨナを支える日本人男性
2014.01.30 07:00

 2月7日にはロシアのソチで冬季五輪が開幕する。国民最大の関心事といえば女子フィギュア、浅田真央(23)とキム・ヨナ(23)の対決。その二大スターを陰で支えてきたある男がソチ五輪では不在だという

 カリスマ研磨師、坂田清治氏。フィギュアは、ちょっとした感覚のズレがジャンプやスケーティングに影響を及ぼすスポーツだ。坂田氏は身長、体重、リンクの硬さなどを考慮し、ブレード(刃)を100分の1ミリ単位で磨くことで“感覚のズレ”を解消してきた職人である。

 これまで浅田真央を始めとする日本勢に加え、キム・ヨナのブレードも研磨。当然ソチ入りすると見られてきたが病気療養中で、今回はソチには行きません(フィギュア関係者)。

 果たして、氏の不在はトップ選手たちのパフォーマンスにどう影響するのか
-後略-

※週刊ポスト2014年2月7日号



・‥…━━━☆・‥…━━━☆



スケートショップも無し、ブレード研磨師もいないことが事前にわかった上で、
真央ちゃんのブレードを壊したんでしょうかね?

でも、「佐藤先生のバッグから砥石を盗む」 まではされなかったことを、
不幸中の幸いと思わなければいけないんでしょうか………ねえ?





ご覧いただきありがとうございます    <モスクワの鐘>


ランキングに参加中です!
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 その他スポーツブログ スケート・フィギュアスケートへ
にほんブログ村

コメントくださる皆様ありがとうございます。m(_ _)m
しかしながら、不適当な内容のコメント、記事とあまりに無関係なコメント、
政治色、宗教色があまりに強いコメント、は削除させていただく場合がございます。
ご了承ください。m(_ _)m


アマゾンで予約可能になりました m(_ _)m 本の正式名称はちょっと違うんですけど…
(アフィリエイトのリンクではありません。ご安心を m(_ _)m)